英会話上達

個人レッスンを受ければ上達する?

英会話教室にはグループレッスンと個人レッスンの2種類があり、早く上達したいなら個人レッスンを受けた方がいいといわれています。

しかし、個人レッスンよりもグループレッスンの方が向いている人もいるので、一概に個人レッスンの方がいいとはいえません。

基礎がそれなりにあって集団学習が好きな人は、個人レッスンよりもグループレッスンの方が向いています。

英会話を一から勉強したい、じっくりと勉強したいという方は個人レッスンが向いているといっていいでしょう。

個人レッスンは基本的に日本人の講師が担当します。

同じ日本人なので、日本語を交えながら分かりやすく勉強することができます。

全く英会話ができない状態でグループレッスンに参加しても、何も分からなうちに終わってしまい、途中で挫折してしまうことも多いものです。

でも、個人レッスンなら基礎の基礎からスタートできますし、その人のレベルに合った授業を行ってくれます。

そのため、初心者は個人レッスンの方がいいかもしれません。

周りの人に気を遣う必要がないので、のびのび勉強できます。

ネットで英会話を学ぶ方法ってある?

ネットで英会話を学ぶ方法もあるのでしょうか?

結論からいうとあります。

ネット環境さえあれば、どこに住んでいても英会話を学ぶことが可能です。

そのため、近くに英会話教室がないという人に人気があります。

このネットで英会話を学ぶ方法をオンライン英会話といいます。

教えてくれる人は基本的に日本人ではなく外国人です。

そして、メリットは以下の通りです。

・英会話教室よりも時間に融通が利く
・費用が安い
・マンツーマンレッスンができる

英会話教室よりも時間に融通が利くというのが大きいです。

英会話教室に通いたくても仕事の終わる時間が遅いという理由で通えない人も多いですが、オンライン英会話の場合だと帰宅してから勉強できます。

24時間受けられるところもあるので、自分の都合に合わせた勉強が可能です。

普通の英会話教室に通うよりも圧倒的に費用が安いため、経済的負担が少なくて済みます。

また、マンツーマンで教えてもらえるというのもオンライン英会話の魅力です。

NHK英会話講座で勉強したら上達できる?

よくNHK英会話講座で勉強したら上達できるといわれていますが、本当なのでしょうか?

絶対に上達できると断言はできませんが、上手く活用すれば上達しやすいです。

もちろん、英会話を上達させたいという強い意志を持っていることが前提です。

この気持ちがないと、どんなに素晴らしい方法で勉強をしても上達できません。

NHK英会話講座のメリットは以下の通りです。

・楽しく学習できる
・お金がかからない
・自分に合ったレベルから始められる

一番のメリットは楽しく学習できることです。

エンターテイメント性があるので、普通に勉強するよりも楽しいです。

英会話の勉強にマンネリを感じ始めている人は、NHK英会話講座で勉強してみてはいかがでしょうか。

お金がかからないというのも大きなメリットです。

テキストを購入したとしても、たいした金額にはなりません。

そして、NHK英会話講座は自分のレベルに合わせて勉強できます。

初心者から上級者まで、どなたでも利用することが可能です。

英会話は毎日勉強しないと上達しない?

英会話は毎日勉強しないと上達できないのでしょうか?

結論からいうとその傾向が強いです。

上達が早い人は毎日勉強していますし、上達が遅い人は毎日は勉強していません。

やはり、上達するには勉強量が必要です。

たまに勉強する程度では勉強量が足りないので、上手くなるのは難しいです。

また、毎日勉強することで英会話に慣れることができます。

一週間に3回60分ずつ勉強するのと毎日コツコツ30分ずつ勉強するなら、後者の方が上達が早いです。

英会話に慣れることができれば、勉強が苦ではなくなくなります。

さらに、勉強するのが習慣になれば、ストレスを感じることもないはずです。

1日30分の時間を取れないなら、10分や20分程度でも十分です。

それを毎日続けて、英会話の勉強をするのが当たり前のような状態にしてください。

しかし、早く上達したいからといって最初から長時間の勉強を始めると大きなストレスになり、途中で嫌になってしまう可能性があります。

最初は10分くらいの短い時間から始めた方がいいでしょう。

英会話は目的がないと上達しない?

英会話は目的がないと上達しないといわれていますが、本当なのでしょうか?

結論からいうと本当です。

上達の早い人はみなさん明確な目的を持っていますし、上達が遅い人は基本的に目的を持っていません。

「こういったことがしたいから英会話が上手くなりたい」という人はモチベーションが高いです。

例えば、「仕事でどうしても英会話が必要になった」「外国人の友達を作りたい」といった明確な目的を持っていると、それに向かって突き進むことができるので、常に高いモチベーションを維持できます。

一方、なんとなく英会話を勉強している人は上手くならないといけない理由がないため、モチベーションを維持することができません。

それは勉強方法にも表れ、非効率的な学習になってしまうことが多いです。

目的があるかないかで同じ勉強時間でも全く吸収力が違うので、上達スピードが著しく異なります。

これから英会話を勉強しようと思っている人は、何か目的を持ってから始めた方がいいです。

独学でも英会話は上達する?

独学でも英会話は上達できるのでしょうか?

結論からいうと、上達することは可能です。

ただし、英会話教室に通ったり、通信講座を受けるよりは学習効率が悪くなります。

分からないことがあっても誰かに教えてもらうことができなかったり、学習スケジュールを自分で管理しないといけないという問題があるため、向き不向きの差が激しいです。

モチベーションが高く自分に厳しい人であれば独学でも勉強を続けることができますが、モチベーションが低く自分に甘い人が独学で勉強しても長続きしないことが多いので注意してください。

独学には独学のメリットがあります。

例えば、学習費用を最小限に抑えることができる、自分の都合に合わせて勉強ができるといったことが最大のメリットです。

この2つのメリットは非常に大きいですが、英会話を短期間で上達したい人や一人だと妥協してしまう可能性が高い方は、無理に独学で頑張るよりも英会話教室に通ったり、通信講座を受けた方がいいです。

英会話アプリってどんなもの?

英会話の勉強をしたい人は、英会話アプリを使ってみるのもいいかもしれません。

英会話アプリには、英会話教室に通ったり、参考書や問題集で勉強する時とは違う面白さがあります。

スマートフォンがあればいつでもどこでも英会話の勉強ができるので、暇な時間を有効活用したい人におすすめです。

英会話アプリには、様々な内容のものがあります。

例えば、よく試験に使用される英単語を暗記するためのアプリ、なかなか覚えにくい英文法を学習できるアプリ、音声が流れてリスニング練習ができるアプリ、試験対策用の問題をひたすら解く問題集アプリなどです。

英会話を勉強している目的によっても、使用した方がいいアプリが違います。

様々なアプリに一通り目を通してみて、自分にどれが合っているのか確認してください。

いざダウンロードしても使わないという人も多いので、まずは無料のアプリから使用してみた方がいいでしょう。

それで使うことが多いのなら、有料アプリを使用してみるという流れが理想的です。

英会話教室に通えば上達できる?

英会話教室に通えば上達できるのでしょうか?

結論からいうと、独学で勉強するよりは上達できる可能性が高いです。

そのため、お金と時間に余裕がある場合は英会話教室に通うというのもいいかもしれません。

英会話教室に通うメリットは以下の通りです。

・英会話を実践できる
・モチベーションを維持できる
・分からないことをすぐに解決できる
・正しい発音や表現を知ることができる
・勉強する習慣が身につく

一番のメリットは英会話を実践できることです。

自宅で黙々と勉強しても、実際に話す機会がないと上達するのは難しいです。

その機会を持てるというのが、英会話教室の最大の魅力だといっていいでしょう。

他の生徒と一緒に勉強するので、モチベーション維持にも有効です。

特に一人で勉強するのが苦手という人は、通われた方がいいかもしれません。

分からないことをすぐに聞いて解決できるというのも、英会話教室のメリットです。

さらに、参考書や学校の授業では分かりにくい正しい発音や表現を知ることができますし、通い続けることで勉強する習慣が身につきます。

中国語上達

中国語教室に通えば上手くなる?

中国語教室に通えば上手くなるのでしょうか?

結論からいうと上手くなる可能性が高いです。

どんなところに通うのかによって上達の早さは違いますが、自分との相性がいいところに通うことができれば、めきめきと中国語が上達していきます。

それなりの費用はかかってしまいますが、お金と時間に余裕があるのなら中国語教室に通われた方がいいでしょう。

特にマンツーマンで教えてくれる教室がおすすめです。

中国語教室に通うメリットは以下の通りです。

・独学よりもモチベーションを維持しやすい
・効率のいい勉強ができる
・中国人とコミュニケーションが取れる

独学で中国語を勉強するとなると、自分に甘えてしまってサボってしまうこともあるでしょう。

そして、だんだんモチベーションが下がり、勉強しなくなることが多いです。

でも、中国語教室に通うと、他の生徒もたくさんいますし、お金を払って勉強しているという意識を強く持てるので、モチベーションを維持しやすいです。

先生に分からないことをすぐに質問できるというのも大きなメリットだといえます。

また、独学だと中国人とコミュニケーションを取る機会はあまりありませんが、中国語教室に通えば、ほとんどの場合は先生が中国人なので、直接接することができます。

ネットを使えば中国語が上達する?

ネットを使えば中国語が上達するのでしょうか?

結論からいうと上達しやすいです。

普通に問題集や参考書などで勉強するのもいいですが、それを毎日続けていると飽きてきますよね?

中国語教室に通ったり、通信講座を受講するのも一つの選択ではあるものの、お金がかかるというデメリットがあります。

しかし、インターネットなら楽しく節約して中国語を勉強できます。

インターネットでは、以下のような方法で中国語を学べます。

・オンライン中国語教室
・中国語のニュース
・中国のドラマや映画
・チャット

まず、オンライン中国語教室を利用するというのが最も効果的でしょう。

費用はかかりますが、通学するタイプの中国語教室や通信講座を利用するよりも安いです。

自宅で習うことができるので、時間がないという人にもいいでしょう。

中国語のニュースを見たり、中国のドラマや映画を観るというのも効果的です。

中国のドラマや映画を観賞できるサイトがあるので、探してみてください。

また、交流サイトでチャットしながら中国語を勉強するというのもいいかもしれません。

試験を目標にすれば上達する?

中国語を上達したい場合、試験を目標に頑張ってみてはいかがでしょうか?

試験を目標にすることによって、モチベーションを維持することができます。

何も目標がないとどうして頑張っているのか分からなくなったり、手を抜いてしまうことが多いです。

しかし、目標を持つことで強い意志を持って勉強に取り組むことができます。

そのため、試験合格を目指して中国語の勉強をするというのがおすすめです。

中国語の試験で有名なのが日本中国語検定協会の試験です。

準4級、4級、3級、2級、準1級、1級があるので、自分のレベルに合わせて受験してください。

初心者の方は準4級または4級からスタートするといいでしょう。

試験は筆記とリスニングの2つで行われます。

4級~1級はリスニングと筆記のどちらも合格基準点に達していないといけませんが、準4級はリスニングと筆記の合計点数が基準点に達すれば合格になります。

本気で中国語の上達を望んでいるのなら、試験合格を目指して勉強をしてください。

上達する目的を明確にすることが大切なの?

中国語を上達したいなら、どうして上手くなりたいのか目的を明確にすることが大切です。

はっきりした目的を持っているかどうかで、上達のスピードが全く違います。

目的が明確な場合、勉強をしていてもぶれないので、高い集中力を保つことができます。

逆に、目的がないと途中で面倒に感じてしまって、やめてしまう可能性が高いです。

そのため、「どうして自分は中国語を上達したいのか?」というのを明確にしてから、勉強を始めるようにしましょう。

ただ、中には思いつかない人もいるかもしれません。

なんとなく中国語を勉強したいと思っている人の場合には、目的を思いつけないこともありますよね。

そんな時には、ちょっと強引に目的を作ってみてください。

例えば、「中国語の映画やドラマを字幕なしで観たい」「中国人と会話がしたい」「中国人とビジネスをしたいから上達したい」などといったことでもいいです。

それに、日本に来る中国人観光客も少なくありませんから、中国語を話せるようになれば、接客業への就職・転職の際に有利になるでしょう。

とにかく目的を定めることが大事なので、いきなり勉強を始めるよりも、まずは目的が何なのかをじっくりと考えてください。

中国人の友達を作れば上手くなる?

中国人の友達を作れば上手くなるのでしょうか?

結論からいうと上達します。

毎日のように中国人と会話をしていると、少しずつなんて言っているのかが分かってきます。

特に他の言葉が全く話せない中国人の友達を作れば、さらに上手くなるはずです。

中国語しか共通言語がないので、嫌でも中国語で会話をすることになります。

ただ、だからといって何もしなくても上達する訳ではありません。

中国人の友達を作ることで、上達しやすくはなりますが、やはり勉強はしないと上手くならないです。

毎日会話をしているとなんとなく意味が分かってきますが、それ以上理解するためには勉強するしかありません。

あの時に何を言っていたのか、あの時の自分の中国語は合っていたのかなどを後から確認してください。

そして、上手くなりたいという気持ちがないと上達はできません。

中国人の友達ができても積極的に話しかけないと会話をすることができないので、失敗を恐れずにどんどんコミュニケーションを取るようにしてください。

中国語教材を使えば上達する?

中国語教材を使えば上達するのでしょうか?

結論からいうと使用する教材によります。

中国語教材の中には使えるものと使えないものがあるので、じっくりと選んでください。

いい加減に購入すると後から後悔することになります。

中国語教材を選ぶ時のポイントは以下の通りです。

・自分のレベルに合っているものを選ぶ
・分かりやすいものを選ぶ
・口コミがいいものを選ぶ
・無理のない価格のものを選ぶ

まず、自分のレベルに合ったものを購入しましょう。

教材によって初心者用や中級者用、上級者用があるので、自分のレベルに合わせないと効果的な勉強ができません。

分かりやすい教材を選ぶというのも重要です。

分かりづらい教材で勉強しても上達することはできません。

分かりやすいかどうかは感覚的なものになるので、これなら意欲的に取り組めるというものを探してください。

口コミの評価を参考にするのもいいでしょう。

あまりにも評価が低い教材は購入しない方がいいかもしれません。

また、無理のない価格のものを選ぶというのも大切です。

電子辞書って役に立つの?

中学語を勉強していると分からない単語がたくさん出てくるので、辞書を使う機会が多いです。

辞書には紙の辞書と電子辞書の2つがあります。

では、中国語を勉強する場合、紙の辞書よりも電子辞書を持っておいた方がいいのでしょうか?

結論からいうと電子辞書が役に立つかどうかは人によって異なります。

紙の辞書の方が便利だと感じる人もいるので、人それぞれだと思ってください。

そのため、自分にとってどちらが向いているのかを考えて選びましょう。

電子辞書のメリットはすぐに言葉の意味を調べられることです。

これは紙の辞書にはないメリットです。

紙だと調べるまで時間がかかってしまいますが、電子辞書だとすぐに調べることができるので、調べる時間を大幅に節約できます。

また、紙だと辞書を使っているだけで満足してしまい、本来の勉強が疎かになってしまう可能性もあります。

一方、電子辞書のメリットはそれなりの値段がするので、お金がかかることです。

中国に留学すれば話せるようになる?

中国に留学するだけで、話せるようになるのでしょうか?

結論からいうと留学したからといって、中国語を絶対に話せるようになる訳ではありません。

留学しても中国語をマスターできない人はたくさんいます。

現地に行って生活をすると自然に中国語をマスターできるといわれていますが、そんなことはありません。

子供の頃ならそれでも覚えることができたかもしれませんが、大人になってからだと難しいです。

ただ留学して生活をするだけでは全く上達しません。

留学して話せるようになりたいなら、それなりの勉強を現地でしないといけませんし、積極的に現地の人とコミュニケーションを取る必要があります。

何もしないで話せるようになるというのは都合が良すぎます。

強い意志を持たずになんとなく軽い気持ちで中国に留学しても話せるようにならないので、それであれば日本で勉強した方がお金もかからないですし、よっぽどいいです。

留学したい場合は、「絶対に中国語を話せるようになる」という強い気持ちで挑むようにしてください。

お受験(小学校受験)

絵画教室には行かせた方がいい?

お受験のために絵画教室に行かせた方がいいのでしょうか?

結論からいうと子供が行きたいのであれば、行かせた方がいいでしょう。

子供が嫌がる場合は無理に行かせる必要はありません。

一度、行ってみてそれで判断するというのが一番いいです。

無理に通わせても意欲がないため、何も吸収せずに時間だけが過ぎてしまいます。

いくら通っても絵は上達しませんし、何も身につかないので、お金の無駄だと思っていいでしょう。

これは絵画教室に限らず、色々な教室にもいえます。

全ては子供の意志次第です。

親が強引に通わせても何もいいことがありません。

子供が嫌がらない場合は絵画教室に通うことで絵が上達してお受験に役立ちます。

また、表現力もアップするので、通わないよりは通った方がいいですが、親だけの判断で通わせるのはやめましょう。

そして、絵画教室に通わせるのなら、実績のあるところを選んでください。

普通の絵画教室に通わせるよりもお受験に特化したところに通わせた方がいいです。

入試の時の服装はどうしたらいい?

入試の時は、服装にも注意しないといけません。

相応しくない服装で受けてしまうと受験に失敗してしまう可能性があります。

服装選びのポイントは以下の通りです。

・学校のカラーに合わせる
・清潔感を意識する
・装飾を控える
・脱ぎ着しやすい服

まず、学校のカラーに合わせるというのが重要になります。

学校によって雰囲気が異なるので、実際に学校見学をして、どういった服装が相応しいのか確認することをおすすめします。

できる限り、学校に好まれる服装をするようにしてください。

どの学校を受けるにしろ、清潔感は大切です。

カラフルな服装よりもシンプルな服装の方が清潔感があり、印象がいいです。

装飾は控えるようにしてください。

これは子供にも大人にもいえることです。

子供の場合、脱ぎ着しやすいかどうかも大切になります。

試験内容によって着替えないといけない場合もあるので、その時に困らないようになるべく脱ぎやすい、着やすい服を選ぶようにしてください。

合格するために必要なしつけって?

合格するために必要なしつけは以下の通りです。

・良い悪いの区別
・挨拶
・言葉遣い
・感謝と謝罪の言葉

まず、良い悪いの区別をしっかりとしつけてください。

何が良くて何が悪いのかを教えるようにしましょう。

挨拶も非常に重要です。

「おはようございます」「こんにちは」「いってきます」「ただいま」「ごちそうさま」「いただきます」「おやすみなさい」といった基本的な挨拶をできるようにしつけることが大切です。

言葉遣いもきちんと教えるようにしましょう。

どんな人と話す時にどういった言葉を使えばいいのかを教えてください。

感謝と謝罪の言葉がすぐに出るようにしつけましょう。

「ありがとう」と「ごめんなさい」をすぐに言えるかどうかは非常に大切です。

どのしつけも合格に大切なのはもちろんですが、社会生活においてもとても大事なことばかりだと思ってください。

これらのことをしっかりとしつけることができれば、大人になっても必ず役に立つはずです。

小学校受験におすすめの絵本って?

小学校受験対策として絵本を読んでおいた方がいいといわれています。

これは試験で絵本を使った問題が出題されるからです。

試験では絵本の読み聞かせをした後、どのくらいその内容を理解しているのか、記憶しているのかを見ます。

そのため、事前に絵本を読んであげたり、読ませるといったことが大切になってきます。

例えば、以下のような絵本は小学校受験におすすめです。

・ぐるんぱのようちえん
・もりのなか
・おおきなかぶ
・こすずめのぼうけん

これらの絵本は実際の試験でも使用されたことがあります。

どれも昔からある絵本なので、親御さんも読んだことがあるかもしれません。

とても面白い内容の絵本ばかりですから、小学校受験をしない子供にもおすすめです。

特に、「おおきなかぶ」は知名度が高い絵本ですし、読んでおいて損はありません。

また、「そらまめくんのベッド」「かみさまからのおくりもの」「へんしんオバケ」「ふゆじたくのおみせ」「ちいさなくれよん」といった絵本も小学校受験に使えると思います。

塾には通わせた方がいい?

合格させるためには塾に通わせた方がいいのでしょうか?

結論からいうと通わせた方がいいです。

塾に通わなくても合格できる可能性はありますが、通った方が合格の可能性は高くなります。

塾に通う一番のメリットは、効率的かつ効果的な受験勉強ができることです。

両親が勉強を教えるよりも遥かに質の高い勉強ができます。

当たり前ですが塾の先生の教え方と両親の教え方では全く違います。

塾の先生はどんな試験内容なのか把握しているので、それに沿って指導してもらうことができるのは大きいです。

また、子供も自宅で勉強するよりも集中できるというメリットもあります。

自宅だと誘惑がたくさんありますが、塾に行けば勉強するしかありません。

さらに両親の負担も多少軽くなるはずです。

それ相応の費用はかかってしまいますが、合格率を上げることができるため、できれば通わせた方がいいといえます。

しかし、無理やり通わせても意味がないので、通わせ方には十分に注意しましょう。

子供がお受験を嫌がる時は止めた方がいい?

子供がお受験を嫌がることもあります。

その時、無理にでも受けさせた方がいいのか、それとも止めた方がいいのか迷いますよね?

結論からいうと嫌がっているのに無理やり受験させても何もいいことはありません。

子供の意思を無視することになるので、子供に悪影響を与えます。

親御さんからすれば子供のためを思ってのことですが、子供はそれを理解することはできません。

無理に勉強させても意欲がないので、お受験をしても合格する可能性は極めて低いです。

だからといって、子供にどうして嫌なのかを聞いても答えるのは難しいので、やめてください。

なぜなら、子供はどうして嫌なのかを言葉で伝えることができません。

そのため、親御さんがどうしてお受験が嫌なのかを考えてください。

そして、無理に勉強させるのではなく、一歩引くことをおすすめします。

お受験が嫌な理由が分かったら、それを解消してください。

そうすると積極的にお受験に挑んでくれるかもしれません。

お受験(小学校)するメリットって?

お受験のメリットは以下の通りです。

・入学先を自由に選べる
・一貫した教育を受けられる
・子供の個性を伸ばすことができる

お受験するメリットは入学先を自由に選べることです。

自分の子供に適した学校に通わせることができますし、親が望む教育を受けさせることができます。

これがお受験の最大のメリットだといっていいでしょう。

また、一貫した教育を受けられるというメリットもあります。

小学校に合格すれば、中学校から大学まで一貫した教育を受けることができるので、進学する度に教育方針が変わってしまう恐れがありません。

公立小学校だと先生が異動することも珍しくありませんが、私立だと数年で異動するケースがないので、同じ先生に勉強を教えてもらうことができます。

そして、子供の個性を伸ばせるというのもお受験のメリットです。

学校によって特徴が異なるので、自分の子供に合ったところを選べば、個性を効率良く伸ばすことができます。

このようなメリットがある一方で、受験勉強によるストレスを子供も親も受けるというデメリットもあります。

お受験の入試は筆記試験なの?

お受験の入試は学校によって違います。

基本的に筆記試験はどこの学校も行いますが、その他にも色々なものを組み合わせて試験を行うことが多いです。

よくあるのが以下のような入試内容です。

・筆記試験
・口頭試験
・運動
・行動観察
・記憶試験

筆記試験では常識問題や数量問題、図形問題、言語問題などが出題されます。

出題される問題は学校によってレベルが違います。

口頭試験とは先生が子供に対して色々な質問をするというものです。

運動では運動能力がどのくらいあるのか、先生の指示をしっかりと守ることができるのかなどを見ます。

行動観察では他の生徒と一緒に遊ばせて、その子供の特性を判断します。

ここで言葉遣いや友達に対する態度などもチェックされます。

記憶試験とは絵を見せて、どのくらい記憶できているのかを見る試験です。

筆記試験に含まれていることもあります。

この他にも色々な試験内容があると思ってください。

どちらにしろ、筆記試験は必ず行うので重点的に勉強しておいた方がいいでしょう。

中学生の不登校

転校すれば学校に行ける?

不登校を解決するための選択肢として、転校を考える人も多いでしょう。

では、転校すれば学校に行けるのでしょうか?

答えはノーです。

転校したからといって不登校が解決するとは限りません。

むしろ、さらに精神的にストレスを与えてしまう恐れもあるので注意しましょう。

たしかに相性のいい学校であれば不登校が直る可能性もあります。

しかし、その可能性はそれほど高くないので賭けになると思ってください。

不登校を解決する場合、この学校との相性というのは非常に重要になってきます。

また、転校は逆にプレッシャーを与えてしまうことになります。

学校に通わせようと必死で努力をしてくれるのは子供にとってありがたい反面、それをプレッシャーに感じてしまって、状況が悪化する場合もあるのです。

さらに子供に学校に行く意思が無い限り、学校を変えても不登校は直らないと思った方がいいでしょう。

最終的に学校に行くかどうか決めるのは親ではなく、本人だというのを理解してください。

勉強はした方がいい?

不登校になった場合、勉強はした方がいいのでしょうか?

結論からいうと勉強はするべきです。

全てがどうでも良くなって勉強を放棄する子供もいますが、これからのことを考えた場合、勉強はした方がいいと思います。

なぜなら、勉強をしないと希望する高校に行くことができないからです。

言葉は悪いですが、学力が低い高校にはそれなりの生徒しか集まっていません。

そのため、いじめなどに遭う可能性がありますし、馴染めないケースが多いです。

逆にそれなりに学力が高い高校の場合、勉強を真面目にする生徒が多いので、不良は少ないと思っていいでしょう。

絶対に安全だとはいえませんが、学力の高い学校に通った方が不登校になる可能性が多少は低いといえます。

高校を自分で選べるかどうかはこれからの人生にあたって非常に重要になるので、きちんと勉強しましょう。

もし、自宅で思うような勉強ができないなら塾という選択肢もあるので安心してください。

塾なら外出する機会も増えるので、引きこもり防止にも繋がります。

高校でも不登校になる?

中学校時代不登校だった生徒は高校でも不登校になるのでしょうか?

これは人によって異なるので一概に高校でも不登校になるとはいえません。

中学校の時は不登校でも高校に進学してからは毎日学校に通って、友達もたくんでき、充実した生活を送っている生徒もいます。

その一方で、中学校時代同様に不登校になってしまう生徒もいるので、個人差が出ると思ってください。

では、どうしてこのような差が出てしまうのでしょうか?

この差は自分に合う高校を探すことができるのかどうかで生まれます。

自分に合った高校を選ぶことができれば、普通に高校に通うことができますし、誤った選択をすると不登校になってしまいます。

そのため、高校選びが重要になると考えてください。

そして、その際に学力が高校選びに影響を与えます。

学力が低い高校というのはどうしても不良タイプが多いので、馴染めない可能性が高いです。

ある程度学力が高い高校に進学すると不良タイプはいないので、安心して通うことができると思います。

不登校は誰に相談したらいい?

子供が不登校になった場合、誰に相談すればいいのか分からないという人も多いです。

自分たちだけで抱え込んでしまって、不安でいっぱいの生活を送っているご家庭は少なくありません。

誰かに相談することで、気分が軽くなり、前向きになることができます。

また、解決の光が見えてくるかもしれません。

不登校の問題は以下のようなところに相談してみてください。

・行政機関
・カウンセラー
・適応指導教室

行政機関に相談するというのも1つの方法です。

自治体によっては不登校問題の相談窓口を設けていることがあります。

問題を解決できるかどうかは分かりませんが、費用がかかりませんし、相談には乗ってくれるので利用する価値はあるといっていいでしょう。

カウンセラーやサポート校に相談するのもおすすめです。

カウンセラーに相談することで子供と両親の心のケアができます。

不登校問題を解決しようとすると精神的に疲れてしまうので、カウンセラーに相談してメンタルケアを行うのもいいでしょう。

適応指導教室というのは特別学級のようなもので、指導内容は普通の学校と変わらないと思ってください。

授業だけではなく、相談もできるので利用してみるのもいいでしょう。

フリースクールには行った方がいい?

学校に通うことができない場合、フリースクールに通うのもいいかもしれません。

聞きなれない言葉かもしれませんが、フリースクールとは学校に通うことができない子供たちが過ごす場所のことです。

フリースクールにはいじめが原因で通うことができない子供もいれば、引きこもりの子供もいます。

そういった子供たちを受け入れている民間の教育機関があるので、探してみるのもいいでしょう。

学校と違うのは子供たちの主体性を尊重している点です。

ただ、フリースクールによって教育方針は異なりますし、費用も異なります。

子供との相性が合わないと通わなくなってしまうので、通うフリースクールの特徴を知ることが大切です。

フリースクールのメリットは、学校と連携していることが多いことです。

中学校の場合、フリースクールに行けば、学校に行っているのと同じ扱いになる場合もあります。

高校になると出席扱いになるケースはほとんどないので、中学校までだと思ってください。

無理に学校に行かせた方がいいの?

子供が不登校になった場合、無理にでも学校に行かせた方がいいのか悩んでいる親は多いのではないでしょうか?

親としては子供の将来が心配なので、学校に行って欲しいと思うのは当然のことです。

そのため、無理にでも学校に行かせようとする人も多いと思います。

しかし、そこで子供に無理をさせてしまうのはやめた方がいいでしょう。

その時だけは学校に行ってもまた不登校になる可能性が高いです。

なぜなら、何も問題が解決していないからです。

親にとっては子供が中学校に行かないというのが問題ですが、子供にとっての問題は違うところにあります。

不登校になった原因を突き止め、それを解決しない限り、通い続けることはできないと思ってください。

また、あまりにも無理に通わせてしまうと精神的ストレスがさらに強くなり、引きこもりになるケースだって考えられます。

最悪の場合、自殺してしまうこともあるので、子供を追い込むのはやめてください。

まずは不登校の原因の解決を優先しましょう。

高校には進学できないの?

不登校になると高校に進学できないと思っている人も多いですが、それは違います。

不登校になったとしても高校に進学することは可能です。

そのため、「高校に行けない・・・」と考える必要はありません。

ただし、行ける高校は限定されると思った方がいいでしょう。

その理由は以下の通りです。

・学力
・欠席日数

学校なら先生が教えてくれますが、不登校になると独学で勉強をしないといけません。

工夫しない限り効率的な勉強ができないので、他の生徒と学力に差がついてしまうことが多いです。

そうすると通える学校は限定されてしまいます。

また、欠席日数の問題もあります。

欠席日数を気にしない高校もあれば、授業への意識が低いと判断する高校もあるので注意しましょう。

欠席日数が大きく影響する高校だと落とされる可能性が高くなります。

こういったことを踏まえて高校を選ぶようにしてください。

仮に全日制高校に通えなくても定時制や通信制高校、チャレンジスクールといった選択肢もあります。

定期テストだけでも受けた方がいい?

不登校になっても定期テストだけは受けた方がいいといわれていますが、本当なのでしょうか?

結論からいうと本当です。

最悪、学校の授業は受けなくても定期テストだけは受けた方がいいでしょう。

定期テストを受けないと先生が成績をつけることができませんし、内申書にも書くことができません。

これは高校進学にあたってマイナスのことです。

そのため、定期テストだけは受けた方がいいといわれているのです。

さすがに他の生徒と一緒にテストを受けるのは精神的に辛いと思うので、別室でテストを受けてください。

学校に相談すれば、別室でテストを受けさせてくれるはずです。

これなら他の生徒の目が気にならないので、テストだけなら受けられると思います。

ただ、学校によってはそれを認めないところもあるので、その場合は教育委員会に相談してください。

そうすると不登校生徒を集めて学校以外でも定期テストを受けられる施設を紹介してもらえる可能性があります。

色々な選択肢があるので、将来のことを考えるなら定期テストだけは受けるようにしてください。

公務員になるには

公務員にも種類があるの?

一言で公務員といっても公務員にも色々な種類があります。

公務員の種類は以下の通りです。

・国家公務員Ⅰ種
・国家公務員Ⅱ種
・警察官
・消防士
・教員採用試験
・自衛官試験
・日本郵政公社職員

国家公務員Ⅰ種は中央官庁などで仕事を行う公務員のことで、各省庁の幹部候補生になれます。

国家公務員Ⅱ種は各都道府県の幹部候補になれる公務員のことです。

警察官は採用される場所によって位置づけが異なり、警視庁の場合は国家公務員、各都道府県警の場合は地方公務員になります。

消防士は各自治体の公務員で、人命救助などを行います。

教員採用試験は学校の先生になる採用試験のことで、先生も公務員に該当します。

自衛官試験は合格すると、特別職国家公務員である自衛官になることができます。

日本郵政公社職員はみなさんご存知の郵便局の職員のことで、こちらも公務員扱いになると思ってください。

このように公務員といっても色々な種類があるので、公務員になりたいと思っているならどれが自分に合っているのかじっくりと考えましょう。

公務員になるのに有利な学部ってどこ?

公務員になるのに有利な学部はあるのでしょうか?

結論からいうとあります。

例えば、以下のような学部は有利になると考えた方がいいでしょう。

・法学部
・経済学部
・地域関連の学部
・理工系学部

法律の勉強をする法学部は公務員になるのに有利だといわれています。

公務員の採用試験でも法律系の問題はたくさん出てくるので、普段から勉強している法学部の人たちは有利だといっていいでしょう。

また、経済学部も公務員に有利だといえます。

こちらも採用試験に経済系の問題が出題されるので、経済の勉強をしている経済学部の人たちからするとそれほど難しくないはずです。

専門性の高い地域関連の学部も公務員になりやすいといえます。

ただ、この場合は特定の地域の公務員になりやすいということなので注意しましょう。

そして、理工系の学部も公務員になりやすいかもしれません。

これは単純に計算が得意なので、事務職に合っているからです。

このような学部に入れば、多少なりとも公務員試験が有利になるでしょう。

公務員になるには予備校に通った方がいい?

公務員になるのに予備校に通っている人も多いです。

では、公務員になるためには予備校に通った方がいいのでしょうか?

結論からいうと確実性を目指すなら予備校に通った方がいいかもしれません。

予備校に通うことで、合格する可能性がアップします。

その理由は以下の通りです。

・モチベーションを維持できる
・勉強の効率が良い
・質問や相談ができる
・自分で勉強スケジュールを決める必要がない

モチベーションを維持できるというのは非常に大きいです。

同じ目標の生徒たちと一緒に勉強することで、頑張ろうという意識が高まります。

1人で勉強するよりも効率が良い勉強ができます。

また、どこが試験に出やすいのか分かるので勉強しやすいです。

質問や相談ができるというのも予備校に通うメリットです。

1人だと分からないことは自分で調べないといけないため手間がかかりますし、そのままにしておいてしまいがちですが、予備校だと講師に聞けるのですぐに解決できます。

そして、自分で勉強スケジュールを決める必要がありません。

自習のスケジュールは決めないといけませんが、それ以外は予備校のスケジュールに従うだけなので楽です。

公務員になるのに年齢制限ってある?

公務員には年齢制限があります。

その年齢を超えてしまうといくら能力があっても公務員の採用試験を受けることができません。

また、年齢制限は公務員の種類によって異なると思ってください。

そのため、もし公務員になりたいなら、なりたい公務員の募集要項を確認して、年齢制限がどうなっているのかチェックしましょう。

ひたすら勉強して、いざ試験に挑もうと思ったら年齢制限を超えていた場合、あまりにショックが大きすぎますよね?

そうならないようにするためにもきちんと年齢制限は確認しておきましょう。

例えば、警察官になりたい場合、大卒の年齢制限は21~28・29歳程度で、高卒の年齢制限は17~28・29歳程度です。

消防官の年齢制限は各自治体によって多少異なり、30代後半まで採用しているところもあります。

ただ、一般的には26歳、28歳くらいを上限にしているケースが多いと思ってください。

このように年齢制限があるので、公務員を目指すならできる限り早めに目指した方がいいです。

合格できないまま年齢制限をむかえるということも少なからずあるので注意しましょう。

どうすれば公務員になれる?

公務員になりたいけどどうすればいいのか分からないという人もいるのではないでしょうか?

まず、採用までの流れは公務員の種類によって異なると思ってください。

そのため、各公務員の募集要項をきちんと確認するようにしましょう。

ただ、共通しているのは採用試験に合格しないといけない点です。

採用試験に合格しない限り、公務員になることはできません。

そして、注意したいのが採用試験に合格しても面接で落ちる可能性が十分にあるということです。

公務員の適正に相応しいのかどうか面接で判断されます。

採用試験に合格しても面接で落とされてしまう人は少なくありません。

大勢のライバルに勝たないといけないので、狭き門だと思った方がいいでしょう。

どちらにしろ、筆記試験に合格しないと何も始まらないので、必死に勉強をしてください。

試験は文章力を要求される問題が多いので、そこを意識した勉強をした方がいいかもしれません。

とにかく勉強あるのみだと思ってください。

公務員には高卒の方がなりやすい?

高卒の方が公務員になりやすいといわれていますが、本当なのでしょうか?

結論からいうと本当です。

なぜなら、高卒の問題の方が簡単だからです。

公務員採用試験のレベルには「高卒程度」「大卒程度」の2種類があります。

ただ、これは高卒だから大卒程度の試験を受けられないという訳ではありません。

しかし、高卒で大卒程度の試験は受けようと思う人はいないはずです。

高卒程度の試験なら、大学入試の勉強をしていれば、それほど難しいものではありません。

もちろん、落ちてしまう人もいますが、それでも大卒程度の試験内容に比べると簡単です。

高校までは真面目に勉強していても大学に行って勉強しなくなるケースが多いです。

その結果、大卒程度の試験に合格できないという人も少なくありません。

高校生なら今の勉強を持続するだけで、試験に挑むことができます。

そのため、高卒の方が公務員になりやすいといっていいのではないでしょうか。

ただし、なりやすいだけで、絶対になれるという訳ではないので注意してください。

コネがないと公務員になれないの?

コネがないと公務員になれないといわれていますが、本当なのでしょうか?

結論からいうとそんなことはありません。

コネがなくても公務員になることはできますし、実際にコネがなくても公務員になった人は大勢いるので安心してください。

たしかに一昔前はコネが重要視されていたかもしれませんが、今はほとんど関係ないと思っていいでしょう。

みなさん同じスタートラインなので、公務員になれるかどうかは本人の頑張り次第です。

そして、コネがないから採用試験に落ちた、面接で落ちたと思っている限り、合格は難しいのではないでしょうか。

それを言い訳にしている限り、何度公務員の試験を受けても内定をもらうことはできません。

とはいっても、地域によっては未だにコネが関係している場合もあります。

基本的にはなくても問題ありませんが、地域によって古い体質が残っており、コネがあった方が公務員になりやすいというケースもあると考えた方がいいかもしれません。

独学でも公務員になれる?

独学でも公務員になれるのでしょうか?

結論からいうとなれます。

独学で公務員になっている人は実際にいるので、なれないことはありません。

独学の場合、自分の都合に合わせて勉強できますし、お金もかからないというメリットがあります。

そのため、独学で公務員を目指している人も多いはずです。

しかし、試験の合格率をアップするには通信教育や学校に通った方がいいです。

なぜなら、独学には以下のようなデメリットがあるからです。

・自己管理が難しい
・勉強の効率が悪い
・モチベーションを維持できない

まず、独学だと自由に勉強ができる反面、怠けようと思えばいくらでも怠けることができます。

今日は気分が乗らないという理由でサボることもできてしまうので、意志が弱いと勉強が思うように進みません。

非常に自己管理が難しいので、強い意志を持って望む必要があります。

誰かに質問したり、相談できないので勉強の効率がよくありません。

またモチベーションを維持するのが難しいという問題もあります。

1人で黙々と勉強しないといけないので、モチベーションをどう保つのかが重要になると思ってください。

TOEIC

TOEICとTOEFLの違いって?

日本で英語能力の試験といえば「TOEIC」と「TOEFL」の2つが有名です。

ただ、どちらも英語能力の試験なので、両者にどのような違いがあるのか分からないという人も多いでしょう。

まず、TOEICとTOEFLは似ているようで全く違う性質を持っています。

TOEICの場合は英語のコミュニケーション能力を評価する試験ですが、TOEFLは大学の講義を英語で受けられるかどうかを判定する試験です。

そのため、日常会話やビジネスに関する英語のコミュニケーション能力を鍛えたいのであれば、TOEICの試験勉強をした方がいいでしょう。

TOEFLの試験は大学の授業に関する内容や大学生活に関する内容がほとんどです。

普段使用しないような言葉もたくさん出てくるので難易度でいうとTOEICよりも難しいと思ってください。

そして、両者では使用目的も異なります。

TOEICは大学や高校への入学試験、就職・転職活動に使うことができますが、TOEFLは基本的に大学入学するための手段として使用されます。

世界的な知名度でいってもTOEICよりもTOEFLの方が高いです。

TOEICのスコアは何点から社会で役立つの?

TOEICのスコアは何点から社会で役立つのかという疑問を抱いている人も多いのではないでしょうか。

就職活動で企業が期待するTOEICのスコアは565点だといわれています。

大学生の平均が554点なので、それよりも少し上の点数を期待している企業が多いです。

ただ、中途採用となるとこれよりも高い点数を求められます。

中途採用の場合は710点以上だといわれているので、一気に点数が上がります。

そして、超えているからといって絶対に安泰という訳ではありません。

この点数はあくまでも最低ラインなので、ギリギリの点数だと評価が低いと考えてください。

TOEICのスコアをアピールしたいのなら、最低でも800点くらいは欲しいところです。

また、企業によって求めるTOEICの点数は異なります。

点数が低くても全く問題ないという企業もあれば、800点以上ないと就職できないところもあるので、自分が受験する企業がどのくらいのレベルを求めているのか確認しておいた方がいいでしょう。

TOEICってどんな試験?

TOEICという試験を聞いたことがあると思いますが、具体的にどのような試験なのか分からないという人も多いのではないでしょうか。

そもそもTOEICとは英語のコミュニケーション能力を評価する試験のことをいいます。

これは日本だけではなく、世界共通の試験です。

一般的な資格の試験だと合否がありますが、TOEICにはありません。

TOEICの場合は10点~990点までの点数で評価されます。

そのため、その人の現在の英語のコミュニケーション能力がどのくらいなのか明確に把握することが可能です。

このTOEICは世界約150カ国で実施されており、その国の文化背景などは試験で除外されます。

そして、TOEICは一般的な日常会話だけではなく、ビジネスに関する英語も関わってくるので幅広い英語のコミュニケーション能力が求められると思ってください。

TOEICの点数が高ければ高いほど英語のコミュニケーション能力に優れているといえるので、就職活動や転職活動、入試などにも大きな影響を及ぼすと考えていいでしょう。

TOEICのスコアってどうすれば上がるの?

TOEICのスコアがなかなか上がらないという人もいるでしょう。

TOEICのスコアはただがむしゃらに勉強してもそう簡単に上がるものではありません。

上げるためにはコツがあるので、そのコツを知ることが大切です。

TOEICのスコアを上げる場合、以下のようなことがポイントになります。

・単語を覚える
・バランスを考えた勉強法
・模試を受ける

まず、当たり前ですが単語を覚えないと何も始まりません。

単語さえ覚えてしまえば、文章を読むだけでなんとなく意味が分かります。

TOEICの試験に出てくる単語は色々なジャンルのものなので、幅広いジャンルの単語を覚えるようにしましょう。

単語専門の書籍が販売されているので、そういったものを利用すると効率的に勉強できます。

TOEICは筆記だけできても点数が伸びないので、聞く能力や話す能力も鍛える必要があります。

バランスが偏ってしまうと高得点は期待できないので、バランスを考えた勉強をしてください。

そして、実際の試験のために模試を何度も受けて慣れるというのも重要です。

時間切れで終わってしまうことが多いと思うので、時間を計りながら模試を受けるようにしてください。

TOEICは独学でも対策出来る?

TOEICの勉強を独学でしようと思っている人も多いはずです。

独学ならお金をかけずに最低限の費用で勉強できますし、自分の都合のいい時間に勉強できるというメリットがあります。

では、独学でもTOEIC対策は可能なのでしょうか?

結論からいうと可能です。

実際に独学で高得点を取っている人はいます。

しかし、大半の人は独学だと限界を感じるはずです。

その理由は以下の通りです。

・モチベーション維持が難しい
・甘えてしまう
・勉強が非効率的

1人で黙々と勉強しないといけないので、モチベーションを維持するのが難しいという問題があります。

学校に通って誰かと一緒に勉強するなら切磋琢磨できるのでモチベーションを維持しやすいですが、1人だとそれが難しく途中で諦めてしまう人もいます。

また独学は自己管理ができない人には向いていません。

甘えようと思えばいくらでも甘えることができます。

そして、分からないことがあっても教えてくれる人がいないので勉強が非効率的です。

TOEICオンライン模試って受けた方がいい?

TOEICオンライン模試というのをご存知でしょうか?

TOEICオンライン模試とはインターネット上で受けられるTOEICの模試のことです。

このサービスを提供しているところはたくさんありますが、受けた方がいいのでしょうか?

結論からいうとメリットがいくつかあるので、受けないよりも受けた方がいいです。

TOEICオンライン模試のメリットは以下の通りです。

・無料でできる
・好きな時間にできる
・今の実力を把握できる

まず、お金をかけずに無料でできるというメリットがあります。

なるべく節約して勉強をしたいという方におすすめです。

ただし、無料のものだと有料のTOEICオンライン模試と比較した場合、問題数が少なかったり、レベルが低すぎることもあります。

いつでも自分の都合のいい時間に受けられるというのもTOEICオンライン模試のメリットです。

学校から帰ってきた後や仕事から帰ってきた後に受けることができます。

そして、今の実力を把握することが可能です。

現在、自分の実力がどのくらいなのか、どのような問題が苦手なのかというのが分かります。

TOEIC新公式問題集はやった方がいい?

TOEICの問題集を購入するために書店に行くと「TOEIC新公式問題集」という書籍を目にすると思います。

このTOEIC新公式問題集はTOEICの勉強で使用されることが多いです。

では、TOEICのスコアをアップさせるにはTOEIC新公式問題集をやった方がいいのでしょうか?

結論からいうとやらないよりもやった方がいいです。

TOEIC新公式問題集には以下のようなメリットがあります。

・解説が分かりやすい
・本番のレベルに近い
・リスニングの再現度が高い

まず、TOEIC新公式問題集は解説が分かりやすいと評判です。

解説が分かりづらいと間違えたところを正しく理解することができません。

TOEIC新公式問題集の場合は丁寧に解説しているので、勉強しやすい問題集だといえます。

TOEICテストの開発機関が制作しているということもあり、本番のレベルに近いです。

これが最大のメリットだといっていいかもしれません。

事前に慣れておくことができるので、本番で慌てずに済みます。

そして、他の問題集よりもリスニングの再現度が高いというのもTOEIC新公式問題集の特徴です。

英語ができればTOEIC用の勉強はしなくていい?

英語ができればTOEIC用の勉強はしなくてもいいと思われている人も多いはずです。

完璧に英語ができるなら勉強する必要はないかもしれませんが、そんな人は滅多にいないと思うのでTOEIC用の勉強はした方がいいでしょう。

そもそも学校で習うような英語とTOEICとでは根本的に違います。

みなさんも感じたことがあるかもしれませんが、学校で習う英語の中には日常生活で役立たないものも含まれていますよね?

「そんな英語いつ使うの?」と思ったことがある人も多いはずです。

一方、TOEICの場合は日常生活はもちろん、ビジネスでも使用する英語なので、範囲が非常に広いです。

範囲がTOEICの方が幅広いので学校の英語の点数が良くても、TOEICの点数は低いということもあります。

そのため、英語がいくらできてもTOEIC用の勉強はした方がいいといえます。

TOEICの場合は実践的な英語になってくるので、それに合った勉強を行うようにしてください。

中学受験の秋冬

家庭教師って役に立つの?

中学受験には、家庭教師が役に立つでしょう。

中学受験をする子の多くは、塾に通っています。

しかし、塾では、どうしてもペースが合わなかったり、志望校の対策をしてもらえないこともあります。

塾は集団での指導となるため、一人一人に合った学習ができないのです。

ですが、家庭教師は違います。

家庭教師だと、その子に合った学習方法で合格に向けて勉強することができます。

勉強方法が合っていなければ、成績はなかなか伸びません。

家庭教師なら、その子に合った勉強方法を見つけて教えてくれるため、成績が伸びる可能性が非常に高くなります。

また、家庭教師とマンツーマンで学習できますから、わからないことを理解するまで教われるでしょう。

小学校で学んでいることと中学入試の問題は異なるので、志望校に合わせた勉強が必要となります。

学校の成績を上げることを目標とした指導をする家庭教師ではなく、中学受験対策をしてくれる家庭教師を選んでください。

それに、子供との相性が合わないということもありますから、そんな時には我慢させないで早めに違う家庭教師に変えてあげましょう。

志望校はどうやって選んだらいい?

志望校はどうやって選んだらいいかというと、目標とする中学校を志望校にするといいでしょう。

志望校は受験校とは違うので、どうやって選ぶかは自由です。

あくまでも、志望校というのは、行きたい学校のことをいいます。

そのため、そんなに深くは考えず、自分が行きたいと思う中学校を志望校にしてください。

そうすると、具体的な目標ができるため、志望校に合格できるレベルになろうと、がんばることができます。

自分が行きたい中学校って、みなさんは何で決めますか?

偏差値や教育理念、学校の雰囲気など、決めるポイントは色々あります。

でも、偏差値で志望校を決めない方がいいでしょう。

偏差値は毎年変わりますから、そんなに気にする必要はありません。

それよりも、教育理念や学校の雰囲気を重視してください。

実際に、その学校に見学に行くと、自分に合っていそうとか、ここに通いたいなとか、何かしら感じるものがあるはずです。

こういった直感は意外と当たるものですし、モチベーションの維持にもつながりますから、できるだけ見学に行くようにしましょう。

午後入試は利用した方がいい?

午後入試は、できれば利用した方がいいですね。

午後入試って何かというと、その名の通り、午後に行われる入試のことです。

通常は午前中に入試が行われますが、午後入試を実施している学校もあり、1日に2校受験することができます。

以前は、敬遠されていた午後入試ですが、最近では、受験生のほとんどが午後入試を受けています。

どうして午後入試を利用した方がいいのかというと、メリットが多いからなんです。

午後入試を利用すると、午前中の入試では緊張していても、午後入試は2回目になるため、落ち着いて受験することができます。

1回目の入試は会場の雰囲気にのまれてしまって、緊張のあまりケアレスミスをすることもあるので、午前中に滑り止め、午後入試に本命を持ってくるといいかもしれません。

また、1日に2回同じ学校を受験することもできます。

1日に2回同じ学校を受験すると、補欠の繰上げや加点など、優遇してもらえることがあるでしょう。

ただ、午後入試にはメリットだけでなく、デメリットもあります。

それは、落ちた時のショックの大きさです。

1日に2回受験して、両方とも受かったり、どちらかが受かったらいいのですが、どちらも落ちてしまった場合、そのショックはかなり大きくなります。

とはいえ、午後入試はデメリットよりもメリットの方が多いので、中学受験をする際は、ぜひ利用してください。

息抜きはした方がいい?

中学受験をする時、息抜きはした方がいいのかというと、適度にした方がいいでしょう。

息抜きなんか必要ない!という子であれば、別に無理して息抜きさせる必要はありません。

ですが、ずっと勉強していると、どうしても疲れが溜まってきます。

そんな時には、上手く息抜きさせてあげてください。

息抜きって、別に悪いことではないんです。

上手く息抜きすることで、集中力が増したり、やる気が維持できたりします。

どのような方法で息抜きをさせてあげるかというと、クイズや勉強に関する漫画などがオススメです。

息抜きをしつつ、勉強にも役立つと一石二鳥ですよね。

また、テレビを見るなら、クイズ番組や大河ドラマなどがいいでしょう。

子供はゲームが大好きですが、勉強に役立つゲーム以外は極力避けるようにしてください。

最近では、携帯やスマホなどでもゲームができてしまいますから、親がしっかり管理した方がいいかもしれません。

勉強ばかりしていると、ほとんどの子供はストレスが溜まってしまうものです。

ストレスが溜まると、体調や勉強に悪影響を与えてしまうことがあるので、上手く息抜きさせてあげましょう。

中学受験を止めるという選択もあり?

場合によっては、中学受験を止めるという選択もありでしょう。

子供がどうしても中学受験したいのであれば、止めずに受けさせてあげてください。

ですが、子供がやる気をなくしてしまったら、止めた方がいいかもしれません。

実際、小学6年生の夏に、中学受験を止めるという選択をする子が多いんです。

中学受験って、どちらかというと、子供よりも親が熱くなりがちです。

そのため、親の受験とも呼ばれています。

とはいえ、実際に受験するのは、子供です。

その子供にやる気がなければ、意味がないでしょう。

やる気がないのは、子供が悪いわけではありません。

無理に受験をさせようとしている親に責任があるのです。

また、塾に通っているのであれば、講師にも責任の一端はあります。

塾というのは、ただ勉強を教えるだけのところではありません。

やる気を出させる場所でもあるからです。

他にも、子供に合う学校が見つからなかったりした場合も、中学受験を止めていいと思います。

子供としっかりと相談した上で、中学受験をどうするか判断し、高校受験に向けて仕切り直してもいいでしょう。

勉強時間を長くした方がいい?

中学受験をする際、勉強時間を長くした方がいいのかというと、実は長くしない方がいいんです。

中学受験をするのなら、勉強をしないといけないのは当たり前です。

そのため、勉強時間を長くする親御さんがいます。

子供は、小学校での勉強の他に宿題が出ることもありますし、それに加えて、塾に行って、予習や復習をしてとなると、どうしても長時間机に向かわなければいけません。

親御さんは、それだけでは勉強時間が足りないと思い、さらに勉強時間を長くしたりしますが、それはあまりよくないのです。

なぜなら、子供は、そんなに集中力が長く続かないからです。

集中力が切れてしまったら、何も頭に入りませんし、勉強がはかどりません。

そのため、勉強時間は長くしない方がいいのです。

勉強に集中させるには、遊びと息抜きを上手く入れる必要があります。

子供って、遊ぶことが大好きですよね。

遊びや息抜きを適度に入れることで子供は満足して、勉強に集中できるでしょう。

中学受験のために勉強を優先させたいのは分かりますが、子供がしたいことも多少はさせた方が合格しやすくなります。

塾には行った方がいい?

中学受験をするのであれば、塾には行った方がいいです。

塾に行かなくても家で勉強すればいいのでは?と思う親御さんもいるかもしれません。

しかし、中学受験は特殊なため、塾に行く必要があるのです。

小学校での勉強ができているからといって、塾に行かずに中学受験に受かるかというと、その可能性は低いでしょう。

なぜかというと、小学校での勉強と中学受験のための勉強は、全然違うからなんです。

そのため、どんなに学校での成績が良くても、塾に行く必要があります。

それに、志望校を選ぶにしても、どんな学校で子供に合っているのかがわからないと選べませんよね。

また、過去問も塾のツテがなければ、なかなか手に入りません。

塾に行けば、志望校を決める際にも助けになってくれますし、志望校に合わせた受験対策ができます。

では、いつから塾に通わせたらいいかというと、遅くても5年生の夏からです。

あまり遅くなると中学受験に間に合わなくなってしまいますが、早すぎても子供のやる気が維持できなくなることがあるので、塾に通わせるタイミングも重要でしょう。

睡眠はしっかりと取ったほうがいい?

中学受験に合格するには、睡眠はしっかりと取らないといけません。

勉強時間を増やすために、睡眠時間を削る子もいますよね。

はっきりいって、それはいけません。

勉強時間を増やすのはいいのですが、睡眠時間を削るのはよくないのです。

小学生は、まだまだ成長期の途中。

そのため、睡眠はとっても大切なんです。

大きくなるにつれて睡眠時間は徐々に減っていきますが、中学受験をする子供の年齢でいうと、10時間くらいの睡眠が必要でしょう。

しかし、学校、塾、晩御飯、お風呂などを済ませると、10時間も睡眠時間がとれないことも多いです。

どんなに忙しくても、11歳から12歳の子供には7時間半くらいの睡眠時間が要ります。

健康を保ち、勉強の効率を上げるためにも、せめてそのくらいは寝るようにしてください。

追い込みの時期であっても、最低でも6時間は寝るようにしなければいけません。

小学生の子供は、まだまだ自分で生活サイクルを調整することができませんので、親御さんが気を配ってきちんと睡眠を取らせてあげましょう。

記憶術

数字変換法のやり方って?

記憶術の中には、数字変換法というものがあります。

この記憶術を使用すれば、数字を覚える時に大変便利です。

例えば、日本史や世界史といった学校の勉強にも数字は出てきますし、看護師や弁護士といった資格の試験にも出てきます。

普通に覚えようと思ってもなかなか覚えることができませんが、数字を馴染み深いものに変換することで簡単に覚えることができるのです。

数字変換法のやり方は、大きく2つに分けることができます。

・語呂合わせ
・五十音順

語呂合わせは、みなさんも学校の授業でやったことがあると思います。

710年の平城京成立を覚える時に、「南都立派な平城京」として覚えませんでしたか?

また、√3=17320508を「人並みにおごれや」と学校の授業で習った人も多いと思います。

そして、五十音順というのは、1をア行、2をカ行、3をサ行、4をタ行、5をナ行、6をハ行、7をマ行、8をヤ行、9をラ行といったように、法則に従って数字を変換するというものです。

場所法のやり方って?

記憶術の中には、場所法というものがあります。

場所法とは、覚えたいことを場所に関連付けて暗記するという方法です。

この方法は記憶術の中でも最もポピュラーで、効果的だといわれています。

素早く暗記できるため、これを用いている人も多いです。

場所法による記憶術のやり方は、それほど難しくありません。

まず、自宅や学校など、自分にとってなじみのある場所を想像してください。

次に、そこをどのような順番で辿るのかを決めます。

例えば、自分の部屋を想像した場合、ドア→机→窓→ベッドといったように移動する順番を決めましょう。

そして、この目印となる場所に、記憶させたいことを結合させていきます。

場所法のメリットは、いくらでも記憶できるという点です。

巡る場所さえ増やせば無数に記憶でき、イメージするのが得意な人にとても向いています。

ただ、一つの場所で記憶するものが多いと、混乱する危険があるので注意してください。

これから記憶術に挑戦したいと思っている人は、まずはこの場所法から試してみてはいかがでしょうか。

イメージ変換法のやり方って?

記憶術のやり方の一つに、イメージ変換法というものがあります。

イメージ変換法とは、記憶したいものを何かに置き換えてイメージするという記憶術です。

この記憶術は、抽象的なものを記憶する際に有効だといわれています。

抽象的なものとは、人物名や化学物質名、専門用語といったものです。

例えば、実験という言葉なら試験管や理科室、法律なら裁判所や弁護士などに置き換えることができます。

他にも、中国をパンダに置き換えたり、お祭りをお神輿に置き換えるのもいいでしょう。

イメージ変換法には特に正解がないので、その人の感覚でイメージするものが変わってきます。

また、語呂合わせによってイメージ化するのもいいかもしれません。

20世紀の有名画家の一人である「ミロ」を覚える場合、日本語の「見ろ」に置き換えると覚えやすいですよね?

もし、その言葉から別の単語をイメージできない場合には、このように語呂合わせでイメージしてみてください。

イメージ変換法を使用すると、試験勉強や資格の勉強に役立つはずです。

ロザン宇治原の記憶術って?

様々なテレビ番組で活躍しているロザンの宇治原さんは、高学歴芸人でお馴染みですよね。

それに、ユニークな記憶術で勉強をしていたことでも有名です。

宇治原さんの記憶術の特徴として、次の二つが挙げられます。

・一人授業
・感情を入れて覚える

一人授業というのは、自分が先生になったつもりで授業をすることです。

実際に生徒がいるわけでもないのに、先生になりきって声に出して説明するのは馬鹿らしいと思うかもしれませんが、こうすることで理解できていない曖昧な部分がわかります。

とても効率的かつ効果的に記憶できるので、ぜひ実践してみてください。

そして、感情を入れて覚えるというのも、すごくおすすめです。

勉強する時には、無感情で淡々と行うことがほとんどですが、宇治原さんは意識して感情を入れていました。

感情を入れることで勉強も楽しくなりますし、覚えやすくなります。

こういった方法で勉強すると、普通にやるよりも頭に残り、成果が上がりやすくなるでしょう。

宇治原さんの記憶術は勉強に非常に効果的なので、受験勉強をしている人や資格の試験勉強をしている人は試してみるのもいいかもしれません。

上田晋也の記憶術って?

くりいむしちゅーの上田晋也さんといえば、とても有名なお笑い芸人で、テレビ番組で見かけることが非常に多いですよね。

そんな上田晋也さんは、変わった記憶術を実践していることでも有名です。

どんな記憶術かというと、「トラウマ記憶術」というもので、上田晋也さんはこれで物事を記憶しています。

トラウマ記憶術とは、体の部位(頭、足、手、腕、目、鼻など)に痛みを感じることをイメージして、記憶するというものです。

例えば、「本」を覚える場合、本が頭に当たるところを想像します。

一見、どうしてこの方法で覚えられるのか不思議に感じるかもしれませんが、実は理に適っている記憶方法なのです。

人は嫌なことほど、忘れることができません。

交通事故に遭ったことやいじめられたこと、スポーツで大怪我をしたこと、大勢の前で恥をかいたことなどは、忘れたくても忘れることができないでしょう。

こういった嫌な記憶は、なかなか忘れることができないため、トラウマとしてずっと残ります。

トラウマ記憶術はこれを応用したもので、体に痛みを感じることをイメージすることでトラウマにして、強制的に記憶させるのです。

音読法なら記憶できる?

音読法とは、声に出してその言葉を記憶するという方法です。

恐らく、みなさんもやったことがあると思います。

とても単純な記憶術ですが、効果は非常に大きいです。

では、どうして声に出すだけで覚えることができるのでしょうか?

それは、人は目で覚えるよりも、耳で覚えた方が記憶しやすいからです。

例えば、好きな歌の歌詞を覚える場合、みなさんはどうやって覚えていますか?

多分、大抵の人は自分で歌って覚えているはずです。

歌詞をただ見ているだけでは、暗記するのは非常に難しいですよね。

それよりも、自分で歌って、その歌詞を耳で聞いた方が遥かに覚えやすいです。

なので、英語の単語を覚える時も、見るだけではなく実際に声に出して発音しましょう。

そうすれば、英単語を覚えるスピードが格段にアップします。

目のみで記憶するのは非効率的なので、何かを暗記したい場合は必ず声に出すようにしてください。

音読法には記憶力をアップさせる効果もありますし、誰でも簡単にできるのでおすすめです。

記憶術アプリってどんなもの?

記憶術をマスターしようと頑張っても、途中で挫折してしまう人も多いです。

そういった人におすすめなのが、記憶術アプリです。

記憶術アプリとは、楽しみながら記憶術が学べるスマートフォンアプリで、飽きっぽい人に向いています。

本や教材で記憶術の勉強を始めても、だんだんモチベーションが下がってきて、最終的には投げ出すケースがありますが、その原因はつまらないと感じながらやっているからです。

つまらないと感じてしまうと、学ぶのが苦痛になってしまって、意欲が失われます。

そのつまらなさを解決できるのが、記憶術アプリなのです。

ゲーム感覚で記憶術をマスターできるので、飽きずに毎日続けることができます。

アプリによって機能は異なりますが、スマートフォンで勉強しているという時点で新鮮味があり、覚えやすいはずです。

また、ゲーム感覚では無く記憶術のコツを紹介しているものもあり、本格的にマスターしたい人はそういったアプリを利用された方がいいかもしれません。

記憶術って効果あるの?

記憶術に興味があるけど、効果があるのか不安という人も多いのではないでしょうか?

確かに、記憶術に関する本や教材の中には内容が酷いものもあり、効果を実感できない場合もあります。

しかし、きちんとした本や教材を利用することによって、効果は出ると思ってください。

ただ、効果には個人差があり、時間がかかる人もいれば、すぐにマスターできる人もいます。

真剣に取り組めば遅かれ早かれマスターできると思うので、焦らずにじっくりと学ぶ姿勢が大切です。

そして、記憶術にはたくさんのメリットがあります。

代表的なメリットは、以下の通りです。

・勉強に役立つ
・脳を活性化できる
・時間を有効に活用できる

記憶術をマスターできれば、資格や学校の勉強をする際にとても有利になるでしょう。

短時間で単語などを覚えることができるので、普通よりも勉強が早く進みます。

脳を活性化する働きもあり、頭の回転も早くなるといわれています。

また、勉強時間を節約できるため、時間を有効に活用することも可能です。

大学受験の秋冬の過ごし方

志望校を見直した方がいい?

高校3年生の秋から冬になると、いよいよ受験間近ということで、プレッシャーも強くなってきますよね。

この時期には、一度志望校を見直した方がいいといわれています。

もし、今の学力だと難しいのであれば、志望校のランクを下げるということをしないといけません。

逆に、今の学力なら、もっと上の学校に行けるという場合もあるでしょう。

この時期になると、自分の学力が決まってくるので、それに合わせてもう一度志望校を見直すというのは大切なことだといえます。

ただ、見直すからといって、必ずしも志望校を変えないといけない訳ではありません。

あくまでも確認ですから、今のままで大丈夫なら、そのまま突き進むだけです。

また、学力が少しだけ足りないのであれば、残りの期間でカバーできる可能性もあるため、諦める必要はありません。

経済的理由などで浪人できない人もいると思うので、そういった場合はこの時期に確実に進学できる学校に変更するというのも重要になってきます。

とても大事なことですし、一人で結論を出さずに担任や親に相談しましょう。

ホテルはいつ予約したらいい?

大学受験の会場が遠い場合には、ホテルを予約しないといけません。

そこで気になるのが、いつ予約したらいいのかということです。

結論からいうと、ホテルの予約は早ければ早いに越したことはありません。

試験会場近くのホテルは、すぐに埋まってしまいます。

特に、リーズナブルな価格で宿泊できるホテルは埋まりやすいです。

予約が遅くなると、会場から遠いホテルや宿泊料金が高額なホテルを利用するしかなくなります。

こういった事態を防ぐためにも、なるべく早めに予約をしてください。

早い人だと夏休み中に予約を取る人もいますし、遅くてもみなさんセンター試験後すぐに予約を取っています。

宿泊料金にこだわりがないのであれば、そこまで慌てる必要はありませんが、少しでも受験費用を節約したい場合は、できるだけ早めに予約を取るようにしましょう。

ホテルを決める際には、試験会場へのアクセスの良さ、最寄り駅からの距離、騒音対策、机や電気スタンドの有無などをきちんと確認してください。

赤本はやった方がいい?

大学の受験勉強をする上で、絶対にやった方がいいのが赤本です。

赤本とは、大学入試の過去問題集のことで、受験生なら一冊くらい持っているのではないでしょうか。

赤本をやった方がいい理由は、以下の通りです。

・出題傾向が分かる
・自分の弱点が分かる
・自分の学力が分かる
・問題に慣れることができる
・作戦を立てやすい

赤本をやることで、大学入試の出題傾向がなんとなく理解できるはずです。

毎年、同じような出題傾向なので、それを知ることで勉強方法も変わってきます。

それに、間違えたところを見直すことで、自分の弱点を把握し、克服することが可能です。

また、自分がどのくらいの実力なのかもわかります。

入試問題に慣れることができるため、本番になっても慌てずに済みますし、緊張も多少は緩和できるでしょう。

どのような作戦で攻略すればいいのか、事前に考えておくこともできます。

合格者の大半は、過去問を何度も何度も繰り返しやっている傾向があります。

みなさんも赤本を使用して、過去問を積極的に解くようにしてください。

模試は受けた方がいい?

秋や冬になると模試を受ける人が増えますが、絶対に受けないといけないのでしょうか?

結論からいうと、模試は受けないよりも受けた方がいいです。

模試を受けないと合格できないという訳では無いですが、受けた方が合格できる可能性が高くなります。

その理由は、以下の通りです。

・本番の雰囲気を味わえる
・自分の現時点での実力が分かる
・自分の弱点が分かる

まず、本番の雰囲気を味わえるというのが非常に大きいです。

受験日当日は緊張してどうしようもないと思いますが、事前に似たような雰囲気の模試を受けることで、その緊張を和らげることができます。

緊張を和らげることで、本来の自分の実力を発揮しやすくなるはずです。

そして、模試によって偏差値や全国順位が分かるので、自分の現時点での実力を把握できます。

結果によっては、志望校を変更する必要があるかもしれません。

また、模試は自分の弱点がどこなのかを把握できる大事な機会といっていいでしょう。

何ができるのか?何ができないのか?をハッキリと把握できるので、これからの学習スケジュールが立てやすくなります。

下見には行った方がいい?

大学の下見には行った方がいいのでしょうか?

結論からいうと、ぜひ行くべきです。

まず、下見に行くことで、自分が行こうと思っている大学の雰囲気を確認できます。

「ここの大学で本当にいいのか?」というのを確認して、受験へのモチベーションを高めたり、場合によっては志望校を変更するのもいいでしょう。

一度もその大学の雰囲気を体験せずに入試を受けるのは、ミスマッチを生む危険があるので注意してください。

それに、下見に行くことによって、当日スムーズに会場に行くことができます。

自宅からどのくらい時間がかかるのか、どのようなルートで行けばいいのか、周りにどういったものがあるのかなどを確認しておきましょう。

場所を確認していないと、当日道に迷ってしまって、試験時間に間に合わない可能性も出てきます。

そうなると、今までの努力が水の泡になってしまうので、必ず事前に下見をしておいてください。

また、受験当日は最寄り駅が混雑しているため、早めに自宅を出るようにしましょう。

塾や予備校に通った方がいい?

塾や予備校に通えるのなら、通われた方がいいです。

ただ、経済的に厳しいというのであれば、無理に通う必要はありません。

通わずに志望校に合格している人もたくさんいるので、通う余裕があるかどうかで決めた方がいいでしょう。

また、現在の学力で十分志望校に合格できるという場合は、通わない方がいいかもしれません。

より安全なラインまで学力をアップさせるために塾や予備校に通われる人もいますが、それでかえって自分のペースを乱してしまい、学力の低下を生む場合もあります。

順調に受験勉強が進んでいる人は、通わずに今のペースや環境を維持された方がいいです。

逆に、このままだと志望校に合格するのが難しいという人には、塾や予備校に通うことをオススメします。

塾や予備校に通うことで、分からないことをいつでも質問できる環境に身を置けますし、他の生徒と一緒に勉強できるので、モチベーションを維持しやすいです。

さらに、受験に特化した勉強方法などをアドバイスしてくれるというのも、塾や予備校に通うメリットだといえます。

学習計画は見直した方がいい?

秋冬に入ったら、大学受験を控えるみなさんは、一度学習計画を見直した方がいいでしょう。

受験勉強を始める前に、志望校に合格するための学習計画を立てているはずですが、その学習計画と今の現状を比較して、このままでいいのかを考えてください。

もし、大幅に勉強が遅れているのであれば、勉強時間を増やしたり、何かを削ったりしないといけません。

逆に、学習計画が順調で余裕があるなら、新しいものを追加したり、苦手な教科にもっと時間を割くといったこともできます。

受験日まで残り数ヶ月に差し掛かると、効率の良い勉強が求められます。

そのため、このタイミングで一度見直しを行って、これから自分が何をすべきなのかをじっくりと考えましょう。

学習計画通りに勉強が進むケースは、とても稀だと思ってください。

ほとんどの人は多少なりとも遅れてしまったり、早まったりします。

学習計画はその都度修正して、ベストなものに作り変えるというのが大切です。

そのタイミングの一つが、受験間近の秋冬なのです。

願書はいつ取り寄せたらいい?

願書は大学が指定する日までに到着すればいいので、取り寄せるのをそれほど急ぐ必要はありません。

ただ、ギリギリに取り寄せてしまって、願書の締切日が過ぎてしまったら元も子もありませんから、できれば早めに取り寄せた方がいいでしょう

10月~11月くらいになると願書を入手できるようになるので、この時期に取り寄せるようにしてください。

願書の入手方法は、以下の通りです。

・大学に直接請求する
・書店で購入する
・予備校
・インターネット

大学に電話やメールで問い合わせをすると、願書をもらうことができるはずです。

もしくは、大学が実施するオープンキャンパスに参加するというのもいいでしょう。

そうすると、大学側から願書が送られてきます。

また、大型書店では様々な大学の願書を揃えているので、まとめて購入可能です。

それに、予備校でもらうこともできますし、インターネットで取り寄せることもできるでしょう。

このように、願書は色々な方法で入手できるので、自分に合った方法で早めに手に入れてください。

英会話

海外ドラマって英会話の教材になる?

海外ドラマが英会話の教材になるといわれていますが、これは本当です。

英会話をマスターした人の中には、海外ドラマを教材にした人がたくさんいます。

なぜ海外ドラマが良いのかというと、飽きずに楽しく勉強できるからです。

英会話を勉強しようと思っても、大抵の教材はあまり楽しくないので、途中で面倒になって飽きてしまうケースがほとんどです。

しかし、海外ドラマだと映像やストーリーを楽しみつつ、英会話も勉強できるため、飽きることが少なく、効率的に学ぶことができます。

英会話の教材におすすめの海外ドラマは、以下の通りです。

・Friends(フレンズ)
・Breaking Bad(ブレイキング・バッド)

「フレンズ」は、英会話の教材としてよく使用されている有名な海外ドラマです。

簡単な英語を使っているので、初心者でも分かりやすいですし、ストーリーも面白く飽きずに観ることができます。

まずは、このドラマで英会話の勉強をしてみましょう。

「ブレイキング・バッド」は、中級者向けの海外ドラマです。

ある程度は英語が理解できるという人におすすめで、フレンズとは違う面白さがあります。

英会話はマンツーマンレッスンがいい?

英会話はマンツーマンレッスンがいいといわれていますが、本当にそうなのでしょうか?

結論からいうと、グループレッスンよりもマンツーマンレッスンの方がいいです。

その理由は、以下の通りです。

・質問しやすい
・緊張せずに学べる
・長時間講師と会話ができる

グループレッスンだと他の生徒に気を遣って質問できませんが、マンツーマンレッスンなら何か分からないことがあった場合、気軽に教えてもらうことができます。

他の生徒がいると緊張して思うように会話ができなくても、マンツーマンレッスンは自分と講師の2人だけですから話しやすいです。

また、グループレッスンよりもマンツーマンレッスンの方が長時間講師と会話ができるというメリットもあります。

当たり前のことですが、英会話をする時間が長ければ長いほど、上達が早いです。

このようなメリットがあるので、本気で英会話を学びたいのであれば、マンツーマンレッスンを選択された方がいいでしょう。

ただし、費用が割高になるというデメリットがあります。

英会話カフェとってどんなところ?

英語に関心を持っていると、英会話カフェという言葉を耳にすることがあると思います。

では、英会話カフェとは、どういったところなのでしょうか?

英会話カフェは、お茶をしながら外国人と一緒に英語での会話を楽しむというカフェです。

英会話教室だと椅子に座って、学校の授業みたいなスタイルで学びますが、英会話カフェは肩の力を抜いて楽しくお喋りすることができます。

また、特定のカリキュラムが存在しないのも、英会話カフェの特徴です。

英会話カフェのメリットは、以下の通りです。

・費用が格安
・自分の都合に合わせて参加できる
・緊張せずに気軽に学べる
・フリートークが楽しめる

英会話カフェは英会話教室に通うよりも費用が大変安いので、経済的負担が少ないです。

1時間数百円で参加できるところもあります。

月謝制ではないので、自分の都合に合わせて参加できるのも魅力です。

コーヒーや紅茶を飲みながらリラックスして英会話が学べますし、自由に会話が楽しめます。

ただ、フリートークですから、初心者が参加しても会話についていけない場合もあるので、注意してください。

英会話を学ぶのにいい映画って?

英会話を学びたいけど、何だか難しそうと思っている人は映画を活用してください。

映画であれば楽しく英会話を学ぶことができるので、飽きっぽい人や不安を抱えている人でも安心です。

英会話を学ぶのにおすすめの映画は、以下の通りです。

・魔法にかけられて
・ハリーポッターシリーズ
・スクール・オブ・ロック
・ターミナル

初心者におすすめなのが、ディズニー映画の「魔法にかけられて」です。

ファミリー向けということもあって、簡単な言葉しか出てきません。

全く英会話に自信がないという場合は、この映画からスタートしてください。

ハリーポッターシリーズは言葉が聞き取りやすいので、英会話の勉強にもってこいです。

それに、ワクワクしながら勉強できるため、飽きっぽい人でも続けることができます。

「スクール・オブ・ロック」に登場する言い回しもそれほど難しく無いので、そこそこ英語ができれば聞き取ることができますし、内容を理解できるはずです。

「ターミナル」は主人公が英語を話せないという設定ですから、難易度の高い会話は出てきません。

英会話アプリってどんなもの?

スマートフォンのアプリの中には、「英会話アプリ」というものがあります。

この英会話アプリとは、どのようなものなのでしょうか?

英会話アプリは、英会話を効率的かつ効果的に勉強できるアプリのことです。

子供でも楽しめるアプリも数多くあるため、これを利用して英会話を勉強している人が増えています。

アプリによって内容は異なりますが、無料のものでも機能が充実しているものが豊富にあるので、色々使ってみるのもいいかもしれません。

そして、楽しく学びたいのであれば、ゲーム形式のものがいいでしょう。

例えば、似たような発音を聞き分けて早さを競うアプリがありますが、これはLとRの発音を覚えるのに最適です。

ランダムに並んでいる英単語を順番通りに並べる英会話アプリも、非常に人気があります。

また、発音チェックができるアプリやニュースを聞きながら学べるアプリなど、色々な種類があるので、自分に合ったものを見つけてください。

ただ、使い勝手が分かるまでは、無料のアプリを使用することをオススメします。

英会話を独学でもマスターできる?

英会話を独学でマスターすることは可能です。

英会話教室に通う時間がなかったり、お金がないという人の中には、独学でマスターした人もいます。

独学で英会話を勉強するメリットは、お金をかけずに自分の好きな時間に学べるという点です。

また、どのような勉強をするのかも、自分の気分で決めることができます。

こうして見るとメリットが多いように感じますが、デメリットもあります。

独学のデメリットは、以下の通りです。

・怠けてしまう
・読み書きはできるけど、会話ができない
・分からないことを解決できない

まず、意思が強くないと、怠けてしまって途中でやめてしまうケースが多いです。

自己管理ができる人なら問題ありませんが、できない人にはおすすめできません。

読み書きはできるけど、会話ができないという場合もあります。

実際に対面して英語を話したり、聞いたりしないと、英会話をマスターするのは難しいです。

分からないことがあっても、それを誰にも相談できないというデメリットもあります。

英会話教室って話せるようになる?

英会話ができるようになりたい場合、英会話教室に通うという方法があります。

ただ、ここで気になるのは、本当に英会話教室に通うと話せるようになるのかということです。

英会話教室に通うとなると、それなりの費用がかかるので、できる限り失敗したくないですよね?

結論からいうと、英会話教室に通っても絶対に話せるようになるという訳ではありません。

1年以上しっかり通っても、全く話せないというケースも出てきます。

そのため、英会話教室にさえ通えば簡単に話せるようになるとは思わないでください。

多くの人が勘違いしていますが、通うだけでは全く意味がなく、自分で勉強することが大切です。

英会話教室には、生の英語を聞ける、英語で話す機会を持てるといったメリットがありますが、ただ講師と会話をするだけでは身につきません。

そこで学んだ知識を自宅で復習したり、英語のリスニングテープなどを普段から聞くといった努力が必要です。

このことを理解せずに通ってしまうと、お金の無駄になります。

英会話の上達方法ってある?

英会話は、いいかげんに勉強しても上達できません。

上達方法というのがあるので、それを理解して勉強する必要があります。

英会話の上達方法は、以下の通りです。

・目的を明確にする
・練習を怠らない
・間違いを恐れない
・英語に触れる機会を増やす
・楽しく学ぶ
・休憩も大事

まず、どうして英会話をマスターしたいのかを明確にしてください。

目的を明確にすることによって、モチベーションを維持できます。

練習は嘘をつかないので、怠けずに続けてください。

間違いを恐れずに、積極的に英語で会話をしましょう。

会話をしないと身に付けることができないので、失敗しても気にする必要はありません。

英語に触れる機会を増やせば増やすほど、覚えるスピードが早くなります。

外国人の友人をつくったり、英語の曲を聞いたり、洋画を観るといった工夫をしてください。

楽しく学ばないと、途中で飽きてしまいます。

そのため、どうすれば楽しめるのかを考えてみてください。

時には休憩することも大事なので、疲れたと思ったら休みましょう。