ボイトレ

喉を開くってどうやればいい?

ボイトレで「喉を開く」という表現がよく使われますが、いまいちイメージできない人も多いのではないでしょうか。

喉を開くとは、あくびをしている状態のことをいいます。

あくびをすると喉が勝手に開きますが、それが理想の状態です。

これを意識すると喉が開きやすくなります。

では、どうして喉を開かないといけないのでしょうか?

それは喉を開かずに声を出すと、声帯を痛める恐れがあるからです。

そして、声帯を痛めても我慢しながら声を出し続けてしまうと喉に痛みを感じたり、声が出なくなる可能性があります。

だからこそ、喉を開いて声を出した方がいいといわれているのです。

しかし、いきなり喉を開きながら声を出そうと思ってもそう簡単に上手くはいきません。

さらに、強く意識し過ぎると余計に難しくなってしまいます。

意識するのは大切ですが、過度に意識すると発声に悪影響を与える危険もあるので注意しましょう。

練習を続けていけば次第に喉を開きながら声を出せるようになりますから、焦らずに地道に覚えていってください。

エッジボイスって何?

エッジボイスは高い声を出すためにボイトレでよく使用される歌い方ですが、聞いたことがない人も多いかもしれません。

エッジボイスとは声帯を閉じた状態で発声する歌い方のことです。

この歌い方をすることによって、以下のようなメリットがあります。

・無理なく高い声が出せる
・響くような声が出せる
・雑音をなくせる
・リラックスした状態で声を出せるようになる

エッジボイスをマスターすることにより、無理なく高い声を出せるようになります。

高音を出す場合、本来であれば無理をしないと出すことができませんが、この歌い方を覚えると簡単に出せるようになるので便利です。

また、響くような声も出せるようになりますし、高音を出した時に一緒に出てしまう雑音もなくすことができます。

さらに、リラックスした状態で声を出せるようになるというのもエッジボイスの魅力です。

非常に便利なトレーニング方法ですが、何度もエッジボイスをしていると声帯を痛めてしまう恐れがあるので、ほどほどにしてください。

エッジボイスの練習をする時は喉を休めながら行うようにしましょう。

自宅でボイトレする時の注意点って?

自宅でボイトレをする時の注意点は以下の通りです。

・騒音問題
・モチベーション維持

自宅でボイトレをする時に一番注意したいのが騒音問題です。

小さな声をボイトレをしても意味がなく、大きな声を出さないといけません。

戸建てにお住まいの方ならまだいいですが、集合住宅にお住まいの方だと苦情をいわれる可能性があります。

これが原因で隣人トラブルに発展するかもしれないので、ボイトレする時間にはくれぐれも注意しましょう。

できる限り、他の人の迷惑にならないような時間帯に行ってください。

それに、できる騒音対策は全て行ってから始めた方がいいでしょう。

また、自宅でボイトレをするとなると、モチベーションを維持するのが難しいです。

一人で練習しないといけないので、妥協してしまう可能性が高いです。

「今日は疲れているので明日やろう」「1日くらい休んでもいいだろう」といったように妥協してしまって、しまいに一切やらなくなる場合もあります。

そのため、自宅でボイトレする場合、どのようにしてモチベーションを維持するのかが重要です。

ボイトレ教室の選び方って?

ボイトレ教室を選ぶ時は次のようなことに注意してください。

・目的に合った教室を選ぶ
・体験レッスンに参加する
・説明の仕方
・相談や質問のしやすさ

まず、目的に合った教室を選ぶことが大切です。

「カラオケが上手くなりたい」「プロになりたい」など、人それぞれボイトレ教室に通う理由は違います。

ボイトレ教室によってコンセプトが異なるので、そこに通って自分が目指していることが達成できるのかどうか考えてください。

体験レッスンに参加するというのも重要です。

実際に教室に行って練習風景を見学したり、先生と会話をしてください。

そうすることによって、合う合わないが分かるはずです。

説明の仕方が上手だったり、一から十まで丁寧に教えてくれるところがいいでしょう。

説明不足のところや事務的にレッスンを進めるところも多いので注意してください。

そして、相談や質問がしやすい環境のボイトレ教室を選びましょう。

コミュニケーションを取るのを嫌がっているようなところは避けた方がいいです。

ボイトレアプリってどんなもの?

スマートフォンアプリの中にはボイトレアプリというものがあります。

ボイトレアプリとはボイトレをサポートしてくれるアプリのことです。

ゲーム感覚でボイトレができるので、飽きっぽい人や練習するのを苦痛に感じ始めた人におすすめです。

また、お金がなかったり、時間がなくてボイトレ教室に通えない人にもいいでしょう。

ボイトレアプリのサービス内容は各アプリによって異なります。

動画を見ながらボイトレを行うものや録音機能で自分の声を聞けるもの、ボイトレのQ&Aコーナーがあるものなど非常に多彩です。

そのボイトレアプリでどういったことができるのかを把握して、自分に合ったものを選びましょう。

いざ、探してみるとボイトレアプリの多さに驚くと思います。

アプリによって無料のものと有料のものがあるので、まずは無料のボイトレアプリからダウンロードしてください。

それで自分にとってボイトレアプリが必要なのかどうかを最初に判断した方がいいでしょう。

ボイトレにはどんな効果があるの?

ボイトレをすると次のような効果を期待できます。

・腹式呼吸をマスターできる
・声を鍛えられる
・音域が広がる
・自信が持てる

ボイトレをすることによって腹式呼吸をマスターできます。

腹式呼吸をマスターすると力強い声を出せるようになり、歌を歌う時はもちろん日常生活でも役立つはずです。

声にハリを出せるようになり、聞き取りやすい声になります。

また、重みも出せるので、相手の心に響くような話し方や歌い方ができるようになるでしょう。

音域が広がるため、カラオケで高得点を狙えます。

今まで出せなかった音域もボイトレをすることによって出せるようになります。

声に自信が持てるようになると自分自身にも自信を持つことができ、スピーチの時に緊張することもなくなるでしょう。

このようにボイトレをすると仕事やプライベートでも何かと役立つことが多いです。

スピーチに自信がない人、カラオケが苦手な人、声が小さい人はボイトレで自信をつけてみてはいかがでしょうか。

小さい声でボイトレをしても効果がない?

小さい声でボイトレはしない方がいいといわれています。

これは小さい声でボイトレをしても効果がないからです。

むしろ、逆効果になり、発声に悪影響を及ぼしてしまう恐れがあります。

では、どうして小さい声でボイトレをしない方がいいのでしょうか?

それは小さい声でボイトレをすることによって、フォームが崩れてしまうからです。

小さい声だと大きな呼吸を必要としないため、腹式呼吸で声を出すことができません。

腹式呼吸が使えないと喉で声を出すクセがついてしまいます。

これではいつまで経っても効果がないので、毎日練習する意味がないです。

喉で声を出すクセがつくと声帯を痛めやすくなりますし、大きな声も出しづらくなります。

このように小さな声でのボイトレはフォームを崩してしまうので、おすすめできません。

フォームが固まっている人なら小さい声でボイトレをしても問題ありませんが、ボイトレを始めたばかりの人はフォームが不安定ですから、大きな声で練習をするようにしてください。

エレキギター上達

リズムトレーニングのやり方って?

エレキギターが上手くなりたいならリズム感を鍛えることが大切です。

リズムがずれると聞いている人はすぐに分かります。

そこで上手いか下手か判断されてしまうので、リズムトレーニングをして正しいリズム感を身につけてください。

リズムトレーニングのやり方は以下の通りです。

・意識せずにリズムに合わせて右手を振る
・メトロノームを使って練習する

リズムをずらさないためには右手のストロークが大切です。

右手で正確なストロークができればリズムが狂う可能性は低くなります。

ここで重要なのが、変に意識しないことです。

意識すると緊張して体が硬くなり、リズムが狂ってしまいます。

そのため、意識せずにリズムに合わせて右手を振るというのがポイントです。

リズムトレーニングにおいて、メトロノームを使った練習は不可欠だといっていいでしょう。

これはエレキギターに限らず、どの楽器にもいえることです。

メトロノームは高価なものを購入する必要はなく、正しく動くものであれば安くても構いません。

ギター教室に通えば上達できる?

ギター教室に通えば上達できるのでしょうか?

結論からいうと上達できます。

もちろん、「上手くなりたい!」という強い意志があることが前提です。

これがないとどんなに素晴らしい人に教えてもらっても上達できません。

ギター教室に通うことで上達できる理由は以下の通りです。

・正しい技術や知識を習得できる
・ギター仲間と出会える
・客観的なアドバイスをしてもらえる
・疑問点を解決できる

自己流で練習するよりもギター教室に通った方が正しい技術と知識を習得できるので上達が早いです。

独学で練習するのもいいですが、間違った情報を鵜呑みにしてしまい、上達を妨げてしまうことがあるため、注意してください。

ギター仲間と出会うことができ、やる気アップに繋がるというメリットもあります。

やる気がアップすれば、それだけ上達するスピードも早くなるはずです。

また、講師に客観的なアドバイスをしてもらえるので、自分の悪いところを直すことができます。

自分ではなかなか気づかないことを修正してもらえますから、めきめき上達できるでしょう。

疑問点をその場で解決できるというのもギター教室に通うメリットの一つです。

どんな曲を練習すれば上達する?

エレキギター上達のためには練習が不可欠ですが、そこで気になるのが練習曲ではないでしょうか。

どんな曲を練習すれば上達できるのか疑問に感じている人もいるでしょう。

一番いいのは自分が好きな曲です。

自分が最も好きな曲で練習するのが一番上達が早いです。

いくら簡単なものでも嫌いな曲や興味のない曲だと練習していてもつまりませんよね?

嫌々練習しても全く上達できませんし、それどころかモチベーションが低下してしまって途中で投げ出してしまう可能性もあります。

しかし、好きな曲なら難しくても嫌いになることはありませんし、毎日練習を続けることができます。

上達すればするほど、どんどん気分が良くなり、練習に身が入るはずです。

だからこそ、上達するのにおすすめなのは自分が好きな曲だといえます。

そして、練習する時は具体的な目標を設定した方がいいでしょう。

何も考えずにぼんやり練習するよりも、具体的な目標を定めた方が効果的な練習ができます。

カッティングのコツってあるの?

カッティングにはコツがあります。

そのコツを理解することによって、今までよりも簡単にできるようになるはずです。

カッティングのコツは以下の通りです。

・手首の力を抜く
・手首のスナップをきかせる
・短く音を止める

カッティングは手首の力を抜くことが大切です。

力を入れた方がいいようなイメージがあるかもしれませんが、実は力を抜いた方が素晴らしい音が出ます。

これを勘違いしている人が多いので注意してください。

カッティングはキレが重要です。

キレを出すためにも手首のスナップをきかせるようにしてください。

スナップをきかせると以前とは全く別の音が出るはずです。

そして、短く音を止めるというのも意識しましょう。

音が長くなってしまってはカッティングにならないので、意識的に短く止めてください。

この3つのポイントにこだわって練習をするとカッティングが上達していきます。

できる限り、毎日練習するというのがカッティング上達の近道になります。

指を鍛えればエレキギターが上達する?

エレキギターが上手くなるためには指を鍛えればいいといわれていますが、本当なのでしょうか?

結論からいうとエレキギター上達の上で指を鍛えることは大切です。

自分の思い通りに自由に指を動かせるようになれば、自然とエレキギターは上達していきます。

また、初めてエレキギターを弾くと指に痛みを感じるでしょう。

この痛みに耐えるためにも指を鍛える必要があります。

ただし、1日や2日ですぐに鍛えられるものではないので、毎日欠かさず鍛え続けることが重要です。

続けているうちに次第に指が鍛えられ、自由に動かせるようになりますし、指の皮も厚くなって痛みにも慣れてきます。

それに、30分とか1時間もの時間をかけて指を鍛える必要はありません。

毎日5分~10分程度で十分です。

長時間指のトレーニングをしても苦痛になるだけなので、短時間のトレーニングを毎日続けるようにしてください。

苦痛に感じてしまったら、その時点でモチベーションが低下してしまうため、エレキギターの上達に悪影響を及ぼします。

動画をアップすれば上達する?

ネットに動画をアップすることで、エレキギター上達に繋がります。

恥ずかしいと感じるかもしれませんが、自分が弾いている動画をアップすることによって以下のようなメリットが生まれます。

・自分の弾き方や音を客観的に見たり聞いたりできる
・高い集中力で演奏できる
・モチベーション向上に役立つ

まず、自分の弾き方や音を動画を通じて客観的に見たり、聞いたりできるというのが大きいです。

自分では上手く演奏していると思っても、動画を見ると大したことがないと感じるかもしれません。

それに、動画を見ると、弾いている時には気づかない自分のクセや修正点などが分かりやすいです。

また、他の人にも見てもらうことによって、自分にプレッシャーを与えることができます。

動画をアップすると色々な人が見るので、今までとは比べものにならないほど集中して演奏できるはずです。

妥協しやすい人は特に動画をアップした方がいいかもしれません。

誰かに見てもらうことで、モチベーションを高めることができます。

もっと上手くなりたいという気持ちになるので、練習にも力が入るようになるでしょう。

エレキギターを速く弾くにはどうしたらいい?

エレキギターを速く弾くにはどうしたらいいのか考えている人も多いのではないでしょうか?

まず、大事なのが練習することです。

当たり前のことですが、練習しないと速く弾くことは不可能です。

最初から速く弾ける人なんて存在しないので、とにかく練習するようにしてください。

それがエレキギターを速く弾くのに最も重要なことです。

また、技術面になりますが、レガート・プレイを多用すると速く弾けるようになります。

片方の手に集中できるので、いつもよりもスピードを速くすることが可能です。

実際にプロも使っているテクニックですから、覚えておいて損はありません。

ただ、あまりにも速さに意識が集中してしまうと単調な音に聞こえてくるので、聞いている人は飽きてしまいます。

そのため、必ず緩急をつけることを意識してください。

緩急をつけることによって本当はそこまで速くなくても、それなりに速く感じるようになります。

この手法もエレキギターを速く弾きたい人におすすめです。

ヒップホップダンス上達

ヒップホップダンス教室の選び方って?

ヒップホップダンス教室の選び方は次の通りです。

・ヒップホップダンス教室を比較する
・目的で選ぶ
・自宅から通えるところを選ぶ
・費用の確認

まず、色々なヒップホップダンス教室に実際に行って、見学をしてください。

雰囲気を肌で感じて、どこが自分に合っているのかを比較しましょう。

見学することによって各教室の特徴が分かってくるはずです。

目的で選ぶというのも大切です。

教室によってレベルが違うため、どのくらい上手くなりたいかを明確にして、それに合ったヒップホップダンス教室を選びましょう。

仕事や学校が終わってから通うことになると思うので、自宅から通える範囲のところで探した方がいいです。

通いづらいところにしてしまうとモチベーションの低下に繋がります。

どのくらいの費用がかかるのかもチェックしてください。

ヒップホップダンス教室ごとに費用が異なるので、自分の予算に合わせて選ぶようにしましょう。

高いからといって上達が早いとは限りません。

ヒップホップダンスはシューズが大切?

ヒップホップダンスにおいてシューズは非常に重要です。

合わないシューズを履いているせいで上達できないということもあります。

練習はもちろん大事ですが、シューズ選びにもこだわった方がいいです。

シューズを選ぶ時のポイントは以下の通りです。

・コート系スニーカーを選ぶ
・軽さ
・履きやすさ
・耐久性

ヒップホップダンスの場合、コート系スニーカーが向いています。

コート系スニーカーとはバスケットやテニスで履くようなスニーカーです。

ソールが厚く安定していますし、つま先も丈夫なので、ヒップホップダンスに最適です。

ランニングシューズの場合は複雑な動きに対応して作られていないため、不向きだと思ってください。

軽ければ軽い方が動きやすいですし、当然履きづらいものよりも履きやすいものの方がいいです。

ヒップホップダンスは複雑な動きの連続なので、普通のスニーカーだとすぐに壊れてしまいます。

激しい動きに耐えることができる耐久性が強いスニーカーを選ぶようにしてください。

自宅でヒップホップダンスの練習ってできる?

自宅でヒップホップダンスの練習はできるのでしょうか?

結論からいうとできます。

ダンス教室に通わなくても自宅で練習をして、上手くなることは可能です。

ヒップホップダンスの教材がたくさん販売されているので、そういったものを利用してください。

ただし、上達スピードはやはり先生に教わった方が早いため、時間とお金に余裕がある人はダンス教室に通われた方がいいでしょう。

自宅でヒップホップダンスを練習するメリットは以下の通りです。

・自分の都合のいい時間に練習できる
・反復練習ができる
・お金がかからない

一番のメリットは自分の都合に合わせて練習ができることです。

仕事をしているとダンス教室に通いたくても通うことができないこともあるでしょう。

そういった人は自宅でコツコツ練習をした方がいいかもしれません。

また、ダンス教室だと次々に新しいステージに進んでいくので、ついていくことができない場合もあります。

しかし、自宅なら何度も反復練習ができるため、一つ一つのステップを完璧にマスターしてから次の段階に進むことが可能です。

そして、お金がかからないというのも大きなメリットです。

ダンス教室に通うよりも低料金で始めることができます。

上手い人の真似をすれば上達する?

上手い人の真似をすれば上達するといわれていますが、本当なのでしょうか?

結論からいうと本当です。

ヒップホップダンス上達のコツは上手い人の真似をすることだと思ってください。

近くに上手い人がいない場合は教材の先生の真似や動画サイトで公開されている人の真似をするのもいいでしょう。

真似というといいイメージを抱かない人もいるかもしれませんが、これはヒップホップダンスに限らず、みなさん無意識的に何か初めてのことをする時に行っている行為です。

何でも真似をして上達するので、悪いことではありません。

上手い人のダンスをじっくりと観察して、完璧に自分のものにしてください。

そこからアレンジを加えるとただの真似ではなく、オリジナルになります。

また、真似したいと思える人がいるとモチベーション維持にも繋がるため、上達が早いです。

まずは誰でもいいので、「この人のようになりたい!」と思えるような人を見つけるところから始めてください。

コンテストを目標にすれば上手くなる?

コンテストを目標にすれば上手くなるのでしょうか?

結論からいうと上手くなりやすいです。

何も目標を持たないよりも「コンテストに参加する」「コンテストで優勝する」という目標を持っていた方がモチベーションが高まるので上達しやすいと思います。

ただひたすら練習するだけではいつか飽きてしまい、モチベーションが下がることが多いです。

しかし、誰かに見てもらえる場所を持つことで、「下手なダンスはできない」「恥をかきたくない」といった気持ちが芽生え、今まで以上に努力をするようになりますし、妥協もしなくなるはずです。

特に黙々と練習するのが苦手な人や注目を浴びるのが好きな方はコンテストに参加された方がいいでしょう。

コンテストに参加することで達成感も生まれ、また次も頑張ろうという気持ちになります。

ヒップホップダンス教室の中には定期的に発表会を開催しているところもあるので、早めに上達したいならそういったところに通うというのもいいかもしれません。

リズム感って身につけられるもの?

リズム感がないからヒップホップダンスはできないと思っている人も多いのではないでしょうか?

しかし、リズム感がなくてもヒップホップダンスをすることはできます。

たしかに最初は苦労するかもしれませんが、自然とリズム感は身につけられるので安心してください。

リズム感に自信がなくても練習をしているうちに少しずつ身についていき、上達する頃には見違えるほどのリズム感が身についている人も少なくありません。

リズム感がないからこそ、ヒップホップダンスで身につけてみてはいかがでしょうか。

コツは最初から早いテンポでやらずに遅いテンポで練習することです。

ゆっくりしたテンポで練習をするとリズムというのが次第に分かってきます。

それから少しずつテンポを早くしていくと簡単にリズムを取れるようになります。

慌てて練習すると上達に支障をきたすので、無理をせずにゆっくりとしたリズムから始めるようにしましょう。

それがヒップホップダンス上達の近道だといってもいいかもしれません。

ヒップホップダンスの基本ステップって?

ヒップホップダンスには基本ステップというものが存在します。

以下のようなものが基本ステップです。

・ダウン
・アップ
・ランニングマン
・ロックザボート
・ルーティーン

ダウンとは膝を軽く曲げて、体を上に動かしながらリズムを取るステップです。

アップとはダウンとは逆にビートに合わせて膝を伸ばし、体を下に動かしながらリズムを取るステップをいいます。

ランニングマンは名前の通り、まるで走っているような形でリズムを取るステップです。

ロックザボートはボートを漕いでいるように見せるステップのことをいいます。

ルーティーンとはダウンやアップ、ランニングマンといったステップを組み合わせた動きのことです。

基本的なステップをマスターしないと先に進むことができないので、まずは何度も練習して基本ステップを身につけてください。

それが上手くなるために大切なことです。

いきなり、高度なテクニックを練習するよりも基本的なことから始めるようにしてください。

カメラ上達

他の人の作品を見た方がいい?

他の人の作品を見るということは、作品作りにおいて非常に重要なことです。

自分の作品を他人に見てもらうのと同じくらい、他人の作品を見ることによってその作品が持っている色々なことを感じることが出来るでしょう。

自分がやったことが無い写し方や被写体の選び方、アングルや使ったレンズの種類など勉強になることが非常に多いはずです。

他の作品を見ずに自分だけで写真を撮り続けていると、必ずマンネリ化という壁に当たります。

他の作品を見ない場合、こういった写し方があったのかとかこんな被写体を写してみるのも面白いかもといった驚きや感動を得ることが出来ません。

そうなるとどうしても自分の殻の中に閉じこもった作品ばかりを写すようになってしまいがちです。

自分の知識を広げたり新たな発見をする意味でも、他の作品を見るということは非常に重要なことでしょう。

ただし、他の作品に影響されすぎて真似のようになってしまってもいけませんから、他の作品を見る場合には客観的な視点で見ることをおすすめします。

レフ板は使った方がいい?

レフ板と言うのは光を反射させて被写体に当てたり、邪魔な影を消したりするための補助機材です。

使い方次第では、被写体に光が足りない場合に光を増やしたりして綺麗な写真を撮る助けにもなります。

しかし、レフ板の大きさによっては一人では扱いが難しい場合もあるため、初心者にはなかなか扱いづらい機材です。

それにレフ板を使って当てた光や消した影は、自然の中ではまずありえない光の当たり方になります。

眼で見たままの綺麗な風景などの撮影にはあまり使わない方が良いのではないかと思います。

作品作りのためにあえて作った光を当てて撮影するのであれば、それもありだと思います。

特に人物や物を綺麗に写す必要があるのであれば、レフ板は最大限にその威力を発揮してくれます。

でも、今あるそのままの状態を写したいのであれば、出来るだけレフ板は使わない方が自然光そのままの写真が写せるので良いのではないでしょうか。

レフ板を使う場合には、時と場所、写したい被写体を吟味して、必要であれば利用するとよいでしょう。

カメラ教室に行けば上達する?

カメラを初めて使い始めた人は、カメラ教室に通う場合が多いと思います。

カメラ教室ではカメラの基本的な使い方や、広角や望遠レンズの効果的な使い方、被写体の違いによる撮影の行い方などを教えてもらえます。

もちろん上手に写真を写すためのテクニックも教えてもらえますが、カメラ教室に通ったからと言って上達するとは言い切れません。

カメラ教室で教えてもらえるテクニックはあくまでもマニュアル通りのテクニックですから、誰が行っても同じような写真を撮ることが出来るテクニックにすぎません。

腕を上達させるには、教えてもらったテクニックを自分なりにアレンジする柔軟性と、自分だけのオリジナリティを出す必要があります。

カメラ教室に通うのは決して悪いことではありませんが、カメラ教室はあくまでも基本を知り腕を上達させるための第一歩にしかすぎません。

上達したければさらにその先を見て、自分しか写せないような写真を撮るための工夫や精進をする必要があるでしょう。

作品は人に見てもらった方がいい?

写真を写して作品を作った場合、それを他の人に見てもらうことは非常に重要です。

人それぞれ写真を見たときに感じることが違いますし、自分では気づかなかったようなことも教えてもらうことが出来ます。

作品作りは自分の個性が出るため、知らず知らずのうちに自分が良いと思うものばかりを写してしまうようになっていたりすることもあります。

構図に関しても考え方が凝り固まってしまうと、どれも似たような構図の写真ばかり写してしまう恐れがあります。

他の人に作品を見てもらい、客観的な意見を言ってもらえると写し方や被写体選びに関して新たな発見をする場合も多いでしょう。

そのため外部からの意見は非常に貴重なものだと言えます。

しかし、人によって好きな写真や構図、被写体が大きく違いますし、写真の見方も違うはずです。

外部からの意見を全て鵜呑みにしていると、結果的に自分が写したかったのは何だったのかがブレてしまい、作品作りが迷走してしまうこともあります。

自分の作りたい作品の根底は変えずに、外部からの意見も参考にすることが重要だと思います。

作品を作るのは他人ではなく、あくまでも自分自身だということを忘れないようにしましょう。

動物の写真を撮るコツって?

動物の写真を上手に写すことは非常に難しいです。

何故なら動物はこちらの指示に従ってポーズを決めてくれるわけでも、タイミングよくこちらを向いてくれるわけでもないからです。

動物は非常に気まぐれで、寝たままずっと動かない場合も多々あります。

カメラを持っていないときに限って非常に良いポーズや作品に使えるような決定的な動作をしたりもします。

動物の写真を撮るコツは、粘り強く待つことといつ素晴らしい表情をするか分からないので常にシャッターチャンスを狙っておくことが重要です。

写す動物によってこちらの対応も変わってきますが、動物園などの動物の場合はとにかく待つことが大事です。

焦ったところで良い写真は写せませんし、焦れば焦るほどその動揺は写真に出てしまいます。

家で飼っている犬や猫を写したい場合には、少し離れたところからさりげなく写真を写すのが良いでしょう。

近づくと特に犬は喜んで近寄ってきて写真どころじゃなくなりますから、自然体の写真を撮りたいのであれば慌てず騒がずさりげなくが上手に写すポイントです。

子供の写真を撮るコツって?

子供は時に大人では絶対に見せることが出来ない素晴らしい表情やしぐさを見せてくれる場合があります。

それはほんの一瞬の出来事ですから、タイミングよく写真に収めるのは至難の業だと言えるでしょう。

子供を上手に写したいと思えば思うほど、敏感にカメラを察知してしまいます。

カメラを意識してしまうと、自然体ではない硬い表情になってしまったり、元気に走り回っていたのが急に大人しくなったりしてしまいます。

子供を写すときに大事なのは、撮影していることを気づかせないことが重要になってきます。

それと一瞬の表情を逃さないためには、カメラの連射機能を利用するのも良いかもしれません。

連射を使うと子供の一瞬の表情を切り取ることが出来ますし、その中にはカメラを意識していない、自然体の表情が写っている場合も多いです。

子供の写真で一番良いのは自然体の写真ですから、自然に出た笑顔や走り回る姿、何気ないしぐさを写すためにもぜひ連射機能を利用してみてはいかがでしょうか。

風景写真を上手に撮るコツはある?

風景写真を上手に撮れると、大自然をカメラに収めることが出来た喜びを味わうことが出来ます。

風景写真で大事なのは写したい風景がいつ最も美しい顔を見せてくれるかを調べることです。

風景には必ず最も美しく写真が撮れるタイミングがあります。

それをまず調べないと綺麗な風景を写すことが出来ません。

それと風景写真は100枚撮れば100枚違う表情を見せてくれます。

1枚とて同じ写真はありえないのが写真というものです。

自分が撮りたい風景を頭の中でイメージして、いつ写せばイメージ通りの写真が撮れるのかを調べ、用意し、そして写す。

これの繰り返しで自分が思い描く風景写真を撮ることが出来るようになります。

色んな時間や様々な季節に写してみるのも良いかもしれません。

季節により色々な表情を見せてくれるのも風景写真の醍醐味です。

もしかすると自分では思いもよらなかった素晴らしい景色に出会える可能性もあります。

風景は生き物ですから、雲の動きや風の流れ、木々のざわめきや水面の動き、どれも決められた通りには動いてくれません。

今という景色はその一瞬にしか見ることが出来ない景色です。

その一瞬を切り取るためにも、写したい場所へ通い、シャッターをとにかく切ることが大事ではないでしょうか。

過去に撮った写真も見た方がいい?

過去に撮った写真を見ることは作品を作るうえでは非常に大事なことです。

過去の写真には現在の自分ではなく今までの自分が投影されているからです。

昔はこんな構図や被写体を撮っていたということも思い出せるでしょうし、現在と過去の写真の違いも見比べることが可能です。

おそらく昔と今を比較すると写真自体は大幅に上達しているのではないかと思います。

ただ、テクニックは上達しているけど過去の写真のほうが自然体だったとか、あの頃の写真はがむしゃらさが映し出されていたなど、色々と気づくことも多いのではないでしょうか。

特に作品作りは長い間続けていると、どうしても奇を衒った作品作りや、堅苦しい構図の作品ばかりになってしまうことがあります。

過去の写真を見ることで初心を思い出すことも出来るでしょうし、自分が写したかった写真とはなんだったのかを再確認することも出来ると思います。

過去の写真を見るということは、自分の写真遍歴を見つめ直す機会でもありこれからの撮影を見直す機会にもなるでしょう。

競馬攻略

競馬の控除率って何?

競馬の控除率とはどのようなものなのでしょうか?

控除率とは手数料のことで、テラ銭とも呼ばれています。

競馬の場合、予想が的中したとしてもそれをまるまるもらえる訳ではありません。

20パーセント~30パーセント前後差し引かれます。

しかし、払戻金から差し引かれている訳ではないので、気付いていない人も多いです。

実はオッズの段階で差し引かれています。

そのため、馬券を購入した時点で既に手数料を支払っているということです。

よく「全通り購入すれば、儲かるのでは?」と考える人がいますが、実際は儲かりません。

なぜなら、競馬にはこの控除率があるからです。

全通り買っても全てに控除率がかかっているので、儲かることはありません。

控除率が高ければ高い方が手数料をたくさん取られるので損をする可能性も高くなります。

逆に控除率が低ければ低い方が手数料が少なく済むので得をする可能性が高くなると思ってください。

そして、競馬の控除率は他のギャンブルと比較しても高い部類に入ります。

競馬場には行った方がいい?

馬券を買う場合、直接競馬場に行った方がいいのでしょうか?

結論からいうと行かないよりは行った方がいいです。

なぜなら、競馬場に行くとパドックで出走馬の状態を確認できるからです。

テレビで見るのとは全く違って、はっきりと状態が分かります。

状態がいいのか悪いのか、落ち着いているのか興奮しているのかなどが分かるので、馬券を買う時の参考になるはずです。

また、芝の様子を確認できるというのも大きいです。

芝の状態でも結果が異なるので、近くで見ることによって予想が変わるかもしれません。

そして、競馬場に行くのなら競馬新聞を持っていった方がいいでしょう。

スポーツ新聞にも競馬情報は書いていますが、内容は競馬新聞の方が充実しています。

ただし、初心者の方はスポーツ新聞で十分かもしれません。

他にも予想をする時に必要な赤ペンも忘れずに持っていきましょう。

オシャレをして競馬場に行くと人が多いので汚れてしまう危険があります。

そのため、動きやすい服や汚れても構わないような服装で出かけてください。

荒れるレースを買った方がいい?

荒れるレースは買った方がいいといわれていますが、本当なのでしょうか?

結論からいうと買っておいて損はないです。

そもそも荒れるとは予想もしていない馬が上位にくることをいいます。

オッズの低い馬が1着になったり、2着になった場合、高額配当になるので、一攫千金も夢ではありません。

普段当たらない人でも荒れるレースなら的中できる場合もあるので、期待を込めて買ってみてはいかがでしょうか。

荒れるレースの見極め方はそれほど難しくありません。

単勝オッズを見て1番人気が3倍以上だった場合、荒れるレースになると思ってください。

オッズは投票で決まるので、オッズがどれも高いということは、みなさんがどの馬にしようか迷っているということです。

つまり、多くの馬に勝機があると考えてください。

また、天候や芝の状態が悪い時も荒れる可能性があります。

ぶっちぎりの1番人気が存在せず、1番人気から5番人気まで同じようなオッズで、さらに天候が悪いとなれば荒れる可能性が大です。

競馬は騎手も重要なの?

競馬は騎手も重要だといわれていますが、本当なのでしょうか?

結論からいうと本当です。

騎手の能力によって勝敗が決まるケースがあります。

ただ、一番大事なのは馬の力です。

馬が強くないとどんな騎手が乗っても勝つことは難しいです。

競馬は馬の能力がものをいいます。

しかし、強い馬が絶対に勝つことは限らないのが競馬です。

その能力を最大限引き出すのが騎手の役目なので、能力が高い騎手は馬の気性や持ち味を十分に理解した走りをします。

そして、馬を気持ち良く走らせることができます。

気持ち良く走らせることができるかどうかが騎手の腕の見せどころです。

また、レース展開を読むためにも経験が必要になります。

新人よりもベテランの方が経験が豊富なので、その点ではレース展開を読むのに長けています。

予想をする場合、どんな騎手が乗っているのかにも注目してください。

騎手の力のおかげで勝ってきた馬が人気馬になっている場合、本来の力がどのくらいなのか見極める必要があります。

競馬の配当金には税金がかかる?

競馬の配当金には税金がかかるのでしょうか?

結論からいうとかかります。

競馬をしている人全員という訳ではありませんが、ある一定額以上を儲けた場合は確定申告をしないといけません。

競馬の利益は一時所得に該当するため、50万円以上儲けると課税対象になります。

税金の対象になるのは当たり馬券の払戻金です。

払戻金から当たり馬券の購入費を差し引いた金額が50万円以上の場合は税金がかかります。

ただ、ここで問題になるのが当たり馬券の購入費のみという点です。

競馬で的中させるためには何通りも買わないといけませんよね?

外れ馬券は経費として認められないので、同じレースを3通り1000円ずつ買った場合でも、的中した馬券の分の1000円しか購入費として認められません。

そのため、年間でトータルマイナスになっても、払戻金から当たり馬券の購入費を差し引いた金額が50万円以上になっている場合は税金がかかってしまいます。

知らない人もいたかもしれませんが、このように競馬の配当金には税金がかかります。

しかし、実際のところ確定申告をしている人はほとんどいないのが現状です。

仮に課税対象になっても税務署が該当者を割り出すのは困難ですし、本気で調べようとはしません。

ただし、先日も裁判になったように、絶対にバレないというわけではありませんから、大儲けしたら申告した方がいいでしょう。

一番当たりやすい馬券の買い方って?

一番当たりやすい馬券の買い方は以下の通りです。

・複勝馬券を買う
・単勝オッズの低い馬を押さえる
・一流騎手を選ぶ

当たりやすさを重視するなら複勝馬券を買うというのが最も重要です。

複勝とは1着か2着または3着までに選んだ馬がくると当たりになります。

1着だけを狙うよりも確率が高いですが、払戻金は低いです。

そして、単勝オッズの低い馬を押さえるというのもいいでしょう。

単勝オッズが低いということは人気がある馬ということです。

1番人気~3番人気くらいまでは押さえておいた方がいいと思います。

これを全て予想から外すと万馬券を手にできる可能性は高まりますが、的中率が一気に下がります。

騎手は馬券を買う上でチェックしないといけないポイントの一つです。

経験豊富な一流騎手が乗っている馬は勝率が高くなります。

そのため、どうしようか迷った場合は騎手の名前で選ぶというのも悪くありません。

こういったことを意識して馬券を買うと当たりやすいです。

競馬の予想の仕方って?

競馬の予想の仕方は人によって異なります。

そのため、どれが一番いいというのは一概に明言できません。

ただ、一般的に以下のようなことを参考にして予想している人が多いです。

・記者の予想
・レース成績
・騎手
・距離別の成績
・馬の名前
・自分の好きな数字
・オッズ
・パドック

競馬新聞には記者の予想が掲載されています。

どの馬が上位にくるのか経験豊富な記者が予想しているので初心者の方は参考にした方がいいでしょう。

レース成績を参考に予想するのも一般的です。

前回のレースでどのような成績だったのかなどを確認して、予想してください。

騎手の名前で決める人も多いです。

同じ馬でもどの騎手が乗るのかによって結果が違います。

また、距離別の成績を参考に予想するのもいいでしょう。

自分の好きな番号や名前が格好いいとか可愛いとかで予想している人もたくさんいます。

初心者の場合はこの方法で選ぶことが多いです。

オッズとは倍率のことで、これによって払戻金が変わり、投票数でオッズが決まります。

パドックに行くと出走する競走馬を直接見ることができるので、そこで馬の調子を見てから決めるのもいいでしょう。

ピアノ上達

スケール練習をした方がいい?

ピアノが上手くなるためには、スケール練習をした方がいいのでしょうか?

結論からいうと、した方がいいです。

そもそもスケールというのは、ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ、ドといった音階のことをいいます。

スケールはピアノの基本中の基本なので、必ず練習するようにしてください。

スケール練習をするメリットは、以下の通りです。

・音階を理解できる
・指くぐりの練習になる
・準備運動になる

まず、スケールを練習することで、音階を正しく理解することができます。

ピアノが上手くなりたいなら、音階の勉強は不可欠です。

また、指くぐりの練習になりますし、準備運動にもなります。

指くぐりが上手くいかない人は、何度も何度もスケールの練習をするようにしてください。

それに、準備運動にちょうどいいので、好きな曲を弾く前に行うと効果的です。

スケールの練習なんてする必要ないと思っている人も多いですが、基本がしっかりしてしないと上達できませんから、必ず練習するようにしてください。

指を速く動かすためにはどうしたらいい?

指を速く動かしたいと思っても、そう簡単にできるものではありません。

また、速く動かそうとするとミスが増えてしまいがちです。

では、どうしたら指を速く動かせるのでしょうか?

まず、大事なのは「脱力」です。

指に力が入っていると思うように動かすことができないので、力を抜くようにしましょう。

この時、指の力だけを抜こうと思っても無理ですから、全身の力を抜くようなイメージがいいかもしれません。

そうすると、徐々に指の力も抜けていくはずです。

また、指を速く動かそうとすると力が入るので、あまりスピードにこだわり過ぎないというのも重要になります。

あとは、練習あるのみだと思ってください。

練習すればするほど指の感覚が鋭くなるので、速く動かせるようになるでしょう。

さらに、練習することで自分に自信を持てるようになり、緊張しづらくなっていきます。

その結果、無駄な力を抜いた状態でピアノを弾けるため、指も速く動かせるようになるのです。

指を速く動かしたいなら、こういったことを意識してみましょう。

人前で演奏した方が上手くなる?

ピアノは人前で演奏した方が上手くなるといわれています。

一体、これはどうしてなのでしょうか?

その理由は、以下の通りです。

・練習の質や量がアップする
・ほど良い緊張感を持てる
・達成感を味わえる

まず、人前で演奏することになると、恥をかかないように今まで以上に練習に熱が入ります。

練習の質があがりますし、量もこれまでよりアップするはずです。

つまり、自分を追い込むことができ、本気にさせることができるということです。

そして、ほど良い緊張感を持ちながら練習できるので、モチベーションのアップにも繋がります。

ピアノの練習が面倒に感じる時もあるものですが、人前で演奏するのが決まっていると、期待に応えるために頑張ろうと思えるでしょう。

また、本番では今まで以上に集中して演奏することになるので、普段よりも上手く弾ける可能性があります。

達成感を味わえるというのも、人前で演奏するメリットです。

いざ人前で演奏するとなると、その日のために様々な準備をするでしょう。

その苦労や努力が報われた時、達成感を味わうことができ、これからもピアノを頑張ろうと思ったり、ピアノをもっと好きになれるかもしれません。

毎日練習した方がいいの?

ピアノは毎日練習した方がいいのでしょうか?

結論からいうと、毎日練習した方がいいです。

その理由は、以下の通りです。

・思い出すまでに時間がかかる
・先に進むことができない

間隔が空いてしまうと、思い出すまでに時間がかかってしまいます。

そうすると、練習時間の大半を思い出すことに費やしてしまうので、上達するまでにかなりの時間がかかることになります。

早く上達するためにも、毎日練習する方がいいです。

また、1週間に2回や3回程度の練習だと、なかなか次に進むことができません。

そうすると、同じことの繰り返しになってしまうので、楽しくありませんよね。

楽しくないとやる気が出ませんから、どんどん回数が減っていき、最後にはやめてしまう可能性があります。

こういった理由から、毎日した方がいいといえるのです。

1日30分でもいいので、集中して練習できる時間を確保して、毎日続けるようにしてください。

それが楽しさにも繋がりますし、上達するためにもとても大事なことです。

上手にピアノを弾くためのコツって?

上手にピアノを弾くためのコツは、以下の通りです。

・正しい姿勢
・椅子の高さを調整する
・反復練習
・指をリラックスさせる

上手にピアノを弾くには、弾く時の姿勢に注意してください。

姿勢が悪いと上手く弾くことができないので、正しい姿勢を理解しましょう。

それに、椅子の高さも非常に重要です。

椅子の高さによって、力の入れ具合が変わり、音色も変わります。

そのため、自分に適した高さに調整してください。

そして、一番重要なのは、反復練習をすることです。

何度も何度も同じことを練習することで、上手にピアノを弾けるようになります。

特に、初心者は反復練習を心がけてください。

何度も練習すると、どこにどの鍵盤があるのか分かってきます。

さらに、どのくらいの強さで弾いたらどういった音が出るのかも分かりますし、苦手な部分や得意な部分も把握できるはずです。

また、指が硬いと上手く弾くことができないので、リラックスさせるようにしましょう。

こういったコツをマスターすれば、上手くピアノを弾けるようになります。

ゆっくりと弾くと上手くなるって本当?

ゆっくりと弾くと、ピアノが上手くなるといわれています。

これは本当のことなので、ピアノが上手くなりたいなら、ゆっくりと弾くようにしてください。

では、どうしてゆっくりと弾くと上手くなるのでしょうか?

それは、速く弾いてしまうと間違えてしまって、何度も弾き直してしまうからです。

そうすると、それを体が覚えてしまい、また間違えてしまう可能性が高くなります。

一方、ゆっくりと弾けば間違うことが少ないですよね。

それを体に覚えさせれば、正確に弾くことができるようになります。

それから、徐々にテンポを上げていけばいいだけです。

このような方法で練習することで、上達スピードが早くなります。

上手くなろうと思うと、どうしても速く弾きたいと思ってしまいがちですが、それが上達を邪魔している原因になっている可能性があるので、注意しましょう。

特に、初心者は間違えたパターンを記憶しやすいため、最初からゆっくりと弾くことを心がけるようにしてください。

独学でもピアノって上達できる?

独学だとピアノが上達できないと思っている人も多いですが、そんなことはありません。

やる気さえあれば、独学でもピアノは上達できます。

そして、独学には以下のようなメリットがあります。

・好きな時間に練習できる
・お金がかからない

自分のスケジュールに合わせて、好きな時間に練習できます。

仕事が忙しい人だとピアノ教室に通うことができないので、必然的に独学になるでしょう。

また、お金がかからないというのも独学のメリットです。

月謝を支払う必要がなく、教材を自分で用意すればいいだけなので、練習にかかる費用を節約できます。

経済的余裕がない人は、無理に先生に教わるよりも独学の方がいいかもしれません。

ただし、独学で練習するとなると、モチベーションを維持するのが大変です。

怠けずに1人で黙々と練習できる人というのは少ないので、人によってはサボり癖がつく可能性があります。

孤独に勝てる人ならいいですが、勝てない人には不向きな練習方法です。

そして、分からないことなどをすぐにきけないというデメリットもあります。

ピアノ教室なら先生にすぐにきくことができますが、独学だと自分で解決しないといけないので大変です。

フラダンス

フラダンスはDVDでもマスターできる?

フラダンスのDVDを見ながら練習している人も多いですが、本当にそれでマスターできるのでしょうか?

結論からいうと、できます。

きちんとDVD通りに練習を行えば、初心者でもマスターすることは可能です。

ただし、選ぶDVDによっては、マスターできない場合もあると思ってください。

フラダンスのDVDはいくつもあるので、いい加減に選んでしまうと失敗する可能性があります。

分かりやすいものもあれば、分かりづらいものもあるため、きちんとどんな内容なのかをチェックしてから購入した方がいいです。

そうしないと、買ったはいいものの、全く役に立たないというケースも出てきます。

インターネットの口コミなどを参考に、一番分かりやすく覚えやすそうなフラダンスDVDを選ぶようにしましょう。

ただ、少しでも早く上達したい人や一人だとモチベーションを維持できない人はDVDではなく、誰かに教えてもらった方がいいです。

DVDだと自宅で空いた時間に練習できるというメリットがありますが、分からないところを聞けないというデメリットやサボってしまうというデメリットがあります。

フラダンスの基本ステップって?

フラダンスの基本ステップは、以下の通りです。

・カホロ
・ヘラ
・カオ

カホロはフラダンスのステップの中でも、基本中の基本です。

腰を左に振りながら右足を1歩右に出し、右足に体重を乗せ、左足と右足を揃えます。

そして、体重移動しつつ、腰を振ります。

これを繰り返すとカホロというステップになり、左に進む場合は右足の反対の動きをしてください。

フラダンスをこれから始める人は、まずはカホロをマスターしましょう。

また、ヘラもフラダンスの基本のステップです。

腰を左に振り、右足を45度の角度で前に出し、全体重を左足にかけてください。

前に出した右足を戻し、次は腰を右に振り、全体重を右足にかけます。

そして、左足を45度の角度で前に出してください。

これがヘラというステップになります。

カオはカホロやヘラよりもちょっとだけ難易度が上がるので、鏡を見ながら行った方がいいです。

腰を左に振り、左足に体重をかけながら動きます。

左膝を曲げて、足の裏で踏み込み、上に伸びるようにかかとをあげてください。

伸びきってしまうと駄目なので、注意しましょう。

腰を右に振って、右足に体重を乗せ、これを繰り返すとカオというステップになります。

ハンドモーションのコツってあるの?

フラダンスにおいて、ハンドモーションは非常に重要です。

ハンドモーションとは手の動きのことで、これによって感情や天候などを表現します。

そして、ハンドモーションにはコツがあります。

そのコツは、以下の通りです。

・5本の指を揃える
・動きを大きめにする
・意味を理解する
・表情を作る

まず、5本の指を揃えるというのが基本です。

ついバラバラになりがちなので、注意してください。

また、動きを大きめにして、ゆるやかに行いましょう。

動きが小さかったり、動作が早いと、何を表現しているのか分かりづらいです。

それに、ハンドモーションにはそれぞれきちんと意味があるので、それを理解しないと上手く表現することができません。

一つ一つの意味を理解した上で、行うようにしてください。

表情を作るというのも、ハンドモーションでは大切なことです。

手の動きだけでなく、表情もハンドモーションの一部ですから、気をつけないといけません。

最初は難しいかもしれませんが、練習していくうちに、だんだんとコツが分かってくると思います。

フラダンスの衣装の選び方って?

フラダンスの衣装を選ぶ場合、以下のようなことに注意してください。

・デザイン
・色
・着心地

基本的に、フラダンスの衣装は自分の好みで選んで問題ありません。

そのため、好きなデザインや好きな色の衣装を着るのが一番です。

ただ、衣装のパウスカートは長さが決まっています。

丈の長さは70センチ~75センチくらいだといわれているので、このくらいの長さのものを履くようにしましょう。

しかし、身長によってはこの長さだと違和感があるため、スネが半分ほど隠れる長さのものを履くといいと思います。

あまり派手なのは恥ずかしいと思うのであれば、トップスは無地、または、シンプルなデザインのTシャツとかタンクトップがいいかもしれません。

それに、着心地も重要になります。

こればかりは実際に着てみないと分からないので、お店で購入される場合は必ず試着してください。

試着して、着心地がいいと感じるものを選びましょう。

通販で購入する場合は試着できないので、素材やサイズなどをよく確認して慎重に選んでください。

できれば、返品に応じてくれるような通販ショップで買うと、イメージと違った時でも安心ですね。

フラダンス教室の選び方って?

早く上達したいのであれば、フラダンス教室に通うのが一番です。

独学で練習するよりも、効率的に上達できます。

ただ、いい加減に教室を決めてしまうと、後から後悔するかもしれないので、真剣に選ぶようにしてください

フラダンス教室に通う場合は、以下のことに注意しましょう。

・通いやすさ
・レッスン料金
・先生との相性
・レッスン時間

まず、できる限り、通いやすいところにしてください。

通いづらいと面倒になってしまって、通わなくなることが多いです。

それに、レッスン料金が高いと生活を圧迫してしまうので、お財布と相談して無理のないところに通いましょう。

料金が安いと教えるのが下手だったり、料金が高いほど教えるのが上手いといったことはありません。

また、先生との相性も非常に重要になります。

先生がどんな人かによって、楽しいと思えるか辛いと思ってしまうのか決まると思ってください。

一度、体験教室に参加して、そこで雰囲気を感じ、自分に合っているのかどうかを判断した方がいいです。

そして、フラダンス教室のレッスン時間も必ずチェックしてください。

通いやすい曜日や時間にレッスンを行っていることも大切ですが、もし、欠席した場合にはどうなるのかも確認しておきましょう。

フラダンスは初心者でも踊れる?

フラダンスを始めたいけど、初心者でも踊れるのか不安という人も多いのではないでしょうか?

結論からいうと、踊ることは可能です。

他のダンスと比較すると難易度がそこまで高くないので、初心者でも順調に上達すると思います。

始めたいけど迷っているという人は、そんなに構えずに気軽に始めてください。

いざ、やってみると意外とできるものです。

ただ、一人で自宅で練習するよりも、誰かお手本になる人がいた方がいいでしょう。

初心者が一人で黙々と練習すると、おかしな癖がついてしまうことがあります。

一度、癖がついてしまうと直すのは難しいので、経験者に習った方がいいです。

実際に踊ってもらって、それを真似るというのが上達への一番の近道だと思います。

「なんとなくこんな感じかな?」といったように、あやふやに練習しても上達しないので、注意しましょう。

また、一人で始めるのは恥ずかしいという場合は、誰かを誘ってみるのもいいかもしれません。

友達や家族の中で興味がある人を探して、一緒に練習してみてください。

一人で練習するよりも楽しいので、上達も早くなるはずです。

フラダンスってどんなダンスなの?

フラダンスは日本でも有名なダンスですが、具体的にどういったものをいうのでしょうか?

まず、フラダンスとはハワイの民族舞踊です。

踊りの中には、自然や家族への愛が込められています。

日本にも古くから伝わる舞踊がありますが、それと同じだと思ってください。

その特徴は、以下の通りです。

・年齢や性別を問わず楽しめる
・ダイエット効果がある
・踊りやすい

フラダンスの最大の特徴は、誰でも楽しめることです。

小さな子供からお年寄り、男女問わず楽しむことができます。

だからこそ、日本でも根強い人気があるのです。

そして、見た目とは裏腹に体力を使うので、ダイエット効果があります。

毎日踊っていると無駄な脂肪が落ちて、スリムな体型になるはずです。

また、ダンスの中でもリズムがゆっくりなので、踊りやすいというのも特徴といえます。

初めてダンスをやる人でも、運動神経に不安を感じている人でも、どなたでも簡単にできるのがフラダンスです。

興味がある人は、今からでも始めてみてはいかがでしょうか。

フラダンスがダイエットにいいって本当?

フラダンスがダイエットにいいといわれていますが、本当なのでしょうか?

結論からいうと、本当です。

痩せたいと思っている人は、これからフラダンスを始めてみるのもいいかもしれません。

フラダンスがダイエットにいい理由は、以下の通りです。

・続けやすい
・綺麗なくびれができる
・下半身ダイエットに有効
・デトックス効果

まず、楽しく踊りながら痩せることができるため、続けやすいです。

運動が苦手という人でもフラダンスなら続けられると思うので、今までダイエットに失敗してきた人にこそいいかもしれません。

また、低い重心で踊るのが基本であるため、綺麗なくびれができやすいです。

ウエストにくびれを作りたい人には、フラダンスがもってこいといえます。

それに、下肢に負荷がかかるダンスということもあって、下半身ダイエットにも適しています。

上達する頃には、下半身が痩せていることが多いです。

同じく、二の腕も痩せやすいといわれています。

そして、意外と汗をかくので、デトックス効果も期待できます。

汗と一緒に、体内に蓄積されている老廃物を排出することが可能です。

グレ釣り

グレ釣りのエサ取りはどう対策したらいい?

撒き餌をして待っていると、エサ取りに取られてしまうことが多々あります。

最初の頃はそれでも釣ることができれば嬉しいですが、それが続くと本命のグレが釣れないので、イライラしてくるはずです。

では、グレ釣りのエサ取りはどのように対策すればいいのでしょうか?

対策方法は、以下の通りです。

・エサ取りの分散
・コマセの外側に投げる
・ノリを使用する

別の場所に撒き餌をして、エサ取りを分散させるというのも1つの方法ですね。

それに、コマセの外側に仕掛けを投げるというのもいいかもしれません。

また、ノリを使用してみるのもいいでしょう。

肉食系の魚ならノリには興味を示さないので、エサ取りにやられるリスクが減ります。

このような対策を取ることによって、グレ釣りのエサ取りを防ぐことができます。

ただ、これらをしたからといって、絶対に防げるという訳ではありません。

それでもエサ取りに取られてしまうことはあるので、忍耐強く続けるというのが非常に重要になってきます。

グレ釣りのウキはどんなものがいい?

グレ釣りのウキ選びに、迷われている方も多いと思います。

釣具店に行くと、様々なウキがありますから、迷われても当然です。

では、どのようなウキを選べばいいのでしょうか?

グレ釣りのウキを選ぶ場合、注目したいポイントは以下の通りです。

・感度
・見えやすさ
・浮力調整の有無
・重さや大きさ
・潮乗り
・耐久性
・糸落ちの良さ

まずは、感度がいいかどうかをチェックしてください。

また、遠くへ投げた時でも、よく見えるものがいいです。

そして、浮力調整がきちんとしていて、重さや大きさも適切なものを選びましょう。

潮乗りが良く、耐久性に優れているというのも、重要なポイントです。

さらに、糸落ちの良さにもこだわりましょう。

こういったことに注意して選べば、失敗しないウキ選びができるはずです。

ただし、ウキには色々な種類があるので、どれが使いやすいかはその人のレベルや状況によって異なると思ってください。

数種類用意して、上手く使い分けるというのが一番いいでしょう。

初心者の方なら、店員さんに相談するのもいいかもしれません。

グレ釣りの食い渋りはどう攻める?

グレ釣りにしていると、食い渋りに遭うことがあります。

食い渋りとは、魚がエサに興味を持たず、釣れない状況のことをいいます。

水温の急激な低下や潮回りによって、魚の食欲が失われ、このような状況が生まれると思ってください。

では、食い渋りに遭った場合、どうすればいいのでしょうか?

対処法は、以下の通りです。

・エサを変える
・針を小さくする

まずは、エサを変えてみてください。

オキアミやマキエのサイズを小さくしたり、柔らかくすることによって、改善する場合があります。

そして、針を小さくするというのも試してください。

その際は、ハリスを細いものと交換しましょう。

ただ、こういった方法を試しても、改善しないこともあると思います。

グレ釣りは経験がものをいうので、もし、何をしても改善しない場合は上級者に相談してみるのがオススメです。

ベテランであれば、効果的な対策を知っているかもしれません。

食い渋りは必ずといっていいほど遭遇するので、焦らずに対処しましょう。

グレ釣りはどんな道具を揃えるの?

グレ釣りをする場合に必要な道具は、以下の通りです。

・防寒着や雨具
・帽子
・手袋
・ヒップガード
・磯靴
・ライフジャケット
・クーラーバッグ
・クーラーボックス
・スカリ
・タモ
・水くみバケツ
・マキエクシャク
・マキエ用のバッカン
・竿
・リール

グレ釣りをする場合、服装が非常に大切です。

寒さ対策として防寒着、雨対策として雨具を用意しましょう。

日差しを避けるために帽子、手を保護するために手袋も必要です。

岩場に座る時に便利なので、ヒップガードを用意するのもいいでしょう。

転倒を防ぐためには磯靴を履いた方がいいですし、自分の命を守るためにもライフジャケットは必須です。

釣った魚を家に持ち帰るのなら、クーラーバッグやクーラーボックス、スカリを用意しましょう。

それに、タモ、水くみバケツ、マキエクシャク、マキエ用のバッカンも揃えてください。

そして、当たり前ですが、竿とリールは絶対に必要になります。

竿は予備のために2本、リールはストッパー付がオススメです。

こういったものを揃えれば、快適かつ安全にグレ釣りが楽しめます。

グレ釣りのテクニックってある?

グレ釣りにもテクニックがあります。

そのテクニックとは、以下の通りです。

・グレを誘うテクニック
・アワセのテクニック
・取り込みテクニック
・水温が低い際のテクニック

グレを誘うテクニックのポイントは、ラインコントロールです。

サシエの動きをしっかりと考えながら、グレを誘い込むというのを意識してください。

アワセのテクニックは、ハッキリしたアタリがきてからというのがポイントです。

グレは引きが強いので、ロッドの向きの調整やロッドの弾力を生かすといったことを意識しましょう。

取り込みテクニックのポイントは、焦らないことです。

グレの姿が見えるとすぐに取り込もうとしがちですが、それではラインが切れたり、ロッドが壊れてしまいます。

グレを上げて、網ですくうというのが有効です。

この際、グレの頭から誘導しましょう。

グレ釣りは15度~22度の水温が適切だといわれており、15度以下になると釣れる可能性が低くなると思ってください。

こういった時は、アタリのくるタナを探して、そこで徹底的に勝負するというのがいいでしょう。

グレ釣りの撒き餌はどうしたらいい?

グレ釣りに欠かすことができないものといえば、撒き餌です。

ただ、初心者の方は、撒き餌をどう作ればいいのか、分からないことが多いのではないでしょうか。

まず、用意するのは、配合エサ、オキアミ、水です。

これらを混ぜて合わせることで、撒き餌ができます。

そして、混ぜ合わせたものを狙ったところに撒いてください。

どうして撒き餌を使わないといけないのかというと、魚をおびき寄せるためです。

広い海でただ仕掛けを入れているだけでは、いつまで経っても魚に気付いてもらえません。

これでは、あまりにも非効率的なので、撒き餌をしてこっちに餌があることを知らせるのです。

具体的な作り方としては、バッカンにオキアミを入れて、次に配合エサを入れます。

少しずつ水を加えながら、よくかき混ぜてください。

仕上がりがなめらかな状態であれば上出来です。

それほど難しくないので、ゆっくりと丁寧に行えば初心者でも問題なく作れるはずです。

もし、よく分からない場合は、経験者と一緒に作ってみるのもいいかもしれません。

グレ釣りのタックルの選び方って?

グレ釣りのタックルの選び方は、以下の通りです。

・強度があって軽量の竿
・リールは通常用と太い糸の2種類を用意する
・フロロカーボンのハリス
・ガン玉と針は数種類用意する

竿を選ぶ場合には、強度があり、できるだけ軽い竿がいいでしょう。

その方が初心者でも使いやすいはずです。

リールは通常用と太めの糸の2種類を用意して、状況に合わせて使い分けるようにしてください。

また、ハリスは強度があるフロロカーボンがオススメです。

そして、ガン玉と針は数種類用意して、その時その時に合わせて使い分けるというのがポイントになります。

一般的には、価格が高い方が性能がアップしますが、あまりにも高いと経済的負担が大きいため、予算に合わせて購入された方がいいです。

それに、高くても性能がたいしたことがないものもありますし、安くても高性能のものもあるので、価格だけで判断するのはやめてください。

初心者のうちには買っても使いこなせませんから、高いものは上達してからにした方がいいでしょう。

カメラ上達

撮影会に参加すると上手くなる?

撮影会に参加すると、上手くなるといわれています。

ただ、上手くなる可能性があるだけで、絶対に上手くなるという訳ではありません。

例えば、撮影会に参加して、ただ写真を撮るだけでは上手くならないです。

そういった撮影会に参加するよりも、品評会がある撮影会に参加した方がためになります。

自分が撮影した写真を他の人に見てもらって、感想を聞くという形式の撮影会があるので、そういったものに参加した方がいいでしょう。

そうすれば、自分の駄目なところやいいところが分かり、今後の参考になります。

また、先生がいて、その先生によるアドバイスをもらえるという撮影会もあるので、行ってみるのもいいかもしれません。

そして、撮影会は自分の腕を試すいいチャンスです。

どのくらい自分が成長したのかを理解できる場所なので、定期的に参加してみてはいかがでしょうか。

参加する度に自分の成長が分かるとモチベーションを維持しやすく、カメラの上達にもプラスになるはずです。

撮った写真は見せた方がいいの?

カメラ上達の近道は、見せることだといわれています。

撮った写真を他人に見せることによって、どんどん腕が磨かれるそうです。

見せることのメリットは、以下の通りです。

・色々な意見を聞ける
・真剣に取り組める

まず、多くの人に見てもらうことで、色々な意見を聞くことができます。

いい意見はもちろん、否定的な意見も聞けるので、非常に参考になるはずです。

否定的な意見を言われて腹が立つこともあるかもしれませんが、カメラ上達には厳しい意見も必要ですから、正直に言ってもらうようにしましょう。

それが、自分自身を成長させる糧になります。

そして、真剣に取り組めるというのも、人に見せるメリットです。

自分だけで楽しむ写真と、他人に見せる写真は大きく変わってきます。

他人に見せるとなると気合が入りますし、恥ずかしい思いをしたくないため、できる限り上手く撮ろうと努力するものです。

人に自分の写真を見せるのに抵抗を感じるかもしれませんが、上手くなるには必要なことなので、勇気を持ってたくさんの人に見てもらいましょう。

カメラにこだわった方がいいの?

カメラにこだわった方が、いい写真を撮れる可能性は高くなります。

ただ、初心者がいいカメラを購入しても使いこなすことができないので、あまり意味がないかもしれません。

そのため、高いカメラを買うのは、ある程度上達してからでもいいです。

初心者の場合はカメラにこだわるよりも、まずは自分の腕を磨くようにしましょう。

いくら高性能なカメラを使用しても、初心者だとそこまで大きな変化はないと思ってください。

それであれば、手頃な価格のカメラで写真を楽しんで、上手くなってきたら高いカメラの購入を検討するという流れがいいでしょう。

逆に、既にある程度の腕を持っているのであれば、いいカメラを買うというのもアリです。

カメラによって様々な特徴がありますから、自分に合ったものを使用することで、さらに素敵な写真が撮れます。

もし、どのカメラを購入すればいいのか迷われた場合は、お店の人に相談してみてください。

その時に、どういった目的で使用するのかやどういった機能が欲しいのかなどを伝えると、自分に最適なカメラに出会える確率が高くなります。

センスって生まれつきなの?

センスは生まれつきという意見も多いですが、果たしてそうなのでしょうか?

もし、そうなら、いくら頑張ってもセンスがないと上達できないことになります。

確かに、何もカメラの勉強をしなくても、センスがあると素敵な写真を撮ることができますが、それは生まれ持ったものではないです。

いわゆるセンスには、育ってきた環境やこれまでの経験が大きく影響していると思った方がいいでしょう。

プロのカメラマンも、最初から上手かった訳ではありません。

中には、最初からそこそこの写真を撮れた人もいるかもしれませんが、みなさん努力をして見てもらえるような写真を撮れるようになっていったのです。

つまり、センスは後から磨くことができるということなので、センスがないからといって諦める必要はありません。

カメラの勉強をきちんとして、毎日のように練習をすれば、どんどん上達していきます。

センスがないと思っているのであれば、今からでもセンスを磨く努力をしてください。

そうすれば、いつか他人に評価してもらえるような写真が撮れるかもしれません。

写真教室に参加した方がいい?

短期間で上達したいなら、写真教室に通うというのもいいでしょう。

写真を専門とする講師に指導してもらうことで、写真の撮り方が格段に上手くなるはずです。

写真教室に通うメリットは、以下の通りです。

・モチベーションを維持できる
・他の人の写真も見ることができる
・質問できる

他の生徒と一緒に学ぶので、1人で勉強するよりもモチベーションを維持しやすいです。

1人だと途中で面倒になってしまって、せっかくカメラを買ったのに使わないというケースも多いですが、写真教室に通うと同じレベルの人がたくさんいるため、やる気がでます。

それに、生徒が撮った写真や先生の写真など、他の人の写真をたくさん見ることができるのも参考になるでしょう。

また、分からないことがあっても質問できるので、すぐに解決することが可能です。

こういったメリットがある一方で、時間が決まっている点や受講料がかかるというデメリットもあります。

そのため、メリットとデメリットを考えた上で、通うのかどうかを判断してください。

他の人の写真も見た方がいい?

カメラの上達に大切なことは、他の人の写真も見ることです。

基本的に、自分の写真を眺めているだけでは上手くなりません。

他の人の写真を見るメリットは、以下の通りです。

・自分の写真との違いに気付ける
・良いところを吸収できる
・感性が磨かれる
・新しい発想が生まれる

他の人の写真を見ることで、自分の写真との違いに気付けます。

自分の写真とどう違うのかを確認でき、今後の参考になるはずです。

その際に、「どうしてこの角度から撮ったのか?」や「どうしてこの構図にしようと思ったのか?」などを考えながら見るようにしてください。

良いところを吸収して、自分のものにすることで上達しやすいです。

積極的に、良いと思ったところは真似てください。

それに、色々な写真を見ることによって感性が磨かれ、新しい発想が生まれるかもしれません。

こういったメリットがたくさんあるので、色々な人の写真を積極的に見るようにしてください。

例えば、インターネット上には自分が撮った写真を投稿している人が多いですから、探してみてはいかがでしょうか。

たくさん撮った方がいいの?

写真撮影が上手くなりたい場合、たくさん撮った方がいいのでしょうか?

結論からいうと、撮り方によります。

たくさん撮ることは非常に重要ですが、ただたくさん撮っても意味がないです。

まず、同じ被写体を同じ角度から、何度も撮影していても上手くはなりません。

そうではなく、同じ被写体を違う角度、距離、構図で撮影してください。

そうすることによって、どうすればどのように撮れるのかが分かってきます。

一般的に、同じ被写体を撮り続けるとアイディアが無くなり、30枚~50枚程度で限界がくるでしょう。

しかし、そこからが勝負だといわれているので、その限界を乗り越えることによって、さらにカメラの腕が上達するはずです。

いきなり、1日に500枚とか1000枚を撮るのは難しいですから、最初は100枚くらいから始めてください。

100枚なんてすぐに撮れると思うかもしれませんが、同じ被写体を撮り続けるのは意外と難しく時間がかかるので、休みの日にチャレンジした方がいいかもしれません。

歌がうまくなるには?

歌唱力って上げられるの?

自分の力で歌唱力を上げることができます。

歌唱力を上げる方法は、以下の通りです。

・舌と喉に力を入れない
・歌う姿勢に注意する
・腹筋と背筋を鍛える
・腹式呼吸をマスターする

歌う時に舌と喉に力が入っていると、声がかすれたり、高音が出しづらいです。

また、喉を痛める原因にもなります。

歌唱力を上げるためにも、舌と喉に力を入れず、リラックスした状態で歌うようにしましょう。

リラックスした状態になるためにも、背筋を伸ばして、アゴを引きながら歌うようにしてください。

それに、腹筋と背筋を鍛えることで、お腹から声を出しやすくなり、歌唱力アップに繋がります。

プロの歌手も筋トレをして、腹筋と背筋を鍛えているのです。

そして、腹式呼吸をきちんとマスターするというのも重要なことです。

これをマスターしないと、歌唱力を上げることはできません。

歌をうまく歌うためには腹式呼吸が必要不可欠なので、お腹から声を出せるようにしてください。

こういったことを意識することによって、歌唱力をアップできるでしょう。

うまく歌うためには姿勢も大切?

うまく歌う人というのは姿勢が良く、逆に音痴の人は歌う時の姿勢が悪いです。

一見、姿勢と歌のうまさは関係ないように感じるかもしれませんが、密接に関係しています。

うまく歌うためには姿勢も大切なので、注意しましょう

姿勢に注意することによって、今までよりもうまく歌えるようになります。

歌う時の正しい姿勢とは、以下の通りです。

・背筋を伸ばす
・立って歌う
・アゴをひき、真っ直ぐ正面を見る
・重心を少し前方におく

まず、背筋をきちんと伸ばすことが大切です。

猫背になったり、背中を反ったりすると、スムーズに声が出なくなります。

それに、座って歌うよりも、立って歌った方がうまくなるでしょう。

なぜなら、立つことによって腹式呼吸が簡単にできるからです。

座った状態だとやりづらいので、歌う時は立つようにします。

そして、アゴをひき、真っ直ぐ正面を見るようにして歌ってください。

また、重心を少しだけ前方におくようにしましょう。

このようなことを意識するだけでも、歌がうまくなるはずです。

歌がうまくなるトレーニングってある?

歌がうまくなるには、トレーニングが必要不可欠です。

何もしなければ歌はうまくならないので、毎日コツコツと練習することが大切になります。

例えば、以下のようなトレーニングが有効です。

・音感を鍛える
・リズム感を鍛える
・感情表現を豊かにする

音感を鍛えることで、正確に音程を合わせられるようになります。

音感を強化するには、何度も好きな曲を聴いて、1つ1つの音を確認するといいでしょう。

また、鍵盤楽器を利用するのも有効です。

リズム感を鍛えるトレーニングをする際は、メトロノームを使うようにしてください。

安い物を買ってもいいですし、スマホアプリなどを利用するのも手軽でいいかもしれません。

メトロノームの正確なリズムに合わせて、体全体でリズムを取るようにします。

感情表現を豊かにするためには、ブレスとダイナミクスの2つを練習するといいでしょう。

リズムに合わせて息継ぎをして、声量に強弱をつけて、歌に感情を込めます。

ちょっとオーバーかもしれないと思うくらい大胆にメリハリをつけると、聞いている人に感情が伝わりやすくなるはずです。

発声練習ってどうやればいいの?

歌がうまくなるには、発声練習が必要不可欠です。

では、どのようなことをすればいいのでしょうか?

発声練習の方法は、以下の通りです。

・大きな声を出す
・滑舌をよくする

まず、大きな声を出すことが大切です。

声を出して声帯を鍛えることで、響くような声を出せるようになります。

声帯は年齢とともに弱くなっていくので、日頃から鍛えておかないと、どんどん声が出なくなっていくものです。

やり方は簡単で、20秒~30秒ほど、「あ~」と声を出し続けてください。

そして、「い~」「う~」「え~」「お~」と順番に出していきましょう。

大きな声といっても、ただ大声を出すのではなく、お腹から声を出すというのを意識してください。

それに、滑舌をよくするのも、発声練習の目的の一つです。

早口言葉を何度も練習することによって、滑舌がよくなります。

例えば、「青巻紙赤巻紙黄巻紙長巻紙」「赤パジャマ黄パジャマ茶パジャマ」「月づきに月見る月は多けれど月見る月はこの月の月」、「骨粗鬆症訴訟勝訴」といった言葉をうまく言えるように努力してください。

歌手の歌い方を真似すればうまくなる?

歌手の歌い方を真似するとうまくなるといわれていますが、本当なのでしょうか?

結論からいうと、本当です。

うまい人の歌い方を真似することで、劇的に自分もうまくなります。

これは歌に限らず、スポーツや勉強など、全てのことにおいていえることです。

うまい人を真似することで、効率良く上達することができます。

歌手の歌い方を真似する時の注意ポイントは、以下の通りです。

・自分が好きな歌手を真似る
・声質が似ている歌手を真似る
・1人に絞らない
・その人になりきる

今流行の歌手もいいですが、練習においてモチベーションは非常に大切なので、自分が好きな歌手を真似た方がいいでしょう。

その方が楽しく練習できるため、飽きることなく続けられます。

それに、できる限り、声質が似ている歌手を選んでください。

声質が全く違うと、真似るのが非常に難しいです。

また、1人に絞らず、複数の歌手の歌い方を真似した方がいいでしょう。

そうすることで、自分に合った歌手というのが分かってくるはずです。

そして、恥ずかしがらずに、その歌手になりきってください。

ボイストレーニングに通えばうまくなる?

歌がうまくなりたい人は、ボイストレーニングに通うというのも選択肢の1つです。

ただ、絶対にボイストレーニングに通えばうまくなるという訳ではありません。

人によっては、いくら通ってもうまくならない場合もあります。

以下のようなタイプは、ボイストレーニングに通っても上達しないと思ってください。

・練習をしない
・復習をしない
・分からないことをそのままにしてしまう
・目標設定をしていないため、目的が不明確

ボイストレーニングに通うだけでうまくなるのなら、誰も苦労しません。

歌がうまくなるには、自分でも練習をしないといけないのです。

いくら長期間ボイストレーニングに通っていても、自分で練習しないと上達しませんから注意しましょう。

ボイストレーニングの講師が教えてくれるのは、うまく歌うためのコツやトレーニング方法です。

知識として知るだけでなく、しっかりと身につけなくては上手に歌えるようにはなりません。

そのため、家に帰って習ったことを復習しない人も上達できないタイプです。

習ったことを忘れないように、きちんと復習してください。

それに、分からないことをそのままにしてしまうと、いつまで経っても進歩がないので、どんどん質問することも大切です。

また、目標や目的がはっきりしていないと、いずれモチベーションが下がってしまいます。

どのくらい、どんな風に、どうしてうまくなりたいかというのを明確にしましょう。

歌がうまい人の特徴って?

歌がうまい人の特徴は、以下の通りです。

・音高が正確
・リズムが正確
・声がいい
・声量がある
・歌詞が聞き取りやすい
・テクニックを持っている

音高とは声の高さのことで、これが正確だとうまく聞こえます。

曲に比べて音が低かったり、高かったりすると、聞いている人が違和感を覚えてしまいますから、注意してください。

それに、歌がうまい人はリズム感があるため、聞いていて安心します。

逆に、下手な人はリズム感がないので、不快な気持ちになってしまうことが多いです。

また、生まれ持ったものではありますが、歌がうまい人は声が良くて惹きつけられます。

さらに、声量があると歌っている人の気持ちが伝わってきて、感動したり気分が盛り上がったりしますが、声が悪いと短所になる場合もあるので、むしろ控えめにした方がいいかもしれません。

歌詞が聞き取りやすいというのも、歌がうまい人の共通点です。

滑舌が悪いと何を言っているのか理解できず、感情移入することができないでしょう。

そして、歌がうまい人はビブラートやしゃくりといったテクニックを持っています。