バストアップにいい食べ物

ざくろはバストアップにいいの?

ざくろを食べるとバストアップできるといわれていますが、本当なのでしょうか?

ざくろに含まれている成分が直接バストアップに作用する訳ではありませんが、女性ホルモンのひとつである「エストロゲン」が含まれています。

エストロゲンは女性らしい体を作る女性ホルモンですから、当然、胸の大きさにも影響を与えます。

ざくろを食べるとエストロゲンの分泌を活発にできるので、バストアップに繋がるといわれているのです。

ただ、普段の生活でざくろを食べる機会というのはそんなに多くないですよね?

そこでおすすめしたいのが、ざくろジュースです。

ざくろジュースであれば手軽に購入できますし、いつでも好きな時に飲めるので簡単にエストロゲンを取り入れることができます。

購入の際は、体のことを考えて、なるべく添加物を使用していないものや100%天然果汁で作られたものを選びましょう。

また、ざくろには体内の余分な水分を排出してくれるカリウムも豊富に含まれているので、むくみが気になるという人にもおすすめです。

キャベツを食べればバストアップできる?

キャベツを食べればバストアップできるといわれていますが、事実なのでしょうか?

結論からいうとキャベツを食べることでバストアップ効果が期待できます。

キャベツにはボロンと呼ばれる女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをする成分が含まれています。

そのため、キャベツを食べることでエストロゲンの分泌を活発にすることができ、それがバストアップに繋がる可能性があるかもしれません。

このように、キャベツに含まれている成分が直接バストアップに働きかける訳ではないので、絶対にバストアップできるとは断言できませんが、その可能性はあると考えていいでしょう。

ただし、ボロンは熱に弱い成分なので、加熱すると壊れてしまいます。

バストアップのためにキャベツを食べるのであれば、加熱をせずにそのまま生で食べるようにしてください。

また、キャベツ以外にもレタスやインゲン豆、リンゴ、レーズン、アーモンドといった食材にもボロンが含まれているので、こういったものも一緒に取り入れてみるのもいいかもしれません。

赤ワインを飲むと美乳になれるの?

赤ワインを飲むと美乳になれるといわれています。

ただし、これはアルコールを飲むと美乳になれるということではありません。

これは赤ワインに含まれているポリフェノールが深く関係しています。

ポリフェノールには血中コレステロールを下げて血液の流れを良くしたり、新陳代謝を活発にする働きがあります。

血液の流れが良くなると胸に栄養が届きやすくなりますし、新陳代謝が活発になると胸の細胞も活性化されるため、美乳になれるという訳です。

バストアップ効果はそこまで期待できませんが、美乳作りにはおすすめの飲み物です。

また、ポリフェノールは強い抗酸化作用を持っているので、がん予防にも効果があるといわれています。

女性特有の乳がんや子宮がんなどを予防するためにワインを飲むというのもいいかもしれません。

ただ、いくら美乳やがん予防になるといっても大量に摂取するのはやめましょう。

アルコールを大量に摂取するのは体に悪いので、ほどほどにしてください。

鶏肉ってバストアップにいいの?

バストアップには鶏肉がいいといわれています。

これは鶏肉に胸を大きくするのに不可欠なタンパク質が多く含まれているからです。

また、タンパク質を摂らないと筋肉を維持できないので、バストが垂れてしまいます。

そのため、バストアップをしたいのであれば、鶏肉を積極的に食べるようにしてください。

しかし、ただ単に鶏肉を食べればいいという訳ではなく、食べた方がいい部位というのがあります。

鶏肉の中で最もタンパク質を多く含んでいるのはササミです。

ササミはタンパク質を多く含んでいるのにも関わらず、脂肪が少ないという特徴があります。

脂肪が少ないということは食べても太りづらいということなので、カロリーを気にすることなく、食事に取り入れることができます。

もも肉にもタンパク質が多く含まれていますが、脂肪分も多くカロリーを気にしながら食べないと体型を崩す原因になるため注意しないといけません。

鶏肉を食べてバストアップしたいなら、もも肉ではなくササミを食べるようにしてください。

牛乳を飲めば胸が大きくなる?

牛乳を飲めば胸が大きくなるといわれていますが、本当なのでしょうか?

結論からいうと、あくまでも胸が大きくなる可能性があるというだけです。

牛乳を飲んだからといって必ずバストアップできるという訳ではありません。

そのため、大きくなる人もいれば、変わらない人もいると考えてください。

牛乳にはタンパク質やカルシウム、脂質、ビタミン類など、様々な栄養素が含まれています。

中でも、タンパク質と脂質はバストアップに必要な栄養素なので、牛乳を飲まないよりは飲んだ方が胸が大きくなる可能性はあるといっていいでしょう。

そして、牛乳の中にきなこを入れると、さらにバストアップ効果が高まるといわれています。

きなこには女性ホルモンの分泌を活発にする成分が含まれているので、牛乳と一緒に摂取すると相乗効果が生まれます。

毎日牛乳を飲んでいると飽きてしまいますから、たまにきなこを加えてみるのもいいかもしれません。

また、牛乳を飲んだからといってすぐに胸が大きくなることはないので、長期間飲み続けるようにしてください。

豆乳でバストアップできるって本当?

豆乳でバストアップできるといわれていますが、本当なのでしょうか?

結論からいうと事実です。

飲めば絶対に大きくなるという訳ではありませんが、バストアップできる可能性はあるので、飲まないよりは飲んだ方がいいでしょう。

豆乳には女性ホルモンの一種「エストロゲン」とよく似た働きをするイソフラボンと呼ばれる成分が含まれています。

イソフラボンを摂取するとエストロゲンの分泌を活発にできるため、バストアップ効果が期待できるという訳です。

さらに、豆乳には良質なタンパク質が含まれています。

これも豆乳がバストアップに効果があるといわれている理由です。

飲むタイミングは基本的にいつでも問題ありませんが、吸収率にこだわるのなら朝食前がベストです。

朝食前は吸収率が一番高い時なので、このタイミングで豆乳を飲むとイソフラボンを効率良く体内に取り入れることができます。

同時に水分補給にもなりますから、一石二鳥です。

すぐに効果がある訳ではないので、毎日飲み続けるということが大切になります。

偏った食事はバストアップに良くない?

偏った食事はバストアップに良くないといわれています。

つまり、バストアップ効果がある食べ物ばかりを食べていても胸は大きくならないということです。

特定の栄養ばかりを摂取していてもバストアップするのは不可能です。

毎日の食事で様々な栄養をバランスよく摂取するということがバストを成長させるためには必要になってきます。

これはバストアップだけではなく、健康や美容にもいえることです。

栄養バランスの悪い偏った食事を続けていると健康に支障をきたすことがありますし、肌がボロボロになります。

脂肪もつきやすくなるので、肥満のリスクも増えます。

偏った食事をしていても何もいいことはありませんから、肉ばかり食べるような食生活ではなく、野菜も積極的に取り入れるようにしましょう。

逆に、野菜ばかりを食べていてもバストアップはできないので、タンパク質を多く含む肉も適度にとることが大切です。

バストアップにいいと聞けばその食べ物ばかりを食べてしまう人も多いですが、それでは逆効果なので注意しましょう。

食べ物でバストアップしたい時はタイミングが大切?

効果的に食べ物でバストアップしたい場合は摂取するタイミングにこだわるのもいいでしょう。

どのタイミングで摂取するのかによって、バストアップ効果に大なり小なり影響を与えます。

摂取するタイミングは女性の生理周期と関係しています。

例えば、エストロゲンの分泌を活発にする食べ物は、エストロゲンが分泌される月経期、卵胞期、排卵期に食べるようにしましょう。

プロゲステロンが分泌される黄体期には、プロゲステロンを正常化する働きがある食べ物を取り入れてください。

黄体期にエストロゲンの分泌を活発にする食べ物を取り入れるとホルモンバランスが乱れてしまうので、バストの成長を阻害してしまう恐れがあります。

また、特に健康上の問題がない場合には、プロゲステロンは黄体期になると大量に分泌されるため、あえてプロゲステロンの分泌を活発にする食べ物は食べる必要がありません。

それよりも、エストロゲンの分泌を活発にする食べ物を控えるというのを意識した方がいいでしょう。