ヨガ

ヨガで肩こりが治るの?

そもそも肩こりは血行不良から起こるものなので、ヨガをすることで血流を改善できれば肩こりだって治ります。

ヨガでは、それぞれ効果のあるポーズがあって体の不調を治すことができるため、ここでは肩こりに効くポーズについてご説明しましょう。

肩こり解消には、何よりもまず肩甲骨周りの血行をよくすることが大切です。

現代人の肩こりで多いのが、パソコンなどで手を常に前に出した体勢でのデスクワークによって起こる肩こりですが、これには肘くっつけのポーズが効果的です。

まず、手は肩に置いて顔の前で両肘をくっつけ、息を吐きながら肘を上に持っていき、開きながら肩を回します。

次に、息を吸いながら肘を上に持っていき、上で両肘をくっつけてからゆっくり降ろします。

これを3回ずつ繰り返しましょう。

また、他にも、「牛の顔のポーズ」、「うさぎのポーズ」なども肩こりに効果があります。

ポーズを色々と調べて、できそうなポーズを探して自分のペースでやってみてください。

ヨガ教室の月謝の相場って?

ヨガをやってみたい!と思っても、一人で最初から始めるのは難しいですね。

そういう時は、ヨガのインストラクターにポーズを教えてもらうと、正しい姿勢のポーズを学ぶことができます。

それでは、どこに行けばインストラクターに教えてもらえるのでしょうか?

ヨガを習うのに一般的なのは、スポーツクラブやヨガスタジオでのレッスンです。

気になる料金はというと、スポーツクラブの場合は時間や曜日によって支払う金額が大きく変わります。

自分が通える時間と曜日を考えて、通いやすいコースに登録しましょう。

また、ヨガスタジオでのレッスンでは、ほとんどの教室で入会金が発生します。

ヨガスタジオは料金体系が少し変わっていて、月謝制のところとチケット制のところがあります。

月謝制の場合は週に一度のレッスンであることが多く、金額の平均は1万円から1万5千円くらいのようです。

たまにヨガスタジオで「月に何度でも通いたい放題」というシステムがありますが、そういう時は月謝が少し高めになるでしょう。

ヨガにも種類があるの?

ヨガにはいくつもの流派があり、哲学的な思考に重きを置くヨガから体のリラックスを目的とするヨガまで多くの種類があります。

細かい分類をしていくと約30種類以上あるとされるヨガですが、妊婦のためのマタニティヨガやセレブが愛好しているハリウッドヨガなど、最近できあがったものも少なくありません。

また、「ヨガでは呼吸法に気をつけてポーズを取る」ということは、全てに共通しています。

それさえできていれば、どんなヨガでも体にいいものなので、種類や流派にこだわることなく自分のペースで行うことが大切です。

では、種類の違いはなぜあるのかというと、それぞれのヨガによって運動強度の違いが出てくるからです。

運動強度が違えば使う筋肉が違いますし、汗をかく量も違ってきます。

これらの違いを考えて自分に合ったヨガを選ぶといいのですが、最初は分からないものなので、まずはやってみることをオススメします。

色々な種類のヨガをやってみて、自分の体と相談しながら続けていきましょう。

ヨガマットって必要なの?

ヨガ教室などに通う場合、自分のヨガマットを持参して使っている人が多くいます。

どうしてかというと、マットの厚さや柔らかさがいつも練習している時と同じ方がポーズがとりやすいからという人がほとんどです。

けれど、だいたいのヨガ教室やスポーツジムではヨガマットの貸出がありますので、こだわりがない人は借りてすませても大丈夫です。

ただ、普通の床でポーズをとると、痛みを感じたり安定しないことも多いため、何も敷かずにヨガをすることはやめましょう。

ヨガマットを持っていないという人は、家で行う時はバスタオルを敷いて代用することもできます。

それに、最近では、スポーツ用品店やインターネットで比較的安価でヨガマットを購入することができます。

そういうものの方が貸出されているヨガマットより手触りがよかったり、ケースがついていて簡単に持ち運びできるように工夫されていたりします。

可愛い柄のヨガマットが多く販売されているので、一枚くらいは持っておくのもいいかもしれませんね。

ヨガはどんな服装でやればいい?

ヨガは激しい運動ではありませんが、基本的に動きやすい服装で行うことが推奨されています。

寝そべったり伸びをしたりというポーズが多いため、苦しくない程度に体にフィットした形で伸びがいい素材のものを選びましょう。

女性が気になるのはブラジャーなどの下着による締め付けだと思いますが、ブラカップがついているタイプのトップスを選べば解消できます。

パンツで人気があるのは、裾が気にならないカプリ丈や7分丈です。

これなら足さばきが良くなりますし、裾を踏んでしまって転倒の原因になるようなことがありません。

最近では、スポーツ用品店にヨガコーナーがあり、オシャレをしながらヨガを楽しむ風潮が見られます。

カラフルな生地を使ってデコレーションされたヨガウェアがたくさん出ているので、自分の好みに合わせて好きなものを選ぶことができます。

オシャレを楽しみながらもしっかり機能性にこだわって、ヨガの動きを邪魔しないヨガウェアを選びましょう。

ヨガの好転反応って何?

「好転反応」という現象をご存知でしょうか?

好転反応とはヨガ以外でも運動やマッサージの時に起こりやすい、治療の過程で体に現れる様々な反応のことです。

これがけっこう人によって激しく出ることがあり、つらいケースでは眠気やだるさや下痢などが起こります。

こういう症状が出てしまうと、体に負担があったのではないかと思ってヨガをやめてしまう人がいますが、それは間違いです。

ヨガによる好転反応は、今まで固まっていた筋肉がほぐれて、溜まっていた老廃物が血液中に排出されることによって起こります。

つまり、悪いものを体が頑張って外に出そうとしている現れなのです。

また、好転反応はほとんどの場合、数日ですっかり治ることが多いです。

症状が現れてつらい数日はヨガをお休みした方がいいですが、それを乗り越えた時には体の中がすっかりリフレッシュしていることになります。

好転反応は個人差がありながらも避けられないものなので、うまく付き合ってヨガを続けていきましょう。

ヨガをすればダイエットできる?

ヨガは様々なポーズを取ることで体の柔軟性を高め、血流を良くして体の不調を解消してくれます。

有酸素運動を続けることで代謝が上がるとともに余分な脂肪を燃焼してくれるので、ダイエット効果が期待できるでしょう。

また、ヨガでは体の奥深くにある体幹周りの筋肉を鍛えることができるため、しなやかな筋肉がついて自然なシェイプアップに繋がります。

実際に体重が落ちるのはもちろん、女性らしいメリハリがあるボディを作ることができるのがヨガの大きな特徴です。

効率よく脂肪を燃焼させるためには、体の中に消化物がなくなっている朝にヨガを行うというのが効果的です。

体を目覚めさせて朝から血流をよくするので、一日中、代謝がよくなって冷え性改善の効果もあります。

ヨガを続けることで筋肉がつき、代謝が上がって体質が改善されるため、しっかりとダイエットができます。

さらに、ヨガには部位別に働きかけるポーズがあるので、自分がダイエットしたい部位のポーズを重点的に行うと部分痩せも可能です。

ヨガってどんなもの?

「ヨガ」とは古代インドに由来があり、精神を集中させて心の安らぎを作り出す運動です。

けれど、最初にヨガが始まった頃は、エクササイズとしてはあまり注目されていませんでした。

瞑想などの精神修行がヨガだとされていた時期が長く続きましたが、アメリカでマドンナがヨガを始めたことから流行が始まりました。

マドンナは出産後に変化した体型を元に戻しながら、メンタル面への効果にも注目したと言われています。

それ以来、海外のセレブたちの間ではダイエットのために、スポーツ選手たちの間ではケガ防止の精神集中のためにヨガが取り入れられています。

ヨガで一番大切なのは、呼吸法です。

実際のポーズは簡単なものが多いですが、鼻から深く息を吸うことで体をリラックスさせ、不調を取り除くことができます。

また、ヨガでは、体の深い場所の筋力を鍛えることが可能です。

疲れにくく持久力がある体を作ることができ、基礎代謝が上がるため、脂肪が燃えやすい体になってダイエットへと繋がります。