ゴルフの練習方法

飛距離を伸ばす練習方法って?

飛距離を伸ばしたい場合、ドライバーとタオルを用意してください。

タオルをドライバーのネックに巻き付け、素振りをします。

タオルは取れないようにしっかりと巻いてください。

そして、地面からヘッドを離して、タオルが地面につかないように素振りをしましょう。

ネックにタオルを巻きつけると重みが出るので、手打ちを矯正することができます。

手打ちは飛距離が伸びない原因のひとつですが、これを直すのにとても向いている練習方法なのです。

また、打ち急ぎが原因で飛距離が伸びない人にも向いています。

ポイントはヘッドスピードが最速になるタイミングです。

フォローではなく、インパクト時にヘッドスピードが最速になるようにしてください。

もし、フォローの時に最速だとインパクト時には遅くなってしまって、飛距離が伸びなくなります。

どれだけ強い力をインパクトの時に伝えられるのかが重要です。

このことを意識して、タオルとドライバーを使った練習をすることで、飛距離がアップすると思います。

素振りはした方がいい?

ゴルフ上達のためには素振りをした方がいいといわれていますが、本当なのでしょうか?

結論からいうと素振りはした方がいいです。

地味な練習方法なのでやらない人も多いですが、素振りにはたくさんのメリットがありますから、練習に取り入れた方がいいでしょう。

例えば、以下のようなメリットが素振りにはあります。

・お金がかからない
・自宅でできる
・フォームを固めることができる
・筋力の強化

練習場に行くとお金がかかりますが、素振りならお金はかかりません。

練習費用を節約する意味でも素振りはおすすめです。

ある程度の広さは必要ですが、基本的に場所を選ばないので、どこでもできます。

自宅の庭や駐車場などで練習できるため、忙しい人でも練習が可能です。

それに、素振りはフォームを固めるのに向いています。

何度も何度も素振りをすることで、正しいフォームを体に叩き込むことができます。

また、素振りをしていると体に負荷を与えることができ、ゴルフに必要な筋力を強化することができるでしょう。

自宅でパター練習する時のコツって?

自宅でパター練習する時のコツは以下の通りです。

・カップや目標を見ながら打つ
・スピードを変えて打つ
・カップの手前で止める

ゴルフの場合、目標ではなく、ボールを見ながら打ちます。

そのため、パターの時に距離感が分かりづらく、飛び過ぎたりすることが多いです。

距離感を養うためにもカップや目標を見ながら打つようにしてください。

これで大幅な距離感のミスを防げるようになります。

パター練習をする時、スピードを変えて打つというのもいいでしょう。

強めに打ってみたり、弱めに打ってみたりして、打球の変化を確認してください。

軽く打てば変化が大きくなりますし、強く打てば変化が小さくなります。

そして、カップの手前でボールを止める練習もおすすめです。

あえてカップに入れずに、入るかどうかのギリギリのところで止めるようにしましょう。

この練習方法は、正確な距離感を養うことができます。

こういったことを意識することによって、自宅でも効率的かつ効果的なパター練習ができるはずです。

メニューを決めて練習した方がいい?

ゴルフ上達のためには、メニューを決めて練習した方がいいのでしょうか?

結論からいうと、その方が上手くなりやすいです。

その日の気分でやりたいことをやるよりも、まずはこれをして、次はあれをやるといったようにしっかりとメニューを決めて練習した方が効率的です。

練習時間は限られているため、どれだけ効率的に時間を使うのかが重要になります。

ただなんとなくあれをしたいこれをしたいと思って練習しても、中途半端な練習メニューになってしまうので注意してください。

例えば、ゴルフ練習場を利用する場合、最初はウォームアップから始めて、体を温めましょう。

体を温めずに練習やストレッチを始めてしまうと怪我をする可能性が高くなります。

体を温め、ストレッチで筋肉をほぐしたら、素振りをしてください。

ゆっくりめの素振りをウォームアップに取り入れるのもいいです。

そこでスイングを確認してから、上達するための練習を行うようにしましょう。

怪我を防ぐためにも、このメニューだけは取り入れた方がいいです。

練習量が多ければ上達する?

ボールをたくさん打てば勝手に上手くなると思っている人も少なくないはずです。

しかし、ただボールをたくさん打つだけでは、なかなか上達するのは難しいと思ってください。

練習量が多いに越したことはありませんが、それよりも重要なのは質です。

どれだけ質の高い練習をしているのかが重要になります。

練習時間が少なくても上手い人と練習時間が多くても下手な人の差はここにあるのです。

これはゴルフに限らず、スポーツや勉強にもいえることです。

例えば、以下のようなことを意識して、練習すると上達しやすいです。

・目標を決めて打つ
・考えて打つ

やみくもに遠くに飛ばそうとするのではなく、目標を定めて、そこをめがけて打つようにしてください。

実際のプレーを想定して打つことで、ボールをコントロールできるようになります。

それに、一打一打しっかり考えて打つようにしましょう。

どうして思ったところに飛ばないのか、フォームがおかしくないかなどを考えて打つことで、効率のいい練習ができます。

打ちっぱなしには行った方がいい?

打ちっぱなしには行った方がいいのでしょうか?

結論からいうと行った方がいいです。

打ちっぱなしには以下のようなメリットがあります。

・飛距離が分かる
・感覚を取り戻せる
・実際に打球を確認できる
・好きな時に好きな分だけ打てる

打ちっぱなしに行くと自分の飛距離の限界が分かります。

どのクラブで打てばどのくらい飛ぶのか知ることができ、距離感を養うことが可能です。

これは実際のプレーにおいて重要なポイントになります。

それに、久しぶりにゴルフをする人にとっては、感覚を取り戻すのにちょうどいいです。

好きなだけ打てるので、次第に昔の感覚を取り戻せるはずです。

また、実際に自分が打った打球を確認できるため、何を修正すればいいのかが分かります。

そして、好きな時に好きな分だけ打てるので、時間がない人でも練習しやすいです。

練習時間が少ないとプレー中に他の人に迷惑をかけることが多くなり、気まずい雰囲気の中でプレーしないといけません。

しかし、打ちっぱなしである程度上手くなってからゴルフ場に出ることで、周りの人に気を遣うことが少なくなるはずです。

自己流の練習方法はよくない?

自己流の練習方法はよくないといわれていますが、本当なのでしょうか?

結論からいうと本当です。

自己流で練習をしても上達が遅いので、誰かに教わった方がいいでしょう。

どうして自己流が駄目なのかというと、間違った悪い癖がついてしまうからです。

自分がいいと思って練習していたことが本当は間違っていて、プレーに悪影響を及ぼす場合もあります。

どういった練習をすればいいのか知らないまま自己流で続けてしまうと、いつまで経っても上達することができません。

インストラクターに教えてもらったり、ゴルフ教材を購入するとなるとお金がかかります。

だからこそ、自己流で練習する人が多いわけですが、それで身についてしまった悪い癖というのはなかなか直すのが難しいです。

それこそ誰かに教わって直してもらわないといけないので、お金がかかってしまいますし、時間もかかります。

それであれば、最初からお金を払って正しい練習をする方が早く確実に上達できます。

確実に上手くなりたいなら、多少のお金は投資だと思って使った方がいいです。