アンチエイジング

アンチエイジング食ってどんなもの?

アンチエイジング食とは体に悪いものを避けて、体にいいものを食べる食事のことです。

もちろん、栄養バランスのとれた食事というのが前提にあります。

アンチエイジングのために毎日食べたいのは、豆類、ごま、米、海藻類、野菜、魚、キノコ類、いも類、発酵食品といったものです。

これらを普段の食事に取り入れることで、栄養バランスのとれた食生活を送ることができます。

肉が入っていませんが、食べてはいけないという訳ではありません。

食べてもいいですが、大量に食べるのは良くないので、ほどほどにしてください。

そして、アンチエイジング食を心がける場合、過剰摂取に気をつけたいのが以下のようなものです。

・砂糖
・塩
・コーヒー
・アルコール
・揚げ物

砂糖は肌の弾力に悪影響を与え、塩は高血圧のリスクを高めてしまいます。

コーヒーとアルコールは体内の水分を奪ってしまいますし、揚げ物はコラーゲン繊維を壊す恐れがあります。

これらの食べ物は過剰に摂取しなければ問題ありませんが、食べ過ぎると老化を促進させる働きがあるので気をつけてください。

アンチエイジング医療って何をするの?

アンチエイジング医療とは、年を重ねても真の健康状態を維持する最先端の医療のことです。

通常、人は年齢を重ねれば重ねるほど体が弱くなっていきます。

高齢者になると病気にかかりやすくなりますし、寝たきりになる可能性も高いです。

しかし、高齢者の中には大きな病気を抱えず、寝たきりにもならない人が存在します。

そんな健康的な年の取り方を実現させるのがアンチエイジング医療です。

アンチエイジング医療のポイントは以下の3つです。

・キレーション治療
・サプリメント療法
・ホルモン療法

キレーション治療とは体内に蓄積されている水銀や鉛といった有害重金属を薬を使って体外に排出する治療のことです。

これによって老化予防はもちろん、動脈硬化のリスクを下げたり、活性酸素を除去することができます。

サプリメント療法はサプリメントを使って健康的な体を維持するという治療です。

普段の食事だけでは補うことができない栄養素をサプリメントで摂取します。

ホルモン療法とはホルモンバランスを整える治療のことで、体の状態に合わせて最適なホルモンを取り入れるというものです。

アンチエイジングっていつから始めればいいの?

アンチエイジングはいつから始めるのが適切なのでしょうか?

結論からいうと始めたいと思った時がベストなタイミングです。

アンチエイジングに遅いも早いもありません。

早いに越したことはないので、20代から始めても何も問題ないです。

アンチエイジングは将来のことを考えた活動なので、年齢が若いうちから始めた方がいいといえます。

一般的なアンチエイジングには即効性がありません。

「あの時からアンチエイジングをしていて良かった」と心から効果を実感できるのは何年も先のことです。

そのため、20代で始めても効果を実感できるのは30代ですし、30代で始めた場合は40代になってアンチエイジングをしておいて良かったと感じるはずです。

その年代によって何をすればいいのかは変わってきますが、将来のことを考えるのであれば、やるべきことはやっておきましょう。

紫外線対策や規則正しい生活習慣を心がけるくらいなら、10代からでも始めることができるはずです。

シワを防ぐ方法は以下の通りです。

・紫外線対策
・十分な休養
・タバコやアルコールを控える
・刺激の少ない化粧品を使う
・和食の中心の食事

最も大事なことは紫外線対策です。

紫外線を浴びると肌に大きなダメージを与えますし、乾燥も招くので、シワができやすくなります。

疲労やストレスは活性酸素を発生させる原因になるため、十分な休養を取るようにしてください。

半身浴をすると、疲労やストレスを効果的に軽減できます。

タバコやアルコールは活性酸素を発生させてしまうので、できるなら禁煙・節酒が理想です。

化粧品の刺激によってシワができてしまう場合もありますから、低刺激のものを使用しましょう。

美容成分や保湿成分がたっぷりと入った化粧品がおすすめです。

和食は活性酸素を発生させにくい食事なので、シワ予防に効果的です。

肉中心の食生活をしている人は魚と野菜中心の食生活に見直した方がいいでしょう。

こういったことを意識して生活をすると、シワを効果的に予防することができます。

アンチエイジングにいいお茶ってある?

アンチエイジングにいいお茶というのがあります。

お茶を飲むだけで劇的に何かが変わるということはありませんが、アンチエイジング効果を高めることが可能です。

アンチエイジング効果のあるお茶として代表的なのが緑茶です。

緑茶にはカテキンと呼ばれる成分が含まれており、これがアンチエイジングに深く関係しています。

カテキンには免疫力をアップさせる働きがあるので、病気にかかりづらくなります。

また、自己免疫疾患のコントロール、心臓病予防にも効果的です。

日本人にとって最も馴染みのあるお茶なので、普段から飲まれている方も多いのではないでしょか。

だからといって大量に飲む必要はありませんが、ジュースの代わりに緑茶を飲むという習慣をつけた方が体にはいいですし、アンチエイジングにもなります。

そして、玄米茶もアンチエイジングに効果があるといわれています。

玄米茶にもカテキンが含まれていますし、肥満予防効果のあるガンマオリザノール、脂肪燃焼率を向上させるビタミンB群などが含まれているので、アンチエイジングに最適です。

スマホがアンチエイジングの大敵って本当?

スマホがアンチエイジングの大敵だといわれていますが、本当なのでしょうか?

結論からいうと本当です。

使い方次第でスマホはアンチエイジングの妨げになるので、注意しないといけません。

スマホやパソコンなどからはブルーライトが発生します。

ブルーライトには脳を覚醒させてしまう働きがあるので、寝る前にスマホを使用すると脳が活発になってしまってなかなか寝付けなくなります。

そうすると睡眠時間が短くなりますし、睡眠の質も悪くなるため、老化を促進させるきっかけになる可能性が高いです。

理想は就寝2時間前からスマホやパソコンの使用を控えることです。

夜の0時に寝るのであれば、22時にはスマホやパソコンの画面を見ないようにしてください。

寝る前の暇な時間に、ついついスマホを使ってしまうことが多いと思いますが、アンチエイジングのことを考えるのであれば控えるようにしましょう。

そして、できる限り早めにお休みになるようにしてください。

夜22時~深夜2時は成長ホルモンがたくさん分泌されているので、この時間帯には寝ていた方がいいといわれています。

ほうれい線を消す方法ってある?

ほうれい線を消す方法は以下の通りです。

・十分な睡眠
・正しい姿勢
・鼻呼吸
・スキンケア
・マッサージやエクササイズ
・食事の見直し

十分な睡眠時間を毎日確保するというのが重要です。

睡眠不足はほうれい線を悪化させてしまうので、夜更かしをせずに早めに寝るようにしてください。

姿勢が悪いのもたるみを促進させるため、背筋を伸ばし、顎をひいて生活した方がいいです。

口呼吸は口周りの筋肉を老化させる原因になるので、鼻呼吸を意識してください。

紫外線対策や保湿などのスキンケアを念入りに行いましょう。

乾燥は肌荒れを招くので、洗顔後すぐに潤いを与えてください。

マッサージやエクササイズによって血行を促進させるというのも大切です。

偏った食生活をしている人は栄養バランスのとれた食生活に改善してください。

肉だけではなく野菜も食べ、好き嫌いをせずにバランス良く栄養を摂るようにしましょう。

こういったことを継続していくことで、ほうれい線が少しずつ改善していくはずです。

アンチエイジングって何?

アンチエイジングという言葉を耳にすることが多いと思いますが、一体どういった意味なのでしょうか?

まず、エイジングとは老化を表す言葉です。

これにアンチをつけることによって、若返りや老化予防になります。

人は年を重ねると、どんどん体の機能が低下していくため、病気にかかりやすくなったり、肌の状態が悪くなっていきます。

それを防ぐという意味で、アンチエイジングという言葉が使用されることが多いです。

老化の原因はハッキリと解明されている訳ではありませんが、活性酸素や紫外線が大きく関係しているといわれています。

活性酸素は細胞を傷つける有害物質で、老化を促進させたり、様々な病気を引き起こすきっかけになります。

紫外線は肌の老化を促進させる原因だといわれており、代表的なのがシミやシワです。

これらの肌トラブルは紫外線による影響が非常に大きいと考えられています。

そのため、紫外線対策をすることもひとつのアンチエイジングだといっていいかもしれません。