不動産投資

不動産投資にはどんなリスクがある?

不動産投資はメリットが多いイメージが強いですが、デメリットもあります。

デメリットを理解せずに始めてしまうのは非常に危険なので、メリットだけではなく不動産投資をした場合のリスクも覚えておきましょう。

不動産投資のリスクは以下の通りです。

・長期間の空室
・日本の人口減少
・金利の上昇
・修繕費用がかかる
・お金に換えづらい

せっかくアパートやマンションを買っても住んでくれる人がいないと何も意味がありません。

空室ということは家賃収入を得ることができないので、誰かが入居するまでは利益を出せず、逆にマイナスになります。

日本の人口が減ってきているので、借り手も減少傾向です。

借りたい人がいても古い物件は嫌われてしまうので、新しい物件でないとなかなか入居してくれません。

金利が上昇した場合、借金返済時の利息が増えてしまいます。

今までは返済できていたのに金利が上昇することで支払いが難しくなることもあるでしょう。

さらに修繕費用がかかりますし、高額なものなのでお金に換えづらいというのも不動産投資のリスクだといえます。

不動産投資物件の選び方って?

不動産投資で成功するには物件選びが非常に重要になります。

失敗しないためにも以下のようなことに注意して物件を選ぶようにしてください。

・地域
・周辺環境
・管理状況
・設備

どこの地域の物件を購入するのかじっくりと考える必要があります。

利回りにこだわってしまうと失敗する恐れがあるので、賃貸需要が高い地域を探してください。

その上で利回りの高そうな物件を選びましょう。

周辺環境も物件選びでは重要です。

どのような公共交通機関がどのくらいの距離にあるのか、コンビニやスーパーが近くにあるのかなどをチェックしてください。

ファミリー向けの物件を購入する場合は公園や学校までの距離なども重視しましょう。

住人のマナーが悪い物件は入居者が集まりづらいので、しっかりと管理されている物件を選んでください。

ゴミが集合ポストやマンション・アパート周辺に散らかっているようなところは避けましょう。

また、今後どんな修繕工事が必要で、どのくらいのお金がかかるのかもチェックした方がいいです。

マンションやアパートに備わっている設備にもこだわりましょう。

オートロックや防犯カメラといったセキュリティーが万全な物件は女性やファミリー層に人気があります。

不動産投資をするなら青色申告がいい?

不動産投資を始めたら所得税の確定申告を行わないといけません。

確定申告の方法は白色申告と青色申告の2種類があります。

白色申告には帳簿をつける義務がありませんが、青色申告の場合は必ず帳簿をつけるというのがルールです。

では、どうして不動産投資をするなら青色申告の方がいいといわれているのでしょうか?

青色申告のメリットは以下の3つです。

・青色申告特別控除
・青色専従者給与
・赤字の繰り越し

青色申告特別控除とは65万円、または10万円を不動産所得から差し引けるという制度です。

事業的規模で不動産投資をしている場合は65万円差し引くことができ、事業的規模といえない程度だと10万円です。

家族と一緒に不動産投資をしている時は白色申告だと給与に上限がありますが、青色だと支払った給与を全て経費として処理できます。

ただし、家族で給与を与えることができるのは15歳以上で働くことができる人に限られています。

不動産投資で赤字になった場合、その赤字を翌年以後、3年間にわたって繰り越すことが可能です。

不動産投資の頭金はいくら必要?

不動産投資に必要な頭金の額は購入する物件によって異なるので、一概にいくらとは明言できません。

基本的に、不動産物件を購入する場合には、銀行からお金を借りることになるでしょう。

その際、頭金が多ければ多いほど銀行がお金を貸してくれる可能性が高くなります。

一般的に、3分の1程度の頭金を持っていると問題ないことがほとんどです。

例えば、1000万円必要な場合は300万円~400万円程度の頭金があれば、よっぽどの問題がない限り、融資を断られることはないでしょう。

逆に、頭金が少ないと信用してもらいづらいので、融資を断られる可能性も十分考えられます。

しかし、だからといって、頭金ゼロだと絶対に融資してもらえないということもないです。

購入する不動産物件に価値があれば、頭金ゼロでも融資してくれることがあります。

5000万円の価値がある不動産物件を1000万円で購入できる場合、とてもお得ですから頭金なしでもお金を貸してくれる可能性が高いでしょう。

ただ、頭金なしだと難しいのは確かなので、少しでも多めに用意しておきたいところです。

不動産投資の利回りってどのくらい?

不動産投資の利回りは一般的に10%といわれています。

他の投資と比較すると非常に高い数字ですが、これはあくまでも表面利回りです。

表面利回りとは家賃収入を不動産価格で割っただけのものです。

例えば、毎年100万円の収入を得られる1000万円の不動産物件の場合は表面利回り10%になります。

この中には仲介手数料や固定資産税、建物管理費、不動産取得税、登記費用などは含まれていません。

こういった費用を考えて計算することで正確な利回りを出すことができます。

色々な費用を加えて計算して導き出した利回りを実質利回りといいます。

そのため、表面利回りと実質利回りでは数字が異なり、実質利回りの方が少ないです。

正確な利回りを知りたいのであれば、表面利回りではなく、実質利回りで計算するようにしてください。

そして、不動産投資を実質利回りで考えるとだいたい6%~8%あれば十分だといわれています。

利回り10%という広告を目にすることもあると思いますが、その数字はほとんどが表面利回りで計算されたものだと考えていいでしょう。

不動産投資をする際の注意点って?

不動産投資をする際の注意点は次の通りです。

・どのようなリスクがあるのかを知り、その対策を考える
・表面利回りではなく実質利回りを基準にする
・入居者の立場で物件を選ぶ
・税金の種類を把握しておく

不動産投資はリスクが少ないといわれていますが、全くない訳ではありません。

たしかに他の投資に比べると少ないといえるかもしれませんが、色々なリスクがつきまといます。

どのようなリスクがあって、どう対処すればいいのか対策を考えてから始めることが大切です。

表面利回りでは正確な数字を把握できないので、実質利回りを基準にするというのもポイントになります。

物件を選ぶ時には、入居者の立場になって考えるようにしてください。

どんな物件なら住みたいと思えるのかを相手の立場になって考えてみましょう。

不動産投資をすると様々な種類の税金を支払うことになります。

収入が多くなれば多くなるほど税金も高くなるので、それに合わせて支払いをするのに必要な現金を準備しておきましょう。

サラリーマンでも不動産投資できる?

サラリーマンでも不動産投資ができるのか気になっている人もいるのではないでしょうか?

会社によっては副業を禁止しているところもあり、不動産投資が副業に該当しないか心配という人もいるはずです。

結論からいうと基本的にサラリーマンが不動産投資をしても問題ありません。

まず、労働基準法の中に副業を禁止する項目は含まれていないので、会社にバレても法律で裁かれることはないです。

次に問題となるのが、就業規則です。

会社によって就業規則が異なり、不動産投資が副業とみなされた場合は解雇される可能性があります。

黙っていればそう簡単にバレることはありませんが、不動産投資を始めた場合、収入が増えてしまうため、住民税もアップします。

そうすると、経理担当者に気づかれる場合があるので、注意しないといけません。

これを防ぐためにも、住民税の納め方を特別徴収から普通徴収に変更してください。

そうすれば、住民税を自分で支払うことになるので、収入が急激に増えても会社にバレることはありません。

不動産投資ってどんな投資法?

不動産投資とはアパートやマンションといった不動産を購入して、それを賃貸住宅として他の人に貸すことで家賃収入を得るというものです。

家賃収入だけではなく、不動産を売却することによっても利益を生み出すことができます。

専門用語で家賃収入を得ることをインカムゲイン、不動産売買で利益を得ることをキャピタルゲインと呼びます。

そして、不動産投資のメリットは以下の通りです。

・安定収入を得られる
・売却益を得られる
・インフレ対策

入居者がいれば、毎月安定収入を得られるというのが大きなメリットです。

本業とは別にお金が入ってくるので、今までよりも暮らしが楽になります。

不動産投資というと家賃収入のイメージが強いですが、売却益も魅力のひとつです。

アパートやマンションを安く購入して、高く売れば利益を得ることができます。

さらに、不動産投資はインフレ対策として有効な投資法です。

インフレになると物価が上昇するため、それに伴って不動産の価値も高くなります。

そうなると、家賃収入が増えることが予想できますし、売却することで大きな利益を得られるかもしれません。

株主優待

株主優待は廃止されることもある?

株主優待を目的に株を購入される人も珍しくありません。

そこで気になるのが株主優待廃止の可能性です。

せっかく株主優待を目的に買ったのに廃止されてしまったら困ってしまいますよね?

結論からいうと残念ながら廃止されることもあります。

そもそも株主優待は義務ではないので、会社側が絶対に何かをプレゼントをしないといけない訳ではありません。

あくまでも企業の好意にすぎないのです。

そのため、会社の経営が思わしくない場合、負担を減らすために株主優待を廃止する場合もあります。

株主優待目的で購入する際はこのことを忘れないようにしてください。

また、廃止はされなくても質が落ちてしまう可能性もあります。

今まで無料券だったものが割引券に変わったり、10000円相当のものがもらえていたのに5000円相当に変わってしまう場合も少なくありません。

保有している企業の株価が下がっている場合、もしかすると廃止される可能性も考えられるので心構えだけはしておいた方がいいでしょう。

株主優待アプリって何?

スマートフォンアプリの中には株主優待アプリというものが存在します。

では、この株主優待アプリとはどういったものなのでしょうか?

株主優待アプリの特徴は各企業の株主優待を検索できることです。

企業名を入力するとその企業の株主優待の内容が表示されます。

また、ジャンルから検索することもでき、食事券を選ぶと食事券を株主優待にしている企業が一覧表示されるので、簡単に比較することができます。

企業のホームページを一社一社確認する手間を省くことができるため、自分の求めている株主優待を見つけやすいです。

株主優待の内容だけではなく、その企業の株価やホームページも閲覧できます。

アプリによって特徴は異なりますが、検索機能は基本的にどのアプリにも備わっています。

無料アプリと有料アプリが存在しますから、まずは無料アプリから始めて、どのようなものなのか実際に見てみた方がいいでしょう。

無料であればイメージと違ってもリスクが少ないのでおすすめです。

面白い株主優待のオススメはある?

株主優待の中には面白いものがたくさんあります。

オススメは以下のようなものです。

・宝くじ
・工場見学会
・テレビ番組の収録見学
・野球観戦
・株主限定ビール
・住宅クリーニング

宝くじをプレゼントしてくれる会社もあります。

「宝くじには興味はあるけど自分で買うのはちょっと・・・」という人にオススメです。

工場見学ができる株主優待もあります。

普段では見ることができない工場の様子を見学できるので、家族連れにいいかもしれません。

テレビ局の株主優待の中には番組の収録見学ができるものもあります。

芸能人を間近で見ることができる絶好のチャンスです。

野球の観戦チケットをもらえるという株主優待もあり、野球好きに大変人気があります。

ディー・エヌ・エーがこの株主優待を行っています。

ビール会社の中には他では飲むことができない株主限定ビールを株主優待にしている会社もあり、お酒好きの方にオススメです。

また、住宅クリーニングを株主優待にしている会社もあって、ファミリー層に喜ばれています。

株主優待って売れるの?

株主優待の中にはもらっても自分に必要ないものもあるでしょう。

それなら売ってお金にかえたいと考える人も少なくないはずです。

では、株主優待は売ってもいいのでしょうか?

結論からいうと売っても問題ありません。

ただし、本人以外でも使えるもの限定です。

中には本人しか使用できないものもあるので注意してください。

みなさんがよく利用されている売り方は以下の2つです。

・ネットオークション
・金券ショップ

ネットオークションを見ていると様々な株主優待が出品されています。

人気のある株主優待だと落札されるので、お小遣い稼ぎにもってこいです。

お米券やビール券、図書カードなどを売りたい場合は金券ショップに行きましょう。

無期限かつ全国のどこでも使用できるものは高値で売ることができます。

期限が迫っているものは値段が下がってしまうので、売りたいと思ったら早めに売った方がいいです。

ものによっては売る時期で価格が変わることもあるため、タイミングを見計らって売るようにしてください。

株主優待の受け取り方って?

株主優待を受け取りたいけど、どうやって受け取ればいいのか分からないという人もいるでしょう。

まず、受け取るのにあたって何か手続きをする必要はありません。

会社の決算から2ヶ月~3ヶ月ほどで株主優待が届くので、ただ待っていればいいだけです。

株主優待は宅急便で送られてくるのが一般的で、書留と同じように押印をして受け取ります。

ただし、企業によって受け取り方は異なるので注意してください。

会社のホームページできちんと確認された方がいいです。

また、株主優待を受け取るためには権利確定日まで自分の名前が記載されていないといけません。

この権利確定日は各会社によって異なります。

つまり、株を保有していても権利確定日に自分の名前がないと株主優待を受け取ることができないということです。

会社の株主名簿に名前を記載させるためには名義書き換えの手続きが必要です。

これを忘れてしまうと株主優待をもらえません。

ただ、ネット証券を利用している人は手続きをしなくても問題ないです。

株主優待ってどんなもの?

株主優待とは株主に対し、株を保有してくれていることへの感謝の気持ちを込めて企業から贈られるサービスや品物のことをいいます。

内容は各企業によって異なりますが、以下のようなものが代表的です。

・自社製品
・食事券
・割引券
・乗車券の優待
・入場券

自社製品のプレゼントおよび格安で購入できる権利を株主優待としているところが多いです。

外食産業に多いのが食事券のプレゼントですが、割引券の場合もあります。

鉄道会社や航空会社といった運輸業の場合だと乗車券の優待が多く、不動産業の場合だとホテルの宿泊・住宅購入の割引が主流です。

ただ、他の業界と比べると不動産業はそれほど株主優待に対して熱心ではないといわれています。

テーマパークやアミューズメント施設系なら、入場券などが多いです。

株を購入する場合、その企業がどのような株主優待を行っているのかもチェックした方がいいでしょう。

上手く株主優待を利用することで、生活にプラスの影響をもたらすことができるはずです。

ANAの株主優待はなぜ人気がある?

ANAの株主優待は非常に人気があり、ネットオークションや金券ショップでも多く見かけます。

では、どうしてANAの株主優待は人気なのでしょうか?

それは使い勝手が非常にいいからです。

ANAの場合、1000株以上所有している方が株主優待を受け取ることができます。

株主優待の内容は以下の2つです。

・ANA国内線ご搭乗優待
・クーポン券

どちらかを選ぶのではなく、この2つをもらうことができます。

ANA国内線ご搭乗優待とは航空券の割引サービスのことです。

国内営業全路線において、片道1区間の普通運賃が50%引きされます。

大幅に安く搭乗できるので、飛行機をよく利用される方にとって、とても嬉しい株主優待だと思います。

また、クーポン券が入った冊子も1冊もらえます。

クーポン券を使えば、ホテルの宿泊料金が安くなったり、空港内の売店で割引サービスを受けることが可能です。

このような株主優待を受け取ることができるので、これを目当てに株を保有している人もたくさんいます。

株主優待の桐谷さんはどんな人?

みなさんは株主優待の桐谷さんをご存じでしょうか?

桐谷さんは知る人ぞ知る有名な投資家です。

どうしてそこまで有名なのかというと、ほとんど株主優待で生活をしているからです。

一般人の感覚からすると株主優待はおまけのようなものですが、桐谷さんにとっては生活をするための手段になっています。

株主優待のみで生活をしているので、生活費はほとんどゼロ円です。

これが桐谷さんが有名な理由です。

桐谷さんは無駄なく株主優待を使っています。

食事の優待券を使用する場合、その金額ピッタリになるように計算して使うことでお金を支払わずに済ませているのは流石です。

そして、映画が好きなら映画館の株を購入、食べるのが好きなら飲食店の株を購入といった具合に、初心者の方は自分が必要としている優待で株を選んだ方がいいとおっしゃっています。

また、使い勝手がいい優待を選ぶのも重要だとおっしゃっているので、参考にしてください。

この方の株主優待の使い方を真似することで、生活費を大幅に抑えられる可能性があります。

バイナリーオプションとは?

バイナリーオプションは税金がかかる?

バイナリーオプションで利益が出た場合、税金がかかるのでしょうか?

結論からいうとかかります。

ただし、全員がかかる訳ではなく、1年間で20万円以上の利益が出た人のみです。

そういった人は絶対に確定申告をしないといけません。

これは国内業者を利用しても海外業者を利用しても同じです。

逆にいうと、1年間の利益が20万円以下の人は税金を支払う必要はありません。

ただ、例外もあり、年収2000万円以上の人は20万円以下の利益でも確定申告をする必要があります。

そのため、自分の年収も関係してくると思ってください。

確定申告は毎年2月中旬~3月中旬くらいまでに税務署に行って手続きを行います。

もし、申告していないことが税務署にバレてしまった場合、税金を余分に支払う追徴課税が発生するので注意しないといけません。

バイナリーオプションでの利益が20万円以上になりそうな時はやっていてなんとなく分かると思います。

その際は税金のこともきちんと考えて、貯蓄をしておいた方がいいです。

お金が無いから払えないというのは通じません。

バイナリーオプションのデモって役に立つ?

バイナリーオプションのデモは役に立つのでしょうか?

結論からいうと役に立ちます。

そのため、やらないよりはやった方がいいです。

バイナリーオプションのデモを行うメリットは以下の通りです。

・ルールを覚えられる
・リスクがない
・相場の動きを把握できる
・画面操作の確認ができる
・口座を作る必要がない

まず、バイナリーオプションのルールを覚えることができます。

本やネットで読むよりも実際に行った方がルールを覚えやすいです。

仮に失敗しても全くリスクがないというのもデモのメリットだといえます。

仮想資金を用いて取引を行うので、失敗しても自分のお金が減ることはありません。

相場の動きを把握できるので、本格的に始めても、始めたらすぐに対応できます。

上がるのか下がるのかという単純なルールですが、相場の動きを理解していないと負ける可能性が高いです。

画面操作の確認ができるというのも大きなメリットです。

業者によって使い勝手が違うので、デモで使いやすいかどうかを確認してください。

口座を作る必要がないため、すぐにでも始めることができます。

バイナリーオプションの軍資金はいくら必要?

バイナリーオプションの軍資金は利用する業者によって異なります。

ただ、他の投資とは違い、10円程度の少額から行うことができます。

これがバイナリーオプションが初心者向けの投資といわれる理由のひとつです。

しかし、最低入金額が決まっているので、10円から始めることができても一回の入金額は5000円以上からというケースもあります。

では、初心者が始める場合、どのくらい軍資金を用意すればいいのでしょうか?

リスクをおかさないためにも、まずは最低入金額からスタートしてみてはいかがでしょうか。

5000円の場合は5000円、10000円の場合は10000円といったように最低入金額で始めて、自分に合っているのかどうかを判断した方がいいです。

この程度の金額であれば、もし、全て失っても大したダメージにはならないので、生活に影響を与えることはないでしょう。

これが10万円や20万円となると失敗した時のダメージが大きくなるので、慣れるまでは少額で行うようにしてください。

そして、できる限り少額で取引できる業者を探しましょう。

バイナリーオプションって詐欺もあるの?

バイナリーオプションは詐欺が多いともいわれていますが、本当なのでしょうか?

結論からいうと本当です。

バイナリーオプションは詐欺が多いので、気をつけないといけません。

投資家の軍資金を盗むために運営している業者が存在します。

そういったところを利用してしまうと当たり前ですが勝つことはできず、確実に資産だけが減っていきます。

例えば、サーバー障害が多く、勝ってもその際のトレードが取り消しになったり、出金要請をしたのにも関わらず、全く行われないというケースが多いです。

また、入金しても入金の確認が取れないという理由で、もう一度入金を迫ってくる業者もあります。

悪質な業者は基本的にリターン額が大きかったり、ありえないほど条件のいいキャンペーンを実施しています。

そして、あまりにも口コミの評価がいいところやブログなどで不自然なほど絶賛されているような業者も注意した方がいいでしょう。

ただ、全ての業者が詐欺を行っている訳ではないです。

しっかりと健全に運営している業者もあるので、それを見極める必要があります。

バイナリーオプションってどんなもの?

バイナリーオプションという言葉を耳にすることがあると思いますが、どういったものなのか知らない人も多いでしょう。

そもそもバイナリーオプションとは外国通貨取引のひとつです。

やり方は非常に簡単なので、初心者でも始めやすい投資だといわれています。

例えば、現在1ドル100円だと仮定します。

その相場が10分後に100円よりも上がっているのか、それとも下がっているのかを予想するのがバイナリーオプションです。

たったこれだけなので、全く投資をしたことがない人でも簡単に行うことができます。

また、上がる方に投資していた場合、1円でも上がっていればいいので、101円でもOKです。

逆に、下がる方に投資した場合にも、1円でも下がっていたらいいため、99円でも問題ありません。

そして、100円から101円になることを円安、100円から99円になることを円高といいます。

言い換えれば、一定時間の間に円安になるのか円高になるのかを予想するのがバイナリーオプションです。

バイナリーオプション業者の選び方って?

バイナリーオプションを始める場合、大事になってくるのが業者選びです。

いい加減に選んでしまうとトラブルに発展したり、儲けが少なくなる可能性があるので注意しましょう。

バイナリーオプション業者の選び方は以下の通りです。

・取引時間
・最低取引金額
・ペイアウト倍率
・国内か海外か

取引時間が自分のライフスタイルと合わないと思うような取引ができません。

都合のいい時間に取引ができる業者がどこなのか慎重に探してください。

最低取引金額とは最低いくらから取引ができるのかということです。

この金額は業者によって異なり、1000円からできるところもあれば、50円からできるところもあります。

初心者の場合、リスクを下げるためにもなるべく最低取引金額が低いところを選びましょう。

ペイアウト倍率とは予想が的中した際の払い戻し率のことです。

払い戻し率が高ければ高い方が勝った時の利益が大きくなります。

そして、国内の業者を選ぶのか、海外の業者を選ぶのかというのも重要になると思ってください。

国内業者は安全性が高く、手数料が安いというメリットがありますが、口座開設までの手続きが面倒です。

海外業者はペイアウト倍率が高かったり、キャンペーンサービスが充実しているというメリットがある一方で、安全性が低いというデメリットがあります。

バイナリーオプションは危険なの?

バイナリーオプションは初心者向けの投資だといわれていますが、危険性はないのでしょうか?

結論からいうと投資には全てリスクがつきものなので、当然バイナリーオプションにも危険性はあります。

では、どのような危険性があるのでしょうか?

バイナリーオプションの危険性は以下の通りです。

・誰でもできるほど簡単
・熱くなりやすい
・予想が外れたら取引に使った金額を全て失う

バイナリーオプションのメリットでもありますが、誰でもできるほどルールが簡単です。

相場が上がるのか下がるのかを予想するだけの投資なので、初心者でも気軽に始めることができます。

しかし、気軽に始めることができてしまうために、何も考えずに始めてしまう人が多いです。

ルールが簡単だからこそ、運だけで勝てると勘違いしてしまいがちです。

ギャンブル性も秘めた投資なので、熱くなりやすい人は注意しないといけません。

次は勝てると思っていると、どんどん負けが込んでしまって全財産を失うこともあります。

そして、予想が外れてしまった場合、取引に使った金額は全て失うというのもバイナリーオプションの怖さです。

バイナリーオプションってギャンブルなの?

バイナリーオプションはギャンブルだと言っている人も多いですが、本当にそうなのでしょうか?

結論からいうと、バイナリーオプションはギャンブルではありません。

バイナリーオプションはあくまでも投資です。

このことを理解せずに始めてしまうと、失敗する可能性が高くなります。

相場が上がるのか下がるのかを予想するだけなので、ギャンブルのように感じるかもしれません。

確かに運も重要になりますが、相場の動きを予測することによって的中確率が向上します。

運に全てを任せるのではなく、しっかりと分析をすることで勝率が大きく変わるので、ギャンブルと一緒にしてはいけません。

ギャンブルだと思っている人は何も考えずに運に任せてしまいがちですが、それではたまに勝つことができても勝ち続けることはできず、利益が損失を上回ることは難しいです。

そして、ギャンブルの場合、倍率がその時その時によって異なりますが、バイナリーオプションの場合はある程度決まっているという違いもあります。

ロト攻略

ロトは一等を狙わない方がいいの?

ロトは一等を狙わない方がいいといわれていますが、それって正しいのでしょうか?

これは考え方によって違います。

一回で数億円といった高額当選金を狙いたいのであれば、一等を狙わないといけません。

しかし、一等を狙うとなると、あまりにも確率が低いです。

確率が低すぎて、一生ロトで利益を出せずに終わる可能性もあります。

そこで、一等ではなく三等や四等、五等を狙って買うと当選する可能性が高くなりますよね?

つまり、コツコツ当ててマイナスを防ぐという方法だと思ってください。

一年間やり続けて上手くいけば、数十万円や数百万円といった大幅なプラスになるかもしれません。

億という現実味のない金額を追うよりも、数十万円という現実味のある金額を追った方が可能性があります。

どちらがいいのかはその人の考え方次第ですが、ロトによるマイナスを少しでも減らしたいのであれば、一等を狙わずに三等から下を狙った方がいいでしょう。

ちなみに、二等も一等と同じように可能性が低いので避けた方がいいです。

ロトってどんなもの?

宝くじの中に「ロト」という種類があります。

みなさんも名前は聞いたことがあると思いますが、具体的にどういったものなのか知らない人もいるのではないでしょうか。

普通の宝くじの場合、数字を自分で決めることはできませんが、ロトは決めることができます。

数字選択式宝くじというのがロトの特徴です。

そして、ロトには以下のようなものがあります。

・ロト7
・ロト6
・ミニロト

ロト7は1~37の数字から違う7個の数字を選択します。

ロト6は1~43の数字から違う6個の数字を選択し、ミニロトは1~31の数字から違う5個の数字を選択するというものです。

ロト7は1口300円、ロト6とミニロトは1口200円で販売されています。

当選金はロト7の場合が最高4億円、ロト6の場合が最高2億円、ミニロトの場合が約1000万円です。

仮にキャリーオーバーが発生するとロト7の1等当選金は最高8億円にまでアップします。

同じくロト6の場合も1等の当選金が4億円にアップするので、億万長者も夢ではありません。

ロトに攻略法ってあるの?

ロトに攻略法はあるのでしょうか?

結論からいうとありません。

これは他の宝くじにもいえることですが、攻略法というのは存在しないと思っていいでしょう。

攻略法があるという意見も多いですが、それはあくまでも当選確率をアップさせる方法に過ぎませんし、本当にその理論が合っているのか確認することも難しいです。

仮に何かの方法を試して当選確率がアップしたとしても当選しなければ意味がありませんよね?

惜しいだけでは損をしてしまうので、的中させないといけませんが、100パーセントの確率でロトを的中させるのは不可能です。

どんな方法を使ってもそれは不可能なので、攻略法はないと思ってください。

ただし、先ほどもお話したように当選確率をアップさせることはできるかもしれません。

過去のデータを参考にして数字を選ぶことで、何も考えずに購入するよりも可能性は高くなるはずです。

自分なりの攻略法を探してみるのも楽しいかもしれませんし、ネットなどで攻略法を探して試してみるのもいいでしょう。

でも、攻略法を有料で教えるというものは間違いなく詐欺ですから注意してください。

ロトはどこで買うの?

ロトを買おうと思った場合、どこに行けばいいのでしょうか?

基本的に宝くじ売り場に行けば購入できると思ってください。

ただし、すべての宝くじ売り場で販売されている訳ではありません。

宝くじ売り場によっては取り扱っていない場合もあるので注意しましょう。

販売している売り場にはロトの旗や看板などがあるので分かると思います。

スーパーやデパートに宝くじ売り場がよくあるので買い物ついでに立ち寄ってみるのもいいでしょう。

また、宝くじ売り場だけではなく、みずほ銀行のATMや店舗でも購入可能です。

近くにみずほ銀行があるなら、わざわざ宝くじ売り場に行く必要はありません。

店舗でロトを購入したい場合、営業時間に注意してください。

店舗によって営業時間が異なるので、せっかく行ったのに既に閉まっている場合もあります。

事前に営業時間を確認して、その時間内に訪れてください。

みずほ銀行のATMで購入する場合は8:00~20:00までとなっています。

ロト攻略アプリってどんなもの?

スマートフォンアプリの中にロト攻略アプリというものがあります。

一体これはどういったものなのでしょうか?

ロト攻略アプリの特徴は以下の通りです。

・過去の当選データから出やすい数字を教えてくれる
・選択した数字を保存できる
・次回抽選日を確認できる
・過去の当選番号を閲覧できる

過去の当選データが蓄積されており、その中から出やすい数字が何か教えてくれます。

いい加減に数字を選ぶよりも当選確率がアップします。

自分が選択した数字の保存も可能なので、後からどんな数字を選んで購入したのかの確認も可能です。

次回抽選日を確認できるので、買い忘れを防止することができます。

過去の当選番号を閲覧できるというのもロト攻略アプリの特徴です。

アプリの種類によって多少機能に違いはありますが、基本的にこのようなことができると思ってください。

有料アプリと無料アプリがあるので、まずは無料アプリから試してみた方がいいかもしれません。

また、使ったからといって絶対に当選できるというものでもありませんから、期待しすぎない方がいいでしょう。

ロトの攻略ソフトって役に立つ?

ロトの攻略ソフトは役に立つのでしょうか?

結論からいうとそれで当選するかは別にして、時間がない人には役立つかもしれません。

ロトは通常の宝くじとは違い、自分で数字を選ぶ必要があります。

数字を真剣に選ぼうと思うと過去のデータを参考にしないといけないので非常に時間がかかってしまいます。

時間がない人だとデータを参考に購入するのは難しいので、そういった人にとってロトの攻略ソフトの利用はいいかもしれません。

また、初心者にもロトの攻略ソフトはおすすめです。

ロトは基本的に運ですが、やり方によっては当選確率をアップすることができます。

しかし、初心者の場合はやり方を理解するまで時間がかかってしまいますよね?

そういった時に自動的に当選確率が高い数字を選択してくれる攻略ソフトの利用は有効な手段だといっていいでしょう。

ただし、ロトの攻略ソフトの中には詐欺紛いの物も存在しているので、いい加減に購入するのだけはやめてください。

ロトの当選金って税金がかかるの?

ロトが当たった場合、税金がかかるのか気になると思います。

もし、かかってしまうのであれば、もらう金額が一気に少なくなります。

では、実際のところロトの当選金には税金がかかるのでしょうか?

結論からいうとかかりません。

法律上非課税扱いになっているので、当選した場合はそのままもらうことができます。

競馬・競艇といったギャンブルの場合は課税対象となるので、利益によっては申告をしないといけません。

申告を忘れると脱税になってしまうので注意が必要です。

税金がかかるか、かからないのかは非常に大きな違いです。

例えば、仕事で4億円の収入を得るには8億円くらい稼がないといけません。

半分も税金になってしまうのは非常にもったいないですし、悔しいですよね?

それがロトなら全てもらえてしまいます。

ただし、当選金を受け取った後に誰かにそのお金をあげた場合は贈与税が生じるので注意しましょう。

もし、家族で分けたいのであれば、受け取る前に一人一人が受け取れるように手続きをしておいた方がいいです。

株をやる上での注意点

ネット株取引で気をつけた方がいいことって?

インターネットが普及したことにより、ネット株取引もメジャーな存在になりました。

ネット株取引は便利な一方、注意して行わないと大変な事態を招く可能性があります。

ネット株取引で気をつけた方がいいことは以下の通りです。

・システムダウン
・パソコントラブル
・情報に振り回されない
・金銭感覚に注意する

証券会社のシステムがダウンしてしまう可能性があります。

これは大きな損失に繋がるので、証券会社をいくつか使うようにした方がいいです。

パソコントラブルにも気をつけないといけません。

よくあるのがパソコンの操作ミスです。

1000株で注文したはずが、0が1つ多くて10000株を購入してしまうことがあります。

この場合はすぐに訂正または取り消し注文をして対処しましょう。

しかし、約定してしまうと、もう修正できないため諦めるしかなくなります。

パソコン操作にはくれぐれも気をつけてください。

また、インターネット上には情報が溢れていますが、その情報に振り回されないというのも重要です。

何が真実で何が嘘なのかを見極める力が必要になります。

そして、簡単に取引できてしまうので金銭感覚がおかしくなることが多いです。

ロスカットラインを決めておかないと大損する?

ロスカットラインを決めておかないと大損するといわれていますが、本当なのでしょうか?

結論からいうと本当です。

そもそもロスカットラインとは、ここまで株価が下がったら売るというラインのことで、損切りともいわれています。

これを決めておかないとずるずる損失が大きくなり、最終的に大損をする可能性があるのです。

株で大損をする人の大半は、このロスカットラインを決めていなかったり、決めていても守らなかったことが原因だと思ってください。

株価が下がり、ロスカットラインを下回ったとしても売らない人がいます。

これは「もしかするとまた上がるかもしれない」と思っているからです。

確かに上がる可能性もありますが、仮に上がらなかった場合のことを考えてください。

その場合、どれだけ早く手放すのかが鍵となるのです。

持っている時間が長ければ長い方が損失が大きくなってしまうので、リスクを考えてロスカットラインを下回った時点でスッパリと売るようにしてください。

この自分の中のルールを最後まで守ることができるのかどうかは株において非常に重要になってきます。

他人のアドバイスは信じない方がいいの?

株で成功するには他人のアドバイスを信じない方がいいのでしょうか?

まず、信じるかどうかの前にアドバイスは聞くべきです。

他人のアドバイスの中には勝つための重要なヒントが隠されている場合があります。

そのため、色々な人のアドバイスは聞いておいた方がいいです。

ただし、それを全て信じる必要はありません。

アドバイスの中には役に立たないものや状況を悪化させるものもあります。

そういったアドバイスを鵜呑みにしてしまうと失敗するので、信じなくても結構です。

自分の中でこれは使えるというアドバイスだけ吸収してください。

そして、そのアドバイスを実行するかどうかは自分次第です。

最終的には自分で決断しないといけないので、責任も自分にあります。

そのため、その人のアドバイスが本当に正しいのかどうかをじっくりと考えるようにしてください。

一見、正しいアドバイスのように見えて、実はたいしたことがなかったり、間違っている場合もあるので注意してください。

分散投資した方がいいの?

株で大損をしないためにも分散投資した方がいいといわれていますよね?

これはリスクを減らすためにも正しい考えです。

分散投資をすることで、本来受ける損失を軽くすることができます。

分散投資は以下のように大きく3つに分けられます。

・対象の分散投資
・時間の分散投資
・種類の分散投資

対象の分散投資とは複数の銘柄を購入するというものです。

1社に集中させてしまった場合、そこの株価が下がったら大損をしてしまいます。

しかし、複数の会社に投資することで、1社に何かあっても他の株がまだあるので大きな痛手にはなりません。

時間の分散投資とは投資する時期を変えるというやり方で、これも大損を防ぐために有効な手段です。

さらに種類の分散投資とは投資する商品自体を分散させるというもので、これも効果的です。

リスクを減らすためには分散投資がおすすめですが、デメリットもあるので覚えておきましょう。

分散投資のデメリットとはリスクが減る分、リターンも減ってしまうことです。

1つに集中させるよりも利益が少なくなります。

信用取引はしない方がいいの?

信用取引はしない方がいいといわれています。

これはリスクがあまりにも大きいからです。

自分が本来持っている資金よりも多く投資できるので、成功すれば通常の取引よりも利益が大きくなります。

これが信用取引の最大のメリットです。

しかし、こういった魅力がある一方で、重大なデメリットもあります。

まず、本来はできないような多額の投資ができるので、失敗した時の損失が大きくなり、取り返しがつかなくなるかもしれません。

さらにそのお金は借りているものです。

それを忘れてしまうと非常に危険なので注意してください。

信用取引をすると取引手数料の他に金利も発生するので、余分なお金がかかってしまいます。

また、保証金も必要になるので、ある程度まとまったお金も必要です。

こういったデメリットがあるので、初心者の場合は信用取引をしない方がいいかもしれません。

もし、するのであれば借金をしないような余裕のある計画的な投資を行うようにしてください。

株取引の禁止事項も知っておいた方がいい?

株取引には禁止事項というのがあります。

仮に禁止事項を破ってしまった場合、懲役や罰金を科せられます。

安全に株取引をするためにもこれから株を始める方はその禁止事項を知っておいた方がいいです。

株取引の主な禁止事項は以下の通りです。

・空売り規制
・インサイダー取引
・見せ玉
・風説の流布
・仮名取引や借名取引

空売りには規制が設けられており、これを破ってしまうと罰金を科せられることがあります。

インサイダー取引とは株価に影響を及ぼすような情報を知った上で、その情報が公開される前に事前に株式の売買を行う行為です。

見せ玉とは大量の売買注文をして、取り消し・訂正を繰り返し、株式相場が活発に見せかける行為をいいます。

風説の流布とは自分が利益を出すために嘘の情報を広める行為です。

インターネットが普及したことにより、自由に誰もが情報を発信できるようになっていますが、風説の流布に該当することは書かないようにしましょう。

架空の名義で取引を行ったり、家族などの名前を借りて取引を行うことも禁止されています。

なんとなく銘柄を決めるのはよくないの?

なんとなく銘柄を決めてしまう人も多いですが、これは危険なのでやめた方がいいです。

根拠もなしに銘柄を購入しても、損をする可能性が高いと思ってください。

初心者だと銘柄の選び方が分からないという理由で、カンに頼ってしまいがちですが、それが的中する可能性は極めて低いです。

選ぶ時はなんとなくではなく、きちんと根拠を持って銘柄を選ぶようにしてください。

それが株で失敗しないために必要なことです。

銘柄を選ぶ時の基本は業績の良さに注目しましょう。

企業情報や株価の情報をもとに今どの企業が伸びているのかを判断してください。

そして、銘柄を安く買うというのが株の基本です。

最初は難しいかもしれませんが、慣れてくるとどの株を買えばいいのか分かってきます。

ただ、分かってきても失敗することはあるので、リスクを考えた投資を行いましょう。

まずは自分にとって身近な企業または興味を持っている企業について調べるところからスタートしてください。

基礎知識を学んでおかないと危険なの?

これから株を始めようと思っている方は、先に基礎知識を学んでおいた方がいいです。

何も分からないまま始めてしまうのはあまりにも危険な行為です。

株をギャンブルと同じように運だと思っている方もいるかもしれませんが、それは違います。

確かに運も必要かもしれませんが、運だけでは勝つことができません。

何よりも知識が大切になってくるので、最低限の知識を勉強してから始めないと継続して勝つことができないです。

初心者が大負けをする理由としてこの勉強不足が一番大きいと思ってください。

なんとなく儲かりそうなイメージが強いからという理由で何も知らないまま適当に始めてしまう人が多いです。

当たり前ですが、そこまで株は甘いものではありません。

そんな簡単に儲けられるなら、みんな成功しています。

とはいっても、知識があれば、リスクを減らすことができるので、基礎知識くらいは身につけておくようにしてください。

そうすることで、重大な損失を生み出さずに済むはずです。

株の始め方

株の始め方の本を読んだ方がいい?

初心者の場合、株の始め方の本を読んだ方がいいのでしょうか?

結論からいうと読まないよりも読んだ方がいいでしょう。

全く何も分からない状態で初めても失敗するのが目に見えているので、ある程度の知識をつけた方がいいです。

インターネットを使えば大抵のことは調べられるものですが、勉強するのなら本の方が効率的です。

書店に行くとたくさん株に関する本が置いてあるので、自分に合ったものを探してください。

株の始め方の本を探す場合、注意したいポイントは以下の通りです。

・読みやすくて分かりやすい
・人気や口コミをチェック

本によって読みやすさや分かりやすさが異なります。

初心者の場合、文字だけではなく、イラストも使用して説明しているものの方が分かりやすいはずです。

また、専門用語の解説もきちんとされている本を選びましょう。

そして、人気や口コミをチェックするのも本を探す時に重要です。

人気が高い本や口コミがいい本は基本的に勉強しやすいので、インターネットを使って確認してください。

株ってどうやって買うの?

株を買いたいけど買い方が分からないという人も多いはずです。

では、どうやって株を買えばいいのでしょうか?

まず、株を購入したい場合は証券会社に口座を開く必要があります。

この口座がないと取引ができません。

口座の開設はインターネットで簡単にできますし、ネット証券の方が売買手数料も安いです。

口座を作ったら、その口座にお金を振り込みましょう。

手数料が発生する場合と発生しない場合があるので、証券会社や振り込む銀行にて確認してください。

次に購入する株を決めます。

初心者の場合は知名度が高い株を買った方が失敗が少ないのでいいでしょう。

購入する株が決まったら証券会社に注文を出してください。

そこで成立した場合、その株は自分のものです。

ネット証券の場合だと証券が発行されないので、ネット上で確認することになります。

仮に取引が不成立に終わった時はお金が戻ってきますから安心してください。

基本的にこのような流れで株を買うことになるので、購入を検討されている方はしっかりと覚えておきましょう。

株を始めるのに必要な資金はどのくらい?

副収入を得るためにこれから株を始めようと思っている人も多いのではないでしょうか?

そこで気になるのが株を始めるのに必要な資金です。

どのくらい資金があれば、株を始められるのか知りたいという人もいるでしょう。

まず、株を始めるだけなら多額の資金は必要ありません。

例えば、1株1円の株なら、1円から始めることができます。

ただ、手数料が発生するので、1円以上はかかってしまいますが、それだけ低予算で始められるということです。

また、100株や1000株といったように最低何株から買ってくださいというルールがありますが、証券会社が提供している商品の中には1株からでも買えるものがあります。

資金はあることに越したことはないですが、安く抑えようと思えば抑えることができるので、自分の予算に合わせて買うようにしてください。

初心者の場合は10万円~30万円程度の資金で始めることが多いので、そのくらいを目安にするのもいいかもしれません。

くれぐれも生活を圧迫するようなことがないように余裕を持った投資を行うようにしましょう。

株で利益って税金はかかる?

株で利益が出た場合、税金はかかるのでしょうか?

結論からいうとかかります。

そのため、利益が出た場合は税務署で確定申告をしないといけません。

ただし、利益が出たら絶対に確定申告をしないといけない訳ではないです。

株の利益が20万円を超えない場合はする必要がありません。

具体的にどのくらいかかるのかというと20.315%(所得税15.315%、住民税5%)の税金がかかります。

平成26年~49年まではこの税率です。

税率は上昇傾向にあるので、早めに始めた方がお得といえます。

また、確定申告が面倒という方もいると思います。

そういった方は特定口座を選択しましょう。

特定口座には源泉徴収ありと源泉徴収なしの2つがあり、源泉徴収ありにすると証券会社が税金を天引きしてくれるので確定申告をする必要がありません。

確定申告をする時間が無い人や面倒な人は源泉徴収ありにすると大変便利です。

ただ、仮に自分で確定申告をするとしてもそこまで難しくはないので心配する必要はありません。

スマホでも株を始められるの?

外出先でも株取引をしたいという人も多いと思います。

そういった場合におすすめなのはスマホでの取引です。

近年、急速に普及したこともあり、スマホでも株を始めることができます。

証券会社によっては、専用のアプリを用意しているところもあります。

スマホで株を始めるメリットは以下の通りです。

・いつでもどこでも株取引ができる
・口座開設や入出金処理もできる

一番のメリットはいつでもどこでも株取引ができることです。

パソコンが無くても取引ができるので、仕事の合い間や通勤途中にしている方も多いです。

空いた時間に取引をしたい人はスマホで始めた方がいいかもしれません。

また、口座開設や入出金処理もできます。

パソコンを使わなくてもできるので、全てにおいて便利です。

株アプリを選ぶ場合はどのような機能が使えるのか、どのくらい手数料がかかるのかなどを比較してください。

さらに出入金処理のしやすさも株アプリを選ぶ時に大事なことです。

自分にとって最適なものをじっくりと探してみましょう。

ネットで株を始めるにはどうしたらいい?

わざわざ証券会社に行かなくても手軽にネットで株を始めることができます。

では、どのようにすれば始めることができるのでしょうか?

まず、ネット証券会社を探してください。

情報量の豊富さやツールの多さ、手数料などを比較して、自分にとって最適なところを探しましょう。

次に、口座を開設します。

口座を開設するには申込書類と身分証明書のコピーを提出しないといけません。

記入漏れや間違いがあると申し込みができないので、提出前にしっかりチェックしてください。

必要書類を提出すると審査が行われます。

その審査に通れば、口座を開設することができ、ネットで株を始めることができます。

ネットで株を始める最大のメリットは、このように手軽に口座を開設できる点です。

窓口や電話で申し込みをするよりも簡単にできますし、自宅で手続きができるので時間が無い人でも気軽に始めることができます。

また、リアルタイムで売買ができるというのもネットで株をするメリットです。

証券会社の選び方って?

証券会社を選ぶ場合、以下のようなことを基準にしてください。

・手数料の安い証券会社
・少額投資ができる証券会社
・サービスを比較する

まず、最も重要なことは手数料の安い証券会社を選ぶことです。

手数料は証券会社によって異なり、当たり前ですが安ければ安い方がお得になります。

ただ、証券会社の中には一律定額制のところもあり、そういったところだと1日何度取引をしても手数料は変わりません。

取引回数が多い方は一律定額制の方が有利です。

初心者の場合、少額投資ができる証券会社を選ぶようにしてください。

証券会社によっていくらから投資ができるのか違うので、できる限り少ない金額から始められるところを選んだ方がリスクが少ないです。

そして、それぞれの証券会社のサービスの特徴を知り、比較してください。

リアルタイムの株価を知らせてくれたり、企業分析ができるサービスを提供しているところもあるので、自分にとって必要なサービスがあるかどうかをチェックしましょう。

買った株はいつ売ればいいの

買った株はいつ売ればいいのでしょうか?

これは人によってタイミングが様々なので、一概にいつ売ればいいのかは明言できませんが、自分が売りたいと思った時で構いません。

特にルールはないので、自分がそろそろ売ってもいいかなと思ったら売ってください。

しかし、いい加減に売っても仕方が無いので、最低でも「目標株価」と「損失」には注目しましょう。

どのくらい利益が出たら売るというのを最初に決めてください。

例えば、利益が10%出たら売ると決めているのなら、そこに達した時点で売ってください。

またパーセントではなく、1万円や2万円の利益が出たら売るというのもいいでしょう。

最初にこれを決めてしまえば、売るタイミングで悩むことはありません。

そして、損失が大きくなる前に売るというのも重要です。

これも先ほどと同じで、最初にどのくらい損失が出た時点で売るというのを決めておいた方がいいです。

そうすることによって損失を最小限に抑えることができます。

FXで負けないには?

勝率よりも損益率が重要なの?

FXは勝率よりも損益率が重要だといわれていますが、本当なのでしょうか?

結論からいうと、本当です。

勝率にこだわるよりも、損益率にこだわった方がいいと思ってください。

勝率は悪くないのに、利益が出ない人はたくさんいます。

例えば、10回取引をして、7回成功してもマイナスになる場合があります。

逆に、10回取引をして、5回の成功でプラスになることもあるでしょう。

どちらを目指せばいいのかというと、当然、後者です。

勝率が良くても1回の取引で大きな損失を出してしまって、それを取り戻せない場合もあります。

極端な話、10回取引をして、9回で1万円ずつ勝っていても、10回目で11万円の損失を出すとマイナスになりますよね?

いくら勝率が高くても、トータルで見てマイナスなら意味がないのです。

損益率は勝ちトレードの平均利益÷負けトレードの平均損失で計算することができ、数値が1でプラスマイナスゼロ、数値が大きくなるほど利益が出ているということになります。

この損益率を計算しながらFX投資をすると、自分の現状が理解できるはずです。

マージンコールにはどう対処すればいい?

FX初心者の場合、マージンコールの対処法がわからないという人も多いと思います。

FXで負けないためにも、この時の対処法をしっかりと知っておきましょう。

まず、マージンコールとは、大きな損失になる場合にFX業者が注意を促し、証拠金の追加入金を求める警告のことです。

FX業者が大損をしないために、マージンコールが存在しています。

基本的に、マージンコールは証拠金維持率が50パーセントを下回った時に警告されると思ってください。

ただし、FX業者によっても、マージンコールのラインは多少前後すると思った方がいいでしょう。

そして、マージンコールの対処法は以下の通りです。

・証拠金の追加入金
・損切りをする

この2つから選ぶことになります。

証拠金を追加で入金することによって、証拠金維持率が高まるので、これまでと同じようにFX投資を続けることが可能です。

また、損切りで証拠金維持率50パーセントを超えるように決済するという方法もあります。

どちらを選ぶにしても、速やかに対処した方がいいでしょう。

FX初心者が負けないためにはどうしたらいい?

FX初心者は知識も経験もないので、負けることが多いです。

では、負けないためにはどうすればいいのでしょうか?

FX初心者が負けないためには、以下のようなことを意識してください。

・損切りのポイントを設定する
・トータルで考える
・取引中に寝ない
・熱くならない
・突発的な買い増しをしない
・業者の信用リスクに注目する
・負けてもいいお金で始める

最初に、損切りのポイントを設定するというのが重要です。

これを設定していないと、大損をする可能性があります。

また、1つの取引ではなく、トータルで損益を考えるようにしましょう。

それに、取引中に寝てしまってチャンスを逃す初心者も多いので、注意してください。

熱くなりすぎずに冷静に取引するというのも、負けないためには大切です。

突発的に買い増しをする人は負けやすいので、やらないようにしてください。

業者の信用リスクをきちんとチェックすることや負けてもいいお金で始めるということも大事です。

FX初心者は、こういったことを意識して投資を行うようにしてください。

この中でも、熱くならないというのは非常に重要になります。

ギャンブルで熱くなってしまう方は、くれぐれも注意しましょう。

負けないためのFX業者の選び方って?

負けないためには、どのFX業者を選ぶのかというのが重要になります。

選び方を間違ってしまうと、予想外の損失を生む可能性があるので、注意しましょう。

FX業者を選ぶ際のポイントは、以下の通りです。

・取引手数料が無料、または安い
・スプレッドが狭い
・使い勝手がいい
・情報が満載
・取引通貨が多い
・取引単位が小さい

取引手数料は、FX業者によって異なります。

できる限り、無料の業者や安い業者を利用するようにしてください。

スプレッドは狭い方が反対売買が有利になるので、狭さで選ぶというのも重要です。

使い勝手がいいのかどうかも、FX業者を選ぶ場合に大切になってきます。

チャートが使いやすいか、操作性に優れているのかなどをチェックしてください。

情報が多ければ多いほど取引に役立てることができるため、最新の情報を常に配信しているところを選びましょう。

取引通貨が多いというのもチェックポイントですし、取引単位が小さい方がリスクが少なくなって負けづらいです。

スマホを活用すれば負けなくなる?

スマホを活用すれば、負けなくなるのでしょうか?

結論からいうと、絶対ではありませんが、勝てる確率は増えるかもしれません。

その理由は、以下の2つです。

・取引チャンスを増やせる
・すぐに取引ができる

スマホを活用することによって、単純に取引チャンスを増やすことができます。

パソコンで取引をする場合、主に自宅でしか取引することができません。

そのため、仕事中や移動中にしたいと思っても、取引できませんよね。

しかし、FXアプリを利用することで、仕事の合い間などにスマホで取引ができます。

取引回数が増えれば、それだけ利益を出すチャンスを増やすことが可能です。

ただし、逆もあるので、注意しましょう。

また、すぐに取引できるというのもスマホの魅力です。

重大な情報を入手し、それを基に取引をしようと思った場合、パソコンだとその場ですぐにできませんが、スマホなら場所を選ばずにどこでもできます。

勝てるチャンスをみすみす逃すことがないので、パソコンでFXをしている人はスマホも併用した方がいいかもしれません。

スワップ狙いなら負けないの?

FXの場合、スワップ狙いなら負けないといわれていますが、実際のところどうなのでしょうか?

絶対に負けないということはありませんが、勝てる可能性は高くなります。

FXにおいて、絶対に勝てるという方法はありません。

負ける確率を低くすることはできますが、ゼロにはできないので、どんな方法を用いたとしてもリスクは必ずあります。

ただし、スワップ狙いなら初心者でも簡単に勝つことが可能です。

みなさん、ご存知のように、日本の銀行にお金を預けても金利が異常に低いため、お金は増えません。

しかし、海外になると、日本よりも金利が高いところはたくさんあります。

日本の円をそういった金利の高い国の通貨に交換すると、金利に差額分が出ます。

何もしなくても自動的に差額分がどんどん増えていく、このような仕組みをスワップと呼ぶのです。

金利の高い国を探して、その国の通貨に換えるだけなので、特別難しいことは何もありません。

ただ、絶対にプラスになるという訳ではありませんから、そのことを理解した上で始めるようにしてください。

負けてたら確定申告はしなくていい?

FXは課税対象なので、確定申告をしないといけません。

ただ、気になるのが負けた場合に必要かどうかです。

勝った場合はしないといけませんが、負けた場合はしなくてもいいのでしょうか?

結論からいうと、負けた場合はどちらでも構いません。

原則として、確定申告をしないといけない場合は利益が出た時です。

そのため、負けた時はしなくても特に問題ありません。

しかし、これからもFXを続けるなら、負けた場合もできれば確定申告をしておいた方がいいでしょう。

なぜなら、確定申告をしておけば、翌年以降に発生した利益と相殺できるからです。

つまり、節税効果があるということなので、やらないよりもやっておいた方がいいと思ってください。

このことを損失の繰越控除と呼び、繰り越せるのは最長で3年になります。

確定申告というと面倒なイメージがあるかもしれませんが、するかしないかで税金が大きく変わってくるので、負けてもしておいた方がいいです。

初めてでやり方が分からない場合は、税務署で相談すると優しく教えてくれます。

FXでは損切りができないと負けるの?

FXでは損切りが重要だといわれていますが、それができないと負けてしまうのでしょうか?

結論からいうと、負ける可能性が高くなります。

損切りとはリスク管理のことなので、これができないと大金を失うかもしれません。

初心者が失敗する原因の大半は、損切りをしないことです。

早めに損切りをしておけば良かったのに、まだ結果は分からないと思ってしない人が多いです。

その結果、大損をするというケースが多いので、注意しないといけません。

FXにおいては、早めの決断が非常に大切です。

損切りをしようか迷っている間に、どんどん損失が大きくなっていくので、損切りは早めにした方がいいでしょう。

損失が小さければ、すぐに取り戻すことができますから、あまり熱くならずに冷静になってください。

それに、事前に損切りするタイミングを決めておくようにしましょう。

一度決めたことを絶対に守るようにすれば、損切りをするタイミングで迷うことはないはずです。

FXをこれから始める方は、一瞬の損益ではなく、トータルで考えるようにしてください。

日経225投資

日経225って何?

日経225という言葉を聞くことがあると思いますが、これは一体、何のことをいっているのでしょうか?

日経225とは、一般的に日経平均株価と呼ばれるものです。

東京証券取引所市場第一部に上場している銘柄の中でも代表的な225銘柄の株価指数のことをいいます。

日本を代表する企業の株価なので、下がった場合は日本全体の企業の株価が下がっていることになりますし、逆に上がった場合は日本全体の企業の株価が上がっていることになるでしょう。

そして、この225の銘柄は、みなさんご存知の日本経済新聞社が選んでいます。

選出している銘柄は全てどなたでも知っているような大企業ばかりなので、株式市場に興味がない人でも聞いたことがあるものが多いはずです。

そういった有名企業の銘柄を集めることによって、現在の日本の株式市場の状況が見えてきます。

また、225の銘柄は固定されている訳ではなく、入れ替えがあります。

業績が悪化すれば業績が好調なところと入れ替えることがありますし、倒産した会社は除外されるのです。

そのため、企業からすると日経225に選ばれるということは、非常に名誉なことだといえます。

日経225とくりっく365の違いって?

日経225とくりっく365には、どのような違いがあるのでしょうか?

主な違いは、以下の通りです。

・取引期限
・取引時間
・ロスカットルール
・金利相当額および配当相当額
・呼び値単位
・取引成立方法

日経225の場合、約3ヶ月という取引期限がありますが、くりっく365の場合は制限がありません。

取引時間も日経225とは違って、ほとんど24時間取引可能です。

逆に、ロスカットルールがくりっく365にはありますが、日経225にはありません。

また、くりっく365の場合、金利相当額および配当相当額の受払いがありますが、日経225にはないですし、呼び値単位はくりっく365が1円なのに対して、日経225は5円です。

取引成立方法は、日経225がオークション方式で、くりっく365が完全マーケットメイク方式となっています。

日経225とくりっく365には、このような違いがあるので、この点を理解した上でどちらが自分に合っているのかを判断して投資を行ってください。

日経225先物の方が儲かるの?

日経225先物は儲かるといわれていますが、本当なのでしょうか?

結論からいうと、儲かる人もいれば、儲からない人もいます。

この世の中に、絶対に儲かる投資というのはありません。

必ず儲かる人と儲からない人が存在するのです。

ただ、日経225先物は他の投資と比較すると、儲けやすいといわれています。

その理由は、以下の通りです。

・少額投資が可能
・空売りができる
・値動きが安定している
・取引できる時間が長い
・差金決済ができる

まず、少額から投資ができるので、初心者でも始めやすいですし、リスク管理を行うことができます。

やり方次第では、リスクを抑えながら少しずつ儲けることもできるでしょう。

空売りができるというのも、日経225先物の特徴だといえます。

相場が下落しても利益を出せるのは強みです。

それに、個別の株のように激しく変動せず、値動きが基本的に安定しています。

また、取引できる時間が長く、夕方以降の取引も可能です。

そして、差金決済ができるので、1日に好きなだけ取引ができます。

日経225ETFって?

日経225ETFとは、一体何のことでしょうか?

これを理解するためには、ETFを知らないといけません。

そもそもETFとは、証券取引市場でトレードされる投資信託のことをいいます。

普通の投資信託とは違って、株券みたいに証券取引所で取引できるというのが特徴です。

投資にかかる費用も少額から始めることができますし、売買しやすいというメリットがあります。

さらに、下落相場でも利益を目指せるというのも大きな魅力です。

この日経225バーションが日経225ETFです。

日経225は、東京証券取引所市場第一部に上場している代表的な225銘柄の株価指数のことをいいます。

ニュースなどで使われることが多い日経平均株価という別名の方がよく知られているかもしれません。

その株価指数への連動を目指す投資信託が日経225ETFです。

日経225を個別で買おうとすると、なかなか大変でしょう。

また、銘柄ごとに株価が変動しますから、日経平均株価と同じ値動きをしないこともあります。

しかし、日経225ETFなら、銘柄選びをする必要がないので、とても簡単です。

日経225とFXはどっちが稼ぎやすい?

日経225とFXはどっちが稼ぎやすいのか、気になっている人も多いのではないでしょうか?

これは非常に難しい問題で、その人によって違うと思った方がいいかもしれません。

どちらも投資という共通点はありますが、いくつか違う点があるので、そこを踏まえて、どちらが自分に合っているのかを判断した方がいいでしょう。

まず、日経225は日経平均株価、FXは外国為替が投資の対象になります。

日経平均株価の方が詳しいというのであれば、日経225を選択された方がいいですし、外国為替投資をずっとしているのであればFXの方がいいです。

どちらにも詳しくない投資初心者の場合には、日経225の方が稼ぎやすいかもしれません。

FXの場合は通貨の組み合わせが大切なポイントになりますが、初心者だと何が何だか分からないでしょう。

理解するためにはある程度の時間が必要になり、無知の状態で始めてしまうと失敗する可能性が高いです。

一方、日経225は投資対象が日経平均株価ですから、個別の銘柄を選ぶ必要がありませんし、株価は基本的に安定しているので、投資しやすいといえます。

日経225ミニってどんなもの?

日経225ミニとは、一体どういったものなのでしょうか?

日経225ミニは、簡単にいうと日経平均株価を対象にした先物取引のことです。

ただ、日経225先物とは違って、10分の1の証拠金で取引ができます。

具体的には、以下のような特徴があります。

・少ない証拠金で取引可能
・売買差益を狙える
・個別銘柄よりも分かりやすい
・夜間立会がある

まず、少ない証拠金で取引ができるのが日経225ミニの最大の特徴です。

資金が少ない人でも、気軽に始めることができます。

それに、相場が下落しても売買差益を狙えるので、他の商品よりも投資しやすいです。

個別銘柄ではなく、日本を代表する225銘柄ですから、銘柄選定で迷うことがありません。

親しみやすい銘柄ばかりなので、初心者でもスタートしやすいです。

また、個別銘柄よりも安定しているというのも、日経225ミニの魅力だといえます。

夜間立会があるため、夜でも取引可能なのも、日中忙しい人には嬉しいですね。

日経225ミニには、こういったメリットがありますが、もちろん、損をするリスクもありますから注意してください。

日経225は確定申告が必要?

日経225は、確定申告が必要です。

ただし、全員が全員しないといけない訳ではなく、条件にあてはまる人だけが行います。

その条件とは、年間の売買損益合計がプラスの場合です。

プラスになった場合には、確定申告を行い、税金を支払う義務があります。

逆に、年間の売買損益合計がマイナスの人は、確定申告をする必要はありません。

ただ、マイナスの時でも確定申告をしておいた方がいいでしょう。

なぜなら、損失の繰越控除の手続きをすることができるからです。

この手続きをすると、その損失を翌年度以降、最大で3年間繰り越すことができます。

そして、翌年度以降の利益と損益通算することが可能なのです。

そのため、たとえマイナスになってしまったとしても、確定申告はされた方がいいといえます。

確定申告の際に用意するのは、印鑑、源泉徴収票、取引報告書といったものです。

これらを持って、税務署で確定申告を行いましょう。

確定申告と聞くと、なんだか面倒なイメージや難しいイメージがあるかもしれませんが、実際にやってみるとそんなことはありません。

でも、期限が迫ると混み合うので、できるだけ早く行くようにしてください。

特に疑問点がないのなら、ネットで確定申告するというのも便利でいいですね。

デモトレードはした方がいい?

日経225投資をする場合、デモトレードはした方がいいのでしょうか?

結論からいうと、やらないよりもやった方がいいです。

デモトレードはバーチャルトレードとも呼ばれる、仮想マネーを使って取引に参加できるシステムのことをいいます。

本物の日経225投資とは異なるので、口座を開設したり、入金をする必要はありません。

デモトレードをするメリットは、以下の通りです。

・無料で参加できる
・基礎が学べる
・失敗してもリスクがない

無料で参加できるというのが、デモトレードの最大のメリットです。

基本的に、面倒な登録や手続きをしなくても、メールアドレスさえあれば参加できます。

どんなに自信がある人でも、まずは試しにやってみることが多いです。

また、基礎を学べるというのも、デモトレードのメリットでしょう。

日経225投資がどういったものなのか、理解できると思います。

関連書を読むよりも、実際にやった方が理解が深まるはずです。

それに、現実のお金を使っていないので、失敗してもリスクがないというのも、デモトレードのメリットになります。

FXで負けないには?

FX投資のデモトレードって役に立つの?

FX投資のデモトレードに関して様々な意見がありますが、やった方がいいのでしょうか?

結論からいうと、役に立ちますから、やった方がいいです。

デモトレードには、以下のようなメリットがあります。

・お金がかからない
・練習ができる
・FX業者の判断材料になる
・賞品がもらえる

FX投資のデモトレードにおいて一番のメリットは、仮想通貨を使って取引できることです。

実際のお金ではないので、リスクがなく、負けても何も問題ありません。

そのため、色々な取引の練習ができます。

本来だとリスクが高くてできないこともデモトレードならできるので、何をどうすれば駄目なのか理解するためにあえて失敗することも可能です。

そして、FX業者の判断材料になるというのも、メリットだといっていいでしょう。

FX業者によっても取引システムは異なり、自分にとって使いやすいところと使いづらいところがあります。

それを判断するためにも、デモトレードは有効です。

また、FX業者の中には、商品を用意しているところもあります。

上位に入賞すると外車などをもらえる可能性があるので、本気で楽しむことができるでしょう。

テクニカル分析ってどんなもの?

為替の動きを予測する方法として、テクニカル分析というものがあります。

テクニカル分析は、これからFXを始める人にとって重要な存在になるので、しっかりとどういったものなのかを理解しておいた方がいいです。

テクニカル分析とは、過去の値動きを分析して、今後の値動きを予測する方法のことをいいます。

ファンダメンタル分析という方法もありますが、これは世界情勢などが関係してくるので、初心者には難しいです。

そのため、初心者が値動きを予測する場合には、テクニカル分析を使用した方がいいでしょう。

そして、テクニカル分析を行うのに大切なことは、トレードスタイルをしっかりと決めることです。

超短期トレードを行うのか、それとも、長期トレードを行うのか決めてください。

トレードスタイルを決めたら、それに合った分析を行います。

例えば、長期トレードなら細かい分析をする必要はありませんが、超短期トレードなら細かく分析しないと役に立ちません。

必ずトレードスタイルに合わせて分析してください。

ナンピンなら勝ちやすい?

ナンピンなら勝ちやすいといわれていますが、実際のところはどうなのでしょうか?

そもそもナンピンとは、トレンドが自分の予想とは反対に向かっている場合に、損切りをするのではなく、さらに買い増しをするという手法をいいます。

こうすることによって、買いの平均購入価格を下げることができるでしょう。

具体的にいうと、相場が円安に動くと予想していたとします。

そこで、1ドル110円でドルを購入したのですが、予想が外れて相場が下落してしまいました。

1ドル104円になった時に、売るのではなく、逆に買い増しをすると、平均購入価格は107円になりますよね?

この場合には、相場が1ドル107円になれば、収支がプラスマイナスゼロになります。

しかし、この方法を使ったからといって、絶対に勝てる訳ではありません。

勝ちやすいどころか、初心者が真似すると大きな痛手を負うことになるので、注意しましょう。

なぜなら、動き出した相場はそう簡単に戻らないからです。

どんどん下がってしまって、大損をする可能性もあると思ってください。

FXで負けやすい人の特徴って?

FXで負けやすい人には、特徴があります。

以下のようなタイプは負けやすいので、注意してください。

・損切りのタイミングが下手
・すぐに熱くなり、ギャンブルに走る
・トレード時間を決めていない
・勘で売買する
・感情のコントロールができない

まず、負けやすい人の大半は、損切りのタイミングが下手だといえるでしょう。

早めに損切りができず、どんどん損失を増やしてしまいます。

すぐに熱くなってしまって、ギャンブルに走る人も負けやすいです。

負けが続いたら、その負けを取り戻すために、さらにお金をつぎ込むタイプは気をつけてください。

考えがあるのであればいいかもしれませんが、負けやすい人は一時の感情で考えもなしに投資することが多いです。

それに、トレード時間を決めずに、一日中パソコン画面を見ている人も負けやすいといっていいでしょう。

また、チャートを確認せずに、その時の勘で売買するタイプも負けやすいです。

運が良ければ勝てますが、いつまでも運は続きません。

そして、些細なことで一喜一憂するような感情のコントロールができない人も負けやすいです。

どうしたらFX投資のリスクを減らせる?

FX投資のリスクを減らすためには、どうすればいいのでしょうか?

代表的な方法は、以下の通りです。

・損切りは素早く行う
・FX口座に入れる資産に上限を設定する
・分散投資をする

まず、一番大事なことは、損切りを素早く行うことです。

戻るかもしれないと淡い期待をして待っていると、どんどん下落してしまうことがあります。

そうすると、損失がますます大きくなってしまうので、早めに損切りを行いましょう。

早めに行えば行うほど、リスクが減ります。

ただ、もしかすると、それから上がる可能性もあるので、場合によっては損をする可能性もあると思ってください。

それに、FX口座に入れる資産に上限を設定しましょう。

50万円なら50万円、100万円なら100万円といったように、あらかじめその金額だけでやると決めることによって、大きな損失を出しにくくなります。

また、分散投資をするというのも一つの方法です。

同じような動きをする通貨だけを持つのはリスクが高いので、動きが逆の通貨を組み合わせてください。

両建てをすれば負けにくくなる?

FXの売買手法に、「両建て」というものがあります。

この両建てをすれば負けにくくなるといわれていますが、本当なのでしょうか?

結論からいうと、両建てをすれば負けにくくなると思っていいです。

そもそも両建てとは、同じ通貨ペアで売りと買いの2つのポジションを持つトレードのことをいいます。

この手法を使用することで、損失の拡大を最小限に抑えることができます。

例えば、アメリカドルと日本円の通貨ペアで両建てをするとしましょう。

1ドル110円の時に売り、1ドル100円の時には買いというように、両方のポジションを持ちます。

そうすると、相場が上昇しようが下降しようが利益を出すことができますよね?

また、悪い方向に動いても損失が大きくなりません。

ただ、この方法は初心者にはあまりおすすめできないです。

なぜなら、初心者の場合だといつ両方決済すればいいのか分からないため、いつの間にか含み損が大きくなっている場合があります。

そのため、高度な知識と経験がないと失敗すると思った方がいいでしょう。

FX投資の資金管理って何をすればいい?

投資家の中には、FX投資で一番大事なことは資金管理だといっている人も多いです。

では、資金管理をする場合、具体的にどのようなことをすればいいのでしょうか?

資金管理のポイントは、以下の通りです。

・取引枚数を一定に保つ
・負けが続いたら取引枚数を減らす
・時には引く
・取引記録と資金の記録をとる
・分散決済で利益を確定させる

まず、取引枚数を一定に保つことが重要です。

状況によっては変えないといけない場面もあるかもしれませんが、基本的に取引枚数は一定に保ちましょう。

ただ、負けが続いてしまった場合には、取引枚数を減らすようにしてください。

一般的に、3連敗くらいで減らす人が多いですね。

それに、時には引くというのも重要になります。

負けを取り戻すためにどんどん投資してしまい、結局は大損をするケースがあるので、一度引いて冷静になりましょう。

また、取引記録や資金の流れなどをきちんと記録してください。

パソコンでその記録を管理し、データベース化することによって、勝てるようになるかもしれません。

そして、分散決済で利益を確定させるというのも大切です。

一部だけでも決済しておけば、相場が下がっても損を抑えられます。

FXで負けないための運用ルールって?

FXで負けないための運用ルールは、以下の通りです。

・暴落のリスクを考える
・ドルをメインにする
・所有通貨数を決めておく
・口座に余分なお金を入れておかない

まず、暴落のリスクをきちんと考えることが重要です。

暴落することはないような状況でも、一応はそのリスクを考えたトレードをしてください。

FXに絶対という言葉はないので、万が一のことも考えるようにします。

ドルの場合、利益が出しにくいですが、その代わりリスクも少ないです。

そのため、負けたくないのであれば、ドルをメインに行った方がいいでしょう。

投資を始める前に、所有通貨数を決めておくというのも重要です。

所有通貨の量をあらかじめ決めておき、それ以上のポジションは持たないようにしてください。

こうすることで、勝っても利益は少なくなりますが、損失も少なくなります。

また、負けが続くと、その負けを取り戻すためにどんどんお金を使ってしまう人も多いものです。

そうすると、大きな損失を生む可能性があるので、口座には余分なお金を入れないようにしておきましょう。

これは口座に貯金のお金も入れてしまうと、まだ余裕があると思ってつぎ込んでしまう可能性があるからです。

日経225投資

日経225オプションって?

日経225オプションとは、将来の特定日において、日経平均株価指数をあらかじめ決められた価格で売買できる権利のことをいいます。

では、この日経225オプションには、どのようなメリットがあるのでしょうか?

日経225オプションのメリットは、以下の通りです。

・少ない資金で始められる
・損失の限定ができる
・相場が停滞していても利益を追求できる

まず、少ない資金で始められるというのが、日経225オプションの最大のメリットだといっていいでしょう。

投資効率が良いので、資金がそれほどなくても大きな利益を得られる可能性があります。

そのため、お金はないけど株式投資を始めてみたいという人にいいかもしれません。

また、オプションの買い手は不利だと感じた場合、権利を放棄することが可能です。

つまり、損失を限定することができ、大損をする可能性が少ないということになります。

それに、仮に相場が停滞していても利益を追求できるというのも、日経225オプションの魅力です。

オプション同士の組み合わせ次第では、通常だと利益を出せない状況でも出すことができます。

日経225のアービトラージって?

日経225のアービトラージとは、一体どういったものなのでしょうか?

まず、アービトラージとは、「裁定取引」や「サヤ取り」ともいわれている価格差を利用して利益を生む取引方法のことです。

例えば、同じ商品でも販売している国や地域によって価格が違います。

そうすると、安いところで購入して、それを高いところで販売すれば、利益を出すことができますよね?

これを日経225に置き換えたものが日経225のアービトラージで、日経平均と日経平均先物の価格差を利用して行われることが多いでしょう。

日経平均から日経平均先物の理論価格を導き出し、日経平均先物の価格が理論価格よりも高くなった場合に先物売り・現物買いを行い、理論価格よりも先物価格が低くなった場合に先物買い・現物売りをします。

そして、理論価格に先物価格がサヤ寄せしたタイミングで反対売買をすると利益が出るでしょう。

この手法はリスクがないように思われがちですが、ノウハウや経験が必要なので、上級者向けの方法だといわれています。

リスクがなさそうという安易な考えで行ってしまうと、失敗する可能性がありますから要注意です。

日経225にはどんな銘柄がある?

日経225の主な銘柄は、以下の通りです。

・イオン
・ANAホールディングス
・ブリヂストン
・キヤノン
・ヤフー
・東芝
・東京電力
・住友不動産
・NTTドコモ

このような銘柄が、日経225の銘柄の中に含まれています。

どれも日本を代表する企業ばかりなので、みなさんが知っているところも多いはずです。

この225社の株価を平均したものを「日経平均株価」といいます。

日経225の銘柄は、ずっとそのまま固定される訳ではなく、入れ替わることもあります。

225銘柄を決めているのは日本経済新聞社であるために、日経225と呼ばれているのです。

日経平均株価は日本を代表する企業の株価の平均なので、これが下がるということは、日本企業の株価全体が下がっていると思ってください。

逆に、上がっているのであれば、日本企業全体の株価が上昇傾向にあると考えることができます。

株式投資をする上で、この日経225の存在は非常に影響が大きいので、常にチェックしておきたいところです。

日経225のイブニング取引って?

日経225のイブニング取引とは、16時30分~3時の時間帯の取引のことをいいます。

つまり、日中だけではなく、夜間取引もできるということです。

では、その時間に取引をするメリットとは、どういったものなのでしょうか?

主なメリットは、以下の通りです。

・取引機会が増加
・夜動く海外の市場に対応できる
・株式市場終了後のニュースに対応できる

取引機会が増加するというのが、日経225のイブニング取引の最大のメリットです。

日中は駄目だったとしても、夜間に取り戻すことができます。

夜というと価格が変動しないイメージですが、実は、夜でも変動することが多いので、狙い目です。

アメリカやヨーロッパといった海外市場は、夜に動きます。

そういった海外の取引時間に合わせて取引ができるというのも、日経225のイブニング取引のメリットといっていいでしょう。

また、株式市場終了後のニュースにも対応できるので、損失を軽減したり、回避することも可能です。

このように、色々なメリットがありますから、利用してみるのもいいかもしれません。

日経225にシステムトレードって使える?

システムトレードとは、過去の値動きを元に利益を出せる売買ルールを確立させ、その売買ルールに基づいて取引を行う方法のことです。

では、日経225において、システムトレードは使えるのでしょうか?

結論からいうと、使えます。

システムトレードにすると、以下のようなメリットがあります。

・お任せできる
・トレードにかける時間を削減できる
・トレードに個人差が生まれない

全てをお任せできるというのが、システムトレードで投資するメリットです。

その時の状況に合わせて、自分であれこれ考える必要がないので、取引が以前よりも楽になります。

ストレスが溜まりにくくなるため、初心者にもいいかもしれません。

トレードにかける時間を削減できるので、考える時間や勉強時間がない人でも、手軽に株式投資を始めることが可能です。

そのため、仕事で忙しい会社員の方に適しているといえます。

また、全てをシステムに任せますから、その人の能力というのはそれほど関係ありません。

トレードに個人差が生まれないというのも、システムトレードのメリットでしょう。

日経225の寄与度って?

日経225の寄与度の意味を知らない人も多いのではないでしょうか?

寄与度とは、日経平均に対して個々の銘柄がどのくらい影響を与えたのかを示すものです。

具体的にいうと、寄与度が20円の場合、その銘柄が日経平均を20円アップさせたことを意味します。

例えば、ソフトバンクやKDDI、NTTデータ、ファーストリテイリング、京セラ、JTといった銘柄は日経225の寄与度が高いです。

数値が高いほど、その日の日経平均株価に対して影響を与えたことになると思ってください。

そして、日経平均株価は、合計したみなし株価を一定の除数で割ると算出されるため、みなし株価が大きい銘柄ほど寄与率が高いことになります。

投資を行う場合、日経225の寄与度も参考にするといいかもしれません。

最初はよく分からないかもしれませんが、だんだん意味が分かってくるはずですから、焦らずにコツコツ勉強していくことが大切です。

日経225の寄与度の意味を知っているのと知らないのでは、大きな差が出てしまうので、まずは名前だけでも覚えておくようにしましょう。

日経225アプリってどんなもの?

スマートフォン向けの日経225アプリがあるのをご存知でしょうか?

以下のような企業から、リリースされています。

・ライブスター証券
・楽天証券
・マネックス証券

ライブスター証券の日経225アプリは、板情報が自動更新されるという特徴があります。

また、モーニングスターの株式新聞速報ニュースの閲覧も可能です。

楽天証券の場合は、板入力機能という文字入力をせずにタップで指値を入力できるシステムを導入しています。

パソコンと同じように注文できるというのも、楽天証券のアプリの特徴です。

マネックス証券のものは、オプション取引を除いた日経225先物と日経225ミニの取引に対応しており、マーケットニュースが随時配信されます。

このように、日経225アプリを利用することで、外出先でも簡単に取引ができるようになるでしょう。

さらに、最新の情報も入手できるので、株式投資を始める方はダウンロードしておいた方がいいかもしれません。

今回ご紹介したアプリの利用料は無料なので、ぜひお試しください。

日経225ノーロードオープンって?

株式投資について勉強していると、「日経225ノーロードオープン」という言葉を目にしたり、耳にしたりすることがあるでしょう。

では、日経225ノーロードオープンとは、どういったものなのでしょうか?

まず、ノーロードオープンとは、販売手数料が発生しない投資信託のことで、販売手数料が発生しないことをノーロードといいます。

そして、日経225をメイン投資対象として、日経平均株価の動きに連動した投資成果を目指す投資商品を「日経225ノーロードオープン」と呼ぶので、覚えておいてください。

ちなみに、原則として最低200銘柄以上を選定するのが特徴です。

それ以外の特徴として、大きく次の4つが挙げられるでしょう。

・購入時に手数料が発生しない
・1万円程度から始められる
・解約時の費用がかからない
・信託報酬が高め

日経225ノーロードオープンは、その名前の通り、購入時に販売手数料が発生しません。

それに、1万円程度からスタートできるので、資金に余裕がない方でも投資できるでしょう。

初心者の方でも、気軽に投資できますね。

解約時の費用がかからないというのも、日経225ノーロードオープンの特徴です。

また、信託報酬が年率0.84%と高くなっています。