桜の名所

四国で人気の桜の名所ってどこ?

四国で人気の桜の名所としては、以下のスポットが有名でしょう。

・ひょうたん桜公園
・妙見山公園
・道後公園

ひょうたん桜公園は高知県吾川郡仁淀川町にある有名な桜スポットです。

ひょうたんの形をしたつぼみが特徴的なエドヒガンは、樹齢約500年の古木として高知県の天然記念物に指定されています。

3月下旬~4月上旬にかけて見頃を迎え、週末になるとファミリー連れの姿を多く見かけます。

妙見山公園は徳島県鳴門市にある桜の名所です。

3月下旬~4月中旬がピークで、この時期に訪れると満開の桜が楽しめるでしょう。

夜になると綺麗にライトアップされて、夜桜観賞も可能です。

近くに鳴門ガレの森美術館があるので、お花見のついでに行ってみるのもいいかもしれません。

道後公園は愛媛県松山市にある面積8.6ヘクタールの大きな公園です。

ツバキカンザクラやソメイヨシノを3月から4月にかけて楽しむことができ、夜桜見物も満喫できます。

松山平野を見渡せる展望台からの景色も評判です。

北海道で人気の桜の名所ってどこ?

北海道で人気の桜の名所は、次の3箇所です。

・松前公園
・オニウシ公園
・別保公園

松前公園は松前郡松前町にある道内屈指の桜の名所で、日本さくら名所100選に選ばれています。

250種10000本以上の桜が植えられており、見頃は4月下旬から5月下旬の間です。

例年4月下旬から5月中旬にかけて、松前さくらまつりが開催され、様々なイベントが行われます。

オニウシ公園は茅部郡森町にあるロケーションに恵まれた公園です。

森町の固有種「駒見桜」や「堀井緋桜」といった珍しい桜を楽しむことができます。

道の駅に併設していることもあり、観光客にも大変人気があるスポットです。

シーズン中は来園者が多く、お花見客で賑わいます。

別保公園は釧路郡釧路町にある桜の名所です。

見頃が5月中旬~5月下旬と非常に短いのが特徴で、日本一遅いといわれている桜まつりが開催されます。

エゾヤマをはじめ、チシマ、クシロヤエザクラといった約700本の桜を楽しむことができるでしょう。

中部地方で人気の桜の名所ってどこ?

中部地方で人気の桜の名所は以下の通りです。

・大法師公園
・臥竜公園
・高田公園

大法師公園は山梨県南巨摩郡富士川町にある桜の名所です。

日本さくら名所100選に選定されており、桜のライトアップもあります。

3月下旬~4月上旬にかけて約2000本の桜が咲き乱れ、一面がピンク色に染まります。

園内から八ヶ岳や富士山が一望できる絶景スポットとしても親しまれているので、桜と一緒に楽しむのもいいでしょう。

開花状況に合わせて富士川町大法師さくら祭りも開催されます。

臥竜公園は長野県須坂市にあり、遊具や動物園などが周辺にあるので、子供連れに大変人気の公園です。

桜スポットとしても有名で、日本のさくら名所100選にも選ばれています。

約800本の桜を楽しむことができ、ライトアップもあるので、夜桜も堪能できます。

新潟県上越市にある高田公園には約4000本の桜が植えられており、4月上旬~4月中旬にかけて見頃を迎えます。

夜桜観賞は23時まで楽しむことができるので、あえて遅い時間に行ってみるのもいいかもしれません。

関西で人気の桜の名所ってどこ?

関西で人気の桜の名所といえば、次のスポットが外せないでしょう。

・万博記念公園
・和歌山城
・奈良公園

大阪府吹田市にある万博記念公園は桜の名所として有名です。

園内には9種類の桜5500本が植栽されています。

3月下旬~4月上旬にかけて見頃を迎え、桜まつりの期間中は夜桜観賞も楽しめます。

低料金で入場できるので、観光客にも人気のスポットです。

和歌山県和歌山市にある和歌山城は観光名所として有名ですが、桜の名所としても親しまれています。

ソメイヨシノをはじめ約600本の桜を眺めることができ、3月下旬~4月上旬に見頃を迎えます。

桜まつり期間中はライトアップされるので、夜桜観賞も可能です。

日中とはまた違う美しさを感じることができます。

奈良県奈良市の奈良公園は鹿で有名な観光スポットですよね。

ナラノヤエザクラやヤエザクラが植えられており、3月下旬~4月下旬に訪れると満開の桜が楽しめます。

色々な種類の桜が楽しめることもあって、この時期を狙って訪れる観光客も多いです。

東北で人気の桜の名所ってどこ?

東北で桜を見に行くのなら、次の3箇所をオススメします。

いずれも東北で人気の桜の名所です。

・芦野公園
・船岡城址公園
・前森公園

80ヘクタールという広大な敷地面積を誇る芦野公園は青森県五所川原市にあります。

桜の名所としても親しまれており、約2200本の桜の木が植えられています。

4月下旬~5月上旬にかけて見頃を迎え、夜桜観賞も可能です。

毎年行われる桜まつりには大勢の人たちが訪れます。

船岡城址公園は宮城県柴田郡柴田町にある桜の名所です。

日本さくら名所100選に選ばれており、地元の人はもちろん、観光客にも人気があります。

延長305mのスロープカーに乗れば桜のトンネルを楽しむことができます。

4月中旬~4月下旬に見頃を迎えるので、この時期に合わせて訪れてください。

前森公園は秋田県湯沢市にある桜の名所で、4月下旬~5月上旬が見頃です。

園内には約200本の桜が植えられており、シーズン中はたくさんの花見客で賑わいます。

ライトアップもあり、夜桜観賞も楽しめます。

中国地方で人気の桜の名所ってどこ?

中国地方で人気の桜の名所は、次の3箇所でしょう。

・千光寺公園
・打吹公園
・徳佐八幡宮

広島県尾道市にある千光寺公園は桜の名所として親しまれており、3月下旬~4月中旬にかけて見頃を迎えます。

日本さくら名所100選にも選定され、シーズン中は桜で埋め尽くされます。

日中だけではなく、夜桜見物を楽しむことができるというのも魅力です。

展望台から眺める景色も格別ですから、ぜひ訪れてみてください。

打吹公園は鳥取県倉吉市にある桜の名所で、日本さくら名所100選に選定されています。

3月下旬から咲きはじめ、4月上旬くらいまでが見頃です。

夜になるとボンボリが点灯し、夜桜も堪能できます。

また、開花時期に合わせて様々なイベントも開催されます。

徳佐八幡宮は山口県山口市にあるしだれ桜の名所です。

市の指定文化財天然記念物にも指定されており、県外からお花見に訪れる人も多いです。

約250本のしだれ桜とソメイヨシノを楽しむことができ、4月上旬~4月中旬に見頃を迎えます。

関東で人気の桜の名所ってどこ?

関東には桜の名所が数多くありますが、オススメのスポットを3つ挙げます。

・隅田公園
・県立三ツ池公園
・赤城南面千本桜

東京都墨田区にある隅田公園は都内でも人気の桜の名所です。

約640本の桜が植えられており、隅田川沿いに桜並木が約1km続いています。

屋形船に乗ってお花見を楽しむのもいいでしょう。

見頃は3月下旬~4月上旬です。

神奈川県横浜市にある県立三ツ池公園は関東屈指の桜の名所で、日本さくら名所100選に選定されています。

約78種1600本以上の桜を楽しむことができ、3月中旬~4月中旬に見頃を迎えます。

赤城南面千本桜は群馬県前橋市にある桜の名所です。

およそ500本の桜と15万株のシバザクラの両方を楽しむことができ、シーズン中は桜まつりが開催され、例年大勢の人が訪れます。

桜の見頃は4月上旬~4月中旬と短いため、早めに行かれた方がいいでしょう。

桜まつり期間はライトアップもされるので、日中だけではなく夜桜見物を楽しむのもいいかもしれません。

九州で人気の桜の名所ってどこ?

九州で人気の桜の名所を3つご紹介します。

・西公園
・城山公園
・母智丘公園

福岡県福岡市にある西公園は県内でも屈指の桜の名所で、日本さくら名所100選にも選ばれています。

3月下旬~4月上旬にかけて約1300本の桜が咲き乱れ、大勢の花見客で賑わいを見せます。

ロケーションも抜群で展望広場から博多湾、能古島、志賀島などを見渡せるというのも魅力です。

鹿児島県霧島市の城山公園は地元の人がよく利用する大きな公園です。

およそ34種類の桜が3万本以上植えられており、シーズン中は観光客の姿が多くなります。

4月になると満開を迎えて、夜間は豆電球でライトアップされます。

長い歴史を持つ母智丘公園は宮崎県都城市にある桜の名所で、南九州ナンバーワンとの呼び声も高いです。

日本さくら名所100選にも選定されており、約2kmの桜並木を堪能できます。

3月下旬~4月上旬に見頃を迎え、頂上から眺める景色も抜群です。

夜桜見物も可能なので、日中と夜間の2種類の表情を眺めることができます。

梅の名所

関東で人気の梅の名所ってどこ?

関東で人気の梅の名所を3箇所ご紹介しましょう。

・筑波山梅林
・桐生市南公園
・青葉の森公園

筑波山梅林は茨城県つくば市にある梅の名所です。

富士山を見渡すことができる絶景スポットとしても親しまれています。

紅梅、白梅、緑がく梅といった約1000本の梅を楽しむことができます。

見ごろは2月下旬~3月下旬で、入園料無料です。

桐生市南公園は群馬県桐生市にある総合公園です。

春になると豊後や白加賀といった600本以上の梅を観賞することができます。

見ごろは2月下旬~3月中旬で、この時期になるとたくさんの人でにぎわいます。

展望休憩所やテニスコート、運動広場なども完備しており、シーズン以外の来園者も多いです。

青葉の森公園は千葉県千葉市にある大きな公園です。

玉牡丹、鹿児島紅、唐梅、青軸など約1000本の梅の木が植えられており、種類が多いこともあって、他のスポットよりも長くお花見を楽しむことができます。

千葉市の中央にあるので、アクセスも快適です。

東北で人気の梅の名所ってどこ?

東北で梅の名所といえば、次のスポットが人気です。

・堤梅団地
・花見山
・西田町梅の里

堤梅団地は宮城県大河原町にある梅の名所です。

約6万平方メートルの敷地の中に白加賀、花香実、南高、石川など約3000本の梅の木が植栽されています。

3月中旬~4月上旬にかけて見ごろをむかえ、6月になると梅のもぎ取りができる「おおがわら梅まつり」というイベントが行われます。

花見山は福島県福島市にある梅の名所です。

蝋梅、白梅、紅梅など約300本の梅の花を楽しむことができます。

種類によって見ごろが異なり、蝋梅が12月~3月上旬、白梅と紅梅は2月上旬~3月下旬です。

この時期に訪れると美しい梅の花を観賞できます。

西田町梅の里は福島県郡山市にある梅の名所で、1万2000本の梅が植えられています。

梅だけではなく、桜や桃も楽しめる場所として有名です。

梅の見ごろは3月下旬~4月中旬です。

タイミングによっては、梅と桜の両方を楽しむことができます。

東北で梅を楽しみたい場合はこの3スポットに行ってみてはいかがでしょうか。

四国で人気の梅の名所ってどこ?

四国で人気の梅の名所は以下の通りです。

・七折梅園
・阿川梅の里
・南レク松軒山公園

七折梅園は愛媛県砥部町にある梅の名所です。

青軸、鶯宿、七折小梅、月世界、古城といった約16000本の梅が植えられており、2月下旬~3月上旬にかけて見ごろをむかえ、梅まつりも開催されます。

シーズン中はお弁当を持ってお花見を楽しむ人の姿を多く見かけます。

阿川梅の里は徳島県神山町にある県内最大規模の梅の名所です。

30万平方メートルという広大な敷地の中に鶯宿梅や南高梅など約1万6000本の梅が植栽されています。

見ごろは3月中旬で、収穫した梅は加工され、梅酒として販売されます。

景色もいいので、お散歩がてら楽しむというのもいいでしょう。

南レク松軒山公園は愛媛県愛南町にある公園です。

展望台から美しい景色を楽しむことができます。

遊具も設置されているので、子供連れに喜ばれています。

54種約8500本の梅を楽しむことができ、2月中旬~下旬になると見ごろをむかえます。

関西で人気の梅の名所ってどこ?

関西で人気の梅の名所には次のスポットが挙げられます。

・京都御苑
・梅宮大社
・金熊寺梅林

京都御苑は京都府京都市上京区にある広大な公園です。

市街地の中心に位置するため、地元の人はもちろん、観光客にも親しまれています。

2月中旬~3月中旬にかけて、紅梅、白梅、黒木の梅など約200本の梅の花を楽しむことができます。

梅宮大社は京都府京都市右京区にあります。

冬至梅、寒紅梅、大盃など35品種、約550本の梅の他にツツジや花菖蒲、アジサイなども観賞できます。

見ごろは例年2月中旬~3月中旬です。

この時期に訪れると大勢の花見客で賑わっています。

金熊寺梅林は大阪府泉南市にある梅の名所で、大阪みどりの百選にも選定されるほど美しい場所です。

2月中旬~3月中旬になると約2000本の梅の花が咲き乱れます。

基本的に入園料は無料ですが、盆梅庭園が開催される時は有料です。

関西にはこれ以外にも様々な梅の名所がありますが、この3つのスポットはぜひ候補に入れてください。

九州で人気の梅の名所ってどこ?

九州で梅の名所として特に人気のあるところをご紹介します。

・八木山高原花木園
・御船が丘梅林
・中尾山自然公園

八木山高原花木園は福岡県飯塚市にある梅の名所です。

紅梅や白梅など約1500本が植栽されています。

ツツジやアジサイをはじめ、キンモクセイ、山桜なども植えられており、季節を問わずお花見が楽しめるということもあって、一年通してたくさんの人が訪れます。

御船が丘梅林は佐賀県武雄市にある梅林です。

約5万坪という広大な敷地の中に紅加賀や白加賀といった梅の木が約3000本植えられています。

2月中旬~3月下旬に見ごろむかえ、シーズン中は観梅まつりが行われます。

5月には梅ちぎりが楽しめる「うめ~ランド」も行われるので、イベントに合わせて訪れるのもいいかもしれません。

中尾山自然公園は熊本県水俣市にある公園です。

2月中旬になると白梅など約1500本の梅を楽しむことができます。

見ごろが短いので、早めに訪れた方がいいでしょう。

敷地内には展望台があり、そこから眺める景色は絶景です。

中部地方で人気の梅の名所ってどこ?

中部地方で人気の梅の名所は、以下のスポットでしょう。

・田上町梅林公園
・安八百梅園
・はままつフラワーパーク

田上町梅林公園は新潟県田上町にある公園です。

園内には越の梅、しだれ梅、白梅、紅梅といった梅の木が約2000本植えられています。

見ごろは4月上旬で、例年4月の第1日曜には「田上うめまつり」というお祭りが行われ、大勢の人が訪れます。

安八百梅園は岐阜県安八町にある敷地面積約3.9ヘクタールの梅の名所です。

寒紅梅や道知辺など150種類以上の梅の木が1200本以上植栽されています。

1月下旬~3月下旬に見ごろをむかえ、シーズン中はイベントも多数開催されます。

はままつフラワーパークは静岡県浜松市にある約30万平方メートルの広大な公園です。

園内には約3000種の植物が植えられています。

300本の梅の木を楽しむことができ、例年2月中旬~3月上旬に見ごろをむかえます。

梅以外も充実しているので、季節折々のお花を楽しめる場所として有名です。

中国地方で人気の梅の名所ってどこ?

中国地方で人気の梅の名所を三箇所ご紹介します。

・野花梅渓
・梅の里公園
・満汐梅林

野花梅渓は鳥取県湯梨浜町にある梅の名所です。

野花豊後という湯梨浜町原産の梅が約2000本植えられています。

3月中旬~下旬に見ごろをむかえ、梅の観賞ツアーが開催されるほど人気があります。

梅の里公園は岡山県津山市にある大きな公園です。

約4万平方メートルの敷地内には鶯宿、甲州小梅、玉英、南高、白加賀、鹿児島紅梅といった約2000本の梅の木が植えられています。

見ごろは3月上旬で、開花時期に合わせて「梅の里梅まつり」が行われます。

満汐梅林は広島県三原市にある梅林です。

南高、玉英、豊後、しだれ梅といった約10種の梅の木が約1000本植栽されています。

3月中旬~下旬が見ごろで、シーズン中はイベントも開催され、6月になると梅のもぎ取り体験が行われ、観光客で賑わいをみせます。

中国地方で梅を観賞したい場合、この3つのスポットがおすすめです。

北海道で人気の梅の名所ってどこ?

北海道で人気の梅の名所としては、次の三箇所が挙げられます。

・三笠あすか梅の杜
・壮瞥公園梅林
・平岡公園梅林

三笠あすか梅の杜は三笠市にある広大な梅園です。

約10万平方メートルの敷地内には紅梅や豊後梅など約10000本の梅が植えられています

5月中旬~下旬に見ごろをむかえ、シーズン中は遠方から訪れる方も多いです。

5月には梅干種飛ばし大会やステージショーなどが楽しめる「みかさ梅まつり」が開催され、大勢の方で賑わいます。

壮瞥公園梅林は壮瞥町にある梅林です。

5月中旬~下旬になると約300本の梅を観賞できます。

絶景スポットとしても有名で、洞爺湖や羊蹄山を見渡せます。

平岡公園梅林は札幌市清田区にある梅の名所です。

約6.5万平方メートルの敷地面積の中に豊後性紅や豊後性白など約1200本が植栽されています。

開花状況は気温によって異なりますが、例年5月中旬ごろから綺麗な花を咲かせます。

シーズン中は市内はもちろん、札幌市外から訪れる人も多いです。

冬の海外旅行

冬の海外旅行|ハワイの見所って?

冬のハワイの見所はノースショアでのサーフィンです。

11月になると海の波が高くなるので、サーフィン大会がたくさん開催されます。

夏は暑くて仕方が無いですが、冬になると過ごしやすい気温になるので、サーフィンをする人も活発になります。

この時期は世界中のサーファーが訪れ、毎日のようにパーティーも開催されるので、サーフィンが好きな方は参加してみるのもいいでしょう。

また、12月になるとホノルルマラソンが開催されます。

日本からの出場者も多い大規模のマラソン大会です。

当日はマラソンだけではなく、様々なイベントも行っているので、お祭り気分を味わうことができます。

ただ、航空券の予約も難しいですし、非常に混雑するため、マラソンに興味がない人は少し時期をずらした方がいいでしょう。

そして、ホエールウォッチングをするなら冬がおすすめです。

クジラが12月~3月くらいまで、ハワイの海へやってきます。

普段では見ることができない大きなクジラを眺めることができ、旅の思い出になるはずです。

マウイ島に行くと陸からも見えるかもしれません。

冬の海外旅行|台湾の見所って?

冬の台湾の見所は温泉やエステではないでしょうか。

台湾には100以上の温泉があり、まるで日本のように入浴を楽しむことができます。

様々な泉質の温泉があるので、のんびりと過ごしてみるのもいいでしょう。

ただ、注意したいのが入浴マナーです。

日本のように人前で裸になる習慣がないので、温泉に入る際には水着を着用することになります。

このことを知らずに裸で入浴してしまうと大変なことになるので要注意です。

最近では水着不要の温泉もあるようなので、日本の温泉のように裸で入浴したい場合は事前に調べてみてください。

そして、女性におすすめなのがエステです。

日本では体験できないような気持ち良いエステを受けることができます。

鍼灸や足ツボといった日本でお馴染みのマッサージ店もあるので、気軽に利用できるはずです。

お店を探すのが面倒という場合は、ホテル内のエステを体験するのもいいかもしれません。

時間に余裕がある人は、このようにゆったりと冬の台湾観光を満喫してみてはいかがでしょうか。

冬の海外旅行|フランスの見所って?

冬のフランスは日が短いので、すぐに暗くなりますし、朝も明るくなるのが遅いです。

そのため、ちょっとリッチなホテルを利用して、のんびりと過ごすというのもいいかもしれません。

シャワーしかないホテルもあるので、のんびりと過ごしたいなら部屋にバスタブがあるかどうかを確認してください。

ホテルの近くを散歩するだけでも、夏のフランスとは違う街並みを見ることができ、楽しめると思います。

また、1月半ばになるとバーゲンが始まります。

これも冬のフランスの見所です。

ブランド品やお土産などを格安で購入できるので、ショッピングを堪能したい人はフランスのバーゲンを体験してみるのもいいでしょう。

そして、冬になると寒さが厳しいので、美術館やデパートをメインに楽しむというのもひとつの方法です。

美術館であればマティス美術館やルーブル美術館、オルセー美術館、デパートならギャルリー・ラファイエットやプランタンがおすすめです。

美術館とデパートなら外に出なくても一日中楽しむことができます。

冬の海外旅行|バリの見所って?

冬のバリの見所はクタ・ビーチです。

バリは日本と違って1年中暖かいのでいつ行ってもビーチで遊ぶことができます。

夏は行く人が多いので、航空券の予約が取れなかったり、宿泊料金が高かったりしますが、冬のバリなら問題ありません。

予約も夏よりは取りやすく、宿泊料金も割安です。

夏ではなく、冬のバリのビーチを楽しんでみるのもいいと思います。

また、買物を楽しみたいならウブド市場がおすすめです。

朝から様々なお店が営業しており、色々なものが売られています。

美味しいグルメやお土産などが充実しているので、半日くらいはここで時間を潰せるかもしれません。

もし、どこに行こうか迷った場合はウブド市場で時間を潰すのもいいでしょう。

値段交渉ができるので、お得に買うためにも頑張って交渉をするようにしてください。

場合によっては格安でお土産をゲットできるかもしれません。

それに、11月~12月というのは雨季なので、フルーツがより一層美味しくなります。

市場めぐりをして、フルーツを堪能するのもいいでしょう。

冬の海外旅行|タイの見所って?

冬のタイの見所はバンコクのチャイナタウン「ヤワラート」です。

ここで一日を潰すことができるので、あまり頻繁に移動したくない冬の期間にもってこいだと思います。

ヤワラートは日本にある横浜中華街だと似たような雰囲気です。

ショッピングとグルメが楽しみ方のメインになります。

ここでしか購入できないものやここでしか食べられないものもたくさんあり、気がつくと一日が終わっています。

ただ、ショッピングもグルメも業務用かと思うほど量が多いです。

また、ヤワラートには神社とお寺が併設されています。

これが日本の横浜中華街との大きな違いです。

大きな神社とお寺は人気の観光スポットなので、ぜひ訪れてください。

そして、金がたくさんあるというのもヤワラートの特徴です。

地元の人からすると金のイメージが強い地域だと思ってください。

タイの人は金を財産代わりに持っているので、その文化に触れることができます。

タイには博物館や美術館も多数あるので、ヤワラートを堪能した後に行ってみるのもいいでしょう。

冬の海外旅行|ドイツの見所って?

冬のドイツの見所は以下の3つです。

・クリスマスマーケット
・コンサート、オペラ
・美術館、博物館

まず、冬のドイツ観光でおすすめなのはクリスマスマーケットです。

11月25日頃~12月25日頃にかけて街の中心でクリスマス市が開催され、たくさんの屋台が並びます。

ドイツ名物のビールやソーセージ、グリューワインなどを味わえるので、絶対に行った方がいいです。

また移動遊園地が設置されることもあるので、子供と一緒に遊ぶのもいいでしょう。

冬のドイツは早い時間に暗くなってしまうので、屋内で楽しんだ方がいいかもしれません。

そこでおすすめなのが、コンサートやオペラです。

チケットがリーズナブルな料金で購入できるので、観光のついでに気軽に立ち寄れます。

そして、美術館や博物館に行ってみるのもいいでしょう。

年に2回ほど「ロング・ナイト・ミュージアム」というイベントがベルリンで開催されます。

これは18時~深夜2時の間ならベルリン市内のミュージアムをチケット1枚で楽しめるというイベントです。

冬の海外旅行|スペインの見所って?

スペインというと暖かいイメージが強いかもしれませんが、冬になると寒いですし、雪だって積もります。

特にアンダルシア地方では気温が一桁になるので、防寒対策はきちんとしてください。

そんな冬のスペインの見所はバルセロナやマドリッド方面です。

クリスマスシーズンに行くと街がクリスマス一色になり、綺麗なイルミネーションを見ることができます。

日本とは違った雰囲気のクリスマスを体験できるので、もし行くのならクリスマスに合わせるのもいいかもしれません。

そして、バルセロナに行くのならサグラダファミリア教会やカサ・バトリョ、マドリッドならプラド美術館などに行かれてみてはいかがでしょうか。

また、冬になるとスペインの煮込み料理が味わえます。

豚の腸詰とレンズ豆を煮込んだ料理など色々な煮込み料理を堪能できるので、グルメをメインにしてもいいでしょう。

日本だと鍋を食べる機会が増えますが、スペインの場合は煮込み料理が多くなります。

リゾート地に行くと夏よりも宿泊料金が安いので、利用しやすいです。

冬の海外旅行|イタリアの見所って?

イタリアは観光スポットが非常に多く見所満載の国です。

冬のイタリアの見所は色々ありますが、美術・芸術に絞ってみるのもいいかもしれません。

イタリアは長い歴史を持つ国なので、美術・芸術が盛りだくさんです。

代表的なのは、コロッセオやサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂、サン・ピエトロ大聖堂、システィーナ礼拝堂、ウフィッツィ美術館、バチカン美術館、カピトリーノ美術館といったところではないでしょうか。

また、ローマにあるパンテオンやミラノのサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ修道院にあるレオナルド・ダ・ヴィンチが描いた最後の晩餐も見た方がいいでしょう。

そして、イタリア料理を楽しむというのもおすすめです。

寒い冬はパスタやピザといったイタリア料理が美味しい季節なので、レストラン巡りをするのも楽しいと思います。

ワインでも有名な国なので、お食事の時にワインも一緒に楽しむのもいいでしょう。

それに、プラダ、グッチ、ブルガリといった高級ブランド店が立ち並んでいますから、ショッピングも楽しめます。

冬の国内旅行

【冬の国内旅行】中部地方で冬楽しめるスポットって?

中部地方で冬楽しめるスポットとして、以下の三箇所の温泉施設が挙げられます。

・ナステビュウ湯の山
・八尾ゆめの森ゆうゆう館
・せせらぎの郷

ナステビュウ湯の山は、新潟県にある民営の温泉です。

ホウ酸含有量は日本トップクラスだといわれており、体の芯まで温まることができます。

展望露天風呂やサウナ付き大浴場などを完備していて、特に展望露天風呂からの眺めは一見の価値があるでしょう。

また、メニュー豊富なお食事処もあります。

富山県にある八尾ゆめの森ゆうゆう館は、低料金で楽しめる温泉施設です。

露天風呂をはじめ、打たせ湯や気泡浴など、浴槽の種類も豊富です。

そば打ち体験施設を併設しているので、ついでに楽しんでみてはいかがでしょうか。

せせらぎの郷は石川県にある温泉施設で、サウナや露天風呂でのんびりと旅の疲れを癒すことができます。

バーベキューエリアやハイキングコースなども敷地内にあるので、アウトドア好きな人にはもってこいです。

石鹸やシャンプーなどもあるため、最低限の荷物で楽しむことができます。

それに、お食事処もあるので、お腹が減っても問題ありません。

【冬の国内旅行】中国地方で冬楽しめるスポットって?

中国地方で冬に楽しむのなら、次の3つの入浴施設がオススメです。

・湧くわく天然温泉ラピスパ
・出雲ゆうプラザ
・獅子伏温泉

湧くわく天然温泉ラピスパは、鳥取県にある入浴施設です。

露天風呂は、「パティオ風呂」と「ガーデン風呂」の2種類があり、月の前後半で男女入れ替わります。

温泉だけではなく、サウナや岩盤浴、プールなども楽しめるので、長時間滞在可能です。

レストランも完備していますから、お食事も楽しめます。

島根県の出雲ゆうプラザは、アトラクションが充実したファミリー連れにおすすめの入浴施設です。

ウォータースライダー、流水プールといったアトラクションをはじめ、ハーブサウナやジャグジーなどもあります。

広々とした無料駐車場もあるので、利用しやすいでしょう。

獅子伏温泉は、広島県のウイングパークホテル内にある温泉施設です。

日帰り入浴も可能となっており、宿泊者以外でも利用することができます。

最寄り駅から徒歩10分とアクセスも良く、観光客に人気です。

レンタル・販売も充実しているので、手ぶらで訪れることができます。

【冬の国内旅行】四国地方で冬楽しめるスポットって?

四国の冬に楽しめるスポットとして、次の3つの入浴施設をご案内します。

・天然の湯あいあい温泉
・クアタラソさぬき津田
・道後温泉本館

天然の湯あいあい温泉は、徳島県にある温泉施設です。

お風呂の種類が多いと評判で、ひょうたんの形をした露天風呂などがあります。

露天風呂では、夜空を眺めながらのんびりした時間を過ごせます。

入浴料が安いので、気軽に利用することが可能です。

香川県にある人気の入浴施設クアタラソさぬき津田は、ミネラルたっぷりの海水露天風呂や寝湯、ミストサウナなどを楽しむことができます。

ウォータースライダー付きのプールがあり、子供たちも大喜びです。

最寄駅から徒歩15分くらいですから、観光がてら気軽に利用できるでしょう。

愛媛県の道後温泉本館は、国の重要文化財に指定されている貴重な入浴施設です。

趣が異なる「神の湯」と「霊の湯」の2種類の浴場があります。

湯上りにお茶やお団子が楽しめるコースもあるので、そちらを利用されるのもいいかもしれません。

【冬の国内旅行】北海道で冬楽しめるスポットって?

北海道で冬を楽しむのなら、次のスキー場に行くといいでしょう。

・札幌国際スキー場
・富良野スキー場
・ニセコビレッジスキーリゾート

札幌国際スキー場は、札幌中心部からのアクセスが良く、観光客でも利用しやすいスキー場です。

天候が良ければ、日本海や小樽の町並みを楽しみながら滑走できます。

スキースクールやレンタルもあるので、初めてウィンタースポーツに挑戦するという人でも安心です。

富良野スキー場は、ドラマ「北の国」からの舞台にもなった富良野市にあるスキー場で、個性的な2種類のゲレンデで構成されています。

北海道の大自然を感じながら、スキーやスノーボードが楽しめるのが魅力です。

存分に遊んだ後は、富良野市内で観光を楽しむのもいいでしょう。

ニセコビレッジスキーリゾートは、北海道屈指のリゾート地にあるスキー場です。

北海道のスキー場の中でも難しいコースが多いので、ベテランスキーヤーに向いています。

普通のスキー場では満足できないという上級者は、ぜひ利用してみてください。

近くにホテルもあるので、アクセス抜群です。

【冬の国内旅行】関西で冬楽しめるスポットって?

関西で冬を楽しむのなら、以下のスキー場を訪れてみるといいかもしれません。

・箱館山スキー場
・奥伊吹スキー場
・おじろスキー場

滋賀県にある箱館山スキー場は、多彩なコースがありますから、自分のレベルに合わせて楽しむことができます。

中でも、全長3500mの歩くスキーコースが目玉です。

イベントも開催されるので、その日に合わせて利用するのもいいでしょう。

イベント時には、PRキャラクターのハッピーハコちゃんにも会うことができます。

奥伊吹スキー場は、滋賀県にある関西最大級のゲレンデです。

一面パウダースノーに覆われており、快適な滑りを楽しむことができます。

初心者向けのコースから上級者向けのコースまで用意されていますし、駐車場も広々としています。

おじろスキー場は、兵庫県にあるコンパクトなスキー場です。

それほど大きなスキー場ではありませんが、コースの種類が豊富でどれも趣向が異なり、多くの人に利用されています。

キッズパークも完備しているので、家族連れにも大好評です。

【冬の国内旅行】関東で冬楽しめるスポットって?

関東で冬を楽しむのなら、次の三箇所のスキー場に行ってみてください。

・日光湯元温泉ファミリースキー場
・万座温泉スキー場
・パルコール嬬恋スキーリゾート

日光湯元温泉ファミリースキー場は、栃木県にあるファミリー向けのスキー場です。

首都圏からのアクセスも良く、気軽に訪れることができます。

初級者でも安心して楽しめるコースが充実していますし、子供専用スペースも設けられています。

景観にも恵まれているので、栃木県屈指のスキー場といっていいでしょう。

群馬県にある万座温泉スキー場は、パウダースノーが楽しめる人気のスキー場です。

小さな子供から年配の方まで、誰でも楽しめるコース設計になっています。

上級者コースもありますから、ベテランスキーヤーもしっかりとスキーを満喫できるはずです。

スキーを楽しんだ後は、疲れを次の日に持ち越さないために、近くの温泉で汗を流すといいかもしれません。

群馬県のパルコール嬬恋スキーリゾートは、関東最大クラスのスキー場でコースの種類が豊富です。

スキーやスノーボードの他にも、スノーラフティングやそり遊び、雪上車乗車体験など、様々なウィンタースポーツが楽しめます。

【冬の国内旅行】東北で冬楽しめるスポットって?

東北で冬楽しめるスポットとしては、以下のスキー場と温泉施設があります。

・会津高原だいくらスキー場
・酸ケ湯温泉
・べっぴんの湯

会津高原だいくらスキー場は、福島県にある穴場のスキー場です。

中心街から遠いこともあり、それほど有名ではありませんが、利用者が少ないため、のびのびと楽しむことができます。

レンタルも充実しているので、初心者にもおすすめです。

酸ケ湯温泉は青森県にある東北屈指の人気温泉施設で、ひば千人風呂と呼ばれる混浴大浴場が有名です。

浴場のアメニティも充実しており、気軽に利用することができます。

お食事処もありますし、宿泊もできますから、旅の拠点にするのもいいかもしれません。

岩手県にあるべっぴんの湯は、その名の通り、肌がすべすべになる温泉施設です。

サウナや露天風呂もあり、入浴料金もリーズナブルなので、利用しやすいと評判です。

タオルやバスタオルなどの販売も行っているため、手ぶらで訪れることもできます。

冬の東北観光を計画している人は、この3つのスポットを候補に入れてみれてはいかがでしょうか。

【冬の国内旅行】九州で冬楽しめるスポットって?

九州で冬を楽しめるスポットは、以下のようなところでしょう。

・べんがら村
・博多湯
・吉祥の湯

べんがら村は、福岡県にある複合施設です。

温泉をはじめ、レストランや農産物直売コーナーなどがあり、観光客に人気があります。

浴場からのロケーションは抜群で、のんびりと温泉を楽しむことができます。

露天風呂、サウナ、電気風呂の他に家族風呂もあるので、ファミリー層からの評判もいいですよ。

福岡県の博多湯は、古い歴史を持つ老舗共同浴場です。

格安料金で100パーセントかけ流しの温泉が楽しめるということもあって、たくさんの人が訪れます。

2階に休憩室が設けられていますから、入浴後にゆっくりとお休みすることもできます。

吉祥の湯は熊本県にある温泉施設で、露天風呂のみというこだわりがあります。

様々な種類の露天風呂が完備しているので、飽きが来ないと評判です。

また、小さなお子さま連れでも気兼ねなく入浴できる貸切家族風呂もあります。

景観にも優れているため、心を癒すのにもいいでしょう。

各地のパワースポット

中国地方で有名なパワースポットって?

中国地方で有名なパワースポットですが、何と言っても出雲大社が一番ではないでしょうか。

縁結びのご利益があるとして、日本各地から参拝客が訪れるほど人気で、出雲大社のお守りはお土産としても大人気です。

また、10月は神様が一つの場所に集まるので、神無月と呼ばれていますが、出雲大社はその神様が集まる神社であるため、周辺の地域では神在月と呼んでいます。

それに、八重垣神社もパワースポットとして有名で、こちらも恋愛や縁結びにご利益があるといわれている神社です。

鏡の池占いで知られており、社務所で占い用の和紙を購入して、鏡の池に浮かべて硬貨をのせます。

近くで沈めば良縁は近くにあり、遠くで沈むと遠くにあるといわれています。

そして、すぐに沈めばすぐに出会いがあって、沈むまでに時間がかかれば出会いが訪れるまでに時間がかかるでしょう。

玉作湯神社も縁結びの神様として有名なパワースポットで、ハート形の石畳があったりと見た目にも可愛い造りがちらほらあります。

願い石と叶い石で有名ですので、ぜひ参拝に訪れた際にはご祈願してみてください。

中部地方で有名なパワースポットって?

中部地方で有名なパワースポットの一つが、長野県にある諏訪大社で、日本最古の神社とも言われているほど歴史があります。

諏訪大社の諏訪明神は、五穀豊穣、生命や生活を守ってくれる神として祀られており、交通安全、子授け、安産などのご利益があると信仰されています。

子授かり祈願に訪れる方が多いのですが、参拝箇所が4か所に分かれているのも諏訪神宮の特徴なので、どこに参拝すればいいのか、事前に調べていくといいでしょう。

もちろん、よりご利益を得たいなら、4か所全部参拝してもかまいません。

また、諏訪神宮内には、パワーがあるといわれている石が点在しており、その一つ一つに気が宿っています。

愛知県にある熱田神宮(あつたじんぐう)も、パワースポットとして有名な神社で、三種の神器の一つの草薙剣(天叢雲剣)が御神体です。

エネルギーが非常に強く、参拝途中にそのエネルギーを感じる人が多いでしょう。

どちらのパワースポットも、とてもオススメですので、興味のある方はぜひ足を運んでみてください。

四国で有名なパワースポットって?

四国で有名なパワースポットに、金刀比羅宮があります。

正式な名称は「ことひらぐう」ですが、近隣の人や参拝客からは「こんぴらさん」という愛称で親しまれていて、海上の安全を司る神様が祀られています。

全部で1368段の石段があることでも有名ですから、体調を万全にして訪れてくださいね。

また、大歩危(おおぼけ)も有名なパワースポットの一つです。

渓谷なので空気が澄んでいますし、100年以上の歴史がある大歩危峡観光遊覧船を利用すれば、美しい風景を堪能できて、とても癒されるでしょう。

カップルで行くのなら、徳島県美馬市にある恋人峠がいいかもしれません。

フェンスに二人で錠をかければ、永遠に結ばれるといわれています。

それに、松山城もパワースポットとして知られているので、愛媛県に行く予定があるなら、ぜひ訪れてください。

大天守から絶景を眺めることもできますし、重要文化財も多いです。

夏目漱石の「坊ちゃん」の舞台としておなじみの道後温泉にある玉の石も有名なパワースポットで、縁結びや商売繁盛、病気が治るというご利益があるでしょう。

関西で有名なパワースポットって?

関西には、有名なパワースポットがとてもたくさんありますので、自分の祈願したいことから選ぶといいでしょう。

例えば、恋愛成就を願うのであれば、京都地主神社がオススメです。

縄文時代から伝わるといわれる恋占いの石で、恋の行方を占うのもいいでしょうし、触ってパワーをもらうのもいいかもしれません。

どんな願いごとも一つだけ叶えてくれるというおかげ明神の社で、恋愛成就を願うのもいいですね。

逆に、悪縁を絶ちたいという方は安井金毘羅宮に行きましょう。

安井金毘羅宮には、縁切り縁結び碑があり、おふだに切りたい縁や結びたい縁を書いて穴をくぐると願いが叶うといわれています。

人だけでなく、悪い習慣との縁も切ってくれますから、何か止めたいことがある方にもオススメのパワースポットです。

どうにもやる気が出ない、気力を回復したいという時には、大阪の難波茶臼山堀越神社に行ってください。

この神社には、神霊が宿っているとされる樹齢550年の楠があって、触れることもできます。

金運をアップしたい、玉の輿にのりたいという方は、御金神社に行くといいでしょう。

金属の全てを司る神様が祀られている神社で、鳥居が黄金ですし、お財布に入れる小判型のお守りもあります。

北海道で有名なパワースポットって?

北海道にもたくさんのパワースポットがありますが、その中でも有名なのが摩周湖です。

摩周湖の景色は他のパワースポットに比べても温かみがあって、見ているだけで心が浄化されるでしょう。

摩周湖は空と山、湖の色味が幻想的で、とてもキレイな湖の一つでもあります。

公共の交通機関では行くことが難しいため、車を利用するのがオススメですが、旅行で訪れる場合にはレンタカーを利用してください。

次に、神威岬もパワースポットとして有名で、神様の岬とも呼ばれており、トンネルを抜けた場所にある石はパワーストーンです。

触れることもできますので、ぜひ直にエネルギーをもらいましょう。

他にも、洞爺湖、然別湖、阿寒湖、苔の洞門、神の子池、美瑛の青い池、五稜郭などがパワースポットとして有名です。

北海道のパワースポットは、どの場所も大自然の中の景色とあって、雄大な気持ちになれます。

北海道に行った際には、パワースポット巡りをするというのもオススメです。

パワースポットでスピリチュアルなパワーに触れて、おいしいものをたくさん食べたら、疲れた心と体をリフレッシュできるでしょう。

九州で有名なパワースポットって?

九州で有名なパワースポットですが、福岡県にある日向神峡(ひゅうがみきょう)は恋愛成就のパワースポットとして人気を集めています。

中国の山水画のような情景であり、その美しさから観光客が多く訪れているスポットでもあります。

それに、全国でも学業成就や合格祈願で有名な太宰府天満宮もおすすめのパワースポットです。

太宰府天満宮には、学問の神様として信仰されている菅原道真が祀られていることから、受験シーズンにはとても多くの人で賑わいを見せます。

また、福岡県宗像市にある宗像大社は、弁天様の総本宮といわれており、裏伊勢とも称されている神社です。

車につけるタイプの交通安全のお守り発祥の神社とされていて、海上と陸上の交通安全の神様として信仰されています。

パワースポットしては、玉の輿運の向上やバストアップ、停滞してしまった状況を打破できるなど、様々なご利益が得られます。

晴れた日の午後2時までに行くといいといわれているので、できれば午前中に行くといいかもしれません。

それに、神話の里である宮城県には、至るところにパワースポットがあります。

天岩戸神社、高千穂峡、江田神社、天安河原、えびの高原、関之尾滝、クルスの海などなど、多数存在しますから、ご利益で選んでもいいでしょうし、景観重視で選ぶこともできるでしょう。

関東で有名なパワースポットって?

日本の中でも関東は、パワースポットがたくさんある地域として有名でしょう。

数ある中で、最も知名度の高いパワースポットだといわれているのが、箱根神社(九頭龍神社・箱根元宮)です。

箱根神社はパワースポットの中でも特に人気が高く、仕事関係の運気を上げたい方が多数訪れています。

箱根神社を参拝すると物事が着実に進むような力をもたらしてくれるといわれていますし、箱根神社内にも数か所のパワースポットがあるのです。

それらのパワースポットを巡っていくことによって、金運や恋愛運、健康運に縁結びなど、様々な運気をあげることができるでしょう。

その効果を実感できたという方が多いため、日本全国から参拝者が訪れています。

自分のあげたい運気やどういったパワーが欲しいのかによって、箱根神社内の参拝箇所を決めるといいのではないでしょうか。

全体運をあげたいのなら本殿を参拝し、この運気だけはどうしても!というようなものがあれば、願掛けの意味でその場所だけに行くというのもいいかもしれませんね。

東北で有名なパワースポットって?

東北で有名なパワースポットに、ドラマのロケ地としても使用されたことのある青森県の青池という名所があります。

その名の通り、真っ青な湖色で、ペンのインクのように綺麗な青色をしています。

青池は神秘的な情景であることから人気を集めている他、パワースポットとしても有名な場所です。

それ以外にも、青森県にはパワースポットがあり、十和田神社もパワースポットで有名な神社です。

十和田神社自体がパワースポットとなっているため、参拝するだけでもエネルギーを感じることができるといわれています。

また、同じく、青森県の岩木山神社も縁結びとして有名な神社でありながら、パワースポットでもあります。

このように、東北地方の中でも青森県は多くのパワースポットがあるため、大変おすすめの県の一つです。

パワースポットは行くだけでもそのエネルギーを体感することができるといわれていますので、興味のある人は足を運んでみると良いかもしれません。

秋の国内旅行

【秋の国内旅行】九州で紅葉が綺麗な所って?

九州で紅葉が綺麗な場所を三箇所ご紹介します。

・清水寺本坊庭園
・藺牟田池県立自然公園
・西渓公園

清水寺本坊庭園は、福岡県にある紅葉の名所です。

紅葉だけではなく四季折々の自然を楽しめる場所として有名で、多くの観光客が訪れます。

11月中旬から色づきはじめ、11月下旬~12月上旬が見頃です。

例年、清水山紅葉まつりが11月~12月にかけて開催されます。

藺牟田池県立自然公園は、鹿児島県にある広大な紅葉スポットです。

春にはサクラ、夏には新緑、秋には紅葉と1年を通して景色が楽しめます。

11月上旬~11月下旬に紅葉のピークを迎え、美しいモミジでいっぱいになります。

散策路も完備されているので、お散歩をしながら楽しむのもいいでしょう。

西渓公園は佐賀県にある紅葉スポットで、モミジとカイノキが植えられています。

11月中旬が見頃となっていますから、この時期を狙って訪れてください。

例年、11月には孔子の里紅葉まつりが開催されるので、日程が合えば参加されてみるのもいいかもしれません。

また、春に訪れるとサクラを楽しむことができます。

【秋の国内旅行】東北で紅葉が綺麗な所って?

東北で紅葉を楽しむなら、次のような場所がおすすめです。

・平筒沼ふれあい公園
・中野もみじ山
・かたまえ山森林公園展望台

宮城県にある平筒沼ふれあい公園は、10月中旬と早い時期から紅葉が楽しめる場所です。

3キロメートルの遊歩道が整備されているので、のんびり歩きながら紅葉を満喫するのもいいでしょう。

カエデやナラ、ブナといった木々が植えられており、10月中旬~11月上旬に見頃を迎えます。

春には桜も楽しめるので、季節によって様々な表情を見ることができます。

青森県の中野もみじ山は、県内屈指の紅葉スポットで、10月下旬にピークを迎えます。

古くから紅葉スポットとして知られており、シーズン中は綺麗にライトアップされます。

かたまえ山森林公園展望台は、秋田県にある紅葉の名所です。

展望台から田沢湖畔の紅葉を一望できます。

見頃は10月上旬~11月中旬までと長めなので、一度といわず二度訪れるのもいいかもしれません。

秋だけではなく夏に訪れても、美しい景色を楽しめます。

【秋の国内旅行】中国地方で紅葉が綺麗な所って?

中国地方で綺麗な紅葉が楽しめる場所は、以下の三箇所でしょう。

・矢野温泉公園「四季の里」もみじ谷園
・神庭の滝自然公園
・島根県県民の森

矢野温泉公園「四季の里」もみじ谷園は、広島県にある紅葉の名所で、国の天然記念物に指定されている矢野岩海もあります。

園内にはびっしりと木々が植えられており、10月下旬~11月中旬に紅葉の見頃を迎えます。

温泉もあるので、紅葉を楽しんだ後に利用されてみてはいかがでしょうか。

神庭の滝自然公園は、岡山県にある紅葉スポットです。

日本百景や日本の滝百選にも選定されており、岡山県屈指の観光名所といっていいでしょう。

11月上旬になると木々が色づきはじめ、綺麗な紅葉が楽しめます。

166万6200平方メートルという広大な敷地面積を誇る島根県県民の森は、県内でも有数の紅葉スポットです。

10月中旬~11月中旬にかけて、美しい紅葉を楽しむことができます。

散策路が整備されているので、自然を肌で感じながら散歩できるという贅沢な環境です。

【秋の国内旅行】北海道で紅葉が綺麗な所って?

北海道で綺麗な紅葉が楽しめる場所としては、次の三箇所が挙げられます。

・国営滝野すずらん丘陵公園
・西岡公園
・北海道子どもの国

国営滝野すずらん丘陵公園は、札幌市南区にある大きな公園です。

ハウチワカエデやヤマモミジ、イタヤカエデをはじめ、たくさんの木々が植栽されており、秋になると園内どこに行っても紅葉が楽しめます。

中でも、渓流ゾーンの紅葉は絶景です。

見頃は10月中旬~10月下旬で、紅葉まつりが例年10月に開催されます。

札幌市豊平区にある西岡公園は、札幌市有数の紅葉スポットです。

住宅街のすぐ側ということもあり、近隣住民も多く訪れています。

10月中旬~10月下旬にピークを迎え、イチョウ、カラマツ、ナナカマドといった木々が綺麗に色づきます。

砂川市の北海道子どもの国は、232万平方メートルの敷地面積を誇る広大な公園です。

日本の都市公園100選にも選定されています。

10月上旬~10月下旬に紅葉の見頃を迎え、秋になると物産展が開催されることもあり、遠方から訪れる方も多いです。

【秋の国内旅行】関西で紅葉が綺麗な所って?

関西で紅葉が綺麗な場所はたくさんありますが、厳選して三箇所挙げるなら以下のところでしょう。

・嵐山
・もみじ山
・日吉大社

京都府にある嵐山は、日本を代表する紅葉スポットです。

秋になると観光客が訪れ、大変な賑わいを見せます。

お土産屋さんが多数あるのも、嵐山の魅力です。

11月中旬から色づきはじめ、11月中旬~11月下旬にかけてピークを迎え、嵐山もみじ祭が開催されます。

兵庫県にあるもみじ山も人気の紅葉スポットで、名前はもみじ山ですが、イロハモミジやヤマモミジの他に、トウカエデ、サトウカエデ、エリノキといった木が植栽されています。

遊歩道が設置されており、お散歩しながら紅葉を眺められるのが特徴です。

それに、期間中は綺麗にライトアップされますから、夜の紅葉狩りも楽しめるでしょう。

色づくのは11月上旬からで、例年11月中旬~11月下旬にかけて見頃を迎えます。

11月下旬には最上山もみじ祭りが開催されるので、この時期に合わせて訪れるのもいいかもしれません。

日吉大社は滋賀県にある紅葉スポットで、11月上旬に色づき、11月中旬~11月下旬にピークを迎えます。

日吉大社もみじ祭が11月~12月にかけて開催され、シーズン中はライトアップされるため、夜に訪れるのも素敵です。

【秋の国内旅行】四国で紅葉が綺麗な所って?

四国の綺麗な紅葉スポットは、以下の三箇所だと言われています。

・塩江温泉郷
・丸山公園
・小田深山渓谷

香川県にある塩江温泉郷では、モミジやブナをはじめ、サクラ、イチョウなどの紅葉を楽しむことができ、11月中旬から色づきはじめ、11月下旬にピークを迎えます。

大滝山県民いこいの森キャンプ場が整備されているので、アウトドアにもってこいです。

例年11月には、塩江もみじまつりも開催されます。

丸山公園は、徳島県にある紅葉の名所です。

イロハモミジやハゼ、サクラといった木々が植栽されており、11月下旬に紅葉が見頃を迎えます。

1年を通して様々な表情を楽しめる場所としても有名で、春になると美しい桜も咲き誇ります。

小田深山渓谷は、愛媛県にある紅葉スポットです。

遊歩道が完備されており、散歩をしながら紅葉が楽しめるようになっています。

キャンプやバーベキューといったアウトドアも満喫できるので、家族連れが多く訪れます。

紅葉の見頃は10月下旬~11月上旬です。

【秋の国内旅行】中部地方で紅葉が綺麗な所って?

中部地方で紅葉が綺麗なところとしては、次の三箇所が有名でしょう。

・滝頭公園
・養老公園
・丸火自然公園

愛知県にある滝頭公園は、約10万平方メートルという広大な敷地面積を誇る紅葉スポットです。

約5000本の木々が植えられており、11月中旬から紅葉が楽しめます。

11月中旬~12月上旬が見頃で、この時期を狙って訪れる方が多いです。

散策コースやキャンプ場も完備しています。

岐阜県にある養老公園は、県内屈指の紅葉スポットです。

モミジとカエデが植えられており、シーズン中は紅葉のトンネルが楽しめるでしょう。

11月中旬から色づきはじめ、11月下旬~12月初旬がピークです。

養老鉄道養老線の養老駅から養老の滝までの区間には、お土産屋さんも並んでいます。

丸火自然公園は、静岡県にある大きな自然公園です。

コナラやアカシデといった木々が、11月上旬になると美しく色づきます。

11月上旬~12月上旬が見頃で、シーズン中はたくさんの方が訪れます。

無料駐車場も完備しているので、気軽に訪れることが可能です。

【秋の国内旅行】関東で紅葉が綺麗な所って?

関東で紅葉が綺麗なスポットは、以下の通りです。

・国営昭和記念公園
・代々木公園
・那須高原

東京都にある国営昭和記念公園には、イチョウやモミジをはじめ、サクラ、コナラ、メタセコイアといった木が植栽されています。

これらの木々は、10月初旬から色づきはじめ、1月上旬~12月上旬に見頃を迎えるでしょう。

カナール、うんどう広場、日本庭園の3箇所は、特におすすめのスポットです。

同じく東京都の代々木公園も、紅葉スポットして非常に有名で、11月下旬~12月上旬に見頃を迎えます。

中でも、噴水周辺の紅葉は素晴らしく、秋を目で楽しめると評判です。

最寄駅からも近いので、観光がてら気軽に立ち寄れます。

栃木県にある那須高原は、関東を代表する紅葉の名所です。

ナナカマドやダケカンバ、モミジ、ブナといった木の紅葉を楽しむことができ、ロープウェイから眺める景色はまさに絶景といえるでしょう。

例年、9月下旬から色づき、10月上旬~10月中旬までが見頃となっています。

関東で紅葉を楽しむ際は、この3スポットを押さえておきましょう。

夏の国内旅行

【夏の国内旅行】箱根の人気スポットや観光地って?

夏の箱根の人気スポットとして、代表的なところを3箇所挙げます。

・箱根彫刻の森美術館
・箱根町立箱根芦之湯フラワーセンター
・箱根マイセンアンティーク美術館

箱根彫刻の森美術館は、1969年にオープンした日本初の野外美術館です。

有名な芸術家たちの作品が約100点も常設展示されています。

広場や足湯といった施設もあるので、家族で来ても楽しめるでしょう。

箱根町立箱根芦之湯フラワーセンターは、熱帯の植物が鑑賞できる大きな植物園で、季節ごとにイベントも行われています。

普段見ることができないような珍しい植物をたくさん見学することができ、特にガジュマルの大木は一見の価値ありです。

箱根マイセンアンティーク美術館は、ヨーロッパ磁器で有名なマイセンのアンティークを見学できる施設です。

白濁の足湯も併設しているので、ついでに利用されると旅の疲れがとれるでしょう。

駐車料は無料ですから、車で気軽に立ち寄れます。

今回、ご紹介した3つのスポットは非常に人気があるので、箱根観光の際にはぜひ訪れてみてください。

【夏の国内旅行】北海道の人気スポットや観光地って

夏の北海道旅行で人気のスポットを挙げるなら、以下のようなところが代表的です。

・おたるドリームビーチ
・北海道グリーンランド
・旭川市旭山動物園

北海道で最も長く営業するおたるドリームビーチは、札幌から近いこともあり、夏になるとたくさんの海水浴客が訪れます。

遠浅の海ですから、子供連れでも安心して遊ぶことができます。

海の家も非常に多いので、朝から晩まで1日中楽しむのもいいでしょう。

北海道グリーンランドは、色々なアトラクションが楽しめる北海道最大級の遊園地です。

小さな子供でも乗れるようなものから、スリル満点の乗り物まであるので、年齢や好みに合わせて選べます。

夏休み期間はイベントも多数開催されるので、興味のあるイベントに合わせて訪れると、さらに楽しめるはずです。

旭川市旭山動物園は日本でもトップクラスの入場者数を誇る人気の動物園で、動物の普段の生活をそのまま見学できます。

園内はとても広いので、入場者が多くてもストレスを感じることなく楽しめるでしょう。

【夏の国内旅行】福岡の人気スポットや観光地って?

夏の福岡旅行で人気のスポットは、以下の三箇所ですね。

・アドベンチャープール
・だざいふ遊園地
・福岡市動植物園

アドベンチャープールには、子供たちに人気のユニークなプールがたくさんあります。

流水プールや川下りプール、せせらぎプール、幼児用プールなどがあり、子供はもちろん、親も一緒に楽しめるはずです。

特に、全長70mをゆったりと滑走する川下りプールは人気があります。

だざいふ遊園地は、幼い子供も遊べる遊具が充実した子供連れに嬉しい遊園地です。

太宰府天満宮や九州国立博物館に隣接しているので、観光のついでに立ち寄ることができます。

無料おもちゃコーナーがあるので、お金を使わなくても十分楽しめるというのも、だざいふ遊園地の魅力でしょう。

福岡市動植物園は、動物だけでは無く、様々な植物も見学できる見所満載のスポットです。

ライオン、シロサイ、レッサーパンダをはじめとした140種の動物が飼育されていますし、植物園に行くと四季折々の美しい花々を楽しむことができます。

【夏の国内旅行】東京の人気スポットや観光地って?

夏の東京旅行で人気のスポットを3箇所ご紹介したいと思います。

・アクアフィールド芝公園
・東京サマーランド
・よみうりランド

アクアフィールド芝公園は、夏季限定でプールがオープンし、東京タワーを眺めながら泳ぐことができます。

滑り台付きのプールがあるので、子供連れにも大好評です。

ナイター照明を完備しているため、夜も遊ぶことができ、仕事が終わってから利用される方も少なくありません。

東京サマーランドは、一年中、水遊びと冒険が楽しめるテーマパークですが、水遊びといえばやっぱり夏なので、夏が最も賑わいます。

屋内施設のアドベンチャードーム、屋外プールのアドベンチャーラグーン、屋外遊園地のスリルマウンテンの他に、デイキャンプ場やあじさい園、ゴルフ練習などもあり、家族みんなで楽しめるでしょう。

よみうりランドは、絶叫マシンやバンジージャンプ、お化け屋敷、ゴーカートなど、多彩なアトラクションが揃ったテーマパークです。

アシカショーやバーベキューも魅力的ですが、夏になると5つのプールと3つのスライダーが楽しめるプールWAIが期間限定で営業して、多くの人が訪れます。

【夏の国内旅行】沖縄の人気スポットや観光地って?

夏におすすめの沖縄の人気スポットは、次の3箇所でしょう。

・あざまサンサンビーチ
・普天満宮
・トロピカルビーチ

あざまサンサンビーチは、透明度の高さが魅力のビーチです。

クラゲ防止ネットが設置されてあったり、ライフセーバーが常に異常が無いか監視しているため、小さな子供連れでも安心して遊ぶことができます。

マリンスポーツやビーチバレー、ビーチサッカーなども楽しめます。

予約をすればバーベキューも味わうことができるので、夏にはもってこいのスポットです。

普天満宮は琉球八社の一つで、観光スポットとしても非常に人気があります。

夏に訪れるのもいいですが、9月15日に開催されるお祭りに合わせて訪れると、より一層楽しむことができるでしょう。

真っ白な砂浜が自慢のトロピカルビーチは、沖縄でも有数の人気ビーチです。

マリンスポーツで遊んだり、バーベキューを味わったり、1日中楽しむことができるので、夏のレジャーに最適なスポットだといえます。

入場料や駐車料金はかかりませんが、シャワーやロッカー、トイレットペーパーは有料なので、小銭を用意しておくといいかもしれません。

【夏の国内旅行】金沢の人気スポットや観光地って?

夏の金沢で人気のスポットとしては、次の3箇所が挙げられます。

・医王山スポーツセンター
・戸室スポーツ広場
・中央公園

医王山スポーツセンターは、幅広いスポーツが楽しめる大きなスポーツ施設です。

キャンプ場やバーベキューが楽しめる広場もあるので、アウトドア好きに人気があります。

キャンプ場は日帰りOKですから、気軽に利用されてください。

戸室スポーツ広場はレクリエーション施設が充実した遊びスポットで、子供連れのファミリーがよく利用しています。

敷地内には芝生広場や遊びの広場、レストハウスなどがあり、無料で遠足やハイキングを楽しめるので、節約観光にもおすすめです。

中央公園は綺麗な芝生広場が広がる公園で、観光の合い間に訪れる人が多いです。

夏になると新鮮な空気を味わうことができ、心も体もリフレッシュすることができます。

彫刻が設置されており、芸術鑑賞も楽しめるという一石二鳥の場所です。

金沢にはレジャースポットがたくさんあるので、夏休みを満喫したい人はぜひ訪れてみてください。

【夏の国内旅行】大阪の人気スポットや観光地って?

夏の大阪旅行で人気のスポットは、次のようなところです。

・スパワールド世界の大温泉
・大阪府営服部緑地ウォーターランド
・ユニバーサルスタジオジャパン

スパワールド世界の大温泉は、温泉はもちろん、岩盤浴やプールもあり、フードコート、リラクゼーション施設なども充実しています。

プールゾーンであるスパプーは、三種類のウォータースライダーが楽しめるアミューズメントプール、展望風呂や円形プール、飲食コーナーも充実したバーデゾーンなどがあって、カップルにも人気です。

小学6年生以下の子供とその保護者しか入場できないスパプーキッズは、子供が安全に楽しく遊べる遊具が充実していて、保護者用の見学席もあります。

大阪府営服部緑地ウォーターランドは、開放感抜群の屋外プールです。

観光スポットとして有名な大阪府営服部緑地内にあるので、観光のついでに利用するのもいいでしょう。

流水プールやスライダープールをはじめ、幼児用のプールも完備しているので、全世代が楽しめるつくりになっています。

それに、係の人が監視していますから、何かあった場合でも安心です。

USJやユニバの略称で親しまれているユニバーサルスタジオジャパンは、ハリウッド映画好きにはたまらない日本有数のテーマパークで、様々なアトラクションが楽しめます。

大人気漫画「ワンピース」や人気ゲーム「モンスターハンター」とのコラボも、話題を集めていますね。

【夏の国内旅行】高知の人気スポットや観光地って?

夏におすすめの高知県の人気スポットは、以下の通りです。

・わんぱーくこうちアニマルランド
・高知県立種崎千松公園
・桂浜水族館

92種440点の動物を飼育しているわんぱーくこうちアニマルランドでは、チンパンジーやマントヒヒ、ライオン、アムールトラといった様々な動物を見学できます。

園内は自然いっぱいですし、どの動物も人間に慣れており、近づくと寄ってくるので、子供たちに大人気です。

高知県立種崎千松公園は無料で使用できるキャンプ場ということもあり、夏になるとたくさんの方が訪れます。

公園内には海水浴場があるので、海水浴とキャンプの両方を同時に楽しむことが可能です。

遊具も設置しているため、小さなお子様も楽しく過ごせるでしょう。

桂浜水族館は、高知でもトップクラスの人気を誇る観光スポットです。

解説プレートは飼育員が手作りで作成しており、とても親しみ深い水族館になっています。

約250種7000点と飼育している生き物が非常に多く、かわいいイルカショーやアシカショーなども魅力の一つです。

夏の海水浴場

【夏の国内旅行】関東で人気の海水浴場って?

関東で人気の海水浴場は、以下の通りです。

・阿字ヶ浦海水浴場
・前原海水浴場
・片瀬海岸西浜海水浴場

阿字ヶ浦海水浴場は、茨城県ひたちなか市にある県内最大規模の海水浴場です。

ショッピングモールや国営ひたち海浜公園に隣接しているということもあり、ファミリーに大変人気があります。

最寄り駅から徒歩圏内なので、アクセスも抜群です。

千葉県にある前原海水浴場は、日本の渚百選にも選定されている景観抜群の海水浴場です。

ヤシの木が並んでおり、まるで南国にいるかのような気分を体験できます。

遠浅の場所でもあるので、小さな子供でも楽しく遊べるというのも前原海水浴場の特徴です。

片瀬海岸西浜海水浴場は、湘南屈指のスケールを誇る人気の海水浴場で、隣接された鵠沼海岸にはビーチバレーコートがあるため、仲間や家族と一緒にビーチバレーを楽しむこともできます。

景色もとても良く、天候に恵まれると、江の島や富士山、箱根などを見渡せるでしょう。

関東の海水浴場を探している方は、この3つのスポットを候補に入れてみてはいかがでしょうか。

【夏の国内旅行】北海道で人気の海水浴場って?

北海道で人気の海水浴場は、以下の通りです。

・おたるドリームビーチ
・銭函海水浴場
・あそびーち石狩(石狩浜海水浴場)

おたるドリームビーチは、北海道ナンバーワンの呼び声高い人気の海水浴場です。

北海道で一番最初にオープンするということもあり、札幌からもたくさんの人が訪れます。

海の家が数多く立ち並び、シーズン中はイベントも開催されます。

バーベキューエリアがあるので、夏を思う存分楽しめる魅力的なスポットです。

銭函海水浴場は、JR銭函駅から徒歩圏内というアクセス抜群の海水浴場です。

必要最低限の設備が整っているので、ファミリーも快適に過ごすことができるでしょう。

あそびーち石狩(石狩浜海水浴場)は、例年数十万人という人が訪れる北海道屈指の海水浴場です。

バリアフリービーチとしても有名で、アウトドア用の車イスを用意しており、どなたでも楽しむことができます。

近隣に温泉もあるので、海水浴を楽しんだ後に利用されてみてはいかがでしょうか。

【夏の国内旅行】東北で人気の海水浴場って?

東北で人気の海水浴場は、次の3つになります。

・浄土ヶ浜海水浴場
・宮沢海水浴場
・マリンパークねずがせき

浄土ヶ浜海水浴場は、岩手県にある景観抜群の海水浴場で、無料駐車場を完備しています。

水の透明度は国内トップクラスですから、透き通った海を楽しみたい人に最適な環境だといえるでしょう。

周辺には観光スポットが点在しているので、旅行がてら立ち寄ってみるのも良いかもしれません。

秋田県の宮沢海水浴場は、快水浴場百選に選定された遠浅の泳ぎやすい海水浴場です。

カップルはもちろん、家族連れにも多く利用されており、シーズン中は連日のように賑わいを見せます。

日本海に沈む夕日が美しいと評判で、デートスポットとしても親しまれています。

マリンパークねずがせきは、山形県にある東北でもトップクラスの人気を誇る海水浴場です。

スポーツ広場や芝生広場、人工磯なども完備しているので、海水浴以外の楽しみも充実しています。

また、マリンスポーツが楽しめるマリーナが隣接されているのも嬉しいですね。

【夏の国内旅行】中国地方で人気の海水浴場って?

中国地方で人気の海水浴場としては、以下のところが挙げられます。

・小沢見海水浴場
・姉ヶ浜海水浴場
・室積海水浴場

鳥取県にある小沢見海水浴場は、子供でも安全に泳げる穏やかな波が自慢の海水浴場です。

また、監視員も常駐しているので、もし、何かあった場合でも安心できます。

海水浴以外に、砂遊びや釣りなども楽しむことができるため、シーズン中に何度も訪れる人も多いです。

姉ヶ浜海水浴場は、島根県立石見海浜公園にある海水浴場で、快水浴場百選にも選ばれています。

無料で利用できるキャンプ場をはじめ、大・中・小のケビン(木製の小屋)に泊まれるケビン村、テニスコートも完備しているので、アウトドア好きにおすすめの場所です。

山口県の室積海水浴場は、快水浴百選、日本の渚百選、日本の白砂青松100選に選定されている日本有数の海水浴場です。

様々なマリンスポーツを楽しむことができ、キャンプ場も隣接されています。

また、キャンプ場ではバーベキューセットのレンタルも行っているので、手ぶらでも利用可能です。

【夏の国内旅行】四国で人気の海水浴場って?

四国で人気の海水浴場としては、以下が代表的でしょう。

・北の脇海水浴場
・女木島海水浴場
・桜浜海水浴場

徳島県にある北の脇海水浴場は、日本の渚百選に選定されている遠浅の海水浴場で、日本一美しい海とも呼ばれています。

地引網体験ができるので、子供連れにも人気があります。

休憩所やシャワーなどの設備も充実しており、利用しやすいと評判で、県外から訪れる人も多いです。

女木島海水浴場がある女木島は、桃太郎の話に出てくる鬼ヶ島の舞台となった島です。

水質も景観も非常に優れており、快水浴場百選にも選ばれています。

キャンプや釣りも楽しめるということもあって、夏になるとたくさんの観光客が訪れているのです。

桜浜海水浴場は、高知県の竜串海中公園にある海水浴場で、透明度が高く泳ぎに適しています。

施設も充実しており、手ぶらでも快適に過ごすことができるはずです。

近くに水族館があるので、一緒に利用されてみてはいかがでしょうか?

これら3つの海水浴場は四国でもトップクラスの人気を誇っていますから、ぜひ訪れてみてください。

【夏の国内旅行】関西で人気の海水浴場って?

関西で人気の海水浴場を3箇所ご紹介します。

・竜宮浜海水浴場
・須磨海水浴場
・箱作海水浴場(ぴちぴちビーチ)

京都府にある竜宮浜海水浴場は、遠浅のビーチなので、家族連れでも安心して楽しむことができます。

アンジャ島や沖葛島といった島々を眺めることができる景観も魅力的です。

近くに民宿もあるので、泊まりで楽しむのも良いかもしれません。

兵庫県にある須磨海水浴場は、日本の渚百選に選定されるほど、景色が綺麗な海水浴場です。

関西で一番のビーチだといわれており、シーズン中は多くの家族連れで賑わいます。

ただ、ゴミ箱が設置されていないので、ゴミは必ず持ち帰るようにしましょう。

箱作海水浴場は、ぴちぴちビーチの愛称で親しまれています。

白い砂浜が特徴的で、シーズン中は観光客が大勢訪れます。

バーベキューコーナーがありますし、ビーチバレーも楽しめるので、一日中過ごすことも可能です。

広い駐車場を完備していますが、土日になると混雑が予想されるため、注意してください。

【夏の国内旅行】中部地方で人気の海水浴場って?

中部地方で人気の海水浴場は、次の3箇所でしょう。

・角田浜海水浴場
・八重津浜海水浴場
・千里浜海水浴場

新潟県の角田浜海水浴場は、県内はもちろん、県外からもたくさんの方が訪れる人気の海水浴場です。

キャンプ場が隣接されているので、キャンプと海水浴の両方を楽しむことができます。

また、民宿もたくさんありますから、泊まりで訪れるのもいいかもしれません。

夜になると角田岬灯台がライトアップされ、幻想的な雰囲気を体験できます。

富山県の八重津浜海水浴場は、富山市街にほど近いアクセス抜群の海水浴場です。

夏になると浜茶屋が数多く立ち並び、大勢の方で賑わいます。

四方海浜公園に隣接しているので、観光名所としても有名です。

石川県にある千里浜海水浴場は、日本の渚百選にも選ばれた人気の海水浴場で、波打ち際を車で走行できる千里浜なぎさドライブウェイでご存知の方も多いかもしれません。

レストランや温泉施設などが近隣にあるので、利用しやすいと評判です。

【夏の国内旅行】九州で人気の海水浴場って?

九州で人気の海水浴場は、次の3つです。

・深江海水浴場
・西の浜海水浴場
・富土海水浴場

福岡県の深江海水浴場は、広々した砂浜が自慢の海水浴場です。

遠浅なので、小さな子供でも安全に水遊びができます。

5月~10月にかけては、貴重な地曳網体験ができますから、子供たちや恋人と一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか?

佐賀県にある西の浜海水浴場も、子供連れに嬉しい遠浅の海水浴場です。

市街地にも近いこともあり、地元の人が大勢訪れます。

毎年、たくさんのイベントが開催されるので、イベント好きにおすすめです。

宮崎県の富土海水浴場は、快水浴場百選に選定された海水浴場で、南国ムードを味わうことができます。

マリンプールや子供用プールなども併設されているため、ファミリー層に人気です。

ただ、海水浴シーズンには、たくさんの人が訪れて駐車場が混雑するかもしれません。

九州には数多くの海水浴場が存在しますが、この3つの海水浴場がその中でも特におすすめなので、夏休みなどを利用して訪れてみてください。