O脚改善

O脚がストレッチで改善できるって本当?

O脚はストレッチで改善できるといわれていますが、本当なのでしょうか?

結論からいうと本当です。

脚の筋肉が硬くなることで引き起こされるため、筋肉の状態を元に戻すことで矯正できます。

筋肉を元に戻して、柔らかくするのに効果的な方法がストレッチです。

O脚改善に効果的だといわれているのが、次のようなストレッチなので、実践してみてください。

まず、手と両膝をついて四つん這いになります。

息を吸いながら、みぞおちをゆっくり上に引き上げ、背中を丸くしてください。

その状態を5秒ほどキープしましょう。

そして、息を吐きながら、腰を下に落とす感覚で背中を反らしてください。

この状態を15秒ほどキープします。

これを毎日5セットくらい行うことによって、凝り固まった筋肉を改善できます。

すぐに改善するというものではないので、毎日続けることに意味があります。

時間はかかりますが、地道に根気強く続けていると次第にO脚が良くなっていくはずです。

手術をしないと改善しないO脚もあるの?

O脚があまりにも酷く生活に支障をきたす場合は手術をしないと改善しません。

子供の場合は手術をしなくても装具を使用することで矯正できる可能性があります。

しかし、年齢を重ねるにつれて装具では改善できなくなり、手術をする必要が出てきます。

大人になると酷いO脚の場合は手術でしか改善することができません。

見た目を良くするためにわざわざ手術をするのではなく、みなさんO脚が原因で発生している肩こりや腰痛などを改善するために行っているようです。

ただ、O脚の手術を行っている病院はそれほど多くありません。

もしかすると、近くにない可能性もあります。

また、執刀医の技術レベルが低いと副作用が起きたり、後遺症が残る場合もあるので注意してください。

手術を成功させるためにもO脚の手術実績が豊富な医師がいる病院を探した方がいいでしょう。

そういった病院を探す場合には、インターネット上の口コミを参考にするといいかもしれません。

実際に手術を受けた人の感想は貴重な判断材料になります。

ヨガでO脚を改善できる?

ヨガでO脚を改善できるといわれていますが、本当なのでしょうか?

結論からいうと本当です。

ヨガをすることで、体のバランスを整えることができ、それがO脚の改善に繋がるといわれています。

即効性はありませんが、継続することによって次第に効果を実感できるはずです。

O脚改善に有効なヨガのポーズは片足立ちです。

土踏まずに重心を置き、まっすぐに立ちます。

片足の足裏をもう片方の太ももの付け根辺りにつけて、片足で立ってください。

さらに、頭の上で両手を伸ばして合掌させます。

30秒ほどこの姿勢をキープし、逆足も同じように行います。

他にも効果的なポーズはありますが、これが最もO脚改善に有効なヨガのポーズなので、毎日続けてみてください。

バランスが崩れて倒れそうになる場合は足の高さを低くしても構いません。

怪我をしては元も子もないので、できる範囲で行いましょう。

一人だと続けられない場合は誰かと一緒に始めてみたり、ヨガ教室に通うというのもひとつの方法です。

O脚を放置するとどうなるの?

O脚を放置すると以下のような症状が現れます。

・冷え性
・肩こり
・腰痛
・外反母趾
・不妊症

O脚を放置すると血液の流れが悪くなってしまうので、冷え性になりやすいです。

冷え性になるとさらに血液の流れが悪くなるため、老廃物も蓄積されやすくなり、肩こりや腰痛といった症状を引き起こします。

O脚だと足の指に負担がかかってしまって、外反母趾になりやすいともいわれています。

そして、女性の場合だと不妊症を引き起こす原因になるかもしれません。

O脚によって骨盤が歪んでしまうと生殖器官の血行が悪くなってしまうので、妊娠しづらい体質になる可能性があります。

妊娠を希望されている方はすぐにでもO脚を改善して、血行を良くした方がいいでしょう。

O脚をそのまま放置すると、どんどん悪化してしまう可能性があるため、早めに対処されてください。

特に脚を組むことが多い方やいつも同じ方の肩にカバンをかけている方などはO脚を悪化させる恐れがありますから注意しましょう。

O脚が改善する歩き方って?

歩き方を改善するだけでO脚を治すことができます。

「それだけで治るの?」と思うかもしれませんが、そもそもO脚の原因は歩き方と深く関係しています。

O脚の人の歩き方は大抵の場合、内股やがに股です。

この2つの歩き方を続けていると体のバランスが崩れてしまい、O脚になるといわれています。

では、正しい歩き方とはどういったものなのでしょうか?

正しい歩き方のポイントは以下の2つです。

・つま先が正面を向いている
・踵から地面に着地している

つま先が正面を向いている状態が正しい歩き方なので、外側を向いていたり、内側を向いている場合は直してください。

そして、つま先から着地している人が多いですが、踵から地面に着地するようにしましょう。

この2つを意識して歩くことで、O脚を効果的に改善できます。

すぐにO脚が治るという訳ではありませんが、毎日正しい歩き方をしていると次第に正常な状態に戻っていくはずです。

常に正しい歩き方が理想ですが、慣れるまで歩きづらいと思うので、まずは一日1時間程度を目安に行ってください。

O脚ってどんな状態をいうの?

O脚とは直立すると両ひざの間に隙間ができる状態をいいます。

その隙間がアルファベットのOの形に見えることからO脚と呼ばれます。

日本人のほとんどはO脚だといわれていますが、普通は意識して見ていないため、それほど気にならないはずです。

特に男性の場合は自分がO脚だとしても気にされている人はいないのではないでしょうか。

しかし、女性になると話は別で、O脚を改善したいと思っている人が多いです。

O脚だと足のラインに悪影響を与えてしまうので、お世辞にも美脚とはいえません。

O脚は改善できるものですから、美脚を目指すのであれば、今からでも矯正してみてはいかがでしょうか?

そのまま放置していると、ますますO脚の状態が悪化するかもしれないので、早めに矯正された方がいいかもしれません。

O脚の改善方法はそれほど難しいものではなく、どなたでも簡単に行うことができます。

また、矯正することによって何かとメリットも多いです。

まずは、自分がO脚なのかどうかを鏡の前に立って確認しましょう。

整体ならO脚を改善できる?

整体ならO脚を改善できるといわれていますが、本当なのでしょうか?

結論からいうと改善できます。

しかし、改善できない場合もあるので、絶対ではありません。

治らない場合というのは先天的なO脚の場合です。

この場合は整体でも改善できません。

生活習慣によって引き起こされたものであれば、改善できる可能性が高いです。

O脚は体の歪みが原因で起こるため、歪みを矯正できれば症状が改善します。

整体を受けると体の歪みを改善できるので、O脚を治せるという訳です。

もし、整体でO脚を改善したいのであれば、O脚改善に力を入れているところに通われた方がいいでしょう。

整骨院・接骨院の中にはO脚や骨盤の矯正に力を入れているところがあります。

そういったところに通われた方が効果的に治すことができるはずです。

ただし、どこに通ってもすぐには矯正できないので、ある程度の期間は通い続けることになります。

そして、O脚にならないような生活をしないと、せっかく治ってもまた再発する可能性がありますから注意してください。

O脚の原因って何?

O脚の原因は以下の通りです。

・座り方
・歩き方
・立ち方

座り方が原因でO脚になってしまうことがあります。

女性がよくしているぺちゃんこ座りは骨盤や膝に負担をかけてしまって、O脚を引き起こします。

また、脚を組むという行為もO脚を引き起こす可能性があるので、やめた方がいいです。

内股で歩いていたり、がに股で歩いている人もO脚になりやすいといわれています。

カバンを持つ時、いつも同じ肩にかけている、いつも左右どちらかに重心が偏っているといったこともO脚の原因です。

この他にも、猫背が原因でO脚になることもあります。

こういったことに身に覚えがある方はO脚の可能性が高いと考えていいでしょう。

このようにO脚の原因は全てが生活習慣と深く関係しています。

つまり、生活習慣にさえ気をつければ、O脚を予防したり、改善できるということです。

O脚を改善したいなら、普段の生活習慣を見直すところから始めましょう。

それがO脚を改善する効果的な方法です。