ダーツ上達

グリップを変えれば上達できる?

グリップを変えればダーツが上達できるのでしょうか?

結論からいうと上達する可能性はあります。

グリップが原因で思うように投げられない人も多く、変えたら以前よりも上手くなったというケースも少なくありません。

グリップには2フィンガー、3フィンガー、4フィンガーの3種類があり、人によって投げやすいものが異なります。

上手い人と同じグリップを使用したからといっても、それが必ずしも自分にも合う訳ではないのです。

グリップを選ぶ場合は実際に投げてみるのが一番早いです。

一通り全ての種類を使ってみて、しっくりするものが自分に合っているものです。

逆に、狙った場所にどうしても当たらない場合は合わないグリップかもしれないので、変えてみましょう。

また、リリースを重視するなら2フィンガー、安定性を求めるなら4フィンガーともいわれていますから、選ぶ時の参考にしてください。

そして、上達すると他のグリップの方が使いやすくなることもあるので、上手くなってからもう一度見直してみるのもいいかもしれません。

命中率をあげる方法はある?

命中率をあげる方法は以下の通りです。

・フォームを安定させる
・力まない
・ポジティブなイメージを持つ
・毎日練習する

フォームが安定しないと命中率も下がってしまいます。

自分に合ったフォームを探し出し、それを固定してください。

そうすることでフォームが安定して、命中率もアップします。

投げる時に緊張して無駄な力が入ると命中率が下がるので、力まないというのも大切です。

緊張しても無理にリラックスしようとしないで、「いつものことだ」「緊張するのは自分だけではない」といったように思うと体が軽くなります。

そして、ポジティブなイメージを持つというのも重要です。

ネガティブなイメージを持つとそれが現実になりやすいので、必ず成功するイメージを持つようにしましょう。

それに、練習しないと上手くはならないので、時間があれば練習する癖をつけるようにしてください。

こういったことを意識することによって、命中率をアップさせることができるはずです。

マイダーツは作った方がいい?

マイダーツを作った方がいいといわれていますが、本当なのでしょうか?

結論からいうと本当です。

ダーツの楽しさが分からないうちから作る必要はありませんが、ある程度分かるようになって続けたいと思うなら作った方がいいでしょう。

マイダーツを作るメリットは以下の通りです。

・投げやすい
・モチベーションの向上
・練習意欲が増す

まず、ハウスダーツよりも投げやすいというのが一番のメリットです。

ダーツには人それぞれ投げやすい、投げづらいといった相性があります。

マイダーツを作ることで今までよりも投げやすくなると、それは結果に大きな影響を与えます。

また、モチベーションの向上にも繋がるはずです。

お金を払って作ったことで、上手くなりたいという意識が強くなります。

元を取るために練習時間も増すかもしれません。

マイダーツを持っていると練習意欲が増し、これまでよりも練習に身が入りやすいです。

このようなメリットがマイダーツにはあります。

目標は決めた方がいい?

ダーツが上手くなりたいなら、目標を決めた方がいいです。

目標を決めることで、やるべきことが明確になり、効率的かつ効果的な練習ができるようになります。

また、目標を決めることによってモチベーションを維持することも可能です。

ずっと高いモチベーションを保つことは難しく、何か目標がないと何かしらの理由をつけて練習をサボってしまうものです。

しっかりとした目標を決めておけば、ダーツの上達スピードを飛躍的にアップさせることができるので、まずは目標を設定してみてください。

目標を決める時に注意したいのが以下のことです。

・明確な目標
・現実的な目標
・達成までの期間

まず、目標を明確にすることが重要です。

例えば、ただ上手くなりたいと思うのではなく、どのくらいまで上手くなりたいかを決めてください。

その際、その目標が現実的なのかどうかも大切です。

目標は夢とは違うので、あくまでも達成できることが前提になります。

それをいついつまでに達成するのかということも必ず決めておきましょう。

スローイングのコツってある?

スローイングにはコツがあります。

コツを知ることで、今までよりもずっと簡単に投げることができるはずです。

そのコツとは以下のようなものです。

・肘の位置を決める
・手首をしなやかに使う
・リラックスする

まず、肘の位置を決めるということが重要になります。

肘が不安定だと狙ったところに投げるのが難しいので、肘の高さを決めてください。

高すぎても駄目ですし、低すぎても駄目ですから、色々試してみて自分に合う高さを見つけましょう。

そして、一般的に手首をしなやかに使った方がいいといわれています。

手首をひねる人が多いですが、それよりも自然に動かして投げた方が狙いやすいです。

スナップをきかせるのではなく、しなやかさを意識して投げるようにしましょう。

また、リラックスして投げるというのも非常に大切です。

コントロールしようと思うと体に力が入ってしまって、狙ったところに当たらなくなります。

余分な力を抜いて投げると狙いが定まってくるはずです。

自宅で練習するために必要なものって?

自宅で練習するために必要なものは以下の通りです。

・ダーツボード
・ダーツボードスタンド
・モチベーションを維持するもの

最低でもこの3つは必要になります。

アパートやマンションにお住まいの方は音に注意しないといけません。

練習中の音が大きいと周りの迷惑になってしまうので、静かなタイプのダーツボードを購入しましょう。

その際、オススメなのがハードボードです。

ハードボードなら静音性に優れているので、音が響きづらく、騒音トラブルにはならないと思います。

さらに、ダーツボードスタンドがあれば、壁に穴を空ける必要がありませんから、賃貸物件にお住まいの方は購入した方がいいです。

また、自宅だと面倒になってしまって練習をサボってしまうこともあります。

モチベーションを維持するためにも、成績を管理するスマートフォンアプリなどを有効活用するといいでしょう。

気分がなかなかのらない場合は音楽をかけるというのも一つの方法です。

ただし、自宅で練習する場合はくれぐれも他の人の迷惑にならないように気をつけてください。

スタンスが合ってないから上手くならない?

スタンスとは足の位置取りのことです。

このスタンスが合っていないと上手くならないといわれています。

スタンスには合う合わないがあるので、合わないスタンスで投げても狙ったところに当てるのは難しいでしょう。

ですから、ダーツ上達のためには、上手い人のスタンスを真似するよりも自分に合ったスタンスを見つけることが重要になります。

スタンスの種類は以下の3つです。

・オープンスタンス
・クローズドスタンス
・ミドルスタンス

オープンスタンスとは、つま先をボードに向けて前を向いて投げるスタンスです。

クローズドスタンスは、横向きになって利き手側を手前にするスタンスのことをいいます。

ミドルスタンスはその名の通り、オープンスタンスとクローズドスタンスの中間で、投げる方の足を斜め45度くらいに構えます。

この中から自分に合ったスタンスを見つけるためにも、全て試してみてください。

全て試してみて最も投げやすいと感じたものが、自分に合っているスタンスです。