債務整理

自己破産は一度しかできないの?

自己破産は人生で一度しかできないと思っている人が多いのではないでしょうか。

実は、自己破産に制限はありません。

極端な話、一度自己破産をしても条件を満たせば、何度でも行うことができます。

その条件とは、自己破産をしてから7年経っていることです。

前回の自己破産から7年経ってないと手続きすることはできません。

原則的にこの条件を満たせば何度でも自己破産はできますが、その前に免責許可を受ける必要があります。

1回ならまだしも、2回、3回目となると慎重になってしまうので、免責許可を受けられない可能性も出てきます。

ただ、中には2回、3回と自己破産をしている人もいるので、こればかりは実際に手続きをしてみないと何ともいえません。

どちらにしても、一度したのであれば、もうしないに越したことはありませんから、自己破産をしないような生活を心がけてください。

一度自己破産をした場合は、どうしてこうなってしまったのかをじっくりと考えて、その失敗を今後の人生の糧にしましょう。

債務整理にはデメリットもある?

債務整理のデメリットは以下の通りです。

・費用がかかる
・信用情報機関に登録される
・財産を失う可能性がある
・職業が限定される
・官報に記載される

債務整理をする場合、弁護士や司法書士に依頼するのが一般的です。

そうするとそれなりの費用がかかってしまいます。

ただでさえお金がないのに、その費用をどう準備するのかが問題です。

分割払いや後払いに対応しているケースもあるので、そういったところを見つけた方がいいでしょう。

また、債務整理をすると信用情報機関に登録されます。

信用情報機関に登録されると、一定期間はキャッシングやクレジットカード、ローンの申し込みをしても審査が通りづらいです。

その間はお金を借りることができないので、何かと不便に感じることも多くなるでしょう。

それに、自己破産をする場合には、財産を手放さないといけません。

全部ではありませんが、車やマイホームといった財産は失います。

さらに、自己破産をすると、一定期間ではあるものの職業が限定されたり、官報に記載されるというデメリットもあります。

民事再生とはどういうもの?

債務整理の方法の一つに、民事再生という手続きがあります。

民事再生とは複数のところから借りていた借金を100万円程度まで少なくして、それを3年間で支払うという手続きです。

これを継続できれば、残りの借金はなくなります。

民事再生の手続きができる条件は以下の通りです。

・借金総額が5000万円以下
・継続収入が見込める
・返済不能になる可能性がある

借金の総額が5000万円以下の方が対象ですし、継続収入が今後見込めるというのもポイントになります。

また、返済不能になる可能性がないと手続きを行うことはできません。

民事再生のメリットは、自己破産とは違って車やマイホームを手放す必要がないことです。

そのため、どうしても持ち家を手放したくない場合によく使用されます。

さらに、ギャンブルや浪費が原因でも手続きができます。

ただし、民事再生の手続きをすると信用情報にキズがつきますし、官報にも掲載されるというデメリットもあるので注意してください。

ヤミ金からの借金も債務整理できる?

ヤミ金から借金をした場合も債務整理はできるのでしょうか?

結論からいうとできます。

そもそもヤミ金は違法営業をしている金融業者なので、返済する義務がありません。

利息はもちろん、元金も返済する必要がないのです。

しかし、そのことをヤミ金に話しても相手にしてはくれません。

さらに激しい取り立てにあう可能性がありますし、上手く言いくるめられて自分が悪いことをしているような気持ちになるでしょう。

そのため、絶対に自分で解決しようとせずに弁護士や司法書士といった法律の専門家に相談してください。

こういった人たちに依頼することで、すぐに取り立てをやめさせることができ、支払いをしなくてもいいようになります。

ヤミ金からお金を借りてしまうと、法外な金利によって支払いがどんどん難しくなり、生活が困窮します。

そうなる前に、早めに弁護士や司法書士に相談して問題を解決してください。

また、ヤミ金による違法な取立行為にあっている場合は警察に協力してもらうのもいいかもしれません。

債務整理するメリットって?

債務整理するメリットは借金問題を解決できることです。

金融機関からお金をたくさん借りてしまって、返済できなくなることもあるでしょう。

しかし、借りたお金は返さないといけないので、そのまま無視する訳にはいきません。

一番いいのは借入先と話し合いをして、毎月の支払額を安くしてもらったり、金利を下げてもらうことですが、成功する可能性が低いです。

そこで諦めてしまう人もいますが、そういった時は債務整理を弁護士や司法書士にお願いしましょう。

債務整理をすることによって、借金を減らしたり、高い金利から解放されます。

また、あまりにも借金が多い場合は自己破産手続きをして、今まで借りた借金を帳消しにすることもできます。

それに、自己破産以外の解決方法もありますから安心してください。

債務整理にも色々な種類があるため、弁護士や司法書士に相談すると自分に合った手続きを教えてくれます。

借金でもう生活ができないという場合は、債務整理を検討してみるのもいいでしょう。

債務整理詐欺ってどんな詐欺?

債務整理詐欺とは借金に悩まされているような弱者を狙った詐欺のことです。

よくあるのが債務整理を手伝うといって、最終的に高金利の金融業者で一本化しようと勧める手口です。

基本的にこういった人たちは弁護士や司法書士の資格を持っていません。

弁護士や司法書士以外は債務整理を行うことはできないので、絶対に騙されないでください。

しかし、中には弁護士や司法書士の資格を持っている人が詐欺を行っていることもあります。

弁護士や司法書士も競争が激しいので、儲かっている人と儲かっていない人がいます。

儲かっている人は年収数千万円ですが、儲かっていない人だと今にも廃業しそうなくらい収入がありません。

そこでやむを得ず、資格を利用して騙し取るケースもあります。

どんな理由であっても詐欺は犯罪ですから、専門家に相談して怪しいと感じた場合は他の専門家にも相談してみた方がいいでしょう。

弁護士や司法書士が悪徳金融業者と提携しているケースもあるので、注意してください。

任意整理って何?

債務整理でよく行われるのが任意整理と呼ばれる手続きです。

任意整理は裁判所を通さずに金融機関と話し合いをして、借金を減らすというものです。

将来利息がカットされるため、大幅に借金を減らすことができますし、過払い金があった場合はそれを借金の返済に充てることもできます。

そして、任意整理のメリットは以下の通りです。

・経済的負担が少ない
・周囲にバレない
・督促をすぐにストップできる
・官報に掲載されない
・職業制限や資格制限がない

裁判所を通さないので、経済的負担が少ないです。

金銭的に余裕がなくても手続きが行える可能性が高いです。

手続きをしても周囲にバレることはないですし、しつこい督促をすぐにストップできます。

官報に記載されることもない上に、職業や資格を制限されることもないです。

こういったメリットがありますが、あくまでも話し合いによる解決なので、絶対に貸金業者と和解できるという保証はなく、なかなか成立しないケースもあります。

債務整理で一本化した方がいい

借金を一本化した方がいいといわれていますが、本当なのでしょうか?

これはケースバイケースだと思ってください。

一本化した方がいい場合もありますし、しない方がいい場合もあるので、どちらが自分にとって得なのかを判断しないといけません。

借金を一本化すると基本的に金利が下がり、利息分が減るため、返済額が少なくなることが多いです。

返済も複数ではなく、1社にしかしなくていいので、簡単に返済ができます。

また、信用情報にも影響がないため、一本化したからといって借入できなくなったり、クレジットカードを発行できなくなることもありません。

しかし、計算もしないで一本化してしまうと以前よりも支払い額が多くなってしまう可能性があります。

支払い額を確実に減らすためにも、できる限り金利が低い金融機関で一本化するようにしてください。

そして、勘違いしてしまう人もいますが、一本化しても借金が減る訳ではありません。

あくまでも金利が下がることによって利息分が減るだけです。