視力回復

視力回復する食べ物ってあるの?

視力回復に役立つといわれる成分を含む食べ物は数多く存在しています。

アントシアニン、ルテイン、タウリン、DHA、ビタミンA、ビタミンB群が目に良いといわれている成分です。

最も有名なのは、ブルーベリーなどに多く含まれているアントシアニンで、眼精疲労の改善や視力回復に効果があるといわれており、最近ではサプリメントでも販売されています。

ルテインは白内障などの目の病気の予防に効果があると考えられており、ホウレンソウなどの緑黄色野菜に多く含まれている成分です。

タウリンは貝類やイカやタコなどに多く含まれており、目の網膜に良いとされています。

DHAは青魚などに多く含まれる成分で、必須脂肪酸と呼ばれています。

DHAが不足すると体の調子が悪くなることがあり、目を正常に保つことにも大きく影響してくるでしょう。

ビタミンA、ビタミンB群は視力回復を助ける成分として昔から摂取されています。

このように色々な視力回復を助ける成分がありますから、日頃の食生活でバランスよく摂取すれば、常に目を健康で正常な状態に保つことができると思います。

視力回復できる体操のやり方って?

視力が悪くなると物を見るのがつらくなります。

メガネをかけるのも嫌だし、コンタクトレンズも色々と面倒だから嫌だという人は、視力回復に効果のある体操を行ってみてはいかがでしょうか。

体操といっても体を動かす体操のように体力を必要とするものではなく、非常に簡単なトレーニングですから、続けやすいと思います。

一つ目のトレーニングは、遠近体操法という方法です。

これは遠くにあるものと近くにあるものを交互に見るトレーニングです。

このトレーニングを行うことで毛様体筋と呼ばれる目のピントを合わせる働きを持つ筋肉の緊張をほぐすことができます。

毛様体筋が緊張すると、スムーズに筋肉が動かなくなるため、目のピントが合いづらくなり、視力が落ちてしまいます。

それを体操でほぐすことで、視力の回復を促すのです。

二つ目は遠方凝視法と呼ばれる遠くを凝視する方法です。

これを行うことで毛様体筋を緩めて、水晶体を薄くすることができます。

毛様体筋が緩む=リラックスするということなので、この方法でも筋肉の緊張を取ることができるわけです。

視力の低下は目の筋肉の緊張と水晶体の動きが悪くなることで起きますから、この体操を上手に取り入れると視力回復に役立つでしょう。

一度落ちた視力は回復する?

視力が低下すると、生活していく上で色々と不都合が生じてきます。

今までは見えていたものがぼんやりとしか見えなくなってしまったり、文字が見えにくいのを無理に見ようとして目に負担をかけることで、眼精疲労や頭痛などを引き起こす可能性もあります。

では、一度落ちた視力は回復することができるのでしょうか?

視力が回復できるといわれている方法はいくつかありますが、その効果には個人差があります。

現在、最も効果的だと考えられているレーシック手術でも、視力が回復できなかったり、一時的には回復できたけれど再び視力が低下してしまったという人がいますから、絶対に確実ではありません。

手術の所要時間は短いですが、安くはない費用がかかりますし、後遺症が起こるリスクもありますので、慎重に検討した方がいいでしょう。

手術を行わずに視力を回復させる方法としては、オサートやオルソケラトロジーと呼ばれる特殊なコンタクトを使用する方法もあります。

レーシック以上の費用がかかることが多く、誰でも利用できる方法ではありませんが、経済的に余裕があるのなら検討してみてもいいかもしれません。

また、中には、目の周辺のマッサージや視力回復トレーニングで視力が回復したという人もいます。

地道な努力が必要になりますが、費用はほとんどかかりませんから、試してみる価値はあると思います。

手術をすれば視力回復できる?

手術をすれば視力回復できるのかというと、できることが多いでしょう。

視力回復できる手術方法としては、レーシックがよく知られていますよね。

レーシックはレーザーを使って角膜を削り、屈折率を変えることで視力を回復させるという方法で、使われるレーザーなどの医療機器や手術のやり方が異なる色々な種類があります。

手術にかかる費用はクリニックや手術法によっても異なり、7万円~30万円くらいの価格差があるようです。

角膜を一度削ってしまうと元には戻せませんし、衛生状態の悪いクリニックで手術を受けて感染症になってしまったケースもありますから、価格の安さだけでは選ばない方がいいでしょう。

また、レーシック以外の視力回復手術としては、ICL(フェイキックIOL)手術もあります。

これは眼の中に特殊なレンズを移植することで視力を回復させるというもので、角膜が薄かったり、近視が強すぎたりしてレーシックが受けられない人でも受けられることが多いです。

マッサージで視力回復できる?

視力が低下した場合、目のマッサージによって視力の回復を図ることが可能です。

もちろん、マッサージをしたからといって、すぐに落ちた視力が元通りになるわけではありませんが、継続してマッサージを行うことで、それ以上の視力の低下を防止できるでしょう。

目の周りには視力回復のツボや眼精疲労を和らげるツボがあり、ツボを刺激することによって目の疲れを改善して、一時的に視力を回復できます。

また、目の周辺に蒸しタオルを置いて血行を良くすることも視力の回復につながります。

視力の低下は目の筋肉の緊張で起きる場合が多いですから、こわばって動きが悪くなった筋肉をいかにして柔らかくするかがポイントです。

蒸しタオルにより血行が良くなると、目の遠近調節を行う毛様体筋の緊張がほぐれるため、視力の回復につながるわけです。

蒸しタオルとツボ押しを併用すれば、かなりの効果が期待できます。

注意点としては、目が疲れていない時にツボを押しすぎるとただ痛いだけということにもなりますから、目が疲れたり、視力が落ちたような気がすると感じた時だけ行う方が良いでしょう。

視力回復できるコンタクトってあるの?

コンタクトレンズはメガネ同様、視力が悪いのを補正するためのレンズです。

コンタクトレンズを使用していると視力の回復ができないと思われがちですが、実は視力を回復させるためのコンタクトレンズというものも存在しています。

視力回復コンタクトレンズとか、オサート、オルソケラトロジーなどと呼ばれている方法で、寝ている時に特殊なコンタクトレンズをつけることで、起きている時は裸眼でいられるのです。

このコンタクトを目につけて眠ると、角膜の形状を凹レンズのような状態にしてくれます。

要するに、角膜を凹ませることにより、レンズの代わりにするわけです。

角膜が凹むと焦点距離が変わってきますから、裸眼のままでも遠くが見えるようになります。

ただし、角膜が凹んでいるのは一時的なものですので、視力を維持するためには毎晩視力回復コンタクトをつけて眠る必要があります。

費用はちょっと高額ですが、レーシック手術を行いたくない人にはお勧めの視力回復アイテムだと言えるのではないでしょうか。

視力回復センターって効果あるの?

視力の回復を専門に行っている視力回復センターという施設があります。

視力回復センターでは、落ちてしまった視力を回復させるための色々なトレーニングや専用の器具を使った矯正などを行います。

遠くを見る運動や目のマッサージ、ツボ押し、器具でのピント調整など、行うことは様々です。

利用するためには費用が必要ですし、定期的に通わなければ効果がないと言われています。

もちろん、視力回復の効果は人によって大きく異なりますから、前よりもかなり良くなったという人もいれば、少しは視力が回復したという人もいるわけです。

視力回復センターに欠かさず通ったら劇的に視力が回復したということはまずありません。

目の筋肉を鍛えたり、マッサージなどをすることによって、ピントを合わせやすい状態を作ることが視力回復センターの役割なのです。

視力回復の体操なら自宅でもできますし、一人で地道な努力を続けられる人や劇的に回復したいという人にはお勧めできません。

ただ、目に関する知識などを学ぶことができますから、行って損をしたということはないと思います。

スマホが視力低下の原因って本当?

スマホを利用していると視力が低下するという噂が世間では流れているようです。

実際スマホを利用すると視力が低下するのかと言えば、答えはイエスでもあり、ノーでもあります。

スマホが流行する前はもっと画面の小さい携帯電話でしたし、その前には本を読む人も多かったはずです。

しかし、携帯を使ったり、本を読んだりした人がみんな視力が低下したかと言えば、そんなことはありませんでした。

スマホに関しても、スマホの使い過ぎで目が悪くなったというのは、ある意味間違いだと言えます。

スマホを使用する場合、近距離で画面を直視し続けるわけですから、どうしても目の筋肉が硬直してしまいます。

硬直したままでスマホではないものを見た場合、目の筋肉が上手く動かないため、視力が落ちたと感じるようです。

それと、スマホを使う場合、ずっと同じ姿勢で画面だけを見ていることも多く、体の血流が悪くなりがちです。

もちろん、目の血流にも影響を及ぼしますので、そのせいで見えにくいといった症状が出る場合もあります。

目にとって最も良くないのは、同じ距離にあるものを見続けることです。

これが続くと目の毛様体筋が常に緊張している状態になるため、視力が落ちるとも言われています。

スマホを使う場合には、スマホだけではなくたまには遠くを見るようにすれば目の毛様体筋がリラックスしますから、視力も低下しないはずです。