ボーリング上達

ボウリング場に通えば上達する?

ボウリング場に通えば上達するのでしょうか?

ボウリング場に通って、たくさん練習することが上達への近道です。

そのため、通わないよりも通った方が確実に上手くなれます。

しかし、ただボウリング場に行ってボールを投げるだけでは、効率のいい練習とはいえません。

それでは上達するまでに時間がかかってしまいます。

まず、何となくボールを投げるのではなく、一投ずつフォームやスイングを意識して投げてください。

フォームを意識して投げることで、次第にそのフォームを安定させることができます。

フォームが安定するとスコアも安定するので、正しいフォームを体に覚えさせてください。

また、狙ったコースに確実に投げられるように練習するのもいいでしょう。

このコントロール練習はストライクはもちろん、スペアを取る時にも効果的です。

狙ったコースに投げられるようになれば、スコアは大きくアップします。

それに、ボウリング場に上手い人がいる場合には、その人のフォームやスイングを参考にするのもいいかもしれません。

スペアを取るためのコツはある?

スペアを取るためのコツは以下の通りです。

・立ち位置を変える
・狙い方を変える

よくやってしまいがちなのが、例えば、一番左端にピンが残った場合、左端から投げるという行為です。

これではガターになる可能性が高いので、対角線上から投げるようにしましょう。

その方がガターになりづらく、スペアを狙いやすいです。

このように、立ち位置を変えるだけでもスペアを取れる可能性がアップします。

また、狙い方を変えるというのもいいでしょう。

もし、たくさんのピンが残っている場合、内側のピンを狙うとスペアが取りやすいです。

この時にできる限りスピンをかける、勢いをつけるといったことが大切になります。

回転をつけることで、他のピンも倒れやすくなるのでオススメです。

立ち位置や狙い方を工夫するだけで、スペアが前よりも取りやすくなりますから、試してみてください。

そして、両端にピンが残ってしまった場合はどちらかを優先しましょう。

その状態でスペアを取るのは不可能なので、多く倒れる方を選ぶようにしてください。

マイシューズはあった方がいい?

ボウリング上達においてマイシューズはあった方がいいのでしょうか?

結論からいうと、あった方がいいです。

マイシューズには以下のようなメリットがあります。

・同じ状態のシューズを使用できる
・スイングやフォームが安定する
・レンタル料がかからない

ボウリング場のレンタルシューズはたくさんの人が使っているので、汚れが酷かったり、ボロボロだったりして状態が良くないことも多いです。

当たり前のことではありますが、マイシューズなら自分しか履きませんから、常に同じ状態のシューズを使用できます。

また、デザインやカラーを自由に選択できるというのもマイシューズの魅力です。

それに、スイングやフォームが安定するというのがマイシューズを購入する一番のメリットだといえます。

ボウリング場のレンタルシューズは左右両方に革が貼ってありますが、マイシューズだと片方がゴムで、片方が革になっているので投げやすいです。

そして、シューズをレンタルすると、その都度お金がかかりますよね。

レンタル料を考えた場合、何度も通い続けるのであれば、購入した方が安いです。

ストライクを取りやすい投げ方って?

投げ方によってストライクの取りやすさが異なります。

では、どのように投げればストライクが取りやすいのでしょうか?

ストライクが取りやすい投げ方は以下の通りです。

・ストレートボール
・勢いのあるボール
・同じフォームで投げる

ストライクを取るのに適しているのがストレートボールです。

ストレートボールをマスターすることで、ストライクを取れる確率が一気にアップします。

5番が残りやすいという問題点もありますが、1番と3番の間を狙うと5番も倒れやすくなるので試してみてください。

また、ボールに勢いがないとストライクが取りづらいので、勢いを意識して投げましょう。

余計な力が入ってしまうとコントロールしづらいですから、リラックスした状態で勢いをつけてください。

そして、勢いをつけるには正しいフォームをマスターすることが重要なので、投げ方を固定しましょう。

同じフォームで投げることができれば、コンスタントにストライクが取れるようになるはずです。

上手い人に教われば上手くなる?

ボウリングは上手い人に教われば上手くなるのでしょうか?

結論からいうと、上手い人に教わった方が自己流で練習するよりも上手くなります。

短期間で上達したい場合や基本的な技術をしっかりと身につけたい場合は、上手い人に教わるようにしてください。

上手い人に教わると以下のようなメリットがあります。

・悪いところを修正できる
・分からないことが聞ける
・上手い人の真似ができる

一人だと何が悪いのか分かりづらいですが、上手い人に教わることで何が悪いのかを指摘してもらえるので、変な癖がついてしまう前に修正できます。

素人が自分のフォームをカメラで撮ってチェックしても、悪いところがどこなのか分かりません。

でも、ある程度上手い人なら、すぐに分かります。

分からないことや疑問に感じていることをすぐに聞けるというのもメリットです。

一人だと問題を解決できないまま、曖昧にしてしまいがちですが、そのせいでなかなか上達できないこともあるでしょう。

そして、上手い人の真似ができるというのも大きいです。

近くにお手本となる人物がいるので、その人を真似るとスコアが一気に伸びる可能性があります。

マイボールっていくらで作れるの?

マイボールを作りたいと思った場合、気になるのが価格ですよね。

一体どのくらいの価格で作ることができるのでしょうか?

材質によって価格は異なりますが、一般的に2万円~3万円程度だと考えていいでしょう。

また、スペアボールであれば1万円程度で作ることが可能です。

この程度の価格のマイボールなら気軽に作ることができるかもしれません。

たまにしかボウリングをしない人には必要ないですが、ボウリングが好きでたまらない人や上手くなりたい人はマイボールを作るのもいいと思います。

ボウリング場のボールは誰でも使えるように無難な設計になっています。

そのため、持ってみるとしっくりこない人も多いのではないでしょうか。

自分の手の大きさやフォームに合わせてボールを作ることで、スコアアップが期待できます。

マイボールを作ることによって、重いボールでも意外に簡単に投げることができます。

これは本来は重く感じるはずのボールでも自分に合わせて作ると無理なく持てるからです。

さらに、ボールに回転をかけやすくなるというのもマイボールを作るメリットです。

自宅でできる練習方法って?

ボウリングの練習というとボウリング場に行かないと無理だと思っている人が多いですが、実は自宅でもできます。

ボウリング場に毎日通うとなるとお金と時間がかかってしまうので、自宅で練習している人も多いです。

以下のような練習方法なら自宅でもできます。

・シャドウボウリング
・腕を振る練習

シャドウボウリングとは、ボールを持たずにスイングやステップをすることです。

これを何度も練習することでフォームを固定することができます。

上達するためには正しいフォームで投げないといけませんが、そう簡単にマスターできるものではありません。

ボウリング場での練習だけだとなかなかフォームを固定できないので、自宅で何度も反復して体に覚えさせましょう。

そうすることで、お金の節約にもなります。

また、腕を振る練習も自宅でできる練習方法です。

何回も素振りをすれば、同じようなスイングが常にできるようになります。

自宅で練習する場合、ボウリングのボールの代わりにソフトボールやアイロンなどを持つのもいいでしょう。

ダーツ上達

グリップを変えれば上達できる?

グリップを変えればダーツが上達できるのでしょうか?

結論からいうと上達する可能性はあります。

グリップが原因で思うように投げられない人も多く、変えたら以前よりも上手くなったというケースも少なくありません。

グリップには2フィンガー、3フィンガー、4フィンガーの3種類があり、人によって投げやすいものが異なります。

上手い人と同じグリップを使用したからといっても、それが必ずしも自分にも合う訳ではないのです。

グリップを選ぶ場合は実際に投げてみるのが一番早いです。

一通り全ての種類を使ってみて、しっくりするものが自分に合っているものです。

逆に、狙った場所にどうしても当たらない場合は合わないグリップかもしれないので、変えてみましょう。

また、リリースを重視するなら2フィンガー、安定性を求めるなら4フィンガーともいわれていますから、選ぶ時の参考にしてください。

そして、上達すると他のグリップの方が使いやすくなることもあるので、上手くなってからもう一度見直してみるのもいいかもしれません。

命中率をあげる方法はある?

命中率をあげる方法は以下の通りです。

・フォームを安定させる
・力まない
・ポジティブなイメージを持つ
・毎日練習する

フォームが安定しないと命中率も下がってしまいます。

自分に合ったフォームを探し出し、それを固定してください。

そうすることでフォームが安定して、命中率もアップします。

投げる時に緊張して無駄な力が入ると命中率が下がるので、力まないというのも大切です。

緊張しても無理にリラックスしようとしないで、「いつものことだ」「緊張するのは自分だけではない」といったように思うと体が軽くなります。

そして、ポジティブなイメージを持つというのも重要です。

ネガティブなイメージを持つとそれが現実になりやすいので、必ず成功するイメージを持つようにしましょう。

それに、練習しないと上手くはならないので、時間があれば練習する癖をつけるようにしてください。

こういったことを意識することによって、命中率をアップさせることができるはずです。

マイダーツは作った方がいい?

マイダーツを作った方がいいといわれていますが、本当なのでしょうか?

結論からいうと本当です。

ダーツの楽しさが分からないうちから作る必要はありませんが、ある程度分かるようになって続けたいと思うなら作った方がいいでしょう。

マイダーツを作るメリットは以下の通りです。

・投げやすい
・モチベーションの向上
・練習意欲が増す

まず、ハウスダーツよりも投げやすいというのが一番のメリットです。

ダーツには人それぞれ投げやすい、投げづらいといった相性があります。

マイダーツを作ることで今までよりも投げやすくなると、それは結果に大きな影響を与えます。

また、モチベーションの向上にも繋がるはずです。

お金を払って作ったことで、上手くなりたいという意識が強くなります。

元を取るために練習時間も増すかもしれません。

マイダーツを持っていると練習意欲が増し、これまでよりも練習に身が入りやすいです。

このようなメリットがマイダーツにはあります。

目標は決めた方がいい?

ダーツが上手くなりたいなら、目標を決めた方がいいです。

目標を決めることで、やるべきことが明確になり、効率的かつ効果的な練習ができるようになります。

また、目標を決めることによってモチベーションを維持することも可能です。

ずっと高いモチベーションを保つことは難しく、何か目標がないと何かしらの理由をつけて練習をサボってしまうものです。

しっかりとした目標を決めておけば、ダーツの上達スピードを飛躍的にアップさせることができるので、まずは目標を設定してみてください。

目標を決める時に注意したいのが以下のことです。

・明確な目標
・現実的な目標
・達成までの期間

まず、目標を明確にすることが重要です。

例えば、ただ上手くなりたいと思うのではなく、どのくらいまで上手くなりたいかを決めてください。

その際、その目標が現実的なのかどうかも大切です。

目標は夢とは違うので、あくまでも達成できることが前提になります。

それをいついつまでに達成するのかということも必ず決めておきましょう。

スローイングのコツってある?

スローイングにはコツがあります。

コツを知ることで、今までよりもずっと簡単に投げることができるはずです。

そのコツとは以下のようなものです。

・肘の位置を決める
・手首をしなやかに使う
・リラックスする

まず、肘の位置を決めるということが重要になります。

肘が不安定だと狙ったところに投げるのが難しいので、肘の高さを決めてください。

高すぎても駄目ですし、低すぎても駄目ですから、色々試してみて自分に合う高さを見つけましょう。

そして、一般的に手首をしなやかに使った方がいいといわれています。

手首をひねる人が多いですが、それよりも自然に動かして投げた方が狙いやすいです。

スナップをきかせるのではなく、しなやかさを意識して投げるようにしましょう。

また、リラックスして投げるというのも非常に大切です。

コントロールしようと思うと体に力が入ってしまって、狙ったところに当たらなくなります。

余分な力を抜いて投げると狙いが定まってくるはずです。

自宅で練習するために必要なものって?

自宅で練習するために必要なものは以下の通りです。

・ダーツボード
・ダーツボードスタンド
・モチベーションを維持するもの

最低でもこの3つは必要になります。

アパートやマンションにお住まいの方は音に注意しないといけません。

練習中の音が大きいと周りの迷惑になってしまうので、静かなタイプのダーツボードを購入しましょう。

その際、オススメなのがハードボードです。

ハードボードなら静音性に優れているので、音が響きづらく、騒音トラブルにはならないと思います。

さらに、ダーツボードスタンドがあれば、壁に穴を空ける必要がありませんから、賃貸物件にお住まいの方は購入した方がいいです。

また、自宅だと面倒になってしまって練習をサボってしまうこともあります。

モチベーションを維持するためにも、成績を管理するスマートフォンアプリなどを有効活用するといいでしょう。

気分がなかなかのらない場合は音楽をかけるというのも一つの方法です。

ただし、自宅で練習する場合はくれぐれも他の人の迷惑にならないように気をつけてください。

スタンスが合ってないから上手くならない?

スタンスとは足の位置取りのことです。

このスタンスが合っていないと上手くならないといわれています。

スタンスには合う合わないがあるので、合わないスタンスで投げても狙ったところに当てるのは難しいでしょう。

ですから、ダーツ上達のためには、上手い人のスタンスを真似するよりも自分に合ったスタンスを見つけることが重要になります。

スタンスの種類は以下の3つです。

・オープンスタンス
・クローズドスタンス
・ミドルスタンス

オープンスタンスとは、つま先をボードに向けて前を向いて投げるスタンスです。

クローズドスタンスは、横向きになって利き手側を手前にするスタンスのことをいいます。

ミドルスタンスはその名の通り、オープンスタンスとクローズドスタンスの中間で、投げる方の足を斜め45度くらいに構えます。

この中から自分に合ったスタンスを見つけるためにも、全て試してみてください。

全て試してみて最も投げやすいと感じたものが、自分に合っているスタンスです。

ゴルフの練習方法

飛距離を伸ばす練習方法って?

飛距離を伸ばしたい場合、ドライバーとタオルを用意してください。

タオルをドライバーのネックに巻き付け、素振りをします。

タオルは取れないようにしっかりと巻いてください。

そして、地面からヘッドを離して、タオルが地面につかないように素振りをしましょう。

ネックにタオルを巻きつけると重みが出るので、手打ちを矯正することができます。

手打ちは飛距離が伸びない原因のひとつですが、これを直すのにとても向いている練習方法なのです。

また、打ち急ぎが原因で飛距離が伸びない人にも向いています。

ポイントはヘッドスピードが最速になるタイミングです。

フォローではなく、インパクト時にヘッドスピードが最速になるようにしてください。

もし、フォローの時に最速だとインパクト時には遅くなってしまって、飛距離が伸びなくなります。

どれだけ強い力をインパクトの時に伝えられるのかが重要です。

このことを意識して、タオルとドライバーを使った練習をすることで、飛距離がアップすると思います。

素振りはした方がいい?

ゴルフ上達のためには素振りをした方がいいといわれていますが、本当なのでしょうか?

結論からいうと素振りはした方がいいです。

地味な練習方法なのでやらない人も多いですが、素振りにはたくさんのメリットがありますから、練習に取り入れた方がいいでしょう。

例えば、以下のようなメリットが素振りにはあります。

・お金がかからない
・自宅でできる
・フォームを固めることができる
・筋力の強化

練習場に行くとお金がかかりますが、素振りならお金はかかりません。

練習費用を節約する意味でも素振りはおすすめです。

ある程度の広さは必要ですが、基本的に場所を選ばないので、どこでもできます。

自宅の庭や駐車場などで練習できるため、忙しい人でも練習が可能です。

それに、素振りはフォームを固めるのに向いています。

何度も何度も素振りをすることで、正しいフォームを体に叩き込むことができます。

また、素振りをしていると体に負荷を与えることができ、ゴルフに必要な筋力を強化することができるでしょう。

自宅でパター練習する時のコツって?

自宅でパター練習する時のコツは以下の通りです。

・カップや目標を見ながら打つ
・スピードを変えて打つ
・カップの手前で止める

ゴルフの場合、目標ではなく、ボールを見ながら打ちます。

そのため、パターの時に距離感が分かりづらく、飛び過ぎたりすることが多いです。

距離感を養うためにもカップや目標を見ながら打つようにしてください。

これで大幅な距離感のミスを防げるようになります。

パター練習をする時、スピードを変えて打つというのもいいでしょう。

強めに打ってみたり、弱めに打ってみたりして、打球の変化を確認してください。

軽く打てば変化が大きくなりますし、強く打てば変化が小さくなります。

そして、カップの手前でボールを止める練習もおすすめです。

あえてカップに入れずに、入るかどうかのギリギリのところで止めるようにしましょう。

この練習方法は、正確な距離感を養うことができます。

こういったことを意識することによって、自宅でも効率的かつ効果的なパター練習ができるはずです。

メニューを決めて練習した方がいい?

ゴルフ上達のためには、メニューを決めて練習した方がいいのでしょうか?

結論からいうと、その方が上手くなりやすいです。

その日の気分でやりたいことをやるよりも、まずはこれをして、次はあれをやるといったようにしっかりとメニューを決めて練習した方が効率的です。

練習時間は限られているため、どれだけ効率的に時間を使うのかが重要になります。

ただなんとなくあれをしたいこれをしたいと思って練習しても、中途半端な練習メニューになってしまうので注意してください。

例えば、ゴルフ練習場を利用する場合、最初はウォームアップから始めて、体を温めましょう。

体を温めずに練習やストレッチを始めてしまうと怪我をする可能性が高くなります。

体を温め、ストレッチで筋肉をほぐしたら、素振りをしてください。

ゆっくりめの素振りをウォームアップに取り入れるのもいいです。

そこでスイングを確認してから、上達するための練習を行うようにしましょう。

怪我を防ぐためにも、このメニューだけは取り入れた方がいいです。

練習量が多ければ上達する?

ボールをたくさん打てば勝手に上手くなると思っている人も少なくないはずです。

しかし、ただボールをたくさん打つだけでは、なかなか上達するのは難しいと思ってください。

練習量が多いに越したことはありませんが、それよりも重要なのは質です。

どれだけ質の高い練習をしているのかが重要になります。

練習時間が少なくても上手い人と練習時間が多くても下手な人の差はここにあるのです。

これはゴルフに限らず、スポーツや勉強にもいえることです。

例えば、以下のようなことを意識して、練習すると上達しやすいです。

・目標を決めて打つ
・考えて打つ

やみくもに遠くに飛ばそうとするのではなく、目標を定めて、そこをめがけて打つようにしてください。

実際のプレーを想定して打つことで、ボールをコントロールできるようになります。

それに、一打一打しっかり考えて打つようにしましょう。

どうして思ったところに飛ばないのか、フォームがおかしくないかなどを考えて打つことで、効率のいい練習ができます。

打ちっぱなしには行った方がいい?

打ちっぱなしには行った方がいいのでしょうか?

結論からいうと行った方がいいです。

打ちっぱなしには以下のようなメリットがあります。

・飛距離が分かる
・感覚を取り戻せる
・実際に打球を確認できる
・好きな時に好きな分だけ打てる

打ちっぱなしに行くと自分の飛距離の限界が分かります。

どのクラブで打てばどのくらい飛ぶのか知ることができ、距離感を養うことが可能です。

これは実際のプレーにおいて重要なポイントになります。

それに、久しぶりにゴルフをする人にとっては、感覚を取り戻すのにちょうどいいです。

好きなだけ打てるので、次第に昔の感覚を取り戻せるはずです。

また、実際に自分が打った打球を確認できるため、何を修正すればいいのかが分かります。

そして、好きな時に好きな分だけ打てるので、時間がない人でも練習しやすいです。

練習時間が少ないとプレー中に他の人に迷惑をかけることが多くなり、気まずい雰囲気の中でプレーしないといけません。

しかし、打ちっぱなしである程度上手くなってからゴルフ場に出ることで、周りの人に気を遣うことが少なくなるはずです。

自己流の練習方法はよくない?

自己流の練習方法はよくないといわれていますが、本当なのでしょうか?

結論からいうと本当です。

自己流で練習をしても上達が遅いので、誰かに教わった方がいいでしょう。

どうして自己流が駄目なのかというと、間違った悪い癖がついてしまうからです。

自分がいいと思って練習していたことが本当は間違っていて、プレーに悪影響を及ぼす場合もあります。

どういった練習をすればいいのか知らないまま自己流で続けてしまうと、いつまで経っても上達することができません。

インストラクターに教えてもらったり、ゴルフ教材を購入するとなるとお金がかかります。

だからこそ、自己流で練習する人が多いわけですが、それで身についてしまった悪い癖というのはなかなか直すのが難しいです。

それこそ誰かに教わって直してもらわないといけないので、お金がかかってしまいますし、時間もかかります。

それであれば、最初からお金を払って正しい練習をする方が早く確実に上達できます。

確実に上手くなりたいなら、多少のお金は投資だと思って使った方がいいです。

硬式テニス上達

メンタルも鍛えた方がいい?

技術を磨いたり、体力や筋力をつけることも大事ですが、メンタル強化も非常に重要です。

メンタルが弱いと途中で諦めてしまったり、プレッシャーに負けてしまって、いつものプレーができなくなります。

素晴らしい才能や能力があってもメンタルが弱い場合、格下の相手に負けてしまうことも珍しくありません。

メンタルの強化はテニスだけではなく、勝負ごと全てにおいて必要なことです。

例えば、試合になると極度の緊張で体が動かない、頭が回らないという場合はリラックスすることが大切ですが、そう簡単にできるならしていますよね?

「やっと今までの練習の成果を試せる時がきた」と考えるようにすると、ワクワクしてくると思います。

そのワクワクが極度の緊張から、ほどよい緊張に変えてくれるはずです。

また、点差が開いてしまうと途中で試合を諦めてしまいやすいですが、最後まで何があるか分かりません。

勝負がつくまで高い集中力とモチベーションを維持させるためにも、普段から諦めないメンタルを練習の中で身につけてください。

ラケットを変えたら上手くなる?

ラケットを変えるだけで硬式テニスが上手くなるのでしょうか?

結論からいうと上手くなる可能性はあります。

ラケットが全てという訳ではありませんが、プレーにおいてラケットの良し悪しは重要です。

ここでいう良いラケットとは、自分に合っているものを指します。

人それぞれ相性の良いラケットが存在するので、自分に最適なものを選んでください。

初心者がラケットを選ぶ時は以下のことに注目しましょう。

・面の大きさ
・重さ
・グリップサイズ

面の大きさによってボールの飛び方が違いますから、初心者の場合は105平方インチ以上がオススメです。

そのくらいの大きさであれば、少ない力でもボールを飛ばすことができます。

ラケットの重さは軽い方が扱いやすいです。

男性は270g、女性は260g未満がいいでしょう。

グリップサイズは男性は3、女性は2が理想です。

このような条件のラケットを初心者が使用することによって、今までよりもプレーしやすくなると思います。

そして、上達してきたら、ラケットを重くしたり、面を小さくしていきましょう。

打てる球種は多い方がいい?

テニスにおいて、打てる球種は多い方がいいのでしょうか?

結論からいうと多いに越したことはありません。

多ければ多い方が相手が的を絞りづらくなるので、試合を優位に進めることができます。

ただし、いくら多くてもどの球種も中途半端なレベルでは相手のチャンスボールになってしまうので、多ければそれでいいという訳でもありません。

これを打てば決められるというレベルの球種がないと、試合を制するのは難しくなります。

どれも中途半端なレベルなら、どれかひとつでも絶対的な自信を持っている得意な球種があった方がいいでしょう。

また、球種が多くても使いどころを知らないと意味がないですし、逆に自分が迷ってしまうことがあります。

球種が多いからこそ、次にどれを打てばいいのか迷ってしまって、判断が遅れてしまうこともあるでしょう。

どの球種をどのような時に使えば相手が嫌がるのかを考えるというのも重要です。

ただ球種が多いだけでは試合に勝つことは難しいと思ってください。

壁打ちすれば上達できる?

壁打ちすれば上達できるといわれていますが、本当なのでしょうか?

結論からいうと上達できます。

壁打ちには以下のようなメリットがあります。

・筋力や体力の強化ができる
・一人で練習できる
・様々な練習ができる

真剣に壁打ちをすると、非常に体力と筋力を使います。

一度やってみると分かりますが、短時間でへとへとになるはずです。

そのため、筋力や体力を短時間で強化できるというのが壁打ちのメリットといっていいでしょう。

一人で練習できるというのも壁打ちのメリットです。

練習相手が見つからないという場合もあるでしょう。

そういった場合、壁打ちなら一人でも練習ができます。

自分の好きな時に好きなだけ練習できるというのも壁打ちの良さです。

それに、壁打ちならやり方次第で色々な練習ができます。

ストローク練習をはじめ、サーブ練習、スマッシュ練習、ボレー練習など、やろうと思えば何でもできますし、ボールがすぐに戻ってくるので、無駄な時間がありません。

ストロークを安定させる方法ってある?

ストロークを安定させる方法は以下の通りです。

・基本のスイングや構えを身につける
・安定させようと強く意識しない
・しっかりと静止する

一番大事なことは基本のスイングを身につけることです。

基本のスイングを身につけることによって、ストロークを安定させることができます。

特に土台となる下半身が重要になります。

構えの際に足の開きが狭かったり、重心が高いとストロークに大きな支障をきたすので、スタンスは広く保ち、重心を低くしてください。

そうすると、土台がしっかりするため、ストロークを安定させることができます。

そして、安定させようと強く思い過ぎると余計に失敗するので注意しましょう。

安定させようと思うことは大事ですが、思い過ぎるとそれがプレッシャーになり、逆効果になってしまいますから、リラックスした状態で打つようにしてください。

また、走りながら打ってもストロークは安定しないので、きちんと静止してから打つというのを心がけましょう。

どうすればサーブが決まるようになる?

思うようにサーブが決まらなくて悩んでいる人も多いはずです。

では、どうすればサーブが決まるようになるのでしょうか?

サーブが入らない場合、次のようなことが考えられます。

・サーブの基本が身についていない
・セカンドサーブの練習をしていない
・プレッシャーを感じ過ぎている

まず、サーブの基本が身についていない可能性があります。

フォームや体の使い方、トスの上げ方などが間違っている場合が多いので、もう一度、見直してみた方がいいかもしれません。

サーブの練習をする時に、ファーストサーブばかりで、セカンドサーブの練習をしていない場合も多いです。

ファーストサーブが決まらなくてもセカンドサーブが決まればいいので、ファーストサーブばかりにとらわれないようにしましょう。

それに、「決めないと」という気持ちが強すぎて、それがプレッシャーになっていることもあります。

そうすると、体に力が入ってしまうので、失敗する可能性が高いです。

リラックスしてサーブを打つというのを意識してください。

打点を意識すれば上手くなれる?

打点を意識すれば、硬式テニスが上手くなるのでしょうか?

結論からいうと、打点を意識するだけで上手くなることができます。

テニスにおいて打点は非常に重要です。

打点が適切であれば、力強いショットを打つことができますし、コントロールもしやすくなります。

打点を意識してプレーすることによって、劇的に上手くなれるかもしれません。

そのため、まずは自分にとってどの打点が最適なのかを見つけてください。

打点の位置はその人によって異なります。

色々な打点で打ってみると、一番力が入れやすい場所が分かるはずです。

それが自分にとって最適な打点になります。

最適な打点で常に打つというのを意識して練習すれば、上達スピードも非常に早くなるはずです。

また、スランプに陥った場合には、打点がいつもと違うことが多いので、打点が狂っていないかを細かくチェックするようにしましょう。

特に初心者の場合は、正しいフォームで打つことだけでなく、打点も意識してください。

ゴルフ苦手を克服

ショートホールを得意になるコツってある?

ショートホールはスコアを伸ばすのに最適です。

逆に、ここを落とすとスコアが崩れてしまうので、注意しないといけません。

ショートホールを得意にするコツは以下の通りです。

・プレッシャーに負けない
・ホールまでの距離に注意する
・遠くに立ち、全体を把握する

一番大事なのはプレッシャーに負けないことです。

ここは落とせないと思えば思うほど力が入ってしまって失敗する可能性が高くなります。

自然体で挑むためにもリラックスすることを意識してください。

そして、ホールまでの距離に注意しましょう。

ピン位置で距離が変わるということを理解した上でプレイを始めてください。

遠くに立ち、全体を把握するというのも重要です。

遠くに立つことによって、どこに何があるのか把握できますし、どのようにゲームを組み立てればいいのかが考えやすくなります。

すぐに打たずに、まずは遠くに立って全体像を見るようにしてください。

また、フェイスを決めた後にアドレスに入るというのも意識しましょう。

バンカーはどうやって練習すればいい?

バンカーの練習は以下のように行うと効果的です。

・変に意識しない
・迷わず振り抜く
・砂の量で距離を調整

バンカーだからといって特別意識する必要はありません。

芝とバンカーは違うと思っている人が多いですが、さほど変わらないので、普段通り打ちましょう。

練習の時から芝とバンカーは変わらないというイメージを持っておくと、実際のゲームになっても変に意識せずに打つことができます。

このような意識を持つだけでも、全く結果が変わるはずです。

飛び過ぎを防ぐために中途半端なショットになってしまう人も少なくありません。

その結果、失敗するケースが多いので、迷わず振り抜く練習を行ってください。

練習の時に意識的に行うことで、本番でもできるようになります。

バンカーは距離感を掴むのが難しいですよね?

そこで注目したいのが砂の量です。

打った時に削り取った砂の量が多ければ多いほど飛距離が伸びず、少ないと飛距離が増します。

練習でどのくらいの砂の量ならどのくらいの飛距離が出るのか確かめてください。

ドライバーが苦手な時の克服法って?

ドライバーがどうしても上手くいかないという人もいるでしょう。

では、どうやって苦手なドライバーを克服すればいいのでしょうか?

ドライバーが苦手な場合の克服法は以下の通りです。

・芯でとらえることに集中する
・自分の手で打つイメージ

ドライバーが苦手な人は基本的に芯でとらえることができていません。

つまりは、ミート率が悪いということです。

ミート率が悪いと飛距離が伸びませんし、自由にコントロールすることもできません。

そのため、芯でとらえる練習を何度も行ってください。

ゆっくりとスイングして、芯でとらえるという練習がおすすめです。

徐々に振りを早くしていけば、普通にスイングした時でも芯に当てられるようになります。

また、クラブヘッドで打つイメージではなく、手で打つイメージを持った方がいいかもしれません。

そうすることでワキが自然に締まり、ドライバーでのショットが成功しやすくなります。

どちらにしろ、すぐに克服するのは難しいので、練習を何度も行うことが重要です。

アイアンショットが上手くなる練習法ってある?

アイアンショットが上手くなる練習法は次の通りです。

・素振り
・目標を定めて打つ
・すぐに打つ

まず、素振りをするところから始めてください。

素振りは地味な練習なのでやらない人も多いですが、アイアンショットの上達のためには必須です。

なぜなら素振りのスイングが実際のプレーで現れてしまうからです。

そのため、念入りに素振りをして、正しいスイングを身につけてください。

練習の時に必ず目標を定めて打つようにしましょう。

適当に打っても練習効果が薄いので、あそこまで飛ばすというような強い気持ちを持って打ってください。

そして、考えながら打つことも大事ですが、あまりにも時間をかけて打っていると次第に練習が嫌になります。

ミスショットを連発するようになった場合、考え過ぎが原因かもしれません。

考え過ぎると余計にアイアンショットが苦手になってしまう可能性があるので、すぐに打つようにしてください。

こういったことを意識して練習をするとアイアンショットが上手くなると思います。

ロングホールが苦手なのは克服できる?

ロングホールが苦手という人は多いと思います。

では、どうやってロングホールを克服すればいいのでしょうか?

その克服法は意外と簡単なことです。

距離を分割して、無理のないゲームプランを立てればいいだけです。

ロングホールが苦手な理由は距離の長さですよね?

少しでも遠くに飛ばさないといけないというプレッシャーに負けてしまって、上手くいかない人が多いです。

そのプレッシャーから解放されるためにも自分の打てる距離を把握した上で、距離を分割してプレーしましょう。

パーオン狙いを最初から考えず、着実なプレーを意識してください。

そうすることによって大叩きはしなくなるので、最小限のリスクでロングホールを回ることができます。

つまり、プレー前からダブルボギーを覚悟しておけばいいのです。

無理な距離で分割せずに、このくらいなら飛ばせるという距離で分割してください。

ゴルフは頭を使うスポーツなので、やり方や考え方次第でスコアを伸ばすことができます。

ゴルフレッスンなら苦手を克服できる?

苦手を克服したい場合、ゴルフレッスンを受けてみるのもいいかもしれません。

ゴルフレッスンを受けることによって短期間で苦手を克服できる可能性があります。

ゴルフレッスンのメリットは以下の通りです。

・確実な技術が身につく
・分からないことを質問できる
・モチベーションを維持しやすい

一番の魅力は確実な技術が身につくことです。

自己流で練習するとおかしなフォームで固定されてしまったり、間違った知識を覚えてしまうことがあり、それが苦手を作っている原因という場合もあります。

先生に習うことで正しいフォームと知識を身につけることができ、苦手を克服しやすくなるはずです。

分からないことを質問できるというのも大きいです。

独学での練習だと誰にも聞くことができないので、苦手を克服できませんが、レッスンを受けることでその疑問をすぐに解決できます。

他の生徒と一緒に習うことでモチベーションを維持でき、苦手なことを克服しようという気持ちを強く持ち続けることが可能です。

上手くいかないと嫌になってしまいますが、他の生徒と一緒だったり、先生が熱心に指導してくれる環境下なら、高いモチベーションを維持しやすいと思います。

アプローチが得意になる練習法って?

アプローチが得意になる練習法は以下の通りです。

・絨毯の上で練習
・パターマットで練習
・クッションで練習

スポンジでできたボールを使って、絨毯の上で打ちます。

柔らかいボールなので、おかしなところに飛んでも物が壊れることはないはずです。

距離感を養うというよりも、正しいフォームを身につけるのに有効な練習方法です。

一番ベターなのがパターマットを使った練習ではないでしょうか。

何度も何度も練習することでどのくらいの力で打てば、どのくらい飛ぶか把握できます。

距離が短い方が難しいので、パターマットで練習していると距離の長いアプローチが得意になります。

クッションを適度な距離に置き、それに向かって打つというのもいいでしょう。

目標となるクッションのサイズが小さくすれば、難易度が上がります。

最初は大きめのクッションを使って、慣れてきたら小さくしていくといいでしょう。

どれも自宅で簡単にできる練習なので、すぐにも実践できます。

バレーボール上達

スパイクのコツってあるの?

バレーボールのスパイクのコツは以下の通りです。

・歩幅を合わせる
・肩と腕の使い方を覚える
・きちんとミートさせる

まず、スパイクを打つ場合、ジャンプをすることになります。

この時、助走をつけますが歩幅が合わないと非常に打ちづらいです。

そのため、右・左・右・左という基本ステップを覚えてください。

そうすると高いジャンプになるはずです。

肩と腕の使い方を覚えるというのもスパイクのコツだといっていいでしょう。

肩を大きく回し、腕をしならせることで強いスパイクが打てます。

そして、きちんとミートさせないと狙いと全く違うところに飛んでしまいます。

手首と手のひらの力を抜き、インパクトの瞬間に力を入れるようにしてください。

そうするとミートさせやすくなり、コントロールがつきやすいです。

この3つのことをしっかりと守れば、以前よりもスパイクが良くなると思います。

1回や2回では上手くいかなくて当然なので何度も練習をして体に覚えさせましょう。

レシーブはどうすれば上手くなる?

レシーブが苦手という人は多いと思います。

レシーブが下手だと相手に集中的に狙われてしまって、チームに迷惑をかけることになります。

では、どうすれば上手くなるのでしょうか?

レシーブにおいて大事なことは以下の2つです。

・体の力を抜く
・腕だけのレシーブをしない

まずは体の力を抜きましょう。

苦手な人ほど自分のところに来て欲しくないので、緊張して体に力が入りがちです。

それでは正確なレシーブができないので、体の力を抜きましょう。

特に腕と肩に力が入っているとボールをコントロールできないので注意してください。

腕だけでボールを受けようとしないというのも重要です。

レシーブ時はできる限り腰を落として、肩を入れてください。

この2つのことを意識するだけでもレシーブは確実に上手くなります。

後は何度も何度もレシーブの練習をして、コツをつかみましょう。

練習して成功率がアップしていけば、自信に繋がり、試合でも堂々とレシーブができるはずです。

トスの練習のやり方って?

トスの練習のやり方は次の通りです。

・ボールの下に早く入る練習
・自分の真上にトスを上げ続ける
・バスケットボールを使った練習

トスを上げる際に重要なのはボールの落下地点にいち早く入ることです。

これが正確なトスを上げるために必要なことなので、この練習をしてください。

ボールを上げてもらって、すぐに落下地点に入るという練習を繰り返し行えば、体にそのクセがつくはずです。

練習相手がいない場合は自分の真上にトスを上げ続けるというのもいいでしょう。

これでトスの感覚をつかめると思います。

サッカーのリフティングと同じ練習だと考えてください。

バスケットボールを使った練習方法もあります。

バスケットボールは重いので手や腕だけでは遠くに飛ばすことはできません。

体をしっかりと使わないといけないので、対面パスをして遠くに飛ばすコツをつかんでください。

こういった練習をすることで、トスが徐々に上手くなっていくはずです。

後は何度も反復練習あるのみです。

バレーボールのサーブの種類って?

バレーボールのサーブの種類は次の通りです。

・アンダーハンドサーブ
・天井サーブ
・サイドハンドサーブ
・フローターサーブ
・ドライブサーブ
・ジャンプサーブ

初心者の方におすすめなのが下からボールを打つアンダーハンドサーブです。

得点には繋がりにくいですが、安定してコート内に入れることができます。

天井サーブとは天井近くまでボールを高く上げるサーブのことです。

落下するまで時間がかかるので相手のリズムを崩したい時にいいでしょう。

サイドハンドサーブは体の横で打つサーブです。

初心者でも強いサーブが打てますが、アンダーハンドサーブよりは成功率が落ちます。

フローターサーブはトスを高く上げて上から打つバレーボールの一般的なサーブのことです。

ボールの中心を狙って打つとコントロールしやすいです。

ドライブサーブは相手の手前で落ちるサーブのことで、サイドハンドサーブの打ち方に似ています。

成功率が低いので何度も練習しないとマスターできません。

ジャンプサーブはサーブの中で最も難易度が高いですが、最も相手の守備を崩せます。

いわば攻めのサーブです。

ブロックを成功させるコツって?

ブロックを成功させるコツは以下の通りです。

・打つ位置を予測して飛ぶ
・ブロックの時に親指と小指に力を入れる
・諦めずに何度も飛ぶ

相手が打つ位置を予測して飛ぶことで成功率が高まります。

試合の流れを冷静に見ていると誰が打つのかだいたい分かるはずです。

100パーセント的中させるのは難しいですが、それなりの確率で当たると思うので自分を信じて飛んでください。

相手は思い切りスパイクを打ってくるのでその勢いに負けてしまう可能性があります。

ブロックの瞬間に親指と小指に力を入れることで、勢いに負けにくくなるのでやってみてください。

コツは最初から力を入れるのではなく、当たる瞬間に力を入れることです。

そして、諦めずに何度も飛ぶというのがブロックで最も大事なことだと思ってください。

ブロックは100パーセント成功するものではないので失敗することも多いです。

そのため、飛ぶことに本当に意味があるのか疑問を感じる時も出てきます。

しかし、そこで諦めてしまうのはやめてください。

体力は非常に消費しますが、根気強く飛び続けることで、ブロックの成功率が高くなります。

試合で勝つためには何をすればいい?

試合で勝つためにすべきことは以下の通りです。

・サーブ練習を念入りに行う
・セッターに上手い人を置く
・アタッカーは失敗を恐れず果敢に攻める
・声を出す
・全員でフォロー、カバーする

サーブはバレーボールにおいて非常に重要です。

ミスをすると相手のポイントになってしまうので、ミスを減らさないといけません。

また、サーブがいいと相手の守備を崩すことができ、得点に繋がりやすくなります。

そのため、サーブ練習に時間をかけるようにしてください。

セッターは司令塔的な役割なので、ここにチームで一番上手い人を配置しましょう。

セッターが上手いチームは強い傾向があります。

スパイクを失敗する度に落ち込んでいては始まらないので、アタッカーは失敗を恐れずに果敢に攻めてください。

消極的になると相手を有利にさせてしまうので、常に強気で打ちましょう。

特にエースを積極的に使うようにすると勝率が上がります。

そして、チーム全員が声を出すようにしてください。

声を出すことによって自分たちを奮い立たせることができます。

全員でフォロー、カバーするというのも重要です。

チームスポーツですから、失敗したからといって一人を責めるのではなく、励ましあってプレイしましょう。

バレーボールのポジションと役割って?

バレーボールのポジションは次の通りです。

・セッター
・リベロ
・レフト
・センター
・ライト

セッターは攻撃を組み立てるいわば司令塔です。

トスを上げるのが上手く、ゲームの流れを読める人に向いています。

リベロは守備専門のポジションです。

守備しかできないので、前衛に入ることができず、アタックはもちろんサーブもできません。

地味なポジションですがチームにおいて非常に重要な人物です。

レフトは点を取れる人のポジションで、基本的にチームのエースアタッカーがいます。

ここぞという時に決めることができる人をレフトに置きます。

センターはブロック力が強い人がいるポジションで、身長が高い人がなると思ってください。

このポジションに能力が高い人がいれば、守備力がアップします。

ライトには何でも無難にできる人が置かれることが多いです。

突出した能力が無くても器用であれば、できるポジションです。

ここにいい人材がいるとチームとして助かります。

バドミントン

バドミントンのストロークには種類がある?

バドミントンのストロークには、次のような種類があります。

・オーバーヘッドストローク
・アンダーハンドストローク
・サイドハンドストローク
・ハイバックハンドストローク

オーバーヘッドストロークはシャトルを最も高い位置で打つストロークのことで、バドミントンの基本になります。

スマッシュを打つ際は、このストロークが有効です。

アンダーハンドストロークは手前に落とされたシャトルを拾い上げるために使うストロークです。

手首の返しが不十分だと中途半端なショットになってしまって相手にチャンスを与えてしまうので注意しましょう。

サイドハンドストロークは体の横で打つストロークのことで、試合になると使用する機会が多いです。

シャトルとの距離感が非常に重要になり、近すぎるとコントロールするのが難しくなります。

ハイバックハンドストロークは背後に打たれた時にバックハンドで打ち返すストロークのことです。

相手のコートを見ないで打つことになるため、経験がないとコントロールできません。

どうすればバドミントンの試合で勝てる?

バドミントンの試合で勝つにはどうすればいいのでしょうか?

勝つために必要なことは以下の通りです。

・冷静になる
・相手のいない場所に打つ
・一回で決めようとしない

試合で勝つためには冷静にプレイする必要があります。

頭が熱くなってしまうとフォームが乱れ、コントロールできなくなったり、せっかくのチャンスをふいにしてしまいます。

バドミントンは頭を使うスポーツなので、熱くならず冷静さを保ちましょう。

当たり前のことですが、相手のいない場所に打ってください。

簡単なようでこれがとても難しいです。

試合になると相手を見る余裕がなくなり、相手のいるところに打ってしまうことが多くなります。

必ずシャトルを打つ前に相手の位置を確認してください。

スマッシュ1本で決めようとする人も多いですが、基本的に一回では決まらないです。

経験者と試合をすると返されることが多いので、一回で決めようとせずにまずは相手の体勢を崩すことを考えてください。

体勢を崩してからスマッシュを打った方が決まる確率が高くなります。

バドミントンのスマッシュの打ち方って?

スマッシュはバドミントンで勝つために必要なショットです。

これが打てないとラリーを制することができないので、打ちたい時に打てるようになりましょう。

スマッシュを打つ時のポイントは次の通りです。

・シャトルを一番高い位置で捉える
・左手を上げてシャトルとの距離感を確認する
・上体をひねりながら打つ

一番重要なのがシャトルを最も高い位置で捉えることです。

これがスマッシュを打つ際の基本になります。

そのため、打とうと思った場合、いち早く落下地点まで移動してください。

また、打つ時に左手を上げてシャトルとの距離感を確認しましょう。

初心者の場合には左手を使わないことが多いですが、必ず使用するようにしてください。

シャトルが上手く当たらない場合、左手を使っていないことが多いです。

上体をひねりながら打つというのも大切です。

ひねりがないと強いショットを打つことができないので注意しましょう。

スマッシュは慣れるまでコントロールが難しいので、まずはコースを狙うのではなく、確実にコート内に入れるというのを意識してください。

バドミントンの基本的なルールって?

バドミントンの基本的なルールは以下の通りです。

・シングルスとダブルスの2つがある
・3ゲームマッチで行われる
・ラリーポイント制
・サーブを打つ位置は自分の点数によって異なる

まず、テニスと同じようにシングルスとダブルスの2種類があります。

シングルスとは1対1の試合のことで、ダブルスとは2対2の試合のことです。

また、バドミントンは3ゲームマッチで行われます。

テニスでは「セット」と呼びますが、バドミントンの場合は「ゲーム」と呼ぶのです。

1ゲームは21点で行われ、21点を先取した方がそのゲームの勝者になります。

そして、2ゲームを先に取った方がその試合の勝者です。

ラリーポイント制というのもバドミントンのルールの特徴です。

サーブ権に関係なく、ラリーに勝利した方に点数が入ります。

そして、サーブを打つ位置は自分の点数によって異なり、偶数の場合は右、奇数の場合は左です。

その際、サーブを受ける方は、サーブを打つ方の対角線上にいないといけません。

バドミントンはどんな練習をすれな上手くなる?

バドミントンが上手くなりたいなら以下のような練習をしてください。

・素振り
・コントロール練習
・ホームポジションに戻るクセをつける

地味ですが素振りは非常に大切です。

素振りをすることでフォームを固定させることができます。

フォームが悪いと強烈なショットを打てませんし、コースに打ち分けることもできません。

そのため、素振りで正しいフォームを体に覚えさせてください。

また、コントロールをつけるためにコースに打ち分ける練習をしましょう。

コートの4隅を狙うというのがバドミントンの基本なので、まずはそこに確実に打てるようになってください。

相手にシャトルを上げてもらった時、ただ返すのではなく必ずコースを狙うクセをつけましょう。

そして、ホームポジションに戻るクセもつけてください。

ホームポジションというのはコート内の中心のことで、打った後は必ずそこに戻るようにしましょう。

そうすることでどんなシャトルにも対応することができます。

バドミントンのシューズの選び方って?

バドミントンシューズを選ぶ場合、次のようなことに注目しましょう。

・価格
・サイズ
・クッション性
・グリップ性
・試し履きをする

バドミントンシューズの価格はピンからキリまであります。

初心者の場合はそこまで高いものを買う必要はないので、予算を決めてその中で選びましょう。

また、バドミントンシューズに限らないことですが、サイズがきちんと合っているかもとても重要になります。

足に合わないものを購入してしまうと怪我をしたり、プレイに支障をきたすので、しっかりフィットするものを選んでください。

それに、クッション性が高ければ、足への負担が減るので怪我をしづらいですし、プレイ中の疲労も軽減できます。

グリップ性はステップやフットワークに影響を与えます。

レスポンスを高めるためにもグリップ性が高いものを選びましょう。

そして、必ず試し履きをしてください。

試し履きをせずにそのまま購入してしまうと、怪我を起こす原因になります。

実際に左右両方のシューズを履いて、軽く動いてください。

それで動きやすいのであれば購入しましょう。

もし、違和感があるなら購入を見送るようにしてください。

バドミントンラケットの選び方って?

バドミントンを始める場合、最初に買うのがラケットです。

しかし、バドミントンラケットを買いに行くと種類が多くて、どれにすればいいのか分からないという人も多いでしょう。

それぞれその人に合ったバドミントンラケットがあるので、どうやって選べばいいのか知っておいた方がいいです。

バドミントンラケットの選び方は次の通りです。

・価格
・重量
・硬度
・ガットの張り
・グリップの太さ

バドミントンのラケットは1000円くらいの安いものから、数万円する高いものまであります。

初心者の方は壊す可能性もあるので、数千円のもので十分です。

上達してきたら高いものに手を出すようにしてください。

重いラケットはスピードの速いショットを打ちやすいですが、コントロールしづらいという問題もあります。

そのため、初めてプレイする方は重いラケットではなく、振りやすいものを使用してください。

フレームとシャフトの硬度もプレイに影響を与えます。

硬い方がコントロールしやすいというメリットがありますが、その分、肘などへの負担が大きくなるので注意してください。

ガットの張りが強くなれば強くなるほど威力のあるショットを打つことができます。

ただし、ガットが切れやすくなったり、フレームが割れる可能性も高くなります。

初心者の方はフレームに当たる可能性があり、それでラケットが壊れてしまう場合もあるので、あまり強く張らない方がいいです。

また、太いグリップだと速いショットを打つことができ、細いグリップだとコントロールしやすくなるという特徴があります。

野球のバッティング

バッティングセンターには行った方がいい?

バッティングが上手くなりたい場合、バッティングセンターに行った方がいいのでしょうか?

結論からいうとバッティングセンターに行ったところで、試合で打てるかどうかは別の話です。

バッティングセンターで打てるようになっても試合になると全然打てないという人もいます。

これは、バッティングセンターのボールと人間が投げるボールでは全く違うからです。

人間が投げるボールの方が手元で伸びるので、バッティングセンターよりも打ちづらいです。

また、バッティングセンターだとどこにボールが来るのか最初から分かりますが、実際の試合になると分かりません。

それにお金だってかかります。

こういったデメリットがあるので、バッティングセンターに通えば上手くなるという訳ではないのです。

しかし、だからといって意味がない訳でもありません。

速球に慣れることができますし、苦手コースの練習には向いています。

この2つを目的にするのならいいかもしれませんが、それ以外を目的に行うなら意味がないと思ってください。

バットコントロールを良くする練習法って?

バットコントロールを良くする練習法とは以下のようなものです。

バットコントロールを良くするには手首をやわらかく使う必要があります。

そこで体の正面でバットを左右に振ってください。

力任せに振るのではなく、ヘッドの重さを利用する、手首を返すということを意識して練習しましょう。

次に手首だけではなく、腕も使って同じように左右に振ってください。

どちらも下半身は動かさずに固定しながら振るというのがポイントです。

これらの動作に慣れてきたら、いつものように構えた状態でスイングします。

この際、ミートポイントで手首を返すというのが重要になります。

こういった練習を素振り前に行うようにしてください。

バットコントロールが良くなれば、際どいボールをファールで逃げることもできますし、打ちたいところに打つことができます。

バッターにとってバットコントロールは非常に重要なので、練習して磨くようにしてください。

そして、バットによってクセがあるので、できる限りバットは同じものを使用しましょう。

選球眼を磨く方法ってあるの?

選球眼を磨くというのもバッティングにおいて大事なことです。

ボール球に手を出してもヒットになる可能性は低いですし、ボール球をきちんと見送ることができれば何もしなくても出塁できます。

チャンスを広げる意味でも選球眼というのは非常に大切になります。

そのため、ボールを見送り、ストライクだけを打つというのを意識してください。

そして、選球眼を磨く方法は以下の通りです。

・ストライクゾーンを知る
・ボールをよく見る
・目線の高さを一定に保つ
・動体視力を鍛える

まず、正しいストライクゾーンを知ることから始めてください。

これが選球眼を鍛える第一歩です。

ただ、審判によってクセがあるので、ストライクゾーンは微妙に異なると思ってください。

当たり前ですがボールをよく見るというのも大事です。

キャッチャーのミットにおさまるまで、目で追うようにしてください。

目線の位置がバラバラだとストライクかどうか判断しづらいので、高さを一定に保つようにしましょう。

そして、動体視力を鍛えるというのも重要になります。

素振りはした方がいい?

素振りというと地味なイメージが強いので、怠ってしまう人も多いのではないでしょうか?

しかし、バッティングを上達させたいなら素振りは必須です。

プロ野球選手でも素振りをやめる人はいません。

そのくらい素振りは重要な練習なので、必ずやるようにしてください。

素振りをするメリットはフォームを固めたり、修正できることです。

野球を始めたばかりの頃はフォームにバラつきが出てしまいます。

それでは実践でいいバッティングができないので、素振りでフォームを固めることが大切です。

何度も何度も同じフォームで素振りをすることによって、それを体に覚えさせることができます。

また、素振りをすることで自分の欠点も分かってくるので、それを修正するのにも役立ちます。

そして、素振りをする場合は試合を想定して行ってください。

ただ回数をこなすだけでは効果的な練習とはいえませんし、やる意味がありません。

どんな球種を打つのか、どのような打球を打つのかを意識して素振りを行いましょう。

どんな練習をすればホームランを打てる?

「試合でホームランを打ちたい!」と思っている人は多いのではないでしょうか?

子供でも大人でもホームランを打ってみたいという気持ちは変わりません。

では、どんな練習をすればホームランを打てるのでしょうか?

ホームランを打つために必要な練習は以下の通りです。

・下半身強化
・素振り
・トスバッティング

まずは下半身強化が必須です。

ホームランを打つには強い下半身がないと無理なので、筋トレなどをしてください。

素振りもホームランを打つために重要です。

ただバットを振るのではなく、量よりも質を重視しましょう。

1回1回フォームを意識して振らないといけません。

しかし、だからといって数が少ないのもいけないので、ある程度の量は素振りをするようにしてください。

そして、トスバッティングも効果的です。

トスバッティングではバットの芯に当てることを意識して行ってください。

本当のボールではなくて新聞紙を丸めたものでトスをしてもいいです。

これらの練習を反復して行うことでホームランを打てるようになると思います。

タイミングはどうやって取ればいい?

バッティングにおいてタイミングの取り方は非常に重要です。

タイミングを上手く取ることができれば、どんなボールにも対応できるようになります。

タイミングを取るのに大切なことは以下の通りです。

・タメを作る
・1、2、の、3で打つ
・ピッチャーの動きにシンクロさせる

まず、タイミングを取るにはタメを作らないといけません。

ボールをしっかりと呼び込んで、バットを振るというのを意識しましょう。

ボールを自分からむかえに行ってしまうとタイミングがずれてしまいます。

そして、バッティングの基本は「1、2、の、3」で打つことです。

これがタイミングの取り方の基本になるので、何度も素振りをして体に覚えさせましょう。

「の」があることで変化球にも対応することができます。

また、ピッチャーの動きにシンクロさせるというのも重要です。

ピッチャーが軸足を曲げてタメを作った時にテイクバックを作り、ボールがピッチャープレートとホームベースの真ん中に来た時に踏み込みましょう。

どうすれば飛距離が伸びるの?

野球の醍醐味といえばホームランですよね?

ホームランを打つためには飛距離を伸ばす必要があります。

その飛距離を伸ばす方法は以下の通りです。

・インパクトの瞬間だけに力を入れる
・ボールが当たった後にグリップを返す
・フォロースイングを大きくする
・ボールの芯から9ミリ下を打つ

まず、インパクトの瞬間だけに力を入れてください。

最初から力を入れていると飛距離は伸びないので、それまでは軽くバットを握るイメージで十分です。

グリップの返しが早いと力が伝わりにくいので、ボールが当たった後に返すようにしましょう。

また、返すというイメージではなく、押し手で押すようなイメージです。

フォロースイングを大きくすることで、長い時間力を加えることができ、飛距離がアップします。

そして、非常に難しいですが、ボールの芯から9ミリ下を打つというのも飛距離を伸ばすコツです。

練習してもなかなか上手くいかないと思いますが、一流のバッターはこれができます。

野球のピッチング

自宅でもできるピッチング練習法って?

自宅でもできるピッチング練習法は以下の通りです。

・体づくり
・シャドーピッチング
・仰向けになった状態で上にボールを投げる

体をしっかりと作らないとコントロールや球速にも影響を与えるので、いいピッチングができません。

筋トレで下半身を強化したり、握力を強化するというのも大事な練習です。

この程度の練習なら自宅でもできるでしょう。

また、自宅でできる練習として代表的なのがシャドーピッチングです。

シャドーピッチングをすることでピッチングに必要な筋力を強化できますし、正しいフォームを身につけることができます。

より実践的なピッチング練習をしたい場合、タオルを持ってシャドーピッチングを行ってください。

鏡の前で行うと自分のフォームを確認しながらできます。

仰向けになって、上にボールを投げるというのもおすすめの練習法です。

これによって肘の使い方、手首の使い方、リリースポイントなどを覚えることができます。

一見、簡単そうですが慣れるまで時間がかかる場合もあります。

走り込みをした方がいいの?

走り込みをした方がいいといわれていますが、実際のところどうなのでしょうか?

結論からいうと走り込みはした方がいいです。

プロ野球で活躍しているピッチャーは、みなさん走り込みを積極的にしています。

走り込みをするメリットは以下の通りです。

・スタミナ強化
・体幹の安定に繋がる
・体のキレを維持できる

まず、走り込みをすると下半身の強化に繋がると思っている人も多いですが、誤解があります。

確かに少しは効果があるかもしれませんが、下半身を強化するなら筋トレや短距離走をした方が効率的です。

そのため、下半身強化のために走り込みをする訳ではありません。

走り込みをすることでスタミナを強化できます。

これが一番のメリットであり、走り込みをした方がいい最大の理由です。

ピッチャーは非常に体力を使うポジションなので、スタミナの強化は重要課題だといえるでしょう。

また、走り込みによって体幹の安定にも繋がるといわれています。

そして、いつでも動けるような体のキレを維持できるというのも走り込みのメリットです。

爪の手入れをした方がいいって本当?

ピッチャーは爪の手入れをした方がいいといわれていますが、本当なのでしょうか?

結論からいうと本当です。

野球をしている人は全員爪の手入れをした方がいいですが、特にピッチャーは念入りにしてください。

では、どうして爪の手入れをしないといけないのでしょうか?

それはボールを投げていると爪が割れてしまうことがあるからです。

爪が割れてしまうと、その後のピッチングに支障をきたします。

投げる度に激痛を伴うので、コントロールも定まりませんし、思い切り投げることもできません。

また、ピッチャーにとっては指先の感覚が非常に重要になるものです。

爪が割れるとその感覚が変わってしまうので、その日のピッチングに悪影響を与えます。

そのため、基本的に爪は短く揃えておきましょう。

爪が長ければ長いほど、割れる可能性があるので注意してください。

深爪が心配という場合は、ヤスリで少しずつ削った方がいいかもしれません。

そして、爪に保護のためのオイルを塗るというのもいいでしょう。

どうすればコントロールが良くなる?

コントロールの悪さを改善したい場合、以下のようなことを意識してください。

・握り方の見直し
・肩の力を抜く
・相手の胸を狙う
・リリースポイントを覚える

まず、ボールの握り方を見直してください。

縫い目に合わせて親指・人差し指・中指の3本を使って投げましょう。

やわらかく握るというのがポイントになります。

肩に力が入っているとコントロールを安定させることができないので、リラックスさせた状態で投げてください。

背中を伸ばすことを意識すれば、肩の力が抜けるはずです。

キャッチボールをする時には、相手の胸をめがけてボールを投げるようにしましょう。

これがコントロールを改善する基本中の基本になります。

胸にきちんと投げることができるようになれば、格段にコントロールが良くなっていると思います。

リリースポイントが分からないとコントロールにバラつきが生じるので、どこでボールを離せばいいのか覚えてください。

何度も何度も意識して投げているとコツが分かってくるはずです。

いくつ球種を投げられたらエースになれる?

エースになりたい場合、いくつ球種を投げられたらいいのでしょうか?

結論からいうと球種の数はそれほど関係ありませんし、その人によって異なります。

例えば、速球に自信があるのならストレートとカーブやスライダーといった変化球1つで十分通用するでしょう。

バッターは速いボールを意識しておかないといけないので、変化球を1つ持っているだけでもタイミングがずれてしまいます。

また、コントロールがずば抜けて良くて、狙ったところに必ず投げられる人も変化球をそれほど多く覚える必要はないので1つあればエースになれるかもしれません。

こういったコントロールに自信があるピッチャーの場合、配球次第でどうにでもなります。

そして、スピードもそれほど速くなく、コントロールも平凡という場合は、的を絞らせないためにも最低でも3つくらいは投げられた方がいいでしょう。

ただ、球種は多ければ多いに越したことはありませんが、どれも切れがイマイチだと投げる意味がありません。

それであれば、球種が少なくても自信がある変化球を1つ持っている人の方がエースになれる可能性が高いです。

どうやって配球を組み立てるの?

バッターとの勝負を有利にするために大事なのは配球の組み立てです。

配球の組み立てが上手くいくと自分よりも力が上のバッターにも勝つことができます。

その快感が野球の醍醐味といっても過言ではないでしょう。

では、どのようにして配球を組み立てればいいのでしょうか?

まず、基本は対角に投げることです。

外角に投げたなら、次は内角に投げます。

ストレートを投げたなら、次は変化球を投げるというのが基本です。

これを基本に配球を組み立てれば、的を絞らせない投球ができ、相手を翻弄できます。

しかし、だからといって単調にこれを繰り返すと相手に読まれてしまうので注意しましょう。

外角に2回投げてから、内角に投げるというように臨機応変に対応してください。

配球はすぐにマスターできるものではありませんし、正解がある訳でもないです。

セオリーとは違っても相手の裏をかければ、それが正解になるので、どう相手のタイミングをずらすかが重要になります。

ボールの見送り方、バッターの表情や視線、スイングの仕方などを観察して、その状況に最適な配球を組み立ててください。

球速を上げることはできるの?

球速の速いピッチャーに憧れを抱く人は多いと思うので、もっと球速を上げたいという人も多いはずです。

では、球速を上げることは可能なのでしょうか?

結論からいうと可能です。

以下のようなことを意識して投げることで球速がアップする可能性があります。

・肩まで腕を上げる
・しっかりと胸を張って投げる
・足の踏み込みに注意する
・体の回転を意識する

まず、投げる時は下から上に円を描くイメージで両腕を肩まで上げてください。

しっかりと胸を張ることで正しいトップを作ることができます。

また、投げる動作を始める時、足をきちんと踏み込むようにしてください。

踏み込みが足りないと速いボールを投げることができません。

球速を上げようすると腕に力を入れてしまうことが多いです。

しかし、これでは球速が上がりませんし、無駄な力が入ってしまうので遅くなってしまう可能性があります。

そうではなく、体の回転を意識して、腕ではなく体を回して投げるイメージを持ってください。

ゴルフ初心者

ゴルフの基本的なルールって?

ゴルフをこれから始める人は基本的なルールだけでも知っておいた方がいいでしょう。

ルールを知らずに始めてしまうと一緒にプレイする人たちに迷惑をかけてしまう恐れがあります。

ただ、ゴルフのルールは非常に細かいので、全てを完璧に覚えるのは難しいです。

そのため、最低限のルールをまずは覚えるようにしましょう。

まず、ゴルフというスポーツはスコアで競い合います。

スコアが少なければ少ない方がいいので、できる限り少ないスコアでコースを回ってください。

スコアはボールを打った数(空振りも含む)とペナルティによってプラスされる数を足してカウントされます。

ペナルティによって加えられる数は種類によって異なります。

そして、ボールが打てるエリアというのも決まっており、ティーグランドとグリーン付近までです。

それ以外のエリアにボールが飛んでしまった場合は打ち直しになります。

ゴルフの場合、他のスポーツと違って審判がいる訳では無く、自分たちでプレイを進行しないといけないので、フェアプレイ精神を持ってプレイしてください。

ラウンドデビューはいつすればいい?

初心者がいきなりラウンドデビューすると思うようにプレイできないので、周りの人に迷惑をかけることになります。

そのため、ある程度の知識を身につけ、技術を磨いてからデビューするというのが基本です。

では、具体的にいつラウンドデビューすればいいのでしょうか?

これは人によって異なるので、一概にこのくらい練習すればデビューしても大丈夫とは言い切れません。

成長が早い人だとすぐにデビューできますが、成長が遅い人だと時間がかかってしまいます。

練習期間よりも自分のレベルを考えて、デビューする時期を決めた方がいいでしょう。

ラウンドデビューをするためには、最低でも以下のようなことはクリアしておきたいところです。

・ルールを理解している
・ハーフを2時間で回れる
・前にボールが飛ぶ

まずルールを理解していることが重要です。

ルールを知らないと楽しくありませんし、他の人の迷惑になります。

完璧に覚える必要はありませんが、最低限のルールは把握しておきましょう。

また、ハーフを2時間で回れるなら問題ないかもしれません。

そして、前にボールがきちんと飛ぶというのもラウンドデビューする最低限の条件だと思ってください。

ラウンドレッスンは受けた方がいい?

ラウンドレッスンは受けた方がいいのでしょうか?

結論からいうとお金に余裕があるなら受けた方がいいでしょう。

その理由は以下の通りです。

・楽しみながら学べる
・実践に近い練習ができる
・気軽に質問ができる

まずは実際にコースを回りながらレッスンを受けるので楽しいです。

練習場やスタジオと違って開放感があるため、ゴルフを満喫しながら上達できます。

実際のゴルフ場でレッスンを受けるので、実践に近い練習ができるというのもメリットです。

プロのプレイをすぐ近くで見ることができますし、教わりながらプレイできますから、とても参考になります。

特にあまり教わる機会がないバンカーもしっかりと指導してもらえます。

そして、プロに質問できるというのも非常に大きいです。

普段プロに質問できる機会なんてないので、積極的に分からないことを聞きましょう。

気軽に聞ける雰囲気ですから、聞かないのはもったいないです。

費用はある程度かかってしまいますが、効率的かつ効果的なレッスンを受けることができるので、短期間で上達したいならラウンドレッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

ゴルフを始めるには何が必要?

ゴルフをこれから始めようと思った場合、何が必要なのでしょうか?

ゴルフを始めるのに必要なものは以下の通りです。

・ゴルフクラブ
・ゴルフグローブ
・ゴルフボール
・ゴルフシューズ
・ゴルフバッグ
・ティー
・ボールマーカー
・グリーンフォーク
・ゴルフウェア

最低限、このくらい用意しておけばプレイすることができます。

ただ、全てを新品で揃えようとするとお金がかかってしまいます。

特にゴルフクラブを新品で買うと非常に高いので、初心者のうちは中古で構いません。

中古なら、1万円もあれば全て揃えることだってできます。

最初は安い中古のもので十分なので、上手くなってきてから少しずつ高いクラブを買うようにしてください。

ゴルフボールも中古で十分です。

初心者の場合はよくボールをなくしてしまうことが多いので、新品ではもったいないです。

中古のボールのことをロストボールといいます。

新品と中古のボールでは価格に大きな差があるので、上達するまではロストボールを使いましょう。

練習ってどこでするの?

いきなりゴルフ場に行っても上手くいかないので、まずは練習しないといけません。

ただ、そこで気になるのがどこで練習すればいいのかですよね。

ゴルフの練習は以下のようなところでできます。

・自宅
・練習場
・打ちっぱなし
・ゴルフ教室

まず、自宅でもゴルフの練習はできます。

庭があるのならそこで素振りの練習ができますし、パット練習なら家の中でもできるはずです。

また、近くの練習場や打ちっぱなしに行くのもいいでしょう。

そして、確実に上達したいならゴルフ教室に通った方がいいです。

やはり、誰かに指導してもらった方が1人で練習するよりも上達が早いですし、正しいフォームを身につけることができます。

さらにゴルフの基本的なルールはもちろん、マナーといったものも勉強できるので、時間とお金に余裕がある人はゴルフ教室に通ってください。

ただ、ゴルフ教室と自分との相性もあるので、いい加減に決めずに下調べをしてから入会するようにしましょう。

どんな服装をすればいいの?

ゴルフは紳士のスポーツなので服装にもマナーがあります。

ゴルフ場によって服装のマナーの厳しさは異なりますが、最低限以下のようなことに注意すれば問題ないはずです。

・ラフな格好はNG
・襟付きのシャツ
・短パンの場合はハイソックス
・キャップやバイザーを被る

まず、ラフな格好はNGです。

例えば、ジーンズ、Tシャツ、スニーカー、サンダル、ジャージといった服装でプレイしてはいけません。

オシャレに見せようと思ってシャツを出すのもマナー違反です。

きちんとシャツの裾を入れ、ベルトで締めましょう。

基本的に、襟付きのシャツを着用してください。

または、襟に一定の高さのあるものでも問題ありません。

男性の場合、短パンを履いてプレイするなら、必ずハイソックスを履くというのがマナーです。

そして、キャップやバイザーを必ず被るようにしましょう。

これはマナーというよりも、安全面を考慮してです。

首にタオルを巻いてプレイする人もいますが、これはマナー違反だと思ってください。

打ちっぱなしで気をつけた方がいいことって?

打ちっぱなしで気をつけた方がいいことは以下の通りです。

・打席外での素振り
・フェアウェイには入らない
・指定打席以外で打たない
・酒気帯びで打たない
・他の人に迷惑をかける行為をしない

打席外で素振りをする人がいますが、これは非常に危険なのでやめてください。

素振りをして、他の人に怪我を負わせることがあります。

重大な事故に繋がる恐れがあるので、絶対に打席外での素振りはやめましょう。

それに、危険ですから、フェアウェイには入らないでください。

そのため、ボールを取りに行くような行為はやめましょう。

打席が決められているので、そこ以外の場所を使用してはいけません。

また、お酒が入った状態で練習するのも、とても危険です。

少量だから大丈夫と思わずに、少しでも飲んだのなら練習はしないでください。

そして、他の人に迷惑をかけるような行為は全て禁止です。

例えば、喫煙エリア外でタバコを吸ったり、大きな声をあげながら練習するといったことはやめましょう。